2019年2月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「自転車の思い出」

投稿日:2011年07月19日 00:00

自転車に乗れるようになったのはいつ頃だったのかな?
幼稚園では補助輪が付いていた覚えがありますから、小学校の1年生だった気がします。

近くの公園で、後ろを持ってもらってバランスを取る練習から始めました。
確か、完全に乗れるまでに、数日かかっているはずです。
だって、練習の途中でアクシデントがあったのを今でも覚えていますから。

かなりバランスを取れるようになって、すぐでした。
少しフラフラしながらも、ひとりで漕げるようになって嬉しくなっていました。
ただ・・・・・まっすぐ走っているつもりが、なぜか、徐々に左の方に進むのです。
そのままだと、木が立っている方に行ってしまいます。
でも、ハンドルを素早く切ることができません。
さらに、どうしてなのか覚えていないのですが、ブレーキも握れませんでした。
結局・・・・・ドーン!!!
まるでマンガのように、そのまま木の幹に正面からぶつかってしまったのです。
幸い大きなケガはしませんでしたが、これがトラウマになって、数日、練習を休んだはずです。
この文章を書いているウチにも、幼い頃の出来事を鮮明に思い出してきました。
公園の様子まで、頭に浮かんできました。

高校は主に自転車通学でした。30分ぐらいかかりました。
学校に向かう道は、基本、上りで、頑張って漕いでいました。(帰りは楽でしたけど)
冬の寒い時は大変でした。
今思うと、よく通っていましたね。
そうそう、学生服のズボンの裾を処理するのを忘れて、よくチェーンに引っかけて汚していました。
裾を縛る、マジックテープの付いたバンドを失くしちゃうんですよね。

大学も、1・2年生の時は、主に自転車で通ってました。
だって、学校のある駅に行く鉄道が単線で、しかも1時間に3本しか走っていなかったから。
少しでも寝過ごしてしまうと、自転車頼みです。
雨が降っていたりすると、大変でした。
雪だったら・・・・・あきらめて、そのまま2度寝してたなぁ。
いい加減な大学生活だったと反省です。

さて、次回放送の「ぶっつけ本番!ハイスクール」では、みんなで自転車に乗ります。
ただ、速く走るのではなく、できるだけ遅く走るレースをしました。
足を地面につかないで、どれだけ踏ん張ってゆっくり進めるか?
直線と、円の中と、2つのレースをしたんですが・・・・・とんでもない展開でした。
しかも、とんでもない爆発?も起こります。お楽しみに。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • 0_0248_2_1
  • 0_0244_2_1
  • 0_0241_3_1
  • 0_0227_2_1
フォトギャラリーを詳しく見る≫