2019年8月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「お茶漬け」

投稿日:2012年10月20日 00:00

会社の近くに“お茶漬け”の専門店があります。
地下鉄から抜ける通路に入っているのですが、店の前を通るたびに気になってました。
生のタイやサンマを載せたかなり贅沢なものや、天ぷらや湯葉を載せた変わりダネまで十数種類。
ちょっと、おしゃれな感じのお茶漬け屋なんです。
値段は750円くらいからと、茶漬けにしてはいい値段だと思ってました。
だって・・・・・
本来、茶漬けは、質素な食事の代表のようなところがありませんか?
おかずも少なく、保温や再加熱の技術がなかった昔、
冷や飯に熱いお茶をかけて食べるというのは、ある意味、当たり前のことだったのかもしれません。

手早く食べられるので、家でも時々やります。
お茶漬けの素的なのがあれば申し分ないのですが、
熊の助は、明太子や焼きたらこがあると大満足です。
サケのフレークや漬物でも十分です。
最低、梅干しでもOKです。

さて、今回、店で食べたのは、チョイ焼き明太子に湯葉を載せ、三つ葉と海苔を散らしたメニューです。
お茶ではなく出汁をかけて頂きます。

普段家で食べるお茶漬けとは、かなり違います。
もちろん美味しいですし、ちょっと上品な感じもします。

でも、もっと贅沢な茶漬けがあるんです。
あの北大路魯山人の書いたものの中に出てくるのです。
魯山人って、書や篆刻(てんこく)で名を成した方で、料理や食器の研究でも有名です。
イメージとしては、マンガ「美味しんぼ」に出てくる“海原雄山”のような美食家かな。
その北大路魯山人が、茶漬けについて、かなり文章に残しているのです。
塩昆布、車エビ、マグロなどなど、こだわりの素材で作るお茶漬けに関してです。
そんな中で、熊の助が気になったのが、「鱧(はも)、穴子、鰻の茶漬け」の話です。
どこで獲れた魚を使うのか?どう調理するのか?薬味はどうするのか?などなど、
こと細かに、魯山人のこだわりが記してあります。

家庭で試みるにはハードルが高い話なのですが、読んでいて、美味しそうな気がしてきました。
で・・・・・実際に声に出して読んじゃいました。
そして、それを、アナウンサーのHPで公開しちゃてます。(熊の助はHPの朗読の担当なのです)
よかったら、聞きに来て下さい。
(https://www.tv-asahi.co.jp/announcer/read/index.html)
ただ・・・・・
読んでいるところの映像だけではつまらないということで、
実際にお茶漬けを食べているところも編集に盛り込もうと、店にまで行った次第なのです。

さてさて、食べ物の話つながりで・・・・・
次回放送の企画は「旦那様のココ①好きな手料理当てまSHOW」です。
北陽の虻ちゃんが、イタリアンシェフのご主人の為に料理を作ります。
ご主人が一番好きな、虻ちゃんの手料理は何かを当てていきます。
ちなみに、“お茶漬け”は出てきませんです。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • 0_0324_2_1
  • 0_0323_4_1
  • 0_0322_4_1
  • 0_0320_4_1
フォトギャラリーを詳しく見る≫