2018年9月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「ありがとうございました。」

投稿日:2018年03月31日 01:20

先ほどかな・・・・・
「ぷっ」すまの放送が全て終わりました。
(遅れて放送している地域では、4月以降も最終回まで放送してくれるといいんですけど)
やっぱり寂しいですねぇ。

最終回の収録は10日程前でした。
「どんな雰囲気になるのかなぁ~」と、ちょっと心配していたのですが・・・・・
初めての企画なので、段取りを確認して、リハーサルをしっかりやって・・・・・
ロケ弁当を食べたり、身なりを整えたり・・・・・
そうこうバタバタしているうちに、収録時間になりました。
普段となにも変わりません。
収録のスタートが、予定よりちょっとだけ遅れたのも、いつもと一緒でした。
新企画ならではの、思わぬ所での盛り上がり、思いもよらぬ結末も、いつもの「ぷっ」すまでした。
そして、何より、楽しくて笑顔がいっぱいだったのが、いつもの「ぷっ」すまでした。

ただ、普段と違って、収録の後、ちょっとしたパーティーが行われました。
現在のスタッフと、これまで19年半お世話になった方々にも声を掛けて、集まってもらいました。
制作、美術、技術、照明、さらに、普段はスタジオに来ない編集所のスタッフも駆けつけてくれました。
その数・・・・・200人はいたと思います。
(都合がつかずに来られなかった方も大勢いたと聞きます)
本当にたくさんの人達にお世話になったんだなぁと実感しました。
感謝の気持ちでいっぱいになりました。
そして、皆さんが、「ぷっ」すまを、大好きだったことも改めて分かりました。
いっぱいの愛に溢れていたパーティーでした。

そして、視聴者の皆さんの愛も、いっぱい感じています。
HPのBBSの書き込みを読みました。
いろんなSNS関係の文章も読ませてもらいました。
また、熊の助にまで、直接手紙などを送って下さった方もいらっしゃいます。
皆さんの「ぷっ」すまへの思いを、しっかり受け止めています。
そして、皆さんの「ぷっ」すまへのいっぱいの愛を頂きました。
本当に、ありがとうございました。

改めて、「ぷっ」すまという番組にかかわれたことに感謝です。
そして、私の誇りです。
って、最後の596回目の日記をまとめようとしましたが・・・・・
もう少しだけ。
今も、これで終わりのような気がしないのです。
またどこかで、草彅さん、ユースケさん、いや“彅スケ”と一緒に仕事ができるんじゃないか。
またどこかで、このスタッフ達と一緒に仕事ができるんじゃないか。
・・・・・そう思い続けていようと思います。
そして、またその時に、みなさんにお目にかかれれば最高です。
本当に、本当に、ありがとうございました。

  • mixiチェック

「エンディングなんて無いんだよ!・・・・・です」

投稿日:2018年03月24日 03:10

次回、とうとう最終回です。
・・・・・って書きながら、なんか終わる実感がありません。
たぶん、しばらくしたら“ずしーん”って来るような気がします

実は・・・・・
最終回に向けて、スタッフと話し合う機会がありました。
いつもの制作の会議には、熊の助は出席していません。
でも、最終回に向けてということで、呼んでくれたのです。
そこには、紙の資料がありました。
これまでの放送をまとめたものです。
Excelで作った表なのですが、左の欄が放送回数で、その隣が企画タイトル。
さらに、ゲスト出演者は誰で、その回の担当ディレクターの名前も入っています。
1回目から、順番に、きちんとまとめられていました。
表に1行ずつ足していったのが分かります。
1枚に40回~50回分で、枚数にして20枚が綴じられています。
そのページをめくりながら・・・・・
「印象に出に残っている回を、挙げていこう!」
ということになったのですが・・・・・
どの回も思い出深いのです。
それぞれのスタッフにも、いろんな思い入れがあって、なかなか絞り込めません。
逆に・・・・・
どんどん思い出話が出てきて、話が、あちらこちらへと弾んでしまいます。
なかなかまとまりません。
そして・・・・・
会議の雰囲気まで、なんか、しんみりしてきてしまいました。

もちろん、振り返りたいことはいっぱいあります。
でも、思い出話ばかりじゃしんみりしてしまうかも?
元気で楽しいのが、「ぷっ」すまです。
「いつものように終わりたい!」
になってきました。
「最終回だからっていう企画じゃない方がいい!」
「やりたかったけど、できなかった企画をやろう!」
ということで・・・・・
次回は、「犬部」です。
新企画を次々にやってきた「ぷっ」すまですから・・・・・
最後も、初めての企画で締めくくることになりました。
存分に楽しんで下さい。

江頭さんの言う通り、
「ぷっ」すまにエンディングなんて無いんだよ!・・・・・ですね。
最終回の後に、この日記の最終回もアップするつもりです。

  • mixiチェック

「“押しかけ”のように・・・・・」

投稿日:2018年03月17日 01:20

“あの一味!”、ユースケさんは運転免許試験場の前の“つけ麺”でしたが、いかがでした?
懐かしかったですねぇ、運転免許企画。
当時は、とんでもない事もやってました。
2001年から2002年にかけてだそうです。
その時期は、まだ熊の助は、「ぷっ」すまに出たり出なかったりの頃です。
だから、この企画にはほとんど絡んでいません。
最後の最後の合格発表の時だけ、お手伝いをさせてもらいました。

改めてですが・・・・・
1998年10月に始まった「ぷっ」すま。
熊の助は、どのようにお世話になってきたか?
初めては、2000年の冬、レギュラーの102回目からです。
その後、企画によって、呼んでもらったりもらわなかったりが半年くらいありました。
とにかく、「ぷっ」すまのロケに参加すると、いつも、非常に楽しくて、居心地がよかったのです。
上手く言葉では言い表せないのですが、なんか“しっくり来た”のです。
だから、いつも、「ロケに呼んでもらえたらいいなぁ」って思っていました。
そんな気持ちが通じたのか、徐々に、呼んでもらえる頻度が増えていきました。
そして、最終的に、ほとんど毎回出させてもらったという次第です。
気持ち的には“押しかけ”のように、「ぷっ」すまの仲間に入れてもらったのかなって思っています。
本当に・・・・・
受け入れてくださった、草彅さん、ユースケさん、そして、スタッフに感謝しています。

さて、次回は、鎌倉まで出かけます。
草彅さんの“あの一味”は「ビビリ王」に関係しているのですが・・・・・
なぜか鎌倉です。
その道中・・・・・
ユースケさんと草彅さんと3人一緒だったので、話が盛り上がりました。
―鎌倉は、土曜の昼に放送された回で行ったコト(ドラマ「スペシャリスト」の宣伝もありました)
―そのロケが、朝から夜中までかかったコト
―オードリーさんと一緒だったコト
夜中までと言えば・・・・・
―朝5時まで丸太を切っていた「ギリギリマスター」のコト
―その時、ダチョウが餌を食べに来てくれなくて大変だったコト
オードリーさんと言えば・・・・・
―ピーターさんの家で、春日さんが温泉に入り、裸で夕食を御馳走になったコト
遠出と言えば・・・・・
―石垣島に行ったコト(この時は、熊の助は、まだ「ぷっ」すまに出ていません)
―京都に行ったコト
―京都で熊の助がドッキリに掛けられたコト
などなど・・・・・
とめどなく話が出てきて、笑いが尽きませんでした。
そして、「ビビリ王」の話は、次回の放送でガッツリ振り返ります。
お楽しみに!

  • mixiチェック

「“直し”が終わりました。」

投稿日:2018年03月10日 01:20

番組で正式な発表ができました。
3月30日が最終回です。(地域によって違うかもしれません)
いろいろな思いはありますが・・・・・
とにかく、最後まで、「ぷっ」すまらしく、進んでいくんだと思います。

さて、草彅さんに買って頂いたヴィンテージのジーンズ「リーバイス501XX」ですが・・・・・
“直し”が、やっと終わりました。
手元に戻ってきましたので、次回の放送で、履かせて頂きました。
①リーバイス501XXあの時、草彅さんが点検してくれて・・・・・
「右の太ももの部分がかなり薄くなっているので、しっかり直してから履いた方がいいよ!」
っていうアドバイスがありましたので、店長に、ちゃんと修理できる所を紹介してもらいました。

ただ、年末年始があって、ちょっとボーっとしていたら、アッという間に時間が経っていて・・・・・
“直し”に出すのが遅れてしまいました。
持って行くと・・・・・
ポケットや裾、さらに尻のところにも、穴やほつれ、弱っている部分が見つかりました。
履いてすぐ破れてしまうのは残念なので、しっかり直してもらうことにしました。
だから、さらに1ヶ月ちょっと遅くなってしまいました。
人気の直し屋さんで、本当はもっと時間がかかるそうなのですが、早めに仕上げてもらいました。
無理を言ってしまいました。
本当にありがとうございます。

せっかくのジーンズですから・・・・・
「上はどんな感じで合わせればいいのか?」
コーディネートが苦手な熊の助は、悩みました。
こういったジーンズに合いそうなパターンの服を持っていない感じなのです。
そんな時・・・・・
スタッフから連絡が。
「一緒に洋服を買いに行きましょう!」
企画の演出で、どうしても必要だというのです。
渡りに船?かも。
どんな企画なのかは・・・・・
次回の放送では分からないと思いますが、その次に繋がるので、次回も是非ご覧くださいね。
でも、こうやって、ロケに着て行く洋服を考えるのも、楽しいことです。

本当に・・・・・
「ぷっ」すまでは、楽しいことばかりでした。
だから、楽しくしていないと「ぷっ」すまではなくなります。
あと3回の放送を、全力で、楽しくお伝えします。
どうぞ応援して下さい。
この熊の助日記も、3月31日の土曜日まで、更新するつもりです。

  • mixiチェック

「胸ポケットの忘れ物」

投稿日:2018年03月03日 01:20

ハンガーに掛けてあったシャツを着ようと、胸ポケットをたまたま触ったら・・・・・
あれ?何か入っている?
カード的な感じです。
もしかしたら、名刺かも?
でも、この服で誰とも名刺交換していないはずだし。
ポケットの中を確かめる前に、“何か?”を当てたくなりました。
クレジットカードやキャッシュカードは財布の中にしか入れません。
交通カードのSuicaは・・・・・机の上に置いてあります。
他にカード的なモノってあったけ?
色々考えましたが、答えは出ませんでした。
降参です。
結局、見て確かめることに。
①ポケットにカードなんと・・・・・
「ぷっ」すまのロケで使った、一人前・二人前のカードではありませんか。
すみません。持って帰ってしまいました。
本番中に置き場所がなく、ついついポケットに入れてしまって、そのままでした。

こういうのって、よくあるんですよね。
実は、カンペ用のカードケースも返し忘れています。
外のロケだと、店などにそのまま置いて帰れないので・・・・・
熊の助が持ち出して、ロケバスで自分のカバンに入れちゃうんです。
で、家まで持って帰ってしまう。
機会を見てスタッフに返しているんですが・・・・・
まだ、家に4枚ほどありました。
②カンペすみません。

こういう小物って、AD君達が頑張って作っているんです。
1人前カードでいうと、自分たちで黒のシールから文字をきれいに切り出してカードに貼っています。
お願いすると金もかかりますから、できるコトはスタッフがやっているそうです。
そんな大切なものですから、使い回せるものはしっかり取って置かなくてはいけません。
でも、もう使わなさそうなのはいいですか?
だって、今度は、返すコトを忘れてしまうんです。
「次のロケの時に持って行こう!」って思っていても・・・・・
前日の用意の時には、スコーンと抜けているんです。
とにかく、今度、返しま~す!

さて、次回の企画は「そういえば、アイツどーした芸人」です。
“あったかいんだから~”とか、“あると思います!”って・・・・・
みなさん、忘れてませんよね。お楽しみに!

  • mixiチェック

「日記に書くことで・・・・・」

投稿日:2018年02月24日 01:30

2月もまもなく終わりますが・・・・・
今年の目標が、全く進んでいません。
「体重を右肩下がりにする!」って言っていたのに、全然です。
ニュースの為に用意してもらっている衣装のスーツが、最近、きつくなっています。
「ヤバい!!!」
ほとんど歩いていない。
食べる量も減らせない。
意志の弱さは痛感していますが、行動にうつせないのです。

寒いのがダメなんですよね。
熊の助は寒さが非常に苦手です。
(だって熊は冬眠してるんですから・・・・・)
一旦家に入ると、また外に出て「歩こう!」って気持ちにはなれません。
北風の中だと、「会社帰りに1時間ウォーキングしよう」って思えません。
いつも、「もうちょっと暖かくなってからでもいいかぁ」って甘えてしまうんです。

食べる方も、腹八分目で終われないのです。
満腹になるまで食べちゃう。
だって、美味しいから。
コンビニに行くと、必ずといっていいほど、アイスクリームを買っちゃう。
それを、お風呂上りに食べると、幸せになるから。
後ろめたい気持ちは、もちろん、頭の片隅にあります。
でも、止められないのです。

さらに、先週の2月14日が、たまたま、ゲストの方が多い仕事だったもので・・・・・
チョコレートをたくさん頂けちゃったのです。
例年にないチョコレートの数です。
しかも、その週末のニュースの時には、報道のADさん達からもチョコレートをもらいました。
彼女たちは、毎年、熊の形のチョコレートくれるんです。
①2018熊のチョコレート今年は、色とりどりの熊が並んでいます。
わざわざ探してくれているみたいで、本当にありがたいです。
でも、たくさんのチョコレートが家にあると・・・・・
そりゃ、順番に食べちゃいますよね。

こんな感じなので・・・・・
体重の右肩下がりという目標は、非常に困難なモノになりつつあります。
あとは、今日この日記を書いたことで、改めて強い意志を持てるかどうかです。
明日から、頑張ってみます!

さて、次回の企画は「刻んで頼め!ナイスオーダー」です。
こちらも、目標っていうか、理想の展開には、非常に困難な感じになりました。
というか、いろいろなことが、まさかの展開です。
そして、久しぶりに“変な歌詞の歌”も聞けます。
お楽しみに!

  • mixiチェック

「繋いでいく!」

投稿日:2018年02月17日 01:30

今更なんですが、「アイドルダンス部」の“システム”って、凄くいい感じですよね。
アイドルのダンスを踊ってみよう!というのであれば、他にも、いろんな形があると思うんです。
全員が一緒に踊って、できない人を励まして、何とかできるようにするっていうもの1つの形です。
でも、スタッフは違いました。考えに考えて・・・・・
ダンスが得意じゃない人も部員にしたい。
そうすると、ある程度の時間で覚えられる長さに区切らないとできないはず。
そして、それを1人ずつ順番に踊っていく。

このリレースタイルが、いろんな思いを生むんですよね。
次の人に、いい形で、いや最高の形で繋ぎたい。
その思いを受けっとった人も、自分の思いも重ねて次に繋げる。
当然、なるべく失敗を少なくしたい。
ギリギリのところで繋いでも、次の人に負担をかけるだけ。
そこには見えないバトンがあるんです。
いや・・・・・
駅伝の“襷(たすき)”の方がピッタリきますね。
長距離を走って、山あり谷ありののちに繋ぐ感じですから。
そうです、「アイドルダンス部」は、見えない襷を繋いでいくのです。
しかも、今回は、5区間です。
いつもより一人多い分、思いも増えているのです。

さらに、みんなの思いが強く出る理由がもう1つあります。
アウトになったら、最初に戻ってしまうシステム。
例えば、4区まで完璧に襷を繋いだとしても、最後の5区で5つ失敗したら、何にもならない。
「自分のせいで、他の人が何度も何度も踊らなくてはいけないんだ!」
「ずーっと踊ってくれているアイドルの人たちにも申し訳ない」
プレッシャーに押しつぶされそうです。
回数を重ねるたびに、そのプレッシャーは大きくなっていきます。
そして、それぞれのそんな思いは、共有されていきます。
それが一体感になって行きます。
全員が同じ方向に向かって、全員の思いが1つになると・・・・・
見てくださっている方達にも、何かが伝わるんだと思います。

だから、ノーミスパーフェクトでなくても、いいんです。
でも、やっていくうちに、パーフェクトを目指したくなる。
それも、また、全員の思いであり、一体感なんです。
もちろん、今回も、5人の強い思いが伝わるはずです。是非ご覧ください。

ちなみに・・・・・
5回の失敗でアウトってルールは、熊の助の意見が入っているんですよ。
この企画1回目の前日打ち合わせ。
「失敗は5回までOKで、6回になったらアウト」って言われたので、
「5回でアウトの方が、キリがよくて分かりやすくない?」って言いました。
まあ、5回でも6回でも、部員の思いが伝わるという点において、大きな差はないですね。

  • mixiチェック

「大雪の翌日でした。」

投稿日:2018年02月10日 01:20

1月の後半、東京は大雪に見舞われました。
予報を大幅に上回って、20センチ以上積もりました。
その日は鉄道が大混乱しました。熊の助も・・・・・
混乱のピークではなかったですが、電車が遅れ、車内は混雑、そして乗り換えも一苦労を味わいました。
その時の写真です。
写真①(雪)待っているホームにも雪が降り込んで来て大変でしたが、なかなか電車が来ないので撮りました。

その翌日が、「アイドルダンス部」の収録でした。
晴れたので雪は少しとけていましたが、足元は大変でした。
雪靴を引っ張り出して、スタジオまで行きました。
今回のアイドルは、「チャビネス(Chubbiness)」という、“ぷに子”アイドルです。
でも、ダンスは、激しいし、速いし・・・・・またまた、大変でした。
そして、これまでと違って、彅スケ以外に部員を3人呼びました。5人でチャレンジします。
7回目の「アイドルダンス部」ですが、またまた、新たなドラマが生まれます。
お楽しみに!

もちろん、「アイドルダンス部」は室内で収録しますから、収録自体に雪の影響はありませんでした。
ただ、「ぷっ」すまって・・・・・
大雪に好かれている気がするんですよね。
東京で大雪って、数年に1回のことなのに、しっかり遭遇してしまうのです。

思い起こせば・・・・・
ハマカーンの2人が、母校の大学を案内してくれる企画が、大雪の翌日でした。
府中にある東京農工大学から始まるロケでしたが、まず、そこまで行くのが大変。
郊外ですから都内よりも多く積もってましたし、雪の残っている所もたくさんありました。
結局、渋滞で車が動かず、2時間ぐらい遅れてロケがスタートしたように覚えています。
ただ、その日は、気持ちいいくらいに晴れましたけどね。

もう一つ・・・・・
レギュラーではありませんが、特番で、時代劇の「ビビリ王」をやった時。
これは、大雪の翌日ではなく、翌々日だったと思いますが、雪の影響をモロに受けました。
ロケの前日、つまり、大雪の翌日、スタッフ総出で、雪かきをしなくてはいけなかったのです。
ロケする範囲全て、雪を無くしたそうです。
スタッフが一丸となって、困難を乗り越えて、面白いモノを作ろうとしたんですよね。
しかも、ロケ当日も、みぞれ模様で、寒い寒い中でした。
豪華なゲストの方々にも来て頂きました。
江頭さんは、お堀の冷たい水に落ちました。
馬まで登場しました。
そして、たくさん撮ったのに、時間の関係で、特番では全ての要素を放送できなかった。
だから、レギュラーで、未公開部分も含めて放送しました。
大雪の話・・・・・
いろいろ思い出します。

  • mixiチェック

「用意をどれくらいすれば・・・・・」

投稿日:2018年02月03日 01:20

基本、用意や準備はしっかりする方です。
やってないと、性格的にドキドキしてしまいます。
だから、ニュースの時でも・・・・・
“突込み原稿”って言いますけど、急なニュースで、一度も下読みできていないとビクビクです。
悟られないようにとは思っていますが・・・・・
後で自分で見返すと、なんかいつもと違った感じで、情けなく思っています。
腹を据えて、何事もなかったかのように、乗り切ってみたいもんです。

もちろん、「ぷっ」すまのロケも、しっかり用意されています。
まあ、時々、ドキドキの時もありますけど・・・・・
そして、時々、用意し過ぎるコトもあります。

さて、次回放送は、またまた新しい部活動「ボードゲーム部」です。
今、巷では、ボードゲームを楽しむ人が増えているんだそうです。
ボードゲームカフェなる店も、増えているんだとか。
テレビゲームもいいけど、ボードゲームは、ある程度の人数でワイワイ楽しめるのが魅力です。
熊の助も、小さい頃よくやった覚えがあります。
ただ、人生ゲームのような双六系だけでなく、どんどん進化して、種類も滅茶苦茶増えているんです。
そんなボードゲームの世界を、プレゼンターが紹介して、彅スケやゲストが実際にやってみる。
それで、面白いかどうかを判断していこうという企画です。

前日の打ち合わせ。
プレゼンターはいるのですが、「進行上、熊の助もゲームのルールを知っておいた方がいい」。
ということで、1つ1つのゲームを、スタッフとやってみることになりました。
単純なのもあれば、ルールが複雑なのもあります。
最初はよく分からないながらも、やっていると・・・・・
それぞれに面白いし、奥が深い。
時を忘れてしまいそうになりました。
そうです・・・・・
ほとんどのゲームって時間がかかるのです。
特に、その面白さが分かるまでには、何度かやってみないとダメなんです。

さあ、これで、今回のロケの用意は万端に整いました。
予定では、3人のプレゼンターが、2つずつ紹介してくれることになっています。
説明があって、ゲームをちょっとやってみて、興味を惹かれたら、さらに真剣にやってみる。
ただ、6つのゲームを全部やり切れるのか?
「ちょっと用意し過ぎじゃない?」「余っちゃうんじゃない?」と、危惧していました。

結果・・・・・
やっぱり、用意し過ぎて、余っちゃいました。
3つまでしかできませんでした。次回に持ち越しになった感じです。
ニュースでもそうなんですよね。
事前に、用意出来すぎちゃって、余裕があり過ぎちゃって、結果、間違えちゃうことって。
適度な用意って、難しいです。

  • mixiチェック

「GからJ、最近D?」

投稿日:2018年01月27日 01:20

Gパンを履き始めたのは小学生の高学年の頃だと思います。
近くにGパン屋ができたこともあり、買ってもらいました。
非常に嬉しかった覚えがあります。
たぶん「Wrangler」だったと思うんですが・・・・・
ポケットに「W」の文字がステッチされていたように覚えています。
でも、調べてみると・・・・・
「EDWIN」も同じようなステッチなんだそうで、もしかしたら「EDWIN」かも?
まあ、とにかく、ちょっと大人になった感じでした。

その頃、すーっと、“Gパン”って言っていたように思います。
でも、この呼び方って、日本だけなんですよね。
本当はジーンズ(jeans)。
こちらは、ちゃんとした英語です。
なんで、JからGになっちゃったんでしょう。

いくつか説があるようです。
―アメリカ軍の軍人(G.I.)が履いていたパンツなので、Gパンになった
―ジーンズなのでJパンにしようとしたが、元の発音が「ジー(ンズ)」なので、JじゃなくGにした
―ジーン生地のパンツで、略してジーパン。その「ジー」に「G」の文字を当てた
などなど。
どれもありそうですが、決め手はないみたいです。

まあ、そんなこともあってなのか・・・・・
昔は“Gパン”と言ってたのに、いつの頃からか“ジーンズ”という呼び方が優勢になった気がします。
“Gパン”って言っちゃうと、なんか、おしゃれじゃないような感じまでしてきました。
でも、一番言いやすいのは、熊の助は、やっぱり“Gパン”なんですけどね。

そして、最近は“デニム”とか言うんですよね。
それも“デニム”って、「デ」にアクセントがある頭高だと違うようです。
後半を上げて、平板に“デニム”って言わないとダメみたいです。
どうも、しっくりきません。
デニムは生地の名前であって、デニムで作られたズボンは別の呼び方があった方がいいように思います。
結局、ファッションの新しい波にはついていけそうもありません。

さて、次回は、そのデニムを、草彅さんが選んであげるという企画です。
「草彅剛、人生に一本のデニムを選ぶ。」ということで・・・・・
ちょっと高価なんですが、ヴィンテージデニムの店で、その人に合った一本を探しまくります。
草彅さん、誰にどんなジーンズをチョイスするのか?お見逃しなく。
ちなみに・・・・・
草彅さんも“Gパン”って言うそうです。
よかった!!!

  • mixiチェック

「色の色々は難しい!」

投稿日:2018年01月20日 01:20

次回放送は、よみうりランドでの「日帰りアルバム旅行」の後編です。
夕方から、夜にかけても、いろいろ遊んで、写真を撮っちゃいます。
お楽しみに!

そして、最後の最後には、素敵なイルミネーションをご覧頂けると思います。
この時期、よみうりランドは、夜、素敵なイルミネーションに包まれるんです。有名ですよね。
初めて見ましたが、規模が段違いで、園のほとんどの場所が輝きます。
ホント凄かったです!
“ジュエルミネーション”という名前が付いていますが、正に、宝石を大々的に散りばめた感じです。
(調べたら、・・・・・2月中旬までやっているみたいです)

何が凄いかって、その色ですね。
昔の白一色とは違って、いろんな色があるんですよね。
緑とか、黄色とか、赤とか、何色でも表現できるようになっていることに感動しました。
中でも、ピンクは、桜満開みたいに、華やかで暖かい感じがしました。
これって、LEDのおかげなんですよね。
もっと言うと、日本人が青色のLEDを発明したからですよね。
最初に赤で、緑ができて、最後に青を作れたから、光の三原色がそろったわけです。
これによって、あらゆる色を表現することができるようになったんですもんね。
熊の助の知識ではこのぐらいですが・・・・・
大体のところでは間違っていないと思います。

でも・・・・・
逆に、いろんな色を出せることによって、大変になったのかも知れませんね。
選択肢が増えるってことは大変なんです。
組み合わせが増えるってことですから。
だから、どういう風に色を組み合わせるのか?センスが問われるようになったのかもしれません。

色に関しては、服を買う時、そしてコーディネートする時、非常に苦労しています。
そもそも、熊の助は、色の組み合わせにセンスが無いんだと思います。
でも、自分で合わせなくてはいけないのです。
まあ、2色であれば、基本、何の問題もありません。
スーツ姿ですと、スーツの色とYシャツの組み合わせですから、2色です。
でも、そこに、ネクタイが加わると、どんな色を持って来ればいいのか、悩みます。
さらに、靴やベルトの色。
冬、外に出るときは、コートやマフラーもあります。
全てを合わせるのは、もう無理です。
服の種類もありませんし、センスが無いんですから。
だから、ある程度は諦めています。
それでも・・・・・
「ぷっ」すまのロケ前日は、自分なりに悩んでいるんですよ。
イルミネーションみたいに、センス良く輝けるといいんですが、本当に難しいです。

  • mixiチェック

「山と海の違い」

投稿日:2018年01月13日 01:20

英語はそれ程得意ではありません。
学生時代は、試験や入試のために一応は勉強しましたが・・・・・
その為だけだったので、会話なんかとんでもないです。
当時覚えた英単語も、ほとんど忘れてしまっています。

さて、次回の放送は「日帰りアルバム旅行」です。
ちょっと近場の“よみうりランド”にお邪魔しました。
ゲストの仲里依紗さんが大の遊園地好きということで、みんなで行きました。
この遊園地で不動の人気を誇る乗り物が、「バンデット」というジェットコースターです。
もちろん、彅スケも乗りました。
2人は楽しかったのかなぁ?
降りた時の表情に注目して下さいね。

企画の確認やカメラテストなどもあって、スタッフは何度も乗せてもらいました。
そのうちの1回に、熊の助も便乗しました。
どんなコースターなのか?知っておいた方がいいですから。
考えれば・・・・・
ジェットコースターに乗るのは久しぶりでした。
こんなに怖いモノでしたっけ?
もともと嫌いではありませんでした。
風を感じて、スリルを味わって、ワクワクした覚えがあったのですが・・・・・
???楽しめない自分がいるのです。
年齢のせいなんでしょうかねぇ。
アップダウンで内臓がフワッと浮く感じとか、体を左右にもっていかれる感じとか。
それ程大きなコースターではない分、直接体に感じて、大変でした。
でも、そんな感じが好きな方には、たまらないんですよね。

ロケの時は、何も考えずに、「バンデット」って紹介していました。
ただ、しばらくして、ある疑問が。
「バンデット」ってどういう意味なんだろう?
英語っぽいんですが、すっかり単語を忘れているので、見当もつきません。
で、調べてみました。
たぶん「バンデット」は、「Bandit」だと思います。
意味は「山賊」です。
自然に中を走り抜ける感じ、荒々しく前後左右に重力をかけてくる感じ。
このコースターの名前にピッタリだと思いました。
と同時に・・・・・
そうそう「Bandit」=「山賊、無法者」って覚えたかも?
そして、海の方の「海賊」だと「パイレーツ(Pirates)」。
こちらはしっかり覚えているんですよね。
「あの映画の影響力って凄いんだなぁ!」
そして、
「山賊だと映画になりにくいのかなぁ?」
ジェットコースターから、全然関係のないコトに考えが及んでいったというお話でした。

  • mixiチェック

「日本酒に合う!」

投稿日:2018年01月06日 01:20

「大晦日は飲んじゃおう!」
「正月だから飲んじゃおう!」
年末年始はいっぱい飲んでもいいんだ!って思っています。
だからと言ってガンガン行かなくてもいいのに・・・・・なんか行っちゃうんですよね。
ダメな大人です。

ただ、今回の年末年始は、いつもに比べて、酒の量が少なかったかもしれません。
年末30日から元日にかけて、早朝と昼にニュースを読むことになったので、ちょいとセーブしました。
せっかくの雰囲気なのに、残念な気持ち。
でも、まあ、体には良かったかもしれませんけどね。

さて、新年2発目の次回の放送は、新企画「刻んで頼め!ナイスオーダー」です。
店のメニューを見ながら、前の品より高いモノを頼めればナイスオーダー。
前の品より安いモノを注文してしまうとバッドオーダーで罰ゲーム。
バッドオーダー3回でアウトです。
ルールは単純なのですが、なにぶん初めてなので、どうなるのか予想がつきませんでした。
上手く刻んじゃうとロケ時間が長くなるという計算はしていたのですが・・・・・
案の定、熱戦になりました。
さすが彅スケ!そして、ゲストの陣内智則さん、菊池亜美さんでした。
たぶん、ディレクターの編集が大変だと思います。
どう編集されたのか、熊の助も楽しみに放送を見ます。

今回、お邪魔した店は、和食中心の豊富なメニューでした。ちょっと贅沢な品もありました。
本当に美味しそうで、できるならつまみ食いしたかった。
でも、この企画は完食が条件なので、何にも残らないのです。
傍で見ていて・・・・・
「たぶん、酒に合うんだろうなぁ」って、ずーっと思いながら進行していました。
「これは、絶対に日本酒だなぁ」って、味を頭で想像しながらお喋りしていました。
ただ、そう思っていたのは熊の助だけではなかったのです。
料理を前にして、我慢できずに酒を頼んじゃう人が出てきます。
美味しいモノには、美味しい酒は必要なのです。
ほんと羨ましかった!

話は正月に戻りますが・・・・・
そもそも、おせち料理って、保存食でもあるので味が濃いめです。
海のモノも多くて、これが日本酒に合うんですよねぇ。
昆布巻き、黒豆、田作り、数の子、紅白かまぼこetc。
子供の頃はその美味しさがわかりませんでした。
仕方なく、縁起物だから口に運ぶ感じでした。
大人になって、その美味しさが分かりました。
おせちをつまみながら、グビグビいくのが、日本の大人の正月です。
だから、少しぐらい飲み過ぎてもいいんです。

  • mixiチェック

「“松の内”の放送です。」

投稿日:2017年12月30日 01:20

この日記の公開は30日ですから、あと2日ありますけど・・・・・
2018年、明けましておめでとうございます。
皆さんにとって素敵な年になりますように。
そして、「ぷっ」すまにとって良い年になりますように。
さらに、熊の助にとっても“ちょっと右肩上がりの現状維持”の年になりますように。

さて「ぷっ」すまの放送、新年1回目は、5日金曜日です。
(地域にとって違うと思いますが・・・・・)
まだ、“松の内”なんですよね。
年末早めに終わった分、年始は早め?ですかねぇ。
そういえば・・・・・
“松の内”って言い方、あまり聞かなくなってきました。
熊の助は、何となく、7日までが“松の内”だと思っていましたが・・・・・15日までという説も。
気になって調べてみました。
“松の内”とは、門松などの正月飾りを飾っておく期間のこと。
門松は、年神様を迎えるにあたり、神様が迷うことなく家に来てもらうための目印なんだそうです。
そして、年神様は、鏡餅に宿って、正月を過ごされるらしいですよ。
で、“松の内”ですが・・・・・
元々は1月15日までだったそうです。
それが、江戸時代、もろもろの理由で、幕府が「1月7日を飾り納め!」と決めたらしいです。
お膝元の関東では7日が徹底されました。
しかし、関西までは正確な通達が行き渡らず、関西では昔のまま15日とするところが多いようです。
一つ勉強になりました。

まあ、とにかく、5日は“松の内”です。
まだまだ正月気分でいいんです。
ということで・・・・・
次回放送の「ぷっ」すまも、正月の雰囲気を醸し出して進んでいきます。
こたつに入って、鍋をつついて、お酒もちょっとだけ入って・・・・・
いろんな話をして、いくつかゲームをして・・・・・
まったり、のんびりな感じです。
いうなれば、友達が集まってワイワイ?っていうか・・・・・もうちょっと濃い感じかな?
親戚が集まってワイワイガヤガヤ?・・・・・そこまで濃くないかも?
とにかく、「ぷっ」すまらしい空気感が漂っています。
是非、テレビの前で、の~んびりご覧頂くと、心地いいと思います。

そうそう、彅スケは久しぶりに羽織、袴で登場します。
昔、昔のお正月スペシャル以来かもです。
そして、熊の助も、一応、和装?なんですけど・・・・・です。

  • mixiチェック

「2017」

投稿日:2017年12月23日 01:20

箱根の小旅行から始まった、2017年の「ぷっ」すま。
サービスエリアで偶然?出会った江頭さんの、“大川興業へのお誘い”・・・・・
「「ぷっ」すまは変わらず、“何でも有り”な感じで続けられるんだ!」と実感したのを覚えています。

2017年に新しく始まった企画・・・・・
「アイツどーした芸人」とか「ココって何屋さん」は、またやりそうですよね。
「クールファイブ」は、来年の夏もやるかなぁ?
「ファミコン大好き王」や「クイズ部」は、熊の助的にも、まだまだやって欲しいなぁ。
本当に、いろんなことをやりましたが、そんな中での、熊の助の3大ニュースです。

1つ目は、「アイドルダンス部」での、あの“涙”かな。
楽しいはずのダンスが、まさか、あれ程苦しいモノになってしまうなんて。
これまでも、部員の皆さんの大変さは理解しているつもりでした。
でも、そこまでプレッシャーになるなんて。
でも、チームワークもあって、負けずに乗り越えられた。
ハンバーグ師匠の“涙”は、傍で見ているだけの熊の助も感動してしまいました。
そして、ついこの間。
続編のような感じで、亮さんの“涙”とハンバーグ師匠の“涙”のダブルがありました。
まさにドキュメンタリーですよね。
来年も、この企画、楽しみです。

2つ目は、節目の900回。
事前に何も知らずに収録に行って、「今日はなんだか取材の人が多いなぁ!」って思っていたら、
テレビ雑誌の取材でした。
後日、記事を見たら、たくさんのページを割いて頂いて、本当にありがとうございました。
ザ・テレビジョンさんは、熊の助のコメントまで載せて頂きました。
しかも、この節目のちょっと前には、放送20年目に突入していたのに・・・・・
な~んにも気に掛けず、放送でもほとんど触れず、でした。
まあ、これが「ぷっ」すま流。
どれだけ続いているのかではなく、「面白いと思ってもらえる番組を毎週お届けしたい!」です。
そうそう、節目と言えば・・・・・
奇しくも、熊の助の誕生日が収録日と重なって、スタッフにお祝いをしてもらいました。
こんな節目も初めてだったので・・・・・うれしかったなぁ!

そして最後の3つ目。
楽しく2017年は始まったけど・・・・・
春、年度の変わり目でちょっと心配して・・・・・
秋に、また、心配して・・・・・
何か不安になって・・・・・モヤモヤして・・・・・
でも、結局、安堵できたこと。
楽しんで収録して、「ぷっ」すまを、毎週、放送できたこと。
これが1番です。

では、皆さん、良い年をお迎えくださいませ。
(と言っても、次回のこの日記の更新は、12月30日土曜日の予定です)

  • mixiチェック

「きのうで終わりでした。」

投稿日:2017年12月16日 01:20

昨日の放送で、2017年の「ぷっ」すまの放送は終わりでした。
(地域によって違うかもしれませんが・・・・・)
今年は、ちょっと早かったです。
曜日の関係ですので仕方ありません。
29日が12月最後の金曜日ですもんね。

ということは・・・・・
12月31日が日曜日です。
週末のニュース担当の熊の助は、大晦日まで仕事になりそうです。
その勢いで、年始の元日もニュースかもしれません。
(まだ、決まっていませんが・・・・・)
まあ、仕事で年を締めて、新しい年を仕事で始められるのは、ある意味、ありがたい!
そう思って、納得します。

今年の初めの日記に、何となくの目標を書きました。
「“現状維持”。でも、本当は“緩やかでも右肩上がり”になれば嬉しい!」っていう目標でした。
志しが低めではありましたが・・・・・
そのおかげもあって、なんとか達成したような気がします。
仕事も、私生活も、ほぼ“現状維持”だと思います。
そんな中、2月からAbemaTVで番組が始まりました。
今は「芸能義塾大学」という名前の番組ですが、そこで司会をさせてもらっています。
(6月までは「業界裏教科書」という名前でしたが、内容はほとんど一緒です)
なので、仕事が“ちょっと右肩上がり”なのかなって思っています。

ただ、体重も“少し右肩上がり”になってしまいました。
こちらは大いに反省です。
これ以上“上がって”しまうと、ダメです。
原因は分かっています。
夏から、アイスクリームを食べ過ぎているんです。
コンビニに行くと、毎回必ず買って、アイスクリームが冷蔵庫に必ず入っている状態なんです。
しかも、その夏前から、ほとんどウォーキング、いや散歩をしなかった。
どんどん、体が重くなっているのは、うすうす実感していました。
こちらは、来年は“右下がり”にしようと、今、心に誓っています。

そして、来年の目標ですが・・・・・
やっぱり「“現状維持”!さらに、できれば“緩やかな右肩上がり”!」にします。
今年は、特に、現状維持を、不安に思い、心配もし、そして、その大変さを実感しました。
なので、来年もこの目標を達成できれば満足ですし、達成できるように自分なりに頑張ります。

さて、次回の日記は・・・・・
年末恒例の、「2017熊の助「ぷっ」すま3大ニュース」を書きます。
番組はありませんが、HPに遊びに来てくださいね。

  • mixiチェック

「興味を持て!」

投稿日:2017年12月09日 01:20

次回放送は、「クイズ部」の後編です。
ここまで、眞鍋さんがちょっと置いていかれている感じはありますが・・・・・
まだまだ、これからです。
一波乱も二波乱も起こります。

クイズ番組は、もちろん、誰が優勝するのか?どちらのチームが勝つのか?が気になります。
ただ、自分が小さい頃にクイズ番組を好きで見ていたのは・・・・・
出される問題に興味があったところもあります。
自分の知識を試す感じでした。
テレビを見ながら、早く答えられると、非常に嬉しかった覚えがあります。
間違えたり、知らなかったりすると、問題と答えを覚えておいて、次に役立てていました。
次といっても・・・・・
特には思いつきませんが・・・・・
まあ、他のクイズ番組だったり、飲みの席での雑学だったり、かな?
学校の勉強に直接繋がるということはありませんでしたけど。
物知り的な知識が増えていく感じが好きでした。

その意味でも・・・・・
「ぷっ」すまクイズ部の問題は、それぞれの得意分野、好きな分野から出題されます。
だから、熊の助の知らないコトもたくさん出て来て、非常に興味深かったのは確かです。
問題を作るのも非常に大変だったようです。

ただ、あまりにも出題される問題の分野が狭いものですから・・・・・
ピンポイントみたいな分野もありましたから・・・・・
そのいくつかに、熊の助は興味を示せなかったのです。
リハーサルの時です。
“私はこの分野に全く興味が無いんだよなぁ”的な雰囲気を出してしまっていたみたいです。
ディレクターのT君に怒られました。
「大熊さんは、興味の無いことに冷たすぎる!」って。
的を射ています。その通りです。
そして、ありがたいです。
ちょっと反省して、本番に臨みました。

さて勝負ですが・・・・・
「ぷっ」すまクイズ部は、バラエティー番組の中のクイズですから、いろいろと趣向?があります。
途中から得点が倍になったりするかも?
さらに、優勝できる可能性のある人を増やすために、3倍になったりするかも?
果たして、誰が優勝したんでしょうか?
お楽しみに!

  • mixiチェック

「クイズって楽しい!」

投稿日:2017年12月02日 01:20

次回は、新企画です。
昨日までお届けしていた「アイドルダンス部」に続いて、またまた部活動が発足しました。
「クイズ部」です。
これまでも「ぷっ」すまでは、ちょこちょこクイズらしきことはやっていました。
でも、全編クイズというのは初めてだと思います。
思う存分クイズを楽しんだら、どうなるんだろう?
で、やってみました。

ただし、そこは「ぷっ」すま・・・・・
学力や知識だけじゃない、一筋縄ではいかないクイズになりました。
「ぷっ」すまクイズ部は、それぞれの得意分野、好きなコトから問題を作ります。
本人が答えればその得点がもらえ、他の人が答えると倍の得点が入ります。
なにかちょっと複雑に感じるかもしれませんが、いたって単純です。
見て頂ければ、分かります。

熊の助は、アナウンサーになってやりたい仕事の1つが、クイズ番組でした。
この話は、数年前この日記に書いた覚えがあります。
深夜の「スピードキング」という番組を、およそ1年やらせてもらった時に、嬉しくて、書いたはず。
その番組が終わって、数えてみたら・・・・・
5年ぶりです。
またまた、クイズをやらせてもらえるなんて・・・・・
「ぷっ」すまに感謝です。
いろんな企画があるので・・・・・
もうこんな仕事はできないだろうなぁ、っていう事が、できちゃうんです。ありがたいです。
さらに、「ぷっ」すまクイズ部では、問題まで読ませて頂けました。
「スピードキング」では、問題を読む人は違ったので、ますます、やりたかった理想に近づきました。

ただ、クイズって、用意が大変なんです。
一番は、問題の作成でしょうかね。
まず、どのくらいのレベルの問題にするのか?
そして、問題や答えが、本当に合っているのかしっかり裏付けもしなくてはいけません。
また、問題文もしっかり練らないと、答えやすかったり、答えにくかったりするんです。
少し意地悪くするなら・・・・・
「○○するのは・・・××です・・が、では△△は何?」みたいにもできるのです。
そんなニュアンスまでも考えないといけないのです。

いろんな大変があるので、熊の助の希望としては、問題文を早めに読み込んでおきたいのです。
ただ、クイズ部は発足したばかり。
全体的に、ちょっとバタバタしているかもしれません。
まあ、その辺はご容赦願って・・・・・
とにかく、楽しくなりましたので、見て下さい!

  • mixiチェック

「踊れないけど・・・覚えました。」

投稿日:2017年11月25日 01:20

「暦の上ではディセンバー」って曲、耳に残りますよねぇ。
あのドラマの時から、気になっていました。
ただ、ドラマでは、なかなか全部通して流れることがなかったように記憶しています。
なので、今回、しっかり聞けて、見られて、ますます好きになりました。

そのおかげなんでしょうか・・・・・
今回は、踊りをすっかり覚えました。
マイケルジャクソンのスリラーのような動きとか、そこからの「ガオガオポーズ」とか。
同じ動きが、何度も出てくるのも覚えやすかった理由かもしれません。
と言っても・・・・・
覚えたのは、“頭の中”での話です。
実際に、体を動かすと・・・・・できません。
これがダンスの難しい所。
ダンスができない人は、頭と体が一致しないのです。
熊の助は、まさにそれです。

①歌セットこの企画は、スタジオに素敵なセットができます。
照明も、普段の「ぷっ」すまでは見ないくらい豪華さです。
照明の色が変わるんですから。
しかも、スモークまで出ちゃいます。

②スモークマシーンスタジオ全体に、モヤをかけるようにするのは、この機械なんだそうです。
熊の助の思っていた、スモーク=ドライアイスではないそうです。
構造や原理はよく分かりませんが・・・・・
少し油分を混ぜた水を煙にして、強力な扇風機で飛ばしているようです。
まあ、よくよく考えれば・・・・・
ドライアイスは二酸化炭素で重いですから、下の方にモワモワ溜まっちゃいますよね。
こういった機械も、普段の「ぷっ」すまでは見られないので非常に勉強になります。

さあ、そんな素敵なセットで繰り広げられた「アイドルダンス部」もいよいよ後編です。
覚えやすいと思っていたダンスですが・・・・・
これが意外に手ごわいようです。
トップバッターの草彅さんでさえ、なかなかノーミスで繋げない?
ユースケさんは張り切り過ぎ?
こうなると・・・・・
後ろに控える、亮さん、井戸田さんにどんどんプレッシャーがかかります。
熊の助は、自分は踊れないくせに振りは覚えているので、人の間違いに気付いてしまいます。
だから、余計にドキドキして見守ることになりました。
果たして、完走できるのか?さらに、ノーミスで行けるのか?
最後までお見逃しなく!

  • mixiチェック

「順番に混ぜると、危険?」

投稿日:2017年11月18日 01:20

もちろん、予定通りに行っても面白いんです。
でも、予期せぬことが起こると、さらに面白くなります。
「ぷっ」すまでは・・・・・ほとんどいつも、起こっている気がします。
一種の“化学反応”でしょうか?

小学校の理科で“化学反応”の実験やりましたよね。
水酸化ナトリウムに塩酸を加えると、水と食塩になるっていうの、覚えてますか?
化学物質を混ぜて、違う物質ができちゃうなんて、なんか不思議でした。
ただ、この場合は、出来るのが水と塩って・・・・・
反応して、逆に普通になっちゃった感じです。
「ぷっ」すまの場合は、普通にならない“化学反応”が、ありがたいです。
どちらかというと、「混ぜるな危険!」的な化学反応を欲してるのかもしれません。
塩素系漂白剤と酸性タイプの洗剤を混ぜると、有毒な塩化ガスが発生して危険っていうヤツです。
もちろん・・・・・
家庭では、絶対に絶対に、混ぜないで下さいね。
これはあくまでも例えなので・・・・・

混ぜて凄いのは、何と言っても、江頭さん。
「ぷっ」すまでは、いつも素晴らしい“化学反応”が起こります。
まあ、足す前から危険なにおいはしてますね。(江頭さん、すみません!)
ただ、他のゲストの方だと、その方なりの反応が起こるから、楽しいのです。
熊の助は、はたで見ている立場ですが・・・・・
「あれ!?今“化学反応”が起こってるんじゃないか?」っていう瞬間が分かる時があります。
また、収録では気が付かなかった“化学反応”を、放送を見て、知ることもあります。
たくさんの物質をいっぺんに混ぜると、ゴチャゴチャして分かりにくいのかな?

さて、次回は「アイドルダンス部」です。
ベイビーレイズJAPANに来てもらって、あのヒット曲をみんなで踊ります。
部員は、前回、涙を流したスピードワゴンの井戸田さんと、ロンブーの亮さんです。
2度目の井戸田さん、今回は泣かないでね。
亮さんは、ダンスが死ぬほど苦手なんだそうで、心配です。
こんな部員たちで、果たして完走できるのか?

ただ、この企画は、いっぺんには混ぜません。
1人ずつ順番に挑戦していきます。
分かりやすい混ぜ方ですよね。
だから、1人進むごとに、“化学反応”が凄いんです。
今回は、はたで見ていて、ビンビン感じました。
結果、4つの物質を順番に足していって、“化学反応”を繰り返して・・・・・
どうなったのか?お楽しみに!
草彅さんも久しぶりのダンス?順調には行かない?・・・・・

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • ファミコン
  • ダイラタンシ―現象
  • ②ハロウィーン
  • 秋の空
フォトギャラリーを詳しく見る≫