2016年6月
« 3月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  • mixiチェック

人は何のためにスポーツをするのか? 女子長距離選手悲哀物語

投稿日:2016年06月29日 17:35

人は何のためにスポーツをするのでしょう?

 

国のためにメダルを獲る?

優勝して母校のために尽くす?

親を喜ばせるために?

自分の夢を実現するために?

 

13567228_1287031837974478_4873202315213557395_n

 

リオデジャネイロオリンピック女子マラソン日本代表選手田中智美選手を育てた山下佐知子監督は、「ゴールした時に笑顔でいられるようにしてあげたい」と言います。

もちろん、実業団の「第一生命グループ女子陸上競技部」を率いていくのですから、中途半端なお楽しみスポーツであってはいけません。結果が求められるのも事実です。

しかし、この結果はどうすることによって生まれるのでしょうか。

 

この2年ほど、女性のスポーツ環境について学びながら、思ったことがあります。

「女性の身体は実に微妙でデリケートにできている。将来の女子選手を預かる指導者はよっぽどそのことを理解しながら、適切な指導をしなければ、その選手の人生を壊してしまうことになりかねない」と。

 

過度な運動量とエネルギー不足によって無月経になってしまう選手がいることはようやく一般にも知られるようになってきました。しかし、その対策については、まだまだ男性指導者の中にはただおろおろするばかりの人もいますし、反対に、「そんなことは自分には関係ない。月経があるということはまだまだ練習が足りない証拠だ」と平気でのたまう人もいます。

無月経をそのままにしておくと、老婆の骨と同じようになり、骨粗しょう症を起こすことにもなります。

 

13528884_1287031861307809_10750965240847904_n

 

さらには、今回、(6月30日土曜日報道ステーション放送予定)特集で取り扱う内容のように、身体に悪影響を及ぼす鉄剤を、大事な大会の前に強制的に注射で血液に注入させる指導者もいます。

鉄剤注射の問題は30年ほど前からも行われていたという人もいます。最初は貧血を治すために行っていたのが、いつしか、鉄剤注射をすることで走れるようになると学習してしまった指導者が、生徒に強制的に打たせる風潮が出てきたと言います。

中高生の女子選手で、毎日体重計に乗らされて、満足な食事もせず、何枚も汗を出すためのウィンドブレーカーを着こんで体重を減らし、そして鉄剤注射をする、そんな選手たちがインターハイや高校駅伝で優勝する・・・それは幸せなことでしょうか。

最近、国際大会に派遣するために、初めてジュニア選手の血液検査をした日本陸上競技連盟が、血液中の鉄の多さに驚いたと言います。

鉄は男女差があって男は100ナノグラム程度。女性は30~40ナノグラムが平均です。ところが、今回、はっきりとわかったのは、ジュニアのトップクラス20人ほどの平均値がなんと、90ほどになっていたのです。中には500を超えたり、800という数値の選手もいたそうです。ちなみに日本のトップアスリートの中長距離の選手たちでも30~40。それから比べると、ジュニアの選手たちのその値は異常に高いことがわかります。

 

これに対して、日本陸連医事委員長の山澤文裕医師は、「おそらく鉄剤注射を頻回にやって、身体の中に鉄が過剰状態になってしまったのではないか」と話します。

 

こうした選手の身体は、心臓や肝臓、膵臓などの内臓や筋肉に鉄が沈着して、線維化をおこし、健康とは言えない状況を生んでいきます。

そんな身体では実業団に入って専門的に陸上競技を行ったとしても、世界と戦える選手に成長することは不可能と言ってもいいでしょう。

 

何のためにスポーツをするのか、競技スポーツは身を削りながら行うものですから、健康になるためのスポーツではないことは確かです。

しかし、指導者のエゴで、選手が犠牲になっているとしたら、さらには、親まで鉄剤注射をして来いと勧める現実があるとしたら、これはもう、今さえよければ、何をしてもいいという不幸な近視眼的指導と言わざるを得ません。

 

自身が1991年世界陸上東京大会の女子マラソンで銀メダルを獲得し、これが引き金になって有森裕子、高橋尚子、野口みずきらの五輪メダリストが生まれてきたことを考えると、山下佐知子監督が目指す、女性の身体をしっかり考えながらの指導の重要性が、今、最も求められていることがわかると思うのです。

 

是非、明日、6月30日、テレビ朝日の報道ステーション(22時40分ごろから)をご覧ください。

 

13567350_1287031881307807_4615802955770951624_n

 

13559199_1287753124569016_4857517739301009349_o

 

<筆者>

テレビ朝日スポーツコメンテーター宮嶋泰子

これまで1980年のモスクワ大会からオリンピックの取材を始め、
リオデジャネイロが18回目の現地取材となる。

担当番組:報道ステーション スポーツ特集
BS朝日 ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~

 

日本女子体育大学招聘教授
公益社団法人日本バレーボール協会理事
公益財団法人日本新体操連盟理事
NPO法人バレーボール・モントリオール会理事
NPO法人国連UNHCR協会理事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • mixiチェック

リオ五輪、女子体操・最終選考での涙

投稿日:2016年06月28日 17:05

13501591_1284689354875393_6141542510695940203_n

最終的な選手選考は胸が締め付けられる思いです。
昨日NTCナショナルトレーニングセンターでの体操練習会場で試技会が行われ、女子7名の選手が演技をし、トップ5が正式にリオ五輪の日本代表選手となりました。

 

寺本明日香、村上茉愛、杉原愛子、宮川紗江、内山由綺の5人が選ばれ、河崎真理奈と笹田夏実が代表落ちという形です。

13528950_1284689364875392_719360686684420481_n

 

特に、笹田さんに関しては個人的に思入れがあっただけに、見ていてとても苦しかったです。笹田さんはジュニア時代から次代のエースといわれ、難度の高い技を次々に決め注目を浴びていた選手です。当時、ロシア人コーチと母の弥生さんが日本女子体育大学の体育館を借りては、練習を繰り返していましたっけ。

全日本選手権でも上位に入り、代表入りは確実と思われた4年前のロンドンの代表選考会、平均台で落下に近い第過失をおかし、次点6位で代表入りを逃していました。この時も涙涙でした。

そして、その4年後、手首の手術の後遺症もあり、リオの代表選考では、時代の流れに難度がついて行かず、演技は美しいものの、点数が伸びず、代表にはなれませんでした。

 

実は、1979年、1980年と、私はお母さんの加納弥生さんをよく取材させていただいていました。テレビ朝日がモスクワ五輪を中継する関係で、しょっちゅう練習を見に行ったり、試合をチェックしていたのです。

弥生さんは国学院高校時代から品のある演技で日本のトップとなり、世界選手権には4度出場しています。もちろんオリンピックの代表にも選ばれました。しかし、モスクワ五輪を日本がボイコットしたために、オリンピックには出場していません。

母と娘、二人とも日本選手権で優勝し、日本を代表する体操選手となりながらも、母は国の意向でオリンピックボイコットの渦中に投げ込まれ、娘はオリンピックの4年に一度というサイクルに合わず、共に縁がなかったと言わざるを得ません。4年という月日の長さと、そこにピークを合わせることのむずかしさを思わずにはいられません。

 

13512016_1284689384875390_3592290481737824885_n

 

夏実さんの涙に声をかけることもはばかられました。

5人の代表が、代表になれなかった人たちの思いまで拾って、丁寧な演技をしてくれることを望むばかりです。

 

<筆者>

テレビ朝日スポーツコメンテーター宮嶋泰子

これまで1980年のモスクワ大会からオリンピックの取材を始め、
リオデジャネイロが18回目の現地取材となる。

担当番組:報道ステーション スポーツ特集
BS朝日 ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~

 

日本女子体育大学招聘教授
公益社団法人日本バレーボール協会理事
公益財団法人日本新体操連盟理事
NPO法人バレーボール・モントリオール会理事
NPO法人国連UNHCR協会理事

 

  • mixiチェック

内村選手、体操を楽しむ!

投稿日:2016年06月15日 10:58

オリンピック本番まで2か月を切りました。

メダル確実と言わるなか、今回は団体での金メダルを目標にしていると公言してはばからない内村航平選手の様子を見てみたいと、コナミの体操練習場に行ってみました。

 

13418960_1276121265732202_6294963459983646410_n

 

壁に貼ってあるスケジュール表を見ると、かなり取材が入っています!中には米国NBCからのもののもありました。照明をたいて物々しくおこなわれたそうです。なんといっても今回のリオデジャネイロオリンピックで、最も注目される選手の一人であることは間違いなしですからね。

さて、2時過ぎからゆっくりと体をほぐしながら、各種目の気になるパートを練習していた内村選手。うまくいかないところがあると、手や腕を動かしながら、体を動かすイメージを何度も作っていました。映像的に自分がイメージする通りに体が動けば、技は成功するはずというところでしょうか。

あれ?と思ったのが鉄棒でした。

新技の練習をしていました。オリンピックまで2か月を切っているのに?

空中でぐるりと宙返りをしながらひねりまくっています。

まだ鉄棒をつかむことができず、補助の選手が鉄棒に予防マットをかけて、体がぶつかっても大丈夫なようにしています。

なかなかうまくはいきません。

鉄棒のある場所からすたすたとビデオを撮影しているところにやってきて、自分の今の技を繰り返し見ています。

 

その後、鉄棒の隣にあるトランポリンのところに移動し、びよんびよんとトランポリンに身を任せながら、宙返りをしたり、ひねったり、鉄棒の動きと同じように体をコントロールしてみる内村さん。

どうしたらうまく動けるのか?

何が違うのか?

トランポリンでいろいろと確認しながら、また鉄棒に戻っていきます。

 

その様子が実に楽しそうなのです。

コーチに言われたことをその通りにやるのではなく、自分で一つ一つ確認しながら、発見して、トライして、また試行錯誤。

スポーツの楽しみってこんなところにあるんだろうなと思ってみていました。

 

練習後、楽しそうですねと聞くと、

「オリンピックを前にして、ロンドンの時はもっと気持ちが窮屈だったけれど、今はとても練習を楽しんでいる」とのこと。

余裕の王者です。

 

ちなみに、鉄棒の技はリオデジャネイロオリンピックでは使いません。

その先を見据えて練習している新技だったのです。

 

いやあ、参った!

 

夕方、子供たちがぞろぞろ集まってきて、体操の練習を始めました。

未来の日本代表選手たちです。

内村さんの練習を見ていれば、きっと、体操の本当の面白さに目覚めていく素敵な選手になっていくことでしょう。

 

13394075_1276121299065532_1964694462268657178_n

 

 

 

 

 

  • mixiチェック

団体メダルを狙うのは楽じゃない・・・ぎりぎりまでの代表争い

投稿日:2016年06月05日 23:51
 本日は午前中から体操の全日本種目別選手権があり、男子のリオ五輪代表と女子の代表候補選手が決まりました。

とはいえ、本番直前まで誰が代表として出ていくのかはまだまだ分からないというのが実情のようです。
ええ??どういうこと? 代表選手が決まっていないの??
ええ、そうも言えますね。
20160605_183013-1
今回の男子はズバリ、団体で金メダルを狙っています。
体操競技は1チーム5人で編成されます。
男子なら、ゆか、あん馬、吊り輪、跳馬、平行棒、鉄棒と6種目に5人のうちの3人が出場して、その3人の合計得点がチーム得点となります。いわゆる5-3-3と言われるものです。3人のうち一人でも失敗すれば、その得点も合計に入れられてしまうというミスの許されないスリリングなシステムです。
すでにリオ五輪に内定している内村航平さんと加藤凌平さんの2人は個人総合が狙えます。そこで、この2人を軸にして、さらに一人、その種目を得意とする選手を入れて1種目ずつを戦っていく作戦です。今日選ばれたのは、その3人でした。
ゆかと跳馬をと得意とする白井健三さん。ご存知「ひねり王子」です。
そして平行棒と鉄棒を得意とする田中祐典さん。ロンドン五輪の田中三兄姉の弟さんです。
3人目が吊り輪を得意とする山室光史さん。ロンドンでは跳馬で足をけがして途中退場という痛々しい経験の持ち主です。
なんと、大学生の白井さん以外は4人がロンドン五輪の代表選手です。経験豊富な5人。鉄壁です。
さあ、この5人で行くのかと思いきや、代表選手発表の後、水鳥強化本部長からこんな話が出ました。
「この5人の選手の他に、候補選手を数名選んで招集し、合宿を行います。今回選ばれた5人であってもけがなどで試技会で力を出せない場合などには入れ替えの可能性がある」というのです。
合宿は1か月半行われます。選ばれた5人の正選手にも危機感を持って合宿に臨んでほしいとのことなのです。
さらに、最終的なリオ五輪の選手登録は試合の24時間前ですが、とりあえず、合宿中に候補選手から2名を絞り、その選手をリオに帯同させ、ぎりぎりになるまで準備をさせるとのこと。
ここまで、選手一人一人に危機感を持たせてぎりぎりまで競わせる代表というのは珍しいかもしれません。
ああ、そういえば、中国の男子体操はかつてこんな感じだったように思います。
直前まで誰が出てくるのか、皆目見当がつかない状態だったことがあります・・・・。
先週まで行われていたヨーロッパ選手権ではロシアの団体が、日本がグラスゴーで出したスコアーを上回ったようです。また、中国もメンバーが一人変わったけれど、中心選手たちはしっかりしているとのこと。
ロシアや中国を抑えて、日本が2004年アテネ五輪以来の団体金メダルを手にすることができるのか。
過去のオリンピックで個人の金メダルは手中にしているけれど、まだ団体の金メダルだけはまだ手にしていない内村選手の悲願達成はなるのか。
いやあ、リオ五輪の団体金メダル争いはし烈です。
グラスゴーの世界選手権で金メダルを獲ったからといって、油断は禁物です。
20160605_172017-1 (1)
一方の女子は、昨年グラスゴーの世界選手権で団体5位という成績でした。リオ五輪の目標はズバリ団体のメダルです。
こちらも男子に負けず劣らず、いや、それよりも激しい代表争いといえるかもしれません。
すでに内定している寺本明日香さん、村上茉愛さん、杉原愛子さんの他に、今日行われた全日本種目別選手権で、4人が選ばれました。
ええ?? 3人にさらに4人で合計7人??
そうなのです。女子も5-3-3は同じです。
跳馬、段違い平行棒、平均台、ゆかの4種目に3人ずつが出場して、その合計点で競います。
今日選ばれた4人は、宮川紗江さん、内山由綺さん、河崎真理菜さん、そして笹田夏実さん。
3人と4人を合わせて7人・・・・でも、五輪代表は1チーム5人ですね。
ですから、今日選ばれた7人の女子選手は、「代表候補選手」と呼ばれているのです。
この後の1か月半の合宿と試技会で、怪我を含めて体調や仕上がり具合を見ながらトップ5人を選んでいくのだそうです。
いやはや、こちらもまだまだ気が抜けません。
しかし、前回のグラスゴーの世界選手権ではけが人が多発し、補欠から繰り上がった選手が頑張りを見せ、団体5位に入ったことなどから、このような選考方法がとられることになりました。
選ばれる選手たちも、納得しての選考方法で、事前にしっかり書面で通達もされているとのこと。
日本代表になるのも楽ではありません。
  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • 20160326_215116 (2)
  • 20160307_015056
  • 2 009
  • 11755103_1065543693456628_6267899555965737886_n
フォトギャラリーを詳しく見る≫