2016年2月
« 12月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  
  • mixiチェック

増田明美さん

投稿日:2016年02月27日 08:50

 

今や「詳しすぎる解説」などと言われるマラソン中継の解説者増田明美さん。

一人一人の走る姿そのものもさることながら、普段の練習や生活などを解説コメントにどんどん入れてきます。

一人のマラソンランナーが一人の人間に感じられてくる、そんな解説です。

10487482_1229260587103859_6929252112395174534_n

 

増田明美さんに2時間じっくりお話を聞くチャンスがありました。

千葉の豪農に育ち、ミカン畑をぐいぐい登りながら遊んでいるうちに脚力が付き、いつしか陸上部に。

走るたびに日本記録を更新して、気づけば日本代表選手。

それも、オリンピックに初めて取り入れられた女子マラソンの代表選手。

1984年のことです。

 

高校生のころからよく増田さんの取材をさせてもらっていましたが、今回オリンピック直前に絶不調だった話を改めて聞くに当たり、マラソンの難しさと、代表選手のプレッシャーの強さを再認識させられました。

会社で開いてくれる歓送会に出ることもできず、一人湘南に向かい海を眺めていた話。

当時女瀬古といわれていた増田さんは思い余って、内緒で瀬古選手に「絶不調なんです。どうしたらいいでしょう」とすがるように電話をしたそうです。

実はその頃、瀬古選手も練習のしすぎで血尿が出ていた時期で、母親から「お願い!死なないで!」と言われていたのでした。本番直前で不安になればなるほど練習を重ね、それによってさらにコンディションを崩して不調に陥り、心理的にも追い詰められていく。家族には1964年の東京オリンピックで銅メダルを獲りながら次のオリンピックまで復調できずに自殺をした円谷幸吉さんの姿がダブって見えたのでしょう。「死んじゃなだめ!」そんな言葉を瀬古さんの母親はかけていたそうです。

その思いは増田さんの家族も同様でした。

明美さんは、ロサンゼルスオリンピックでは、結局途中16キロでリタイア。

収容車で競技場に運ばれ、医務室に置かれたモニターに映るスイスのアンデルセン選手がフラフラになりながらゴールする姿に、「もう私は日本に戻れない!」と思ったそうです。

成田空港に降り立った否や、浴びせられた言葉は「おい!おまえ!非国民!」という見知らぬ男性からの冷たい言葉。迎えに来ていた叔母様が飛んできて青い帽子をかぶせて顔が見えないようにしてくれたそうです。

本人が好きで始めたスポーツなのに、オリンピックになると過度な期待をする周囲。

さらにはそれにこたえようと無理をしてしまう日本の選手たち・・・

そこには日本人の国民性が見え隠れします。

 

増田さんの解説には人間として一人一人を裏側までしっかり見ていこう、決して走るマシーンとしてとらえるのはよそうという自分の経験からくる強い思いがあるように感じられました。

それが今のマラソン解説に生きているのでしょう。

 

私にとっては現役時代に彼女が走るレースを実況したり、インタビューをしたり、今ではさまざまな審議会でご一緒したりと30年以上にわたり、見つめてきた方の一人です。

是非ご覧ください。

ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~ BS朝日 2月27日土曜日 夕方6時から

 

 

 

 

 

  • mixiチェック

セブンスラグビーの面白さを教えてもらいました。

投稿日:2016年02月12日 23:56

シンクロナイズドスイミングで女性ばかりの取材をした後、サムライセブン吉田義人2016キックオフパーティーなるものに行ってまいりました。今度は男の世界・・・

12654381_1180504651960531_429239805280139974_n
15人ラグビーは秩父宮ラグビー場でよく取材をしていましたが、7人制は私の中ではまだ未知のスポーツ。1990年代の明治大学の黄金時代は吉田義人によって作られたといわれるほどの伝説的ラガーマンである吉田さんですが、オリンピックにセブンスが入ったことをきっかけに、7人制ラグビーの専門チーム「侍七」「サムライセブン」を作りました。7人制ラグビーには15人制とは違ったスピードやアジリティー(俊敏さ)が要求されます。そこで、他の競技からトライアウトで選手を選び、ラグビーの基礎を一から習得させていったのです。陸上競技110メートルハードルの選手や野球選手など、ラグビーとは無縁だった人たちもいますが、彼らは皆、オリンピックに出てみたいと夢を追うアスリートたちです。

12227213_1122902174387446_4025027774769675047_n
日本は男女ともこの7人制ラグビーではリオ五輪の出場権を獲得しています。しかしまだ日本代表選手は選ばれていません。吉田さんは、一人でもその中にこのサムライセブンから選手を出したいと意気込んでいました。

オリンピックの種目になったのだから、セブンスラグビーは最近できたスポーツなのかと思いきや、なんと、吉田義人さんは現役のころから7人制の大会にもよく出場していたそうです。瞬発的なアジリティー能力とスピードを要求される7人制は、体がそれほど大きくない日本人にも可能性が開けているスポーツと力説されていました。吉田さん自身、このセブンスラグビーが大好きなんでしょうね。会場でモニターに映し出される画像を見ながら、吉田さん自ら、「このプレーが素晴らしい」「これがセブンスの醍醐味だ!」「これは15人制にはない面白さだ」などと解説してくださり、聞いているうちにすっかりセブンスの面白さにのめりこんでしまいました。

さらには今回は予想もしないおまけ付き。吉田義人ファンがたくさん集まる中、柔道の吉田秀彦さんや、野球の石毛宏典さんのお顔もありました。私が野球担当をしていた頃には石毛さんをよく取材させていただいていたものです。「オー!久しぶり。当時は、女性スポーツキャスターの草分けだったねえ」なんていう話から始まり、実に30年ぶりの再会で盛り上がりました!

思い切って出かけてみるといろんな出会いや発見があって面白いものですね。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • ice_park_photo_01
  • team03
  • 12366383_1140464639297866_72562605988644527_n
  • 20151114_163812-1
フォトギャラリーを詳しく見る≫