2015年9月
« 8月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  • mixiチェック

世界一のスポーツラボ 鹿児島に現る!

投稿日:2015年09月30日 13:18

9月12日、鹿児島空港から錦江湾沿いに桜島を右手に眺めながら鹿屋市に向かいました。鹿屋は「かのや」と読みます。

20150913_080300

 

国立で唯一の体育専門の大学、鹿児島県鹿屋市にある鹿屋体育大学に「スポーツパフォーマンス研究棟」が完成し、そのお披露目に伺ったのです。

2008年にこの大学の学長に就任した福永哲夫氏の「バイオメカニクスの技術を使ってスポーツ現場でのコーチの客観性を求めていきたい」という強い思いが実って、この棟が完成。

国からの資金に加え、鹿屋市からの2億5千万円の寄付も活用して、総工費13億円をかけて建設されました。

20150912_170816

竣工記念式典は、文部科学省スポーツ局長や2020東京オリ・パラ組織員会の森会長なども顔を見せ、盛大に行われました。

20150912_140335

鹿屋体育大学の経営協議会委員を務めている関係から、私も人生初めて、法被を着て四斗樽の鏡開きのセレモニーに参加させていただきました。

11998566_894534363970139_297465733_nトリミング

12026714_894534403970135_1065779298_nトリミング

 

さあ、それでは早速、世界ナンバーワンを誇るスポーツ科学の粋を集めた施設をご紹介いたしましょう。

まずは陸上競技用の施設。

この短距離用のフォースプレートは世界最長を誇る50mまでを測定できるものです。

20150912_154050

 

フォースプレートは歩行は走行など動作をする際にかかる力量を測定できる機器です。

トラックには54枚のフォースプレートを設置し、スタート地点の左右手足を含め、50m地点まで測定可能です。

スタート位置には、左右の手足それぞれにフォースプレートが埋め込まれており、スタートダッシュ時にかかる力量も測定できます。

走行時の力量の3成分(鉛直方向、推進方向、左右方向)、ステップごとの設置位置、運動量の算出を行うことができ、そのデータは即時にモニターできるようになっています。

20150912_154054トリミング

<お披露目の日に為末大さんがダッシュ>

 

20150912_154055

 

この日、トライアルで走った為末大さんは「0.01秒の単位でなぜ遅いのか等、具体的にコーチができる。選手自身も自分を知ることができる。たとえば、フォースプレートで何歩目から足の力が横に逃げている等、具体的にわかる。」と言っています。

さらに「パラリンピックに向けて、義足ランナーの測定なども行って、義足にふさわしい走りを探すことにも使えると思う」と付け加えました。

 

20150912_154408

 

また、体にマーカーを張り付けて測定するモーションキャプチャーシステムでは、赤外線を発する専用のカメラを複数台配置して、反射マーカーの三次元情報をデジタルデータとして取得するシステムです。

体重のかけ方やフォームなどが視覚的に確認することができます。

 

20150929_173110

 

20150930_113055

 

20150929_173045

 

サッカーや野球のために可動式のカメラが天井からつりさげられるようになっています。アリーナ内のどこにでも移動して使えるので、三脚を床面に設置しなくてもカメラを固定することができるのです。

20150912_161557

20150912_161227

 

サッカーでは、オブジェクトトラッキングシステムと言って、選手に装着した100ぐ程度のセンサーから、座標位置、移動速度、体の向き、心拍数などの情報を無線でリアルタイムに測定できます。同時に30人からサンプリングすることができ、フォーメーションのチェックなどに有効に使えます。

 

20150912_155753

 

20150930_113209

 

そして、それらのデータは横8m縦2.2mの大型モニターに表示されます。大型モニターでは、選手の映像は等身大で映されます。

 

20150912_155800

 

野球のピッチャーマウンドとバッターボックスにもフォースプレートを完備。ピッチャーマウンドでは各球場使用にマウンドの高さを調整することが可能です。ピッチャーとバッターの同時測定も可能で、駆け引きがある状態での測定や分析ができるとのことです。

 

20150912_160803

 

20150930_113254

 

20150912_162311

 

20150912_162111

 

20150912_162028

 

アリーナの横に屋根付きで作られたテニスコートでは、打ったボールの回転数、スピード、回転軸、回転の方向、打点位置、軌跡、落下、地点など、ボールの動きを解析し、打たれたボールの質がリアルタイムに測定されます。

また、肉眼では見ることのできないインパクト前後の動きをハイスピードカメラを使って確認することもできます。さまざまな角度からの映像を同時に記録できるとのことです。

 

20150912_170148

 

20150930_113407

 

プロ・アマを問わず、さらには日本以外の国からも様々なアスリートに来てもらいたいと目論む鹿屋体育大学。

これまで鹿児島空港からの便が悪く、2時間以上かかっていましたが、高速道路の開通によって1時間に短縮されました。

こうした科学的な分析によって、アスリートたちが自分で自分を知り、新たなフォームを作っていく機会になるといいですね。

 

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • 12010535_1092623494081981_7600010637552049010_o
  • 日本整形外科スポーツ医学会
  • 20150902_190744
  • 20150823_212158
フォトギャラリーを詳しく見る≫