2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • mixiチェック

世界水泳ロシア・カザン シンクロ4つ目のメダル10人全員で!

投稿日:2015年08月02日 17:33

世界水泳八日目、シンクロ最終日・・・ 井村ジャパンが、またもやってくれました!!!

20150801_192238-1-1

最終日はシンクロナイズドスイミングの種目で最もエンターテイメント性の強い種目、フリーコンビネーション。 各国が自分たちの自慢のリフトやジャンプをふんだんに盛り込んできます。

ソロパート、デュエットパート、そして、チームパートなど、全員で10人という最も多い人数で演技をしていく種目です。オリンピックの種目にはありませんが、シンクロを楽しんでみるためには最も適しているといってもいいかもしれません。

今回のマーメイドジャパンは選手の総人数が10人です。 本来は12人なのですが、2人が日本代表を辞退してしまったので、ぎりぎりの10人でやらなくてはならない事態に陥ったのです。この10人で、これまで厳しくつらい練習を乗り越えてきました。 井村コーチが「デュエットの二人だけのメダルではだめ。全員にメダルを」と言っていたその決勝の日が来たのです。

メダルを獲るためには、ライバルウクライナより良い得点を出す必要があります。

先にウクライナが演技。 バレエ音楽に乗せて世界一ともいわれるリフトやジャンプを次から次に見せてきます。 縦の立体的な動きを多用する構成です。

Execution(30%) 28.0000

Artistic Impression(40%)37.2000

Difficulty(30%) 28.2000

Total  93.4000

実に高い得点です。このスコアーを見たときに、私は軽い眩暈を覚えました。こりゃ難しい、これを超えるには並大抵のことではない!それが正直な思いでした。

 

中国、ロシアと独自の世界観を見せつける演技が行われた後、さあ、決勝12チームの最後に日本登場です。

フリーコンビネーションだけに出場するのは今年から日本代表に入った高校生の田崎明日香さん。もう、陸上動作の時から緊張が見て取れました。

日本のフリーコンビネーションは各国とは一線を画しています。今回で3年目になるもので、高いリフトやジャンプが多くあるわけではありませんが、流れるように水面を体型変化で移動していくものです。男女の恋愛の機微を表現しているとも言われ、水着も表と裏が赤色と緑色という補色で女性の横顔が描かれています。曲もゆったりとしたボーカルです。

本当にこんなにハラハラしながらシンクロの演技を見るのも初めてです。

 

スコアーは Execution(30%) 28.1000

Artistic Impression(40%) 37.6000

Difficulty(30%) 28.1000

Total  3.8000

 

0.4の差でウクライナを上回りました!

細かく見てみるとDifficultyではウクライナが勝っています。これがリフトの難度ということなのでしょう。

20150801_191203

日本4度目の銅メダルです。 有終の美を飾る10人全員で獲得した鮮やかな銅メダルです!!

演技直後、すぐ表彰式の準備のために選手たちは移動しなければならなかったため、最初に井村コーチにコメントをいただきました。

 Q フリーコンビネーションで、4つ目のメダル出ちゃいました!

井村:出ちゃいました。最後だけちょっと同調性に欠けましたけど、皆泳ぐの見ていて「あぁこの子らここで成長したなぁ」と思って。よく泳ぐようになりましたね。ひるまずによく泳ぐようになりました。

Q これで全員がメダルを手にすることになります。

井村:そう!やっと念願の皆あの上に乗せてやれます。はい、私も知らない世界を彼女たち全員10人が見ますから。表彰台の上から観客席が見えるあの世界が見えると思います。

Q 本当に今日の試合もしびれました!

井村:今日はなかなか最後に出てきたしスリル満点でした!よく泳ぎました今日は。

Q どこが良かったと思われますか?

井村:最後はちょっとだめでしたけどね。それ以外はよく合わせてね。リフトも勇気を出して飛んだと思います。よくやった。

Q 一番最後、ダメ押しの足技は。

井村:あれちょっと乱れましたけどそれはもう許してやってください。勝ったから許しましょう。どうもありがとうございます。

20150801_191613

<フリーコンビネーション決勝の結果>

金  ロシア    98.3000

銀  中国     96.2000

銅  日本     93.8000

4位 ウクライナ  93.4000

5位 スペイン   92.3667

 

試合後の公式記者会見に出席したキャプテンの乾友紀子さんと中村まいさんが、二人とも「10人全員でメダルを獲れたのが何よりもうれしい」と言っていたのが印象的でした。

本当によかった・・・・・

20150801_195250

これで世界水泳シンクロナイズドスイミングはすべて終了しました。

<今大会のシンクロ日本代表の成績>

ソロテクニカル決勝         5位

デュエットテクニカル決勝      銅メダル ※4大会ぶりのメダル獲得

ミックスデュエットテクニカル決勝  5位

チームテクニカル決勝        銅メダル

ソロフリー決勝           5位

デュエットフリー決勝        4位

ミックスデュエットフリー決勝    7位

チームフリー決勝          銅メダル

フリーコンビネーション決勝     銅メダル

20150801_192151-1

さあ、それでは表彰式を終えた選手たちの喜びの声をプレイバック!

Q 田崎明日花さん、10人全員でメダル持っていけるかどうかがかかっていました。どうでしたか今日は?

田崎:私はチームはエントリーしていなくてコンビネーションだけだったんですけど、チームは2つともメダルを獲られているんで、私がコンビネーションが獲らないわけにはいかなったんで死ぬ気で泳ぎました。

Q 高校生でこの大きな舞台を経験できました。どうでしたか?

田崎:陸上動作の時にめまいがしたんですけど今まで頑張ってきたことを出さないと意味がないので本当に全力でした。

Q めまいがした?

田崎:はい、もう目がチカチカしていました。

Q よかったですね本当にね!

田崎:ありがとうございます。

Q さあ、そしてとうとう4つ目いきましたよ!

丸茂:半年間10人で合宿してきてその10人でこの大会の最後に表彰台に登れたことが凄くうれしいです。

Q この世界水泳でずいぶん自分の中で変わってきたこともあるんじゃないですか?

丸茂:そうですね。自信になった部分もありますしまだまだ足りないなと思ったことの方が多いんですけど。でも今回いい経験を一杯させてもらったので次からも今回のことを忘れずもっともっと前を向いて練習していきたいと思います。

Q バンバン飛んでください。

丸茂:はい、もっと練習します。

Q さぁそして、いやぁ今年チームに入って大変な思いをしてきてたでしょう?

小俣:はい。凄いたくさん怒られたりしたんですけど、一杯練習したことを自分を信じて頑張りました。

Q 今日はどうでしたか4つ目

小俣:今日はもう最後だしいい気持ちで皆で終わりたいと思っていたので自分の出せる精一杯の力を出して頑張りました。

Q かなみちゃーん、やったね。前回の世界水泳とえらい違いですね。

中牧:前回は初めてでついていくことばっかりに必死だったんですけど今回もたくさん怒られて先輩方にもいろんなアドバイスをしていただいてしっかりついていくことができてよかったなと思います。

Q だってかなみさんもずいぶんこの2年で変わりましたよね。いろんなことができるようになりましたよね。

中牧:できるようになってたらうれしいです。

Q 林愛子さん!もう昨日とは全然違うんじゃないですか、昨日はもうビリビリしていたけど。

林:でも今日も凄い予選ではコンビネーションは0.2しかあいてなくて、で今日それを臨んだので凄い緊張と、昨日もそうなんですけど、今日も凄い緊張して吐き気がやばかったです。

Q 吐き気がした?

林:やばかったんですけど、やっぱり今までやってきた事を、もう半年以上ずっとつらい練習をしてきたのでそういう点では自分を信じて最後まで泳ぎ切ったと思います。

Q 2度目の表彰台上から見てどうでした?

林:凄いなんか嬉しかったです。

Q 中村まいさん!よく頑張ってきたね、2009年のローマの時から。

中村:ありがとうございました。 :4大会で出てきたんですけど、正直世界水泳でそんなにいい結果を残したことがなかったから本当にうれしいです。

Q ローマの時に落として、あの時から日本チームはシーンとしちゃって

中村:今日も日の丸上がるときに今までの事を思い出していたんですけど、凄いしんどいこともたくさんあったんですけど、こうやってメダルを手にすることができて本当にうれしいです。頑張ります。

Q くるみちゃん!今日も土台頑張った。

吉田:私の役目というものが土台ていう大きな責任のあるものを任させてもらって、自分の感覚だったり上の人が飛んでる感覚だったりって、わかるのが私しかいない重要な役割を任せてもらってるってことはとっても幸せなことで、チームに必要としてもらえてるという事が凄くうれしいことで、これからもよりもっと上の人がどう飛びやすいようにしたらいいかとかそういうことをもっともっと研究していきたいと凄い思っています。

Q 世界水泳で世界のリフトとかジャンプを見てまたいろんなことを考えたんじゃないですか?

吉田:もっともっとできることはたくさんあるし、世界はもっともっと飛んでるわけで、だからもっと私たちも他の世界のリフトを見て研究したいなと思います。

Q さあそして三井さん!4回表彰台に上がってどうでしたか?

三井:やっぱり10人で今日最終日で、最後の演技で、10人全員でやっぱりつらいこともいろんなことを乗り越えてきたので、最高の舞台に立てて最高の場所に立てて本当に良かったです。

Q デュエット最初にメダルをとったとき、「全員でとらないかん!」と言われて

三井:そうですね。やっぱり自分たち2人で最初に登った時に、もう絶対皆でここはもう1回見なきゃいけないと思って、今日最終日を迎えたので最後しっかり登れて本当に良かったです。

Q 箱山さん!なんだかしっかり世界中のカメラにマークされてますよ。

箱山さん 箱山:本当ですか。泣いているからですからかねやっぱり。

Q 感動の表現がとっても素敵なんです。

箱山:ちょっとやっぱり泣きすぎなんですよね。

Q だって本当に心からこみあげてくるものがたくさんあったでしょう。

箱山:はい、そうですね。やっぱり本当にメダルが欲しいと思ってナショナルAチームに入って、なかなか思うようにいかなくて、でもずっとずっと思い続けていて、で去年とれて凄くうれしくて、でもロシアが出てなかったりしてたから今回とれたのが本当に本物だなと思って本当にうれしくて。10人で表彰台に登れたというのも凄くうれしい気持ちでいっぱいです。

Q さあそしてキャプテン!4回登りました!

乾:この世界水泳8日間でいろんなこともありましたし、今まで練習してきた事とかも凄く色々思い出してもうなんか今はちょっとやっと肩の力が抜けて本当にほっとした気持ちもあるんですけど

Q この世界水泳全種目予選と決勝で14回泳ぎましたよ

乾:そうですね。本当に日本でたくさん練習してきたというのが本当にすごく自分の自信になって、今回世界水泳強気で臨めたと思うので、本当に先生についていって、この10人誰ひとり欠けることもできない中で、本当に全員で頑張れてよかったです。

Q みなさあん、14回出場してこの世界水泳でメダルとったのはたぶんワンさんだけですよ!

皆:すごーい。おめでとう!

乾:ありがとうございます。

Q 皆でちょっとメダルを見せてください (全員でメダルを見せる)

 

この8日間、本当に濃い時間をシンクロナイズドスイミングの試合ととともに過ごさせてもらいました。シンクロは最初から結果が決まっているようなものだからねなんて陰口をきく人もいますが、まじかで選手たちの喜びや涙のシーンを見ていると、そんなことは決してないことがよくわかります。

世界水泳を通じて、リオデジャネイロオリンピックがますます楽しみになってきました。

 

さあ、今日からは競泳が始まっています。こちらも目が離せません。

20150802_110422

20150802_103438

20150802_094832

 

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • 11205579_1068163493194648_6807298959005417875_n
  • safe_image
  • 11230112_1014944945206688_1289142734270583662_n
  • 20150726_081921 (1)
フォトギャラリーを詳しく見る≫