2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • mixiチェック

バレーボールのワールドカップ これも演出なのねえ・・・・

投稿日:2015年08月28日 14:43

20150823_201110

 

1977年、日本で初めて開催されたバレーボールのワールドカップ。

女子は日本が優勝し、2位がキューバ、3位が韓国。 

MVPは白井貴子さん。ベスト6には日本から白井さん、前田悦智子さん、松田紀子さんが選ばれました。

男子の優勝はソビエト。2位が日本、3位がキューバ。 

MVPがポーランドのホイトビッチ。

ベスト6に日本からは田中幹保さんが選ばれ、ソビエトのサビンやセッターのザイチェフが選ばれていました。

この年にテレビ朝日に入社して、スポーツ担当となった私にとって、初めてともいえる国際試合のその模様は今でも鮮明に記憶に残っています。

本当に日本は強かった。そしてバレーも面白かった。

 

もう一つ。

観客が素晴らしかった。

自国だけでなく、相手の素晴らしいプレーに対しても惜しみない拍手が送られていました。

おそらく当時は日本の選手だけでなく、海外の選手の名前も観客の皆さんは覚えていたのだと思います。

そんな中から大きな賞が生まれました。

日本の観客のバレーボールの観戦態度にいたく感動した当時の国際バレーボール連盟の会長が、ユネスコに推薦状を書き、これがもとになって、「外国の選手に分け隔てなく喝采を送った日本の観客」に対して、ユネスコのフェアプレー賞が送られたのです。

観客に対してフェアプレー賞が贈られるなんて初めてのことでした。

その後、一度だけ1994年のリレハンメル五輪の観客に対して、この賞が贈られたことがありますが、それだけです。

それほど、日本のスポーツの観客は素晴らしかったのです。

そして、それをきっかけにワールドカップは毎回日本で開催されることになったと言われています。(真偽のほどは定かではありませんが・・・)

 

20150823_212027

 

しかし、今は全く違います。

観客は入場すると目の前で販売されている応援のためのスティックバルーンを買い求め、試合が始まると、そのバルーンを客席の最前列に陣取ったスタッフの先導に従って、皆、同じタイミングでたたきます。

会場の大型ビジョンにコールする文句が掲示され、それを見ながら、「ニッポン、ニッポン」と観客は同時に叫ぶのです。

20150823_212158

 

もちろん以前も「ニッポン コール」はありました。

「ニッポン チャチャチャ・・・」とチャチャチャのところで手を叩いていたのです。特に日本がピンチの時などにこのコールが自然発生的に生まれていました。

でも、相手の素晴らしいプレーに対しても大きな拍手が生まれていました。

 

久々に会場でワールドカップを見て、なんだか白けてしまいました。

確かに一生懸命のプレーには素晴らしいものもあり、オーと感動するものも少なくありませんでした。しかし・・・この会場を揺るがす一方的な音はいったい何なんでしょう。

 

これもテレビの演出の一つなのでしょうか。

こんな中でプレーをしなければならない海外の選手の気持ちを想像するだけで、悲しくなってしまいました。

 

「スポーツは自由な自己表現だから、やらせるスポーツから脱しよう」と、選手に自立・自律を求める昨今、本来自由意思に基づいて見に来る観客にももっと自律を!と思うのは私だけなのでしょうか。

 

 

 

  • mixiチェック

新国立競技場について遠藤オリ・パラ担当大臣とお話をしました。

投稿日:2015年08月25日 15:32

新国立競技場について、2020東京オリンピック・パラリンピック担当の遠藤大臣がさまざまなジャンルの方とお話をされています。

8月19日に私も内閣府に呼ばれて、ヒアリングを受けました。

遠藤大臣と

「2000億円以内で作れるものを」などと、当日、私の前にお話をされたサントリーホールディングス㈱取締役社長の新浪剛史さんはおっしゃったようです。

私に経済的なことなどわかるわけもなく、予算に関しては「税金なのであまり贅沢なことや無駄なことはしないでほしい」と言える程度ですが、唯一、私が他の方よりもわかることがあるとすれば、これまで冬と夏のオリンピックを17回経験し、様々な国際大会で海外に行って多くの競技場を見てきているという点だと思います。そこで、その観点からお話をいたしました。

これまで海外出張で撮りだめてきた写真をお示ししながらお話をさせていただきました。

 

その1:入って気持ちがよいもの。

最初にお話をしたのは、競技者にとって良い競技場であることは当然ですが、同時に、観客にとっても気持ちよい場所であってほしいという点です。

特に旧国立競技場は女性アスリート用のトイレが少なかったり、観客のトイレも心地よいものではありませんでした。アスリート用のシャワーやロッカールームなども相当数しっかり完備してほしいというのは言うまでもないことです。

20140615_125006

次に、フィンランドのヘルシンキの陸上競技場の写真をお見せしました。1952年のヘルシンキオリンピックに使われ、その後1983年、2005年の世界陸上でも使われた競技場です。日本の旧国立競技場にも似た作りですが、これを見るたびに、すでに遅きに失していますが、壊すんじゃなかったと思うのは私だけではないでしょう。

シンプルなものを長く使う、歴史あるものを大切に使う発想は、もっと大事にしてほしかったところです。これから作る競技場もシンプル イズ ベスト となるといいと思っています。

さて、観客席の最前列にご注目ください。このスタジアムも、競技場レベルと観客のレベルの高さの差がそれほどありません。

ロンドンオリンピックのスタジアムも同じです。

20120803_105041

トラックやフィールドで行われる競技を同じ目線のレベルから見られることは、迫力や臨場感の点からも申し分ないことは言うまでもありませんが、これは選手にとってもエキサイトできる条件だと聞いたことがあります。

かつて棒高跳びのブブカが、観客席が近い会場だと、やる気が起きると話していたことがあります。

旧国立競技場は最前列がフィールドより2メートルほど高い位置にありました。選手と観客の距離が遠い競技場だったのです。新しいものは選手と観客の距離が近い競技場であってほしいと思っています。

余談ですが、ロンドンオリンピックのこの写真は、朝9時過ぎに撮影したものです。予選の時から、こんなにたくさんのお客様が入っていたのです。2020年の競技場がこうなることを祈るばかりです。

 

 

こちらは、2008年の北京オリンピックが行われた鳥の巣です。

P1030073

National Stadium_6_900x600  Jemery Stern

北京オリンピックの開会式は本当につらかったです。暑くて暑くて・・・半屋根で覆われた競技場は風もなく、ただ座っているだけで異常に蒸し暑く、頭がくらくらし、拷問のように感じた覚えがあります。近くに座っていたセネガルの方が、「こんな暑さは体験したことがない!人生で最悪」と話していたことを思い出しました。

競技が行われるときは風は無用なのですが、開閉会式などのときには、観客席に風の通り道を作ってほしいというのは強くお願いしておきました。8月の東京は北京よりも暑いかもしれませんから。

飛び込み会場などで足元からミストが出てくる仕掛けの競技場もありますが、小さな会場ならばできますが、陸上競技場では望むのは難しいでしょうね。

 

また、デザインで問題になっていた屋根についてです。

競技場全体を覆う屋根があることで、芝が育ちにくくなり、さらにコンサートなどを行うと、芝が破壊されてしまいます。

個人的には競技場はスポーツのために使っていただきたいと思っています。

また、陸上競技ファンとしてはサブトラックは是非作ってほしいと思っていますが、大臣室で説明を受けたところによると、ここは明治神宮の土地なので、「元通りに戻していただきたい」という条件で仮設で作るしかないとのことでした。そういう縛りがあるのであれば、致し方ないのかなと思ったりしています。

ただ、サブトラックに関しては、秩父宮ラグビー場の周りにトラックを作り、それをサブトラックにすればという案が急浮上してきていると聞きました。

それができるのであれば、選手はサブトラックからメイン会場まで、少しばかり歩くことになりますが、良い案だろうなとは思います。

スタジアムに商業施設やVIPルームをたくさん作るという案もあるようですが、個人的にはあまり賛成できません。商業施設などは仮設で対応できればよいのではないかと思っています。ロンドン五輪では競技場の周りに仮設の商店が立ち並んでいました。小さな白いテントがぐるっと競技場を取り巻いているのがご覧いただけると思います。

20120723_155220

 

その2:人間にやさしいスタジアム

スポーツに参加する女性は圧倒的に増えてきました。このところのオリンピックの日本選手団では女子選手のほうが男性よりも多いくらいです。選手が増えれば審判など、女性の競技役員やボランティアも増えてくることでしょう。

そうした人たちが子供を預けられるキッズルームをぜひ作ってほしいとお願いしました。

20130309_161947 20130309_122844 20130309_140626 (2)

写真はフィンランドのラハティーにあるスキーのジャンプとクロスカントリー用のスタジアムです。この時、ワールドカップの試合が行われていたのですが、なんとその最中に、スタジアムの地下には、子供たちのためのキッズルームが設けられており、預けられた子供たちが様々な運動遊びをしていたのです。

地下にある多目的スペースが、ボランティアたちの休憩場や食堂になり、さらに、キッズルームになっていくこのスタジアムの構造には本当に驚かされました。雪深い土地柄だけに、大会が行われていない時でも、子供たちを遊ばせるのにも使えそうです。

この写真を見せながら、スポーツにキッズルームや託児所は今後は必要不可欠になるとお伝えしてきました。

 

障がいを持つ人たちのためにも、優しいスタジアムであってほしいと思います。もうこれは今の時代当然ですね。オリンピックの後、パラリンピックが行われるのですから。

遠藤大臣から障がいを持った人のためのトレーニング施設に関する質問がありました。

私は1991年頃からニュースステーションで障がい者スポーツの特集を作ってきましたので、選手たちから聞いてきたお話をお伝えしました。

可能であれば、障がい者だけが使える施設ではなく、一緒に使えるものを作ってほしい。そのほうが共生のためによいという意見です。

 

また、ロンドンオリンピックの体操会場で私が目を丸くしたマークをお見せしました。

.jpgトイレ

赤ちゃんのおむつを替える部屋が男性用のトイレの横にあるマークです。

当時は日本で、今ほど育メンが流行していませんでした。

遠藤大臣も「いやあこれは驚きだねえ。日本にはそういう習慣がないからねえ。私なんて全然・・」とおっしゃっていました。

これからは日本もこのマークが示す時代に入っていくでしょう。

 

3:2020東京オリンピック・パラリンピックのレガシー みんなで運動やスポーツの楽しさを共有できる環境を

大会関係者はオリンピックで日本がメダルをどれだけ取れるかという点にばかり気にかけているようですが、2020年の東京大会が終わった後、日本の国民がスポーツをすることの素晴らしさや運動をする楽しさを実感し、より多くの方がスポーツを楽しんでいくようになることが、大会のレガシー(遺産)として最も大切なことではないかと私は思っています。

運動やスポーツを通じてアクティブな生活を送ることができれば、膨大に膨らむ医療費削減の一助にもなると思うのです。

そこで、大会後、競技場の周辺が自転車やウォーキング、ジョギングのメッカになっていくといいなあと感じています。

これもフィンランドの写真ですが、ウォーキング用とサイクリング用の道が分けられている道をお示ししました。この環境は実に素敵でした。もちろん自動車が通る道路は別にあります。

20140614_054436

 

その4:そのスタジアムの歴史が感じられるもののスペースを。

どこのスタジアムにも、そのスタジアムの歴史が感じられるスペースがあります。旧国立競技場にも秩父宮記念博物館と図書館がありました。このような施設をぜひ残してほしいというのも私の要望です。

 

その5:和のテイストを入れてほしい。

日本を表現する手段はいろいろとあります。モダンな建築の中に、何か和を感じさせてくれるものを入れてほしいと要望しました。来訪者が思わず足を止めるような場所です。ちなみに写真は和紙で作られているものです。

47f5db9e0e991bc5ff2d2e5f5bc86514

 

その6:競技場はだれのもの?

世界的な大会に参加する競技者だけではなく、みんなに開放される時も作ってほしいと思っています。

「聖地なのだから、みんなが入る場所ではない」というのは古い考え方のように思います。

今はハレとケがなくなってきた時代です。以前はお餅をいただくのはお正月だけという感覚でしたが、今はお鍋をするときはお餅を入れるのが自然になってきています。

スポーツも一部のエリートが行うだけではなく、だれもが行えるものになってきています。90歳100歳の高齢者も競技会に参加する時代です。

スポーツ全体を見ると、行う人だけでなく、支える人、見る人、みんなのためのスタジアムという発想が必要だと思います。

 

その7:オリンピック後、民間に管理を委託するという案について。

もしそうせざるを得ないのであれば、市民に開放して使ってもらうような時を入れることを条件に、業者選定をすべきだとお伝えしておきました。

税金で作ったものです。その税金分が国民に還元される方法を探るべきだと思うのです。

民間に委託して商業的に使用されることには基本的には賛成できません。

使用写真DSC00981

このほかさまざまなお話をしましたが、私が海外の競技場を見て感じてきたことはお伝えできたように思います。

こうした考えが少しでも反映された競技場になることを祈っています。

 

 

 

 

 

 

  • mixiチェック

選手の栄養サポート ビクトリープロジェクト

投稿日:2015年08月04日 17:08

   

20150804_102631

世界水泳、日本に追い風が吹いてきました。

share_tempory (8)

競泳2日目の渡部香生子さんの銀メダルから、選手たちも「できる!」と自信を持ってきたようです。

3日目午前中の予選もいい感じでスタートしています。

こちらは200mバタフライの坂井聖人さん。準決勝進出です。

20150804_103007

そして同じく200mバタフライ準決勝進出を決めた瀬戸大也選手。

20150804_103051 (1)

さて、次から次へとレースが行われ複数種目エントリーしている選手はコンディショニングが大変です。

サブプールの横に各国の陣地があります。

先にカザン入りしたシンクロの選手たちが場所取りしてこの陣地は作られました。お隣はカナダですね。

20150803_123248

選手たちはここでリラックスしたり、食事をとったり、マッサージを受けたりしています。

日の丸が壁に貼り付けられていますが、これは東京辰巳で行われた壮行会で、みんなが決意を書いた時のもの。

それを見ながら、レース前の時間をここで過ごすのです。

スタッフも万全の用意で、みんなをサポートしています。

20150803_123148

 

20150803_123235

さて、ここで問題なのが食事です。

レースの合間を縫って、ちょこちょこっと食べられて、胃に負担がなく、消化も良く、かつパワーが出て、よいパフォーマンスが出るものが求められます。

そこで登場したのが、こちら。

20150803_122938

なになに??

パワーボールって書いてありますけれど、なんだかおにぎりみたいけれど・・・

20150803_123128

はい、おにぎりです。

でもただのおにぎりではありません。お米を炊くときにお水だけではなく出汁にアミノ酸を入れていて、力が出て、腸の具合もよくなるようにしてあるのだそうです。それに一個が小さい。二口で食べられる大きさです。

選手たちはハードな試合の合間で、食欲がなくなってきます。そんな時、ちょこちょこ、合間を縫って食事をとっていく必要があります。

そこで考えられたのがこのパワーボールなのです。

横にはこんなものもおいてありました。

20150803_123139

これを作ってサポートしているのは味の素KK・JOC/ビクトリープロジェクトのメンバーです。

そういえば、北区西が丘にあるナショナルトレーニングセンターも「AJINOMOTO」の冠がついていましたっけ。

ロシア・カザンまで選手に同行してサポートしているのは栗原さん(右)と葛西さん(左)。

選手のことをいつも考えて一生懸命です。

20150803_123409

選手とともに、彼らの戦いも8日まで続きます。

 

世界水泳ロシア・カザン競泳の放送予定はこちらから

https://www.tv-asahi.co.jp/sekaisuiei2015/

レースの詳しい結果はこちらから

http://www.omegatiming.com/Competition?id=00010F0300FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFF&sport=AQ&year=2015

 

 

 

 

  • mixiチェック

渡部香生子18歳 やりました!!女子最高の銀メダル。

投稿日:2015年08月04日 05:04

share_tempory (8)

 

世界水泳ロシア・カザン、大会二日目で日本女子のエース、早稲田大学水泳部の渡部香生子選手が銀メダル獲得です!!!

 渡部選手は日本選手権で四冠を獲った18歳。まさに日本の新エース。

その彼女が大舞台で臆することなくやってくれました。

 女子200m個人メドレーで、世界水泳史上、日本の女子選手としては最高位の「銀メダル」を獲得です。

 

準決勝で渡部選手は自分の持つ日本記録を更新。さらに決勝ではそれを1秒も縮めるという驚異の記録短縮.

世界ランク3位につけていたので、うまくすればメダルもと期待はしていましたが、それが銀メダルとはお見事の一言。

ではレースを振り返ってみましょう。

share_tempory (4)

share_tempory (5)

 

決勝でのレース展開は、最初のバタフライで50mを5位通過.

次の背泳ぎで100mを8位通過。世界のとの差を感じて、こりゃあ難しいかなと思ったのもつかの間、3種目目の平泳ぎでぐんぐん巻き返し、150m4位通過。

そして、最後の自由形、しっかりしたペース配分がものを言ってか、気が付くと2位に上昇。そしてそのままゴール。

ゴールタイムは2分8秒45

 先にタッチしていたのはハンガリーのカティンカ・ホッスー。

前回の大会でも個人メドレーで二冠を獲得した「鉄の女」ですが、なんと今回はこの200mで世界記録の2分06秒12。

ホッスーはこの大会、7種目に出場する予定で、まずは一冠を世界記録で飾ったというところです。

 share_tempory (2)

 

レース後のフラッシュインタビューに現れた渡部選手はもう、うれしさで涙目でした。

share_tempory (7)

「こんなタイムが出るとも思ってなかったし、2番になれると思ってなかったので本当にうれしいです(泣)。ホッスーはすごい飛び抜けて速いと思っていたので先生とは3番という話をしてたので本当にまさか2番に残れると思ってなかったし本当にタイムにびっくりしています。明日も100m平泳ぎの決勝もあるので、またこの波に乗って明日も頑張りたいと思います。」

 20150803_192206-1 

そして、高い表彰台からの戻ってきた香生子さんのコメントはこちら

 「タイムといい順位といい少し信じられない部分があるんですが、今までで1番嬉しいです。初めて世界水泳で獲れたメダルなので本当にうれしかったですし、日本に少しでも良い流れを作れたかなと思います。(竹村コーチには)本当感謝の気持ちを伝えたいと思います。」

レースを終えた直後の表情と、高い表彰台に乗って戻ってきた表情は同じ人とは思えないほど違います。

人間の自信は表情にしっかりあらわれるんですね。

なんだか3歳ほど歳をとったように感じてしまうほどです。 

 20150803_185452

銀メダル実況はテレビ朝日の誇る森下桂吉アナウンサーと84年ロサンゼルス五輪と88年ソウル五輪の平泳ぎ代表、現在日本水泳連盟理事の高橋繁浩さんの解説でした。

さて、 渡部選手は大会3日目も、女子100m平泳ぎ決勝に出場します。

 レース2日目の日本人選手の結果、ならびに、注目種目の結果は次のとおりです。

 

 【男子100m平泳ぎ決勝】

  金  A・ピーティ(イギリス)       58秒52  自身の世界記録に及ばずも、世界水泳で初の金メダル

  銀  C・ファンデルバーグ(南アフリカ)  58秒59  前世界記録保持者、前半リードするもラスト10mで逆転を許す

 

【女子100mバタフライ決勝】

  金  S・ショーストロム(スウェーデン)  55秒64  昨日の準決勝でマークした世界記録を、今日も自ら塗り替えて、堂々の2連覇

 

 【男子100m背泳ぎ準決勝】

  1位 M・ラーキン(オーストラリア)    52秒38  今大会ブレイクしそうな22歳の新星

  2位 C・ラクール(フランス)       52秒70  2011世界水泳上海の金メダリスト、身長2mのモデルさん

  4位 入江陵介(日本)           53秒17  メダルは射程圏内!

 

 【女子100m平泳ぎ準決勝】

  1位 Y・エフィモワ(ロシア)     1分05秒60  地元ロシアのヒロイン、前回の銀メダリスト

  2位 R・メイルティテ(リトアニア)  1分05秒64  ロンドン五輪と前回世界水泳の金メダリスト

  5位 渡部香生子(日本)        1分06秒64  今日の個人メドレーに続く、メダル獲得を狙う

 

  【男子50mバタフライ決勝】

  金  F・マナドゥ(フランス)       22秒97  初優勝、かつて女子自由形で世界を制したマナドゥの実弟

 

 【女子200m個人メドレー決勝】 

 金  K・ホッスー(ハンガリー)    2分06秒12  7種目に出場する“鉄の女”が、まずは世界新記録で1冠目

  銀  渡部香生子(日本)        2分08秒45  自身の日本記録を1秒も縮めて、見事な銀メダル獲得!!

 明日は、キャプテン入江陵介選手がメダル獲りを狙う、男子100m背泳ぎ決勝が一番の注目レース。

 さらに、連日のメダル獲得を狙う、渡部香生子選手が出場する、女子100m平泳ぎなど、見どころ満載です。

世界水泳ロシア・カザン競泳の放送予定はこちらから

https://www.tv-asahi.co.jp/sekaisuiei2015/

レースの詳しい結果はこちらから

http://www.omegatiming.com/Competition?id=00010F0300FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFF&sport=AQ&year=2015

 

 

  • mixiチェック

競泳1日目の結果と、2日目夜の見どころ!

投稿日:2015年08月03日 18:08

世界水泳はシンクロから競泳に代わり、日本選手が次々に登場しています。

初日の主なレースをプレイバック。

そして、このブロ後半からは本日2日目の見どころをスタッフの目でお伝えします。

 【女子100mバタフライ準決勝】

ロンドン五輪200mバタフライ銅メダリストの星奈津美は決勝進出逃すも自己ベストを更新(58秒45)

20150802_094841

実は星奈津美さんは、早稲田大学のスポーツ科学部の時に、私のスポーツメディアの授業を取ってくれていたんですね。ですから、思い入れもひとしお。6日に得意の200mのレースがあります。去年11月に持病の手術をして、「もう試合前に医者に行って薬をもらったり相談しなくてよくなった分、精神的にとっても楽になった」と言ってくれました。生まれ変わったなっちゃんに期待しましょう!

またこの種目でサラ・ショーストロム(スウェーデン)が世界新記録(55秒74)を達成

 

【男子400m自由形決勝】

史上初の4冠を目指す孫楊(中国)がまず400mを制す

 

【女子200m個人メドレー準決勝】

ニッポン女子エース渡辺香生子準決勝全体3位で決勝へ

自己記録を更新=日本新記録更新(2分09秒61)

20150802_104405

 

 

【男子50mバタフライ準決勝】

初代表の川本武史(かわもと・たけし)決勝進出ならず

100mバタフライで決勝目指す

 

【女子400m自由形決勝】

“自由形4冠”狙うレデッキー(アメリカ)が大会新記録(3分59秒13)で金メダル

 

【男子100m平泳ぎ準決勝】

1組目に登場した小関也朱篤(こせき・やすひろ)は1分00秒31で6位

「力みがあった」と話した小関は全体でも14位で決勝進出ならず

注目のピーティ(英国)は58秒18の大会新記録を達成

 

【女子400mフリーリレー決勝】

日本(内田・池江・山口・松本)は予選僅差で決勝進出ならず

金メダルはオーストラリア(3分31秒48) 銀オランダ 銅アメリカ

 

【男子400mフリーリレー決勝】

予選5位の日本(中村・塩浦・小堀・藤井)は6位(3分15秒04)

6位は世界水泳では過去最高の成績です。やりましたね。

20150802_123518

 

 

藤井インタビュー「来年のオリンピックでは更に上を目指したい」

金メダルはフランス(3分10秒74) 銀ロシア 銅イタリア

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

20150803_104719

 

20150802_103438

 そして、今夜のレースです。 

特にニッポン女子のエース渡辺香生子は200m個人メドレー準決勝で日本新記録、全体でも3位通過で、今夜行われる決勝でメダルに挑みます!

【男子100m平泳ぎ決勝】

“人類初57秒台”という脅威の世界記録を打ち立てたアダム・ピーティ(英国)が登場!

日本の小関は惜しくも決勝進出を逃す…

 

【女子100mバタフライ決勝】

準決勝で世界新記録を達成したショーストロム(スウェーデン)が優勝候補筆頭!

決勝でさらに新記録出るか!?

 

【男子100m背泳ぎ準決勝】

日本のエース入江陵介最初の種目!決勝でのメダルを見据えたレース展開を見せるか?

20150803_100624

初代表の金子雅紀も決勝進出を目指す!

 

 

【女子100m平泳ぎ準決勝】

女子のエース渡辺香生子が、200m個人メドレー決勝との2レースに挑む!

レース間は約50分と過酷…女子キャプテンの金藤理絵も出場!

 

【男子50mバタフライ決勝】

ブラジル勢強し!スピードキングの称号は誰の手に!?

シエロフィーリョ(ブラジル)は50m自由形で3連覇している世界屈指のスプリンター!

 

【女子100m背泳ぎ準決勝】

寺川綾引退後、ニッポン女子背泳ぎの中心選手となり、

アジア大会で200mを制した赤瀬紗也香 決勝進出なるか!?

 

【男子200m自由形準決勝】

群雄割拠!世界の超人たちが勢ぞろいする中、

孫楊(中国)にとっては「自由形4冠」への最難関の種目となる!

 

【女子200m個人メドレー決勝】

準決勝で自らの持つ日本記録を更新した渡部香生子 初のメダルなるか!?

前回大会女王のホッスー(ハンガリー)に挑む!

20150802_104405-1

 

 ※公式タイムは先ほどもご案内した「オメガタイミング」でご確認ください

http://www.omegatiming.com/Competition?id=00010F0200FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFF&sport=AQ&year=2015

 

  • mixiチェック

世界水泳ロシア・カザン シンクロ4つ目のメダル10人全員で!

投稿日:2015年08月02日 17:33

世界水泳八日目、シンクロ最終日・・・ 井村ジャパンが、またもやってくれました!!!

20150801_192238-1-1

最終日はシンクロナイズドスイミングの種目で最もエンターテイメント性の強い種目、フリーコンビネーション。 各国が自分たちの自慢のリフトやジャンプをふんだんに盛り込んできます。

ソロパート、デュエットパート、そして、チームパートなど、全員で10人という最も多い人数で演技をしていく種目です。オリンピックの種目にはありませんが、シンクロを楽しんでみるためには最も適しているといってもいいかもしれません。

今回のマーメイドジャパンは選手の総人数が10人です。 本来は12人なのですが、2人が日本代表を辞退してしまったので、ぎりぎりの10人でやらなくてはならない事態に陥ったのです。この10人で、これまで厳しくつらい練習を乗り越えてきました。 井村コーチが「デュエットの二人だけのメダルではだめ。全員にメダルを」と言っていたその決勝の日が来たのです。

メダルを獲るためには、ライバルウクライナより良い得点を出す必要があります。

先にウクライナが演技。 バレエ音楽に乗せて世界一ともいわれるリフトやジャンプを次から次に見せてきます。 縦の立体的な動きを多用する構成です。

Execution(30%) 28.0000

Artistic Impression(40%)37.2000

Difficulty(30%) 28.2000

Total  93.4000

実に高い得点です。このスコアーを見たときに、私は軽い眩暈を覚えました。こりゃ難しい、これを超えるには並大抵のことではない!それが正直な思いでした。

 

中国、ロシアと独自の世界観を見せつける演技が行われた後、さあ、決勝12チームの最後に日本登場です。

フリーコンビネーションだけに出場するのは今年から日本代表に入った高校生の田崎明日香さん。もう、陸上動作の時から緊張が見て取れました。

日本のフリーコンビネーションは各国とは一線を画しています。今回で3年目になるもので、高いリフトやジャンプが多くあるわけではありませんが、流れるように水面を体型変化で移動していくものです。男女の恋愛の機微を表現しているとも言われ、水着も表と裏が赤色と緑色という補色で女性の横顔が描かれています。曲もゆったりとしたボーカルです。

本当にこんなにハラハラしながらシンクロの演技を見るのも初めてです。

 

スコアーは Execution(30%) 28.1000

Artistic Impression(40%) 37.6000

Difficulty(30%) 28.1000

Total  3.8000

 

0.4の差でウクライナを上回りました!

細かく見てみるとDifficultyではウクライナが勝っています。これがリフトの難度ということなのでしょう。

20150801_191203

日本4度目の銅メダルです。 有終の美を飾る10人全員で獲得した鮮やかな銅メダルです!!

演技直後、すぐ表彰式の準備のために選手たちは移動しなければならなかったため、最初に井村コーチにコメントをいただきました。

 Q フリーコンビネーションで、4つ目のメダル出ちゃいました!

井村:出ちゃいました。最後だけちょっと同調性に欠けましたけど、皆泳ぐの見ていて「あぁこの子らここで成長したなぁ」と思って。よく泳ぐようになりましたね。ひるまずによく泳ぐようになりました。

Q これで全員がメダルを手にすることになります。

井村:そう!やっと念願の皆あの上に乗せてやれます。はい、私も知らない世界を彼女たち全員10人が見ますから。表彰台の上から観客席が見えるあの世界が見えると思います。

Q 本当に今日の試合もしびれました!

井村:今日はなかなか最後に出てきたしスリル満点でした!よく泳ぎました今日は。

Q どこが良かったと思われますか?

井村:最後はちょっとだめでしたけどね。それ以外はよく合わせてね。リフトも勇気を出して飛んだと思います。よくやった。

Q 一番最後、ダメ押しの足技は。

井村:あれちょっと乱れましたけどそれはもう許してやってください。勝ったから許しましょう。どうもありがとうございます。

20150801_191613

<フリーコンビネーション決勝の結果>

金  ロシア    98.3000

銀  中国     96.2000

銅  日本     93.8000

4位 ウクライナ  93.4000

5位 スペイン   92.3667

 

試合後の公式記者会見に出席したキャプテンの乾友紀子さんと中村まいさんが、二人とも「10人全員でメダルを獲れたのが何よりもうれしい」と言っていたのが印象的でした。

本当によかった・・・・・

20150801_195250

これで世界水泳シンクロナイズドスイミングはすべて終了しました。

<今大会のシンクロ日本代表の成績>

ソロテクニカル決勝         5位

デュエットテクニカル決勝      銅メダル ※4大会ぶりのメダル獲得

ミックスデュエットテクニカル決勝  5位

チームテクニカル決勝        銅メダル

ソロフリー決勝           5位

デュエットフリー決勝        4位

ミックスデュエットフリー決勝    7位

チームフリー決勝          銅メダル

フリーコンビネーション決勝     銅メダル

20150801_192151-1

さあ、それでは表彰式を終えた選手たちの喜びの声をプレイバック!

Q 田崎明日花さん、10人全員でメダル持っていけるかどうかがかかっていました。どうでしたか今日は?

田崎:私はチームはエントリーしていなくてコンビネーションだけだったんですけど、チームは2つともメダルを獲られているんで、私がコンビネーションが獲らないわけにはいかなったんで死ぬ気で泳ぎました。

Q 高校生でこの大きな舞台を経験できました。どうでしたか?

田崎:陸上動作の時にめまいがしたんですけど今まで頑張ってきたことを出さないと意味がないので本当に全力でした。

Q めまいがした?

田崎:はい、もう目がチカチカしていました。

Q よかったですね本当にね!

田崎:ありがとうございます。

Q さあ、そしてとうとう4つ目いきましたよ!

丸茂:半年間10人で合宿してきてその10人でこの大会の最後に表彰台に登れたことが凄くうれしいです。

Q この世界水泳でずいぶん自分の中で変わってきたこともあるんじゃないですか?

丸茂:そうですね。自信になった部分もありますしまだまだ足りないなと思ったことの方が多いんですけど。でも今回いい経験を一杯させてもらったので次からも今回のことを忘れずもっともっと前を向いて練習していきたいと思います。

Q バンバン飛んでください。

丸茂:はい、もっと練習します。

Q さぁそして、いやぁ今年チームに入って大変な思いをしてきてたでしょう?

小俣:はい。凄いたくさん怒られたりしたんですけど、一杯練習したことを自分を信じて頑張りました。

Q 今日はどうでしたか4つ目

小俣:今日はもう最後だしいい気持ちで皆で終わりたいと思っていたので自分の出せる精一杯の力を出して頑張りました。

Q かなみちゃーん、やったね。前回の世界水泳とえらい違いですね。

中牧:前回は初めてでついていくことばっかりに必死だったんですけど今回もたくさん怒られて先輩方にもいろんなアドバイスをしていただいてしっかりついていくことができてよかったなと思います。

Q だってかなみさんもずいぶんこの2年で変わりましたよね。いろんなことができるようになりましたよね。

中牧:できるようになってたらうれしいです。

Q 林愛子さん!もう昨日とは全然違うんじゃないですか、昨日はもうビリビリしていたけど。

林:でも今日も凄い予選ではコンビネーションは0.2しかあいてなくて、で今日それを臨んだので凄い緊張と、昨日もそうなんですけど、今日も凄い緊張して吐き気がやばかったです。

Q 吐き気がした?

林:やばかったんですけど、やっぱり今までやってきた事を、もう半年以上ずっとつらい練習をしてきたのでそういう点では自分を信じて最後まで泳ぎ切ったと思います。

Q 2度目の表彰台上から見てどうでした?

林:凄いなんか嬉しかったです。

Q 中村まいさん!よく頑張ってきたね、2009年のローマの時から。

中村:ありがとうございました。 :4大会で出てきたんですけど、正直世界水泳でそんなにいい結果を残したことがなかったから本当にうれしいです。

Q ローマの時に落として、あの時から日本チームはシーンとしちゃって

中村:今日も日の丸上がるときに今までの事を思い出していたんですけど、凄いしんどいこともたくさんあったんですけど、こうやってメダルを手にすることができて本当にうれしいです。頑張ります。

Q くるみちゃん!今日も土台頑張った。

吉田:私の役目というものが土台ていう大きな責任のあるものを任させてもらって、自分の感覚だったり上の人が飛んでる感覚だったりって、わかるのが私しかいない重要な役割を任せてもらってるってことはとっても幸せなことで、チームに必要としてもらえてるという事が凄くうれしいことで、これからもよりもっと上の人がどう飛びやすいようにしたらいいかとかそういうことをもっともっと研究していきたいと凄い思っています。

Q 世界水泳で世界のリフトとかジャンプを見てまたいろんなことを考えたんじゃないですか?

吉田:もっともっとできることはたくさんあるし、世界はもっともっと飛んでるわけで、だからもっと私たちも他の世界のリフトを見て研究したいなと思います。

Q さあそして三井さん!4回表彰台に上がってどうでしたか?

三井:やっぱり10人で今日最終日で、最後の演技で、10人全員でやっぱりつらいこともいろんなことを乗り越えてきたので、最高の舞台に立てて最高の場所に立てて本当に良かったです。

Q デュエット最初にメダルをとったとき、「全員でとらないかん!」と言われて

三井:そうですね。やっぱり自分たち2人で最初に登った時に、もう絶対皆でここはもう1回見なきゃいけないと思って、今日最終日を迎えたので最後しっかり登れて本当に良かったです。

Q 箱山さん!なんだかしっかり世界中のカメラにマークされてますよ。

箱山さん 箱山:本当ですか。泣いているからですからかねやっぱり。

Q 感動の表現がとっても素敵なんです。

箱山:ちょっとやっぱり泣きすぎなんですよね。

Q だって本当に心からこみあげてくるものがたくさんあったでしょう。

箱山:はい、そうですね。やっぱり本当にメダルが欲しいと思ってナショナルAチームに入って、なかなか思うようにいかなくて、でもずっとずっと思い続けていて、で去年とれて凄くうれしくて、でもロシアが出てなかったりしてたから今回とれたのが本当に本物だなと思って本当にうれしくて。10人で表彰台に登れたというのも凄くうれしい気持ちでいっぱいです。

Q さあそしてキャプテン!4回登りました!

乾:この世界水泳8日間でいろんなこともありましたし、今まで練習してきた事とかも凄く色々思い出してもうなんか今はちょっとやっと肩の力が抜けて本当にほっとした気持ちもあるんですけど

Q この世界水泳全種目予選と決勝で14回泳ぎましたよ

乾:そうですね。本当に日本でたくさん練習してきたというのが本当にすごく自分の自信になって、今回世界水泳強気で臨めたと思うので、本当に先生についていって、この10人誰ひとり欠けることもできない中で、本当に全員で頑張れてよかったです。

Q みなさあん、14回出場してこの世界水泳でメダルとったのはたぶんワンさんだけですよ!

皆:すごーい。おめでとう!

乾:ありがとうございます。

Q 皆でちょっとメダルを見せてください (全員でメダルを見せる)

 

この8日間、本当に濃い時間をシンクロナイズドスイミングの試合ととともに過ごさせてもらいました。シンクロは最初から結果が決まっているようなものだからねなんて陰口をきく人もいますが、まじかで選手たちの喜びや涙のシーンを見ていると、そんなことは決してないことがよくわかります。

世界水泳を通じて、リオデジャネイロオリンピックがますます楽しみになってきました。

 

さあ、今日からは競泳が始まっています。こちらも目が離せません。

20150802_110422

20150802_103438

20150802_094832

 

  • mixiチェック

三つ目のメダルはリオ五輪への架け橋

投稿日:2015年08月01日 16:21

20150731_191522-1

いやあ、やりました!!

チームテクニカルで銅メダルを獲った時に、井村ヘッドコーチが「テクニカルだけとってもダメ。フリーでも勝たな、あかん」と言っていたのですが、その通りになりました。

それにしてもこの3日間ほど、ウクライナと日本の一騎打ちの様相を呈していたプールはもう火花が散るような熱さ。

朝一番にウクライナがサブプールで練習を始めれば、日本は本会場のプールで、センターを譲らず、中村選手のひねりのジャンプ練習。さらにはこの種目に出てくる世界水泳初体験の林愛子選手が絞られる絞られる・・・

チームフリー決勝の演技順は7番中国、8番ウクライナ、9番ロシア、10番日本、11番イタリア、12番スペイン。

さあ、試合が始まりました!!

まずウクライナが前日のデュエット3位のメダルに気分を良くしてか、実に伸びやかさのある足技を披露。バレエの曲に合わせて優雅でかつ、しっかり合わせてきました。

その演技をプールサイドのフラッシュインタビューゾーンから見ながら、「これはまずい!今日は切れもあるなあ」と不安が募ってきた私。

実際得点は、予選が92.7333だったのに対し、決勝では93.7000に上げてきました。

この93.7000は日本が予選3位で通過したときの得点と同じです。

いやあ、日本がもし失敗したら・・・・

もう、このころから私は肩に力が入りっぱなし。

 

続くロシアの演技で場内は割れんばかりの歓声と拍手。

 

その中を、「ジャパン!」のコールで入場してくる選手たち。なんだか歩き方まで、脚から腕から、力が入っています。

 

魔女の曲がかかり、入水すると、おーと思わず叫ぶほどの、キレキレの脚技!

まるでナイフのように鋭い脚の動きで水をカットしていくのです。今までで一番脚に力が入っていたんじゃないかと思うほどです。

 

これはいけるか~と思った矢先・・・リフトがちょっと斜めに傾き、ああああまずい!

しかし、そこからまた建て直し・・・・

最後はほとんど意識なく演技してたんじゃないかと思われるほどの激しい脚技を展開。

いやあ、本当に見ているほうも、しびれました。

さあ、得点です。実は、私の手元には電光掲示板より30秒ほど早く見られるモニターがあるのですが、これを見て思わず「上だ!」と叫んでしまいました。

得点は93.900

ウクライナを上回ることわずか0.2です。

電光掲示板に数字が出ると、井村さんが飛び上がりました。両手を挙げて。

30センチぐらいジャンプしたのです。

いやあ、もうそのあとは、選手もコーチも抱きつくし、泣くし、もうぐちゃぐちゃ・・・

 

結果は以下の通り。

ロシアが1997年以来、このチームでは負け知らずです。

20150731_191101 

金  ロシア   98.4667

銀  中国    96.1333

銅  日本     93.9000

4位 ウクライナ 93.7000

5位 スペイン  92.4667

 

演技終了から1分。

興奮が冷めやらぬ選手たちの声です。

 

Q 凄い力が入りました。今日!(土台のかなめ、吉田くるみに)

吉田:もうフリーは最後だったので自分たちのできること全部を出そうって言って、できたかわからないけど自分の中では凄い全力を出して泳ぎました。

 Q よく上がりました!(今回のフリーで、一番の長身を見込まれてリフトで立ち上がる役を任された箱山に)

箱山:皆を信じてもう早く高く立とうと思って、リフトもだけど演技も全部自分のできることを精いっぱいやることと皆を本当に信じて泳ぎました。

Q 見てるほうもものすごい力入りました!

箱山:皆を信じてここで絶対にメダルをとりたかったので、結果が出た瞬間は本当に皆涙がこらえきれなくて本当良かったです。

 Q 昨日悔しかったですもんね。(デュエットフリーでウクライナにメダルをさらわれた乾に)

乾:そうですね。昨日を経て、最後の最後まで、昨日も粘って練習して粘って粘って勝ちたいという気持ちをすごく皆が、全員が思ってそれが今日の勝負につながったんじゃないかなと思います。

Q 昨日もみんなどこの国も帰った後日本だけ練習していましたよね。サブプールでね。

乾:粘っていけるのが日本の良さだと思うので本当に最後のこの1本にかける気持ちをつよくもって泳ぎました。

 Q中牧さん、よかったね。

中牧:ありがとうございます。しっかり最後の最後まであきらめずに泳ぐことを意識しました。

 Q最初に顔が崩れました。(一番前にいて、電光掲示板を見た瞬間に喜びでぐしゃぐしゃに泣き出した丸茂に)

丸茂:今日はもう手も足も千切れてもいいと思って全力で泳ぎました。

Qどうでした実際?

丸茂:もう動かなかったんですけど、最後までなんとか泳げたので、それで点数も予選より上がっていたのですごくうれしいです。

 Q このフリーでね、林愛子さん。最後の最後まで練習では先生に怒られていましたけどこれだけ出てくるんですもんね。(林さんはチームフリーで初めて登場してくる)

林:なんかすごい、テクニカルでメダルをとったじゃないですか。それで私のせいでフリーがとられへんかったらどうしようかなと思って、本当に死ぬ気で泳いで皆と表彰台に立ちたかったので本当にうれしいです。

Q 死ぬ気で泳いだ?

林:もう死にそうでした

Q しびれまくってた?

林:しびれました。

Q 今日飛びましたね!(フリーでジャンパーを務める中村舞に)

中村:今日も出る前に先生にもリフトは下の人信じてと言われていたので、本当に信じて今までトレーニング積んできたものを全部出せるようにしました。

Q あとは表彰式高いところから楽しんでください。

皆: ありがとうございます。

 

そして、選手たちのインタビューを見ていた井村ヘッドコーチにお越しいただきました。

 

Q やりましたー!思わず飛び上がりましたね。

井村:飛び上がりましたよ!もうありますよ色々。後半のリフトとか、ちょっとプールパターンある。もうなんでもいい。やっぱ勝ちは勝ちやから。

Q ちょっとドキドキしましたよね。

井村:ちょっとプールパターンが思っていたのとはまらなかったのと、後半ちょっとリフトがエネルギー切れ?最初頑張りすぎたから、ありますから。もし負けたらそれだと思っていたし、で日本の選手の足の強さを認めてくれたらいけると、点見たとき順位しか見ていませんでした、点数見てなかった。

Q 0コンマ2で振り切りました。

井村:なんぼでもええ。勝ちは勝ちです。次は広げるように頑張ります。勝ちは勝ちです。

Q 今日の足は前半からキレキレでしたね。

井村:うんキレキレ。前半よくやりましたね。その分やっぱり後半やっぱちょっとダメージ来たんで日頃練習力出し切っていないからです。反省していただきましょう。

Q でももうこれでチームはテクニカルとフリー、両方…

井村:もうそれが大きいですね。大きいです。でやっぱりこれで完璧じゃなくてやっぱりダメなところがいっぱい見えているので、それを修復していったらもっと差を開けられると思う。向こうも来るけど逃げ切れるという、リオのオリンピックでそういう風に確信しています。(注:オリンピックではテクニカルとフリーの合算で順位が決まる)

Q ますますリオデジャネイロオリンピックが楽しみになってきました。

井村:うんいきます。はい。

Q ありがとうございました。

井村:ありがとうございました。

そして表彰式。

選手たちは高い台に上っていき、それを見ようと井村ヘッドコーチも観客席の選手の姿が見える位置に移動。両手を振りながら、よくやったあああと叫んでおられました。

20150731_191052

20150731_190341-1

11205579_1068163493194648_6807298959005417875_n

 メダルを首からかけた選手たちに再び集まってもらいました。

 Q じゃあまず愛子ちゃんどうでした上からの景色は?

林:すごいなんかいつもテクニカルで観客席で見ていたんですけど、私あそこで見ていて絶対フリーで勝ちたいと思ったので今日はそこから立っててすごい高いなって。すごい気持ちがよかったです。

Q テクニカルに続いて勝ちました。

中村:もう本当に絶対もう1個、1つずつ勝ち取っていこうと思っていたので本当にもう1個いただけて本当にうれしいです。

Q かなみちゃん、2度目高いところに立ちました。

中牧:すごい今日も緊張したんですけどまた表彰台に立てることができてすごくうれしかったです。

Q どんなことを考えていましたか?あそこで

中牧:また明日もここに立てるように頑張ろうと思います。

Q どうでしたか今日は高いところの景色は?

吉田:テクニカルに続いてウクライナに勝って登れてもう1回。すごくうれしくて、でも明日ももう1回登りたいと思いました。

Q 井村先生が手ふっていらしたの見えましたか?

吉田:見えました。また明日も同じ景色が見れるように最後まで集中切らさずに気合い入れて最後の最後まで臨みたいと思います。

Q さあ、どうでしたか今日の景色は?

箱山:本当にテクニカルでもすごくうれしかったんですけどテクニカルもそうだけどフリーでも絶対メダルをとりたいという気持ちがあったので本当に今日また表彰台に立つことができて本当にうれしかったですしたくさんの人にすごい支えてもらっていろんなことを教えてもらってこの仲間たちがいたからメダルがとれたから本当に感謝の気持ちでいっぱいです。明日ももっともっといい演技をしてまたあの景色が見れるように、今度は10人であの景色が見れるように頑張ります。

Q デュエットで最初にメダルをとった後2人だけじゃだめだって言われましたよね?

三井:はい、やっぱりこの10人全員でやってきたのはつらいこともいろんなことあったんですけどやっぱ表彰台に登ってみんなでこの景色を全員で見たいので明日に向けてしっかりもう最高の演技をしたいと思います。

Q 世界水泳はうれしい思いをしたことがないからいい思いをしたいと言っていましたけど

乾:本当にこんな思いができる世界水泳。とても幸せなことなので、明日最後も全員でいい思いをして世界水泳を終えたいと思います。

Q 明日は10人のフリーコンビネーションですからね。さあじゃあちょっと集まって全員でメダルを見せてもらおうかな。

全員でカメラに向かってメダルを見せてくれる選手たち。

みんな表情が輝いています。本当にいいですねえ。

そして、再び井村さん登場です。

Q 先生幸せですねー!

井村:まぁ練習しているときはすごい大変やけど、この一瞬があったら、そしてあの子たちのあの笑顔を見たら、またやろうかなとこの病気が始まるんですけど、あんないい顔なかなかみれないもんね。

Q 本当にウクライナとも戦いでしたけど選手ともここまで戦いでしたよね

井村:いやもうここに来るまでは選手との戦いでしたよもう。もうめげそう。私っておかしいん違うってかって思ったんですけど、いやいや私はおかしいことはないあの子たちがおかしいんや、選手じゃないんやって。でもここへきて大会始まってうまくいかなかったり勝ったり負けたり、その中であの子たちはすごい本当の選手になってきたと思います。特に今までナショナル選手の経験の長い子は本当の選手になってきました。昨日のデュエット終わった時に、ともかくこのままで終わられへんから言ったらみんなひるまなかった。だから選手になったなって思いましたね。

Q 1つ負けたりすると気が弱くなったりする子も昔はいたかもしれないですけどね。

井村:そうそれで捨て鉢になってみたり、どっちみちあかんわと結果を勝手に決めたり、そんな子がいてたんですけどやっぱり人数的にこのままでは終わられへん、そうやって思ってくれた子がやっぱり半分を超えてきたので、ああ選手になったなって思いました。5月のジャパンオープンのときに途中でしんどくて泣いていた乾が、昨日で物凄い、もう泣くどころかデュエット負けた後も怒ってましたから。で、私と(立花)美哉やの二人で「その悔しさ、一生覚えとけ」と言いました。一生・・・。たくましい選手になったと思います。

Q 明日1本まだありますけれどもフリーコンビネーション。日本は確かに一歩ずつ成長していますね。

井村:そう成長していますね。でもフリーコンビネーションはまた違う、すごいパフォーマンスが前に出てくるようなそういう種目なので。実は去年のW杯のときにずっと良かったのに、最後の1本はなんか適当に泳いで、もう嫌な記憶があるんですね。それを彼女たちにもこのあいだ言いました。あんな思いでは終わりたくないと。だからもう1回しめなおします。今はささやか心からおめでとうと言いたいと思います。

Q 頑張ってください。

井村:ありがとうございました。

この後、選手一人一人が、井村さんの首にメダルをかけ、そして、また井村さんから、一人一人に「よく頑張りました」「またやっていこな」「もうちょっとやで」などなど、言葉をかけられながら、メダルが選手たちに戻されていったのです。

チャンチャン・・・めでたしめでたし・・といいたいところですが、ここで終わらないのが今のJAPANです。

20150731_193940

20150731_193710

 井村コーチは報道陣対応に追われ、その間、選手たちはジャパンのテントに戻り、なんと水着にまた着かえ、本会場に戻って、明日のフリーコンビネーションの練習です。

もう、会場には誰もいません。

ほかの国が帰ってしまった後も、日本だけ練習しているのです。

この、粘り。

粘りが日本の信条だから・・・

その言葉の意味がちょっと分かったような気がしました。

20150731_201755

20150731_200749

 

さあ、シンクロナイズドスイミング最終日はフリーコンビネーションです。

世界がリフトやジャンプなど縦の高さで勝負してくる中、日本は途切れのない、横の動き、手と脚の美しい動きの連続で勝負します。

すでにこの演技は3年めに入ります。

フリーコンビネーションはオリンピックの種目ではありませんが、シンクロのエンターテイメント性を最も味わえるものです。

最後、素敵な思い出て締めくくりたいですね。

 

シンクロの放送予定はこちらからご覧ください。

https://www.tv-asahi.co.jp/sekaisuiei2015/

詳しい結果はこちらから。 

http://www.omegatiming.com/Competition?id=00010F0300FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFF&sport=AQ&year=2015

 

 

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • safe_image
  • 11230112_1014944945206688_1289142734270583662_n
  • 20150726_081921 (1)
  • 20150726_044458
フォトギャラリーを詳しく見る≫