2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • mixiチェック

選ばれし者のミッション!       

投稿日:2015年05月25日 06:27

7月にロシアのカザンで行われる世界水泳のメンバーが出そろいました。

2015-05-24 22.51.18 (1)

昨日はその決起集会。大阪で合宿中だったシンクロナイズドスイミングの選手たちも日帰りでやってきて、ご覧のような70人余りが勢ぞろい。競泳、飛込、水球、シンクロ、オープンウォータースイミング、すべての種目で男女選手が出場するのは史上初めてです。

世界水泳のためにロシア入りする日程も種目によって異なるため、全員が集合するのはこの日だけ。最後は全員で円陣を組んで、心を一つにする「ワンパ」と呼ばれるニッポンコールを行いました。

さて、辰巳の競泳のジャパンオープン最終日に行われたこの催しですが、会場に足を運んでちょっと驚いたことがありました。競泳選手のインタビューというのはなかなか難しいというのが私の印象でした。泳ぎ終わったばかりの選手に、レースのことを振り返ってもらうのですが、息が上がって、まだ感情が高ぶっている中で、冷静な分析をしながら、自分のことを語るのは簡単なことではありません。

ところが・・・みんな、しっかり答えているんです。それも実に興味深いことをちゃんと喋っています!

聞き手がうまい? もちろんそれもあるかもしれませんが・・・(ちなみにこの日は宇佐美アナウンサーでした。)

それよりも、こうした中で自分の言葉で喋るということが選手たちにとって当たり前になってきているのでしょう。そこに慣れと自己アピールをしっかりしたいという意識を感じたのです。

テレビ朝日が初めて世界水泳を中継したのが2001年の福岡大会。それから2年ごとに大きな海外中継を行い、その合間には毎年ジャパンオープンの中継を行い、水泳選手を特集する番組もたくさん作ってきました。そんな中、取り上げられる選手たちの数も増えてきました。そうしたシーンをテレビで目にしてきた若手は、自分の番が来た時には、しっかり自分を語っていこうという意識も持ったことでしょう。

一時、スポーツ界で「メディアトレーニング」というものが流行し、私もJOCやバレーボール協会、なでしこリーグ等に頼まれて、日本代表選手たちに、「こういう答え方をするとよいですよ」と講義をしたことがあります。しかし、こうした講義よりも、習うより慣れろで、実践こそが一番のトレーニングになるのでしょう。

とにかく、一人一人の答えがしっかりしているのに驚かされました。

まあ、この日は良い成績を出した選手だけに話を聞いたので、そうなったのかもしれません。国際大会に行けば、失敗することもあるでしょう。どんな時でも、自分のことを言葉で表現できることは、その競技をより理解してもらうためにとても重要なことです。

選ばれた選手たちには、自分のことだけでなく、競技全体を次代の人に引き継ぎ、世の中の人に理解してもらうミッションがあることを忘れないでいただきたいと思っています。

世界水泳代表に選ばれた全員でニッポンコールを行う「ワンパ」で心は一つ。

20150524_181458 20150524_181531

ただメダルという結果を求める気持ちだけでなく、選ばれし者という意識を高め、日本を代表するスポーツ選手である誇りを感じながら、思いっきり泳いでほしいと思います。

 

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • 2S4縮小
  • 20150513_121918
  • 20150504_152500
  • 20150503_162412
フォトギャラリーを詳しく見る≫