2021年9月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  • mixiチェック

障がい者のスポーツ

投稿日:2015年06月30日 22:20

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前、障がい者のスポーツにもスポットライトがあてられるようになってきました。それはとても良いことなのですが、2020の大会でのメダルを狙うことばかりになると、ちょっと違うかもしれないと首をかしげてしまうところもあります。今日はそのことについて書きます。

 

☆☆☆☆   ☆☆☆☆

実は私はかなり前から日本障がい者スポーツ協会の評議員をしています。おそらく1992年のバルセロナ大会や1996年のアトランタ大会、さらには1998年の長野大会、そして2000年のシドニー大会とパラリンピックを取材し、当時のニュースステーションで多く取り上げてきたことなどから、そうなったのだと思います。

障がい者にとってのスポーツとはどんな意味を持つのか、さらには、その効果はなど、たくさんのことを学ばせていただきました。

 

過日、日本障がい者スポーツ協会の評議員会が行われました。そこでどんなことが話し合われたかも含めてご紹介したいと思います。

20150625_152358縮小

 

2020年を見据えて、様々な変化が表れてきています。

まず、パラリンピック用のナショナルトレーニングセンターが整備される話が進展してきました。今、北区西が丘にあるナショナルトレーニングセンターで共有できるものはそこで一緒に使い、足りないものは隣接地に拡張していくように話が進んでいます。これらは国の後押しを受けてのことです。

 

さらに、日本障がい者スポーツ協会の体制にも変化が出始めています。企業のオフィシャルパートナーと呼ばれる年間1000万円を出してくださるスポンサーが4月の段階で16社に増えました。またオフィシャルサポーターと呼ばれるその下の階層の協賛企業も16社が決まりました。合計32社から協賛をいただいていることになります。昨年が29社でしたので、少しずつ増えていることになります。

 

協会も事務局長と37名のスタッフの体制が取られるようになり、対外的対応を行う常務理事が1名増えて、2名体制になりました。

 

また、日本財団は100億円の予算で障がい者スポーツを支援する体制を作ったようです。アスリートが競技に集中するための環境整備、パラリンピックの普及や啓発などン力を入れていくとしています。

 

20150625_152500

 

また、障がい者スキー連盟には、冬季五輪のスキーのメダリスト猪谷千春さんや三浦雄一郎さんにもかかわっていただくようになったそうです。

水泳界では、全盲のスイマー、パラリンピアン協会の会長河合純一さんが健常者の団体と考えられていた日本水泳連盟の理事になったということも伺っています。

今、劇的な変化がいたるところで起きていて、あらゆるところで、東京パラリンピックを成功させるためにはどうしたらよいか、すべての会場を満員にするためにはどうしたらよいのかと、今から知恵を絞っているようです。

 

さて、こうした変化とは別に、ちょっと気になることがありましたので、発言させていただきました。

パラリンピックでメダルを獲るためにどうしたらよいかという点にのみ意識が言っていますが、果たしてそれでよいのでしょうか。オリンピックもそうですが、メダルを獲ると同時に、国民がスポーツや運動に親しんでいく必要があります。これから2020年に向けてはきっと国民の一人一人に対しても、スポーツや運動の大切さを意識していく大切さが強調されるようになっていくことでしょう。

障がいを持った人にはなおさら運動やスポーツで体を鍛える必要がある場面が少なくありません。たとえば車いすの人が、椅子からベッドに移るとき、椅子からトイレに移るとき、自動車の座席に移るとき、よいしょと、体を支えるための腕の筋力が必要になってきます。そうした、失ったものではない、今あるものをきちんと整えておくことが重要になってくるのです。

日本の健常者の場合、成人の週一回のスポーツ実施率は現在47%です。

障がいを持っている人の場合は、これがなんと18%です。

スポーツや運動をすることでメンタルヘルス的にも、うつ病になりにくいとも言われています。

障がいを持っているから運動やスポーツをしない、ではなく、だからこそ運動をするというムーブメントが必要なのではないでしょうか。

 

この発言に対して鳥原会長が大変素晴らしい反応を見せてくださり、これからはそこもチェックしていくような体制をとっていきたいとおしゃってくださいました。

 

障がいを持っているとはいえ、アクティブで楽しい人生を送るという意味でも、積極的に人生に運動やスポーツを取り入れていってほしいと思っています。

 

 

  • mixiチェック

コメント

こんにちわ。はじめまして、西嶋アナウンサーベテランキャスターとしてお仕事お疲れ様です。2020年東京オリンピックやパラリンピックの成功期待しています。ぼくは、パラリンピックの選手がガンバって福祉活動を世界中にアピールしてほしいと思います。そして、NPO法人や社会福祉法人の関係者が増えてほしいと思います。応援しています。

 参加することに意義がある。

先日長野県上田市で講演を聞かせて頂きました。ありがとうございました。宮嶋さんがご意見されるのももっともな事だと思います。自分も社会福祉法人の活動のサポートを時々行わせて頂いております。知的障害の方々のトレッキングのボランティアガイド等です。そういった施設の責任者の方々が常々言われるのは障害者は運動する機会が圧倒的に少ないという事です。したがってメタボになる可能性が健常者より高いとういう現実があります。障害者でもスポーツやフィットネス活動で汗を流すことで生活の質が向上し豊かなライフスタイルを享受できると思います。チャンッピオンを育成するだけがスポーツの目的ではないと思います。地方でも、スポーツ推進行政と健康福祉行政がリンクしてしていないと感じています。

コメントはこちらからどうぞ

ニックネーム
コメント

※必ず注意事項をお読みの上、送信して下さい。

フォトギャラリー

  • 20150629_125320
  • 17399_1030625606948437_4815639155657934269_n
  • 20150524_181531
  • 2S4縮小
フォトギャラリーを詳しく見る≫