2021年9月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  • mixiチェック

錦織のテニス! いったい何がどう変わってきたのか。

投稿日:2016年03月31日 13:24
昨日、とある会議でテニス協会の福井烈さんにお会いしました。
福井さんといえば、現役時代はずいぶんと取材をさせていただいたものです。

1977年、当時史上最年少の20歳で全日本選手権を制覇。全日本選手権シングルス優勝7回の史上最多記録を持ち、10年間デビスカップの日本代表選手を務めた選手です。テニスといえば福井烈でした。

現在は日本テニス協会の常務理事を務めていらっしゃいます。

ある方がこんな質問をされました。
「最近、錦織選手に代表されるように、テニスが世界でも通用するようになってきたけれど、一体何がどう変わったの?」
それに対する福井さんの答えが実に興味深いものでした。
「世界的に低迷していた時期・・・まあ、僕の時代なんですが・・・」
半分謙遜もふくめてでしょうが、福井さんは続けました。
「実は国内にテニスブームが巻き起こっていたんですね。大会ごとにスポンサーもついて、多くの選手が国内の試合で賞金を稼いで生活ができるようになりました。だから僕は半年は日本、残り半年で海外の試合に出ていました。しかし、その程度で勝てるほど海外は甘くなかった。そんな時に、テニス界の常識に反旗を翻し、日本の試合を全く無視して世界に出て行ったのが松岡修造だったんです。彼は日本選手権すら出場しませんでしたから。もちろんスポンサーからはブーイングですよ。でも世界に通用するっていうのは、そのくらいやらなくちゃいけないんですよね」
皆さんご存知の通り、松岡修造さんはウインブルドン選手権では日本人男子最後のベスト8進出者となっています。
なるほど。国内で満足していてはダメということなんですね・・・
昨今すべての競技で国際大会でないとメディアにも取り上げられなくなってきているけれど、なんとか、国内も同時に盛り上げるシステムはないものか・・・
きっとあらゆる競技団体の人がそこで悩んでいるんでしょうね。
スポーツは単純で複雑です。
  • mixiチェック
コメントはこちらからどうぞ

ニックネーム
コメント

※必ず注意事項をお読みの上、送信して下さい。

フォトギャラリー

  • 20160326_215116 (2)
  • 20160307_015056
  • 2 009
  • 11755103_1065543693456628_6267899555965737886_n
フォトギャラリーを詳しく見る≫