新着記事

新着コメント

お久しぶりです。
最近、どの取材現場に行っても
報道陣の多さにびっくりさせられています。
(自分たちも含め)
それもそのはず、今年はオリンピックイヤー。
注目度も例年とは桁違いなのです。

選手の気持ちの入り方も当然、変わってきます。
そのためか、担当競技の水泳では好記録が続出。

現在行われているプレ五輪では
星選手が日本歴代2位のタイムをたたき出し、
決勝では金メダリストに打ち勝っての優勝。

アテネ五輪で彗星のように現れた
天野選手もコナミオープン200m個人メドレーで
2分16秒台で泳ぎ、4年ぶりの復活を期待させるなど
こういったニュースを目の当たりにするたびに
ああ、北京五輪の選考会がまもなく
やってくるのだなと感じます。
本当に何が起こるか想像がつきません。

しかし、2008年競泳界の大ニュースといえば
なんといってもコチラです。

GETでも何度か特集させていただいている
入江陵介選手(直筆です。)が
コナミオープンにて1分56秒53の日本新記録!

ペットボトルを乗せて泳いでいただいたのが
つい最近のことのように思えるのですが、
去年は世界競泳で金メダル。
今年はなんと日本新記録を樹立しました。
北京五輪ではどんな活躍を見せてくれるのか
期待が膨らみます。

しかし、その前にどの選手にも待ち受けるのが
五輪選考会というシビアな場所。
競泳の場合、種目ごとに決められたタイムを突破し、
なおかつ、2位以内に入らないとオリンピックはないのです。

「オリンピック選考会だけは雰囲気が全然違う。」
どの選手に聞いても同じ答えが返ってきます。
4月15日から行われる日本選手権、
私たちも固唾をのんで見守りたいと思います。

コメントはこちらからどうぞ

※必ず注意事項をお読みの上、送信して下さい。

2019年3月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

主な書き手
本間智恵アナ
本間智恵アナ

三上大樹アナ
三上大樹アナ

月別アーカイブ