• mixiチェック

題名のない音楽会55周年 令和スペシャルコンサート(3)

投稿日:2019年11月09日 10:30

今週は番組開始55周年を記念した「題名のない音楽会」令和スペシャルコンサートの第3回をお送りいたしました。テーマとなったのはゲームやJポップなど、日本のポップカルチャー。さまざまなポップカルチャー由来の楽曲が、豪華アーティスト陣によって演奏されました。
 一曲目は植松伸夫さん作曲の『ファイナル・ファンタジーVIII』より「Eyes On Me」。ゲームソフトのテーマ曲として作られながらも、曲のCDが50万枚を超える大ヒットを記録したという名曲です。これを森麻季さんのソプラノ、村治佳織さんのギターを中心に、若い世代を代表する日本の名手たちが共演しました。ソプラノとギターによる情感豊かな演奏が、ノスタルジーを喚起します。
 よく、オペラなどでは、劇中のアリアや序曲が本体のストーリーを離れて、単独で演奏されるようになることがあります。たとえばマスネの「タイスの瞑想曲」とか、ヘンデルの「オンブラ・マイ・フ」のように、本編から切り離されて、特定の楽曲が演奏され続けるケースも珍しくはありません。同じようにゲームの音楽が、楽曲としてずっと残ることも十分にありうるのではないでしょうか。
 二曲目は3人の女性ヴァイオリニストたちによるパフュームの「ポリリズム」。川久保賜紀、南紫音、小林美樹という超強力な三重奏に山田和樹指揮55周年祝祭オーケストラが加わって、上質のアンサンブルが実現しました。弦楽器の潤い豊かでしなやかな響きが絶品! こんなに耽美な「ポリリズム」がありうるとは。
 最後は山下達郎作曲の「アトムの子」。手塚治虫へのトリビュートソングとして作られた曲です。こちらは西洋楽器と日本楽器が融合した、スター勢揃いの大合奏で。日本的でありながらも、国籍を超えた音楽になっていました。名手たちが次々とソロを聴かせてくれて、楽しかったですね。

  • mixiチェック
コメントはこちらからどうぞ

ニックネーム
コメント

※必ず注意事項をお読みの上、送信して下さい。

フォトギャラリー

フォトギャラリーを詳しく見る≫