• mixiチェック

オーケストラと夢をかなえる音楽会~夢響2019 オーディション編 後編

投稿日:2019年10月19日 10:30

今週は前回に引き続いて、「オーケストラと夢をかなえる音楽会 夢響2019」のオーディションの模様をお届けいたしました。これで全749組の参加者のなかから、本番に進出する6組が決定いたしました。前回もそうでしたが、選ばれなかった方のなかにも魅力的な音楽を奏でる参加者がたくさんいらっしゃるんですよね。できることならもっと多くの方々にオーケストラと共演してほしい! そう思わずにはいられません。
 今回、大阪会場から選ばれたのは、マリンバ&ヒューマンビートボックスの異色のコンビ、山﨑世知留さんとZaChooさん。おふたりともお若いのですが、山﨑さんが16歳、ZaChooさんが20歳という高校生と大学生のコンビです。マリンバとヒューマンビートボックスを組み合わせる発想が斬新です。見ようによっては、一種の打楽器のデュオとも言えますね。
 さらに大阪からは小学4年生でチェロを弾く、林成さんも本番へと進みました。オーディションで弾いていたのは、ハイドンのチェロ協奏曲第1番。のびやかで自然体の音楽が印象に残りました。ふだんはお父さんのピアノに伴奏してもらっているそうですが、本物のオーケストラと共演するとどうなるのか、楽しみです。
 福岡会場から選ばれたのは、エディット・ピアフを歌った後藤素子さん。芯のあるパワフルな歌唱は、伴奏なしでも聴く人に訴えかける力を持っていました。ここにオーケストラが加わったら、どんな相乗効果が生まれるのでしょうか。
 以上の3名に、先週オーディションの模様をお伝えしたテューバの渡部和さん、フルートの柄澤円香さん、ほうきギター&はたきドラムの髙橋哲人さん&モシ村マイコさんを加えた計6組が、いよいよ本番のステージに出演します。その模様は10月20日(日)あさ10時からの「題名のない音楽会スペシャル オーケストラと夢をかなえる夢響2019」でお届けいたします。夢の舞台にご期待ください!

  • mixiチェック

オーケストラと夢をかなえる音楽会~夢響2019 オーディション編 前編

投稿日:2019年10月12日 10:30

昨年に引き続き、今年も「夢響」が開催されます。オーケストラと共演するチャンスはプロの音楽家にとっても限られた機会。ピアノやヴァイオリンなどの音楽コンクールでは、よくファイナルに進んだ参加者がオーケストラと共演しますが、そこではじめて実際にオーケストラと共演する人もいるほど。夢の舞台を目指して、今年は全国6会場でオーディションが開かれました。
 この「夢響」では、応募者全員がオーディションに参加することができます。今年は昨年の倍以上となる749組もの応募がありましたので、選考にもいっそう熱が入りました。特に東京会場は参加者が多かったので、オーディションが二日間にわたって開かれるほどの盛況ぶり。
 なにしろ楽器不問、ジャンル不問の「夢響」ですので、どんな楽器が登場するのかも見どころのひとつ。オーソドックスな楽器だけではなく、昨年のように段ボール箱やオカリナなど、予想外の楽器がオーディションを通過することもありえます。審査基準は熱意。この人がオーケストラと共演するところを見たい!と審査員に思わせられるかどうかがカギでしょうか。技術的な水準で合否が決まるわけではありません。みなさん、楽しそうなのがいいですよね。
 最終選考に進出したのはフルートの柄澤円香さん、ほうきギター&はたきドラムの高橋哲人さんとモシ村マイコさん、ギターの染谷生士さん、ヴィオラの渡邉望さん、テューバの渡部和さんの5組。みなさん、それぞれに音楽への愛情が伝わってくるようなパフォーマンスだったと思います。ほうきギターは自作なんだとか。エアギターではなく本当に弾けるほうきギターという発想は秀逸です。ヴィオラやテューバといった、ふだんは主役を務めない楽器が健闘しているのも印象的でした。オーケストラとの共演が実現したら、どんな音楽を奏でてくれるんでしょうね。次週、後編の結果発表が楽しみです。

  • mixiチェック

題名のない音楽会55周年!令和スペシャルコンサート

投稿日:2019年10月05日 10:30

「題名のない音楽会」がスタートしたのは1964年のこと。放送開始から55周年を記念して、世界的に活躍する日本の音楽家たちを招いたスペシャルコンサートが開催されました。
 ピアニストの藤田真央さんは、先頃、20歳でチャイコフスキー国際コンクール第2位を獲得して大きな話題を呼んだ逸材。2017年にクララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールで優勝を獲得するなど、藤田さんの名はかねてより音楽界では知られていましたが、やはり世界最高峰のチャイコフスキー国際コンクールでの第2位ともなると、メディアの扱いの大きさが違ってきます。まもなく世界的巨匠ヴァレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー歌劇場管弦楽団と共演してロンドン・デビューを果たすそうですが、今後ますます国際的な活躍をくり広げてくれることでしょう。
 ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」で藤田さんと共演したのは山田和樹指揮55周年祝祭オーケストラ。このオーケストラのメンバーにも主要コンクールで上位入賞を果たした日本を代表する名手たちがそろっています。今、日本のクラシック音楽界では若く優秀な演奏家が次々と頭角をあらわしてきており、本当に層が厚くなったと感じずにはいられません。藤田さんのみずみずしく伸びやかなソロと、弦楽器の豊麗なサウンドが一体となっていました。ピアノを離れたときの藤田さんの飄々とした語り口も、演奏姿とはギャップがあって、とても印象的でしたよね。
 野田洋次郎作曲のアニメ音楽「天気の子」より「グランドエスケープ」と、坂本龍一作曲の映画「戦場のメリークリスマス」より「Merry Christmas Mr.Lawrence」は、ともに映画から発信された日本の音楽。これらを西洋楽器と和楽器のコラボレーションでお届けしました。異なる文化から生まれた楽器と音色が、無理なくひとつに融合していたのではないでしょうか。

  • mixiチェック

第29回出光音楽賞 受賞者ガラコンサート

投稿日:2019年09月28日 10:30

若手音楽家の登竜門である出光音楽賞。第29回となる今回は、ヴァイオリンの郷古廉さん、ピアノの牛田智大さん、箏のLEO(今野玲央)さんが受賞しました。受賞者ガラコンサートでは秋山和慶指揮東京フィルと共演。それぞれの演奏に受賞者の個性がよくあらわれていたように思います。
 チャイコフスキーの「ワルツ・スケルツォ」を演奏したのは郷古廉さん。キレのあるテクニック、明快な表現によって、25歳とは思えない成熟度の高い音楽を披露してくれました。ストラディヴァリから輝かしく豊麗な音色を引き出していたのも印象的。チャイコフスキーのヴァイオリン曲というと、まっさきに協奏曲が思い浮かびますが、こういった優雅な小品も味わい深いですよね。
 牛田智大さんはまだ19歳という若さ。11歳の頃の映像にあったように、その美少年ぶりから、アイドル的な人気を獲得していたピアニストです。あまりに人気が先行してしまったため、彼の今後の活動はどうなるのだろうと案じた方もいたかもしれませんが、昨年の浜松国際ピアノコンクールで見事に第2位を受賞して、着実な成長ぶりを示してくれました。曲はプロコフィエフのピアノ協奏曲第3番より。従来の牛田さんのイメージからすると、意外とモダンな曲を選んだように感じましたが、実はこの曲が「ピアニストに憧れるきっかけの曲」だったとは。わたしたちはまだまだ牛田さんのことをよく知らないのかもしれませんね。高揚感にあふれた演奏で客席を沸かせました。
 LEOさんは箏という伝統楽器を奏でながらも、前例のない道を切り開く新世代のアーティストです。練習場面で箏にギターのエフェクターをつなげていたのにはびっくり。曲は現代の作品で、肥後一郎作曲の「箏と弦楽合奏のための一章」。西洋音楽の語法によって箏とオーケストラが一体になった、LEOさんにふさわしい作品です。幻想味と生命力に富んだ音楽が深い余韻を残しました。

  • mixiチェック

吹奏楽で聴くスピッツの音楽会

投稿日:2019年09月21日 10:30

今週は高校吹奏楽の名門校がJポップの名曲にチャレンジする恒例企画。2017年の山下達郎、2018年の松任谷由実に続いて、2019年はスピッツの名曲をとりあげました。会場となった東京文化会館は、普段はオーケストラやオペラ、バレエなども上演する約2300席の大ホールです。広大な空間いっぱいにパワフルなサウンドが鳴り響きました。
 スピッツの草野マサムネさんから高校生たちへのメッセージをいただきましたが、この文面がすばらしかったですよね。特に「河原の石みたいだった曲を皆さんがていねいに磨いて磨いて、新たな宝石にしていただいた」という表現にはグッときました。「河原の石」とは謙遜で、実際にはスピッツの曲はとても洗練されていると思うのですが、どんな曲、どんな音楽であっても、他人が演奏することで、作り手の想像を超えた形で磨かれ、やがて時代を超越した「名曲」となってゆくのでしょう。
 演奏してくれたのは大阪の淀川工科高校、福岡の精華女子高校、東京の東海大学菅生高校の三校の吹奏楽部。淀川工科高校は「空も飛べるはず」で、のびのびとした歌心を感じさせてくれました。さまざまな楽器が活躍するアレンジも印象的。精華女子高校は名作「ロビンソン」を演奏。軽やかで透明感のあるサウンドは一服の清涼剤のよう。バランスのよい美しい響きが心に残ります。東海大学菅生高校の「チェリー」には、わきあがるような高揚感がありました。
 最後は三校合同での「優しいあの子」。収録時には演奏前に指揮の丸谷先生から「リハーサルではただ元気に盛りあがるんじゃなくて、ていねいに演奏しようと言ったけど、あれはナシ。せっかくの機会だから、思い切り盛りあがろう」といった趣旨の一言も。開放感にあふれたサウンドが生み出されました。

  • mixiチェック

吹奏楽で歌うアニソンの音楽会

投稿日:2019年09月14日 10:30

今週は吹奏楽の名門校三校のみなさんが、岩崎良美さん、高橋洋子さん、岡本知高さんとアニソンで共演を果たしました。
 精華女子高校吹奏楽部が岩崎良美さんと共演したのはアニメ「タッチ」の主題歌。1981年、週刊少年サンデーであだち充の原作「タッチ」が連載開始されると大反響を呼び、1985年にはテレビアニメ化されていっそうのブームを巻き起こしました。今の高校生の皆さんはご存じないとは思いますが、当時の「南ちゃん」こと浅倉南人気は大変なもの。日高のり子さんの応援メッセージに、櫻内先生が胸キュンになるのも納得です。高校野球を題材としながらも、ストーリーの根幹はラブコメというのが「タッチ」の新しさ。「スポ根」とは一線を画したさわやかな青春ドラマは、精華女子高校にぴったりの選曲だったのではないでしょうか。
 東海大学菅生高校が高橋洋子さんと演奏したのはアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」より「残酷な天使のテーゼ」。これは名曲ですよね。「新世紀エヴァンゲリオン」がテレビアニメとして最初に放送されたのは1995年。空前の大災害後に復興された第3新東京市を舞台に、碇シンジをはじめとする少年少女が巨大人型兵器であるエヴァンゲリオンのパイロットとなって、謎の敵「使徒」と戦います。戦闘ロボットアニメの形をとりながらも、「人は他者といかに向き合うか」というテーマが込められているのが「エヴァ」。碇シンジの「逃げちゃダメだ」は、「目標をセンターに入れてスイッチ」と双璧をなす彼の名言でしょう。東海大学菅生高校のみなさんも逃げることなく、まっすぐに高橋洋子さんの歌唱に向き合って、驚異的な「シンクロ率」を達成していました。
 淀川工科高校は岡本知高さんと「天空の城ラピュタ」より「君をのせて」を共演。名物先生、丸谷明夫先生と岡本知高さんの強力タッグが実現しました。パズーからまさかの「バルス!」が唱えられましたが、滅びの呪文に負けることなく、のびやかでみずみずしい音楽が奏でられていました。

  • mixiチェック

ハーモニカ女子たちの休日

投稿日:2019年09月07日 10:30

知っているようで知らないのがハーモニカの世界。今週は山下伶さん、NATSUKOさん、寺澤ひろみさん、KOHさんの4人のハーモニカ奏者をお招きして、ハーモニカの魅力や仕組みについて語っていただきました。
 ハーモニカの種類は大きく分けると、ブルースハープ、クロマチックハーモニカ、複音ハーモニカの3種類。一般に私たちがハーモニカと聞いて、まっさきに連想するのがブルースハープでしょう。ドレミファソラシド……という全音階を出すことができます。ある世代までの方は、小学校の授業でこれに近いタイプのハーモニカを習ったのではないでしょうか。今では教育用楽器としての地位をすっかり鍵盤ハーモニカに奪われてしまいましたが……。
 このタイプのハーモニカではドレミファソラシドを鳴らせても、その間にある半音は出せません。ということは、決まったキーの曲しか吹けないのではないか。そんな疑問がわきますが、NATSUKOさんの楽器ケースには、ハーモニカがずらりと12本、並んでいました。なるほど、1オクターブには12の音がありますから、12種類の異なるキーの楽器を持っていれば、どんなキーの曲にも対応できます。
 NATSUKOさんがおっしゃっていた言葉で印象的だったのは「イナたい音」。この言葉、ご存じでしたか。初耳だったのですが、枯れた音、ブルージーな音を指すのだとか。どういう語源なんでしょう? 「田舎」から派生してできた言葉なんでしょうか。
 寺澤ひろみさんが複音ハーモニカを駆使して演奏してくれたのはソル作曲のモーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲。本来はギター独奏曲として知られた名曲です。複数の楽器を重ねて持って、上下にスライドさせながら楽器を替える奏法が披露されました。しかも、曲の途中で楽器を持ち替えて、都合9本もの楽器を使用しています。鮮やかなテクニックでした。

  • mixiチェック

吹奏楽さきがけの地をめぐる音楽会

投稿日:2019年08月31日 10:30

今週は吹奏楽さきがけの地、鹿児島にまつわる多彩な音楽をお届けいたしました。歴史の重みを感じるような曲が多かったですね。
 霧島神宮の「天孫降臨霧島九面太鼓」は迫力満点。天孫降臨とは、アマテラスオオミカミの命を受けて、その孫であるニニギノミコトが高天原から日向国の高千穂峰に天降ったこと。九面にはこの地に降り立った神々の顔が表されています。そして、この九面の複製をかぶって、神々に扮して太鼓を打ち鳴らすのが九面太鼓。神話の世界がこれほど身近に感じられるのは霧島ならではでしょう。
 神々の様子を太鼓と舞で表現するという発想も興味深いところ。重量1トン以上にもなる巨大な和太鼓は、視覚的にもインパクトがあります。西洋音楽における神話といえば、ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」をまっさきに思い出しますが、あちらの神々は荘厳な金管楽器の響きを生かした管弦楽と歌で表現されます。人智を超えた存在を音で表現するときに、どんな楽器を用いるのか。洋の東西のちがいがこんなところにもあらわれているのかもしれません。
 日本の吹奏楽が鹿児島から始まったというのは、一見意外な感じもしますが、歴史を聞けばなるほどと思いますよね。薩摩藩で結成された軍楽隊が、イギリスの軍楽隊長フェントンから指導を受けたことがはじまりだとか。フェントンは日本の国歌を作曲した人物としても知られています。初代「君が代」に曲を付けましたが、この曲は普及せず、後に現行の曲に差し替えられました。
 最後に演奏された「敷島艦行進曲」は瀬戸口藤吉の作曲。瀬戸口は鹿児島に生まれ、海軍軍楽師を務めた音楽家です。あの有名な「軍艦マーチ」の作曲者として名前を耳にする機会が多いと思います。「敷島艦行進曲」は戦艦「敷島」の竣工を記念して作られました。勇ましいばかりではなく、朗らかで、のどかな雰囲気すら漂っているのが印象的でした。

  • mixiチェック

霧島高原にチェロ32人大集合! 日本で最も古い音楽祭

投稿日:2019年08月24日 10:30

今週は鹿児島県の霧島市よりお届けしました。1980年に始まった霧島国際音楽祭は、日本の音楽祭の草分けともいえる存在。伝統的にクラシック音楽の世界では、夏になると風光明媚な土地で音楽祭が開かれます。かつて、ゲヴァントハウス管弦楽団のコンサートマスターを務めていたゲルハルト・ボッセが来日した際、鹿児島ですぐれた音楽家たちによる講習会と演奏会を開こうと提案したことがきっかけで、この音楽祭が始まりました。大自然に囲まれて音楽に浸るのは格別の体験でしょう。
 現在、音楽監督を務めるのが堤剛さん。日本を代表するチェリストであると同時に、東京のサントリーホール館長も務めていらっしゃいます。そんな堤さんのもとに、30人を超えるすぐれたチェリストたちが集まって、チェロ・オーケストラが組まれました。同じ楽器がこれだけ集まってオーケストラを組めるのは広い音域を持つチェロだからこそ。メロディを奏でることもできるし、低音でアンサンブルを支えることもできる。そんなチェロの万能性がよくあらわれていたと思います。
 一曲目に演奏されたのは、グリーグの「ホルベアの時代より」前奏曲。本来はヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスによる弦楽合奏で演奏される作品です。チェロ・アンサンブルによるコクのある重厚な響きが、原曲とはまた違った味わいをもたらしてくれました。
 驚いたのは、最後のドヴォルザークのチェロ協奏曲です。まさか、この曲を4人のチェリストで演奏してしまうとは! 本来は独奏チェロと80人規模のオーケストラが共演する作品です。円熟期のドヴォルザークが書いた傑作で、おそらくあらゆるチェロ協奏曲のなかで、もっとも演奏されているのがこの曲でしょう。原曲の持つ雄大なスケールに代わって、小編成ならではの親密な雰囲気が伝わってきました。

  • mixiチェック

ディズニー祭りで盛り上がる音楽会

投稿日:2019年08月17日 10:30

今週は「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」のメインステージから、ディズニーの名曲をエリック・ミヤシロさんによるアレンジでお届けしました。夏仕様のディズニー名曲集、爽快でしたよね。
 ステージで歌ってくれたのは、ディズニーのオフィシャルアーティストの3人。『ライオン・キング』の「サークル・オブ・ライフ」を歌ったRIRIさんは、まっすぐでパワフルな歌唱スタイル。『アラジン』の「ホール・ニュー・ワールド」を歌った木下晴香さんは「ふたりで飛んでいこう」という歌詞にふさわしい伸びやかで透明感のある声の持ち主。作品のイメージと歌声がぴったりとマッチしてました。
 話題作『トイ・ストーリー4』より「君はともだち」を歌ったのは、ダイアモンド✡ユカイさん。この曲、第1作「トイ・ストーリー」から、もう23年にもわたってずっと歌われていることになります。作曲はランディ・ニューマン。名曲ですよね。ダイアモンド✡ユカイさんがおっしゃっていた、「ディズニーの楽曲を歌うと老若男女、みんなニコニコになる」という言葉には納得するほかありません。「君はともだち」に限らず、ただ「いい曲」であるだけではなく、だれにでも受け入れられる普遍性を持っているのがディズニーの音楽の特徴だと思います。
 そして、そんなディズニーの音楽のカラーを確立したのが、作曲家アラン・メンケンなのではないでしょうか。今回の楽曲では、『アラジン』の「フレンド・ライク・ミー」「ホール・ニュー・ワールド」、『ヘラクレス』の「Zero To Hero」が、アラン・メンケンによる作曲です。ほかにも「リトル・マーメイド」「美女と野獣」など、数多くのディズニー作品で音楽を担当しています。明るくて、清潔感があって、ときには陰影豊かでエモーショナル。子供も大人も引きこまれてしまいます。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

フォトギャラリーを詳しく見る≫