• mixiチェック

高校吹奏楽部がプロに教わる音楽会

投稿日:2020年02月29日 10:30

今週は吹奏楽部の高校生たちが日本を代表するスター奏者たちから直接指導を受けるという夢の企画。全日本吹奏楽コンクールで2年連続金賞を受賞した東海大学菅生高等学校吹奏楽部のみなさんが、モーション・ブルー・ヨコハマに来てくれました。「小曽根真 featuring No Name Horses」のサウンドを間近で聴く高校生たち。うらやましい光景です。
 「小曽根真 featuring No Name Horses」は総勢15名からなるビッグバンド。エリック・ミヤシロさんのトランペットの抜けるようなハイトーンはなんど聴いても快感です。小曽根さんも最高に音楽を楽しんでいる様子が伝わってきました。
 高校生たちから寄せられた質問はどれも具体的。「トロンボーンで小さな音をきれいに出すには?」「トランペットの高音がキツい音になってしまう」。そして、質問に対するプロの教え方は、細かな奏法を手取り足取り教えるのではなく、音のイメージを共有するような教え方だったのが興味深いと思いました。高校生たちがアドバイスを即座に吸収して、自分の音に反映させていたのには驚くばかり。こんなにうまくいくものなのかなと思ってしまうほどで、おそらく教える側も何度となく同様の質問に向き合ってきたのでしょう。演奏もすごいけれども、教え方もすごい!
 「パプリカ」で高校生がプロと共演する場面もおもしろかったですよね。おなじみの「パプリカ」がジャズに生まれ変わっている新鮮さもさることながら、神のような人たちと共演して力を出し切った高校生には心からの拍手を送るほかありません。そして、小曽根さんのアドバイスが秀逸です。「怖がっていると絶対に音楽にのまれてしまう。思い切り演奏する」。これはジャズに限らず、ほかの音楽でも、あるいはスポーツなどの世界でも通用する言葉かもしれませんね。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

グラミー賞で注目される作曲家!挾間美帆に迫る休日

投稿日:2020年02月22日 10:30

今週は先頃グラミー賞にノミネートされて話題を呼んだジャズ作曲家、挾間美帆さんをスタジオにお招きしました。グラミー賞といえばアメリカの音楽産業でもっとも栄誉ある賞。そんなグラミー賞に日本人がジャズの分野でノミネートされたのですから、見事というほかありません。
 挾間さんがノミネートされたのは「ラージ・ジャズ・アンサンブル」部門。本日の演奏でも挾間さんがアンサンブルを指揮していましたが、弦楽器にピアノ、トランペット、ホルン、ドラムが加わった編成で、とても音色のバリエーションが豊富だったのが印象的でした。一曲目の「RUN」のようにヴァイオリンのソロが活躍する場面があるなど、ジャズバンドでありながらもオーケストラ的な性格を多分に備えているのがおもしろいところ。作曲家が自らアンサンブルを指揮して自作を演奏するのも、モーツァルトやベートーヴェンらクラシックの作曲家がしていたことと変わりありません。その意味でも「ジャズ作曲家」という言葉はしっくりきます。
 グラミー賞はポップ、ロック、ジャズ、クラシック、ミュージカル等々、あらゆる音楽のジャンルを対象とした賞です。受賞者を選ぶのはレコーディング・アカデミー。録音された音楽が対象となります。「グラミー」とはなんのことか、ご存じでしょうか。グラミー賞のロゴマークには蓄音機のイラストが使われていますが、グラミーとはグラモフォン(蓄音機)からできた言葉で、元来はグラモフォン賞だったわけです。イギリスのクラシック音楽雑誌にも「グラモフォン賞」がありますが、言葉の由来としては同じなんですね。
 恩師山下洋輔さんが語ってくれた挾間さんのエピソードは痛快でした。山下さんをして「鬼バンマス」と呼ばれる挾間さん。自分の音楽を貫き通す姿勢が伝わってきます。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

ウィーンの頂点の音楽会 2週連続スペシャル 後編

投稿日:2020年02月15日 10:30

今週は先週に引き続き、ウィーン・リング・アンサンブルの演奏をお届けしました。これぞ本場ウィーンの香り。ウィーン・フィルの名奏者たちが楽しい演奏を披露してくれました。
 一曲目の「ラデツキー行進曲」は、元日のウィーン・フィル・ニューイヤーコンサートで、アンコールの最後に演奏されるおなじみの名曲。指揮者が客席を向いて手拍子を促す演出がすっかり定着しています。ここ東京オペラシティ・コンサートホールでの収録でも、やはり客席がステージと一体となって手拍子を打ちました。手拍子を強く打つところ、そっと弱く打つところ、止めるところなど、その様子はウィーンでの公演とまったく同じ。こんなふうに手拍子の強弱まで細かく定まったのは、往年の名指揮者ロリン・マゼールがニューイヤーコンサートを指揮していた時代からだと思います。客席もいっしょに演奏しているような気分になれるのが楽しいんですよね。
 ウィーン・フィルは自分たちの伝統を大切にするオーケストラですので、楽員には親子二代にわたる奏者がたくさんいます。オーケストラの世界にもグローバル化の波が押し寄せる昨今、このようなオーケストラは稀有な存在です。ウィーン・フィルと双璧をなすベルリン・フィルなどは超多国籍集団で、ドイツ人楽員はほんのわずか。どこで生まれ、どこで学んだかはまったく関係ありません。それに比べると、ウィーン・フィルにはウィーンの流儀が生きていると感じます。
 キュッヒルさんは「ウィンナワルツはわたしたちの血の中に流れている」と言います。「美しく青きドナウ」はまさにそんなウィーンの音楽家にとって血肉化した名曲。こちらもウィーン・フィル・ニューイヤー・コンサートでは、必ずアンコールに演奏されます。小編成で演奏しても、情感豊かでロマンティックな味わいはオーケストラの演奏とまったく変わりません。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

ウィーンの頂点の音楽会 2週連続スペシャル

投稿日:2020年02月08日 10:30

今週と来週の2週にわたって、本場ウィーンの精鋭たちが集うウィーン・リング・アンサンブルの演奏をお届けします。毎年元旦にウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートが世界中に中継されますが、あのウィーン・フィルのメンバーたちが日本にやってきて、ウィンナワルツやポルカを演奏してくれました。この「本物感」は格別です。
 ウィーン・リング・アンサンブルを率いるのは名コンサートマスター、ライナー・キュッヒル。なにしろ45年にわたってウィーン・フィルのコンサートマスターを務めたくらいですから、カラヤン、バーンスタイン、クライバーなど、伝説的な名指揮者たちとの共演も多数。そしてキュッヒルはどんな大指揮者からも一目置かれる存在でした。ただ指揮者に追従するのではなく、どんなときでもオーケストラを支えて、ウィーンのスタイルを体現するのがキュッヒルだったと思います。
 キュッヒルはウィーン・フィルを定年退職後もウィーン・リング・アンサンブルとしての来日したり、NHK交響楽団のゲスト・コンサートマスターを務めるなど、たびたび日本の舞台に登場してくれています。その輝かしくパワフルなヴァイオリンの音色は健在。奥様は日本人とあって、日本語もお上手です。日本のクラシック音楽ファンには、彼に特別な親しみと尊敬の念を抱いている方が多いのではないでしょうか。
 ウィーン・リング・アンサンブルのメンバーの多くが音楽一家の出身であるように、ヨハン・シュトラウス2世もまた音楽一家に生まれました。父ヨハン・シュトラウス1世、弟ヨーゼフ・シュトラウスら、それぞれが名曲を残しています。ワルツ「酒、女、歌」は、ヨハン・シュトラウス2世の数あるワルツのなかでも屈指の名曲。優雅さと雄大さを兼ね備えたロマンティックな味わいは、この作曲家ならではですね。
 次週はウィンナワルツの最高傑作、「美しく青きドナウ」も演奏されます!

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

やのとあがつま 民謡を楽しむ音楽会

投稿日:2020年02月01日 10:30

今週は矢野顕子さんと上妻宏光さんのユニット「やのとあがつま」による、新しい姿に生まれ変わった民謡をお楽しみいただきました。矢野さんと上妻さんでユニットを組むと最初に聞いたときは「えっ?」と驚きましたが、なるほど、民謡にこんな可能性があったとは。矢野さんと上妻さんは、新しさと懐かしさを同時に感じさせてくれる絶妙の組合せなのだと納得しました。
 熊本県民謡「おてもやん」で驚いたのは2番の歌詞。矢野さんがいきなり英語で歌いだして、なにを歌っているのかと思えばオリジナルの歌詞でした。この発想がスゴいですよね。しかも、こんなにも自由に扱われ、音楽の外観が変わっていても、曲はやはり「おてもやん」らしさを残しているという不思議。民謡には根源的な柔軟さや強さがあって、いかなるアレンジにも耐えうるものなのかもしれません。
 富山県民謡「こきりこ節」では、シンセサイザーとピアノ、三味線、ボーカルが一体となって、響きの妙が生み出されていました。それにしても「即興がほとんど」というのにはびっくり。
 宮城県民謡「斎太郎節」も斬新な今の音楽でしたが、それでも潮の香りが伝わってくるのがおもしろいところ。やはりこれは民謡です。
 民謡はヨーロッパのクラシック音楽でも大きな存在感を放っています。ハイドンもベートーヴェンも、ストラヴィンスキーもバルトークも、多くの大作曲家たちは民謡を素材として、まったくオリジナルな音楽を生み出してきました。バルトークは東欧の農村を巡って民謡を採集し、そこから独自の語法を生み出しました。革新的作品として知られるストラヴィンスキーの「春の祭典」にもリトアニア民謡などが借用されています。民謡は洋の東西を問わず、音楽家たちのインスピレーションの源であり続けています。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

神童が一流アーティストと共演する音楽会

投稿日:2020年01月25日 10:30

才能豊かな子供たちの姿って、まぶしいですよね。今週は個性豊かな神童たちが、それぞれトップレベルで活躍する大人のアーティストたちと共演してくれました。著名アーティストを前にしても、ものおじすることなく、のびのびと演奏する子供たちの姿が印象的でした。
 ナニワの高速ウクレレ少年こと、近藤利樹さんは、押尾コータローさんのギターと共演。すらりと長身の近藤さんですが、まだ12歳。ギターの奏法をウクレレに取り入れるなど、テクニックのすばらしさに加えて、楽しそうに弾く演奏姿がインパクト抜群。幼いころの映像が紹介されていましたが、ニコニコしながら弾く姿は今と変わりません。聴く人をハッピーにする力があります。
 富樫美玲さんと音葉さんは双子のヴァイオリニスト。ヴァイオリンは子供用の2分の1サイズで、表情もあどけないのですが、出てくる音は大人顔負け。ふたりでぴたりと息の合った演奏を披露してくれました。話しぶりも10歳とは思えないほどしっかりしていて、びっくりします。金子三勇士さんと共演したのはモンティの「チャールダーシュ」。チャールダーシュとはハンガリーの酒場で踊られた民俗舞曲のことで、哀愁を帯びたゆったりとした部分と、速いテンポの活発な部分とコントラストが特徴。ハンガリーと日本にルーツを持つ金子三勇士さんと共演するにはうってつけの曲でした。
 ドラムのよよかちゃんも10歳。思い切りがよく、ダイナミックでキレのある演奏姿に目が奪われます。ROLLYさんの熱い解説のおかげで、そのテクニックのすごさの一端が伝わってきたのではないでしょうか。バスドラムの「頭抜き三連符」の部分、ぱっと見ではなにをやっているのかわかりづらいでしょうが、解説を聞いてから見ると「ンタタ ンタタ……」がわかります。あまりに自然にできているので、解説してもらってはじめて凄さに気づきます。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

高嶋ちさ子のわがまま音楽会~チェロ&ヴァイオリン!スーパーコラボスペシャル

投稿日:2020年01月18日 10:30

今週は高嶋ちさ子さんがプロデュースする2組のグループ、12人のヴァイオリニストとスーパーチェロ8のみなさんにご登場いただきました。曲はいずれも親しみやすい名曲ばかり。それぞれヴァイオリンとチェロによる華麗なテクニックが散りばめられていて、聴きごたえがありました。
 なかでも驚かされたのは、チェロの江口心一さんによる「熊蜂の飛行」ならぬ「ぐるん蜂の飛行」。ヴァイオリンの速弾きで人気の高いリムスキー=コルサコフの「熊蜂の飛行」を、電動立ち乗り二輪車上で演奏する離れ技を披露してくれました。チェロで速弾きするだけでもすごいのですが、まさかあんなふうに回転しながら弾けるとは! 江口さんはこれまでにも番組で、通常の速弾きや、立って演奏する速弾き「立ちん蜂の飛行」を成功させてきましたが、驚異の新技が誕生しました。熊蜂→立ちん蜂→ぐるん蜂の「速弾き三部作」の完成です。
 最後に演奏されたエルガーの「威風堂々」は、高嶋ちさ子さんと12人のヴァイオリニスト、スーパーチェロ8の総勢21名によるアンサンブルでした。もうこれだけの人数になると、ほとんどオーケストラといってもいいくらいの音の厚みが出てきますね。
 「威風堂々」の作曲者はイギリスのエルガー。行進曲として書かれた曲ですが、中間部のゆったりしたメロディが特によく親しまれており、この部分のみを取り出して「希望と栄光の国」の題で歌われることもよくあります。もちろん「希望と栄光の国」とはイギリスを指しているのですが、日本人であっても曲が持つ威厳と高揚感に思わず背筋が伸びます。
 クライマックスではスーパーチェロ8が立ち上がって演奏。チェロが立って演奏する姿を彼らのほかに見たことはありませんが、ひょっとすると、これから流行するのかも!?

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

高嶋ちさ子のわがまま音楽会スペシャル

投稿日:2020年01月11日 10:30

今週は恒例となった高嶋ちさ子さんの「わがまま音楽会」。いま大人気の「高嶋ちさ子と12人のヴァイオリニスト」のコンサートを番組内で再現してお届けしました。パッヘルベルの「カノン」を筆頭に、だれもがどこかで耳にした名曲がぎっしり。「クラシックメドレー」では、5分弱でクラシックの超名曲が9曲も凝縮されていました。お客さんを楽しませるための工夫が随所に凝らされていました。
 おもしろかったのはヴァイオリンの聴き比べのコーナー。ひとつは数億円もするイタリアの名器、ストラディヴァリウス。もうひとつはわずか数万円のヴァイオリン。AとB、どちらがストラディヴァリウスだったか、分かりましたか。
 石丸さんと松尾さんで意見が見事に分かれてしまいましたが、これは簡単な問題ではないんですよね。AとBが「違う」ことはわかります。でも、どちらが「よい」かとなると、答えは自明ではありません。収録時には、AとBのどちらがストラディヴァリウスか、会場のみなさんに手を挙げてもらったのですが、ぱっと見たところでは五分五分に近い割れ方でした。
 最初に聴いたAは艶やかで豊か、そして陰影に富んだ音色だったと思います。これに比べると、Bは硬質で、くっきりしたストレートな音が鳴っていたのではないでしょうか。Aのほうがニュアンスが豊かだけれど、でもBのほうが明瞭ですっきりしていて好きだ、という感じ方もまったくおかしくありません。そもそもヴァイオリンはだれが弾くかが肝心。高嶋さんの技術があったから、数万円のヴァイオリンが美しく鳴り響いたとも言えます。
 最後の「天国と地獄」序曲は、通称「フレンチカンカン」として知られる名曲。振付までついて、華麗なショーになっていました。ヴァイオリンって、あんなに動きながらでも弾けるものなんですね。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

ピアノ工場を楽しむ休日

投稿日:2020年01月04日 10:30

今週は静岡県掛川市のヤマハ掛川工場を訪れて、ピアノ製作の現場を見学させていただきました。
 ピアノは弦楽器や管楽器、打楽器などに比べると、格段に「機械」のイメージが強いと思います。「工房で作られる」というよりは、「工場で生産される」のがピアノ。一台8000点ものパーツから作られると聞くと、ますますそう感じます。
 しかしこうして工場の様子を見せていただくと、ピアノとは機械化された技術と人間の職人技の絶妙のバランスから成り立っているのだと痛感せずにはいられません。
 接着剤で長方形の板を何枚も重ねて貼り付けて、これを型にはめてピアノの側板を作る場面などは、まさに工場そのもの。洗練された技術の粋が込められているのでしょう。しかし、弦を張るのは手作業による重労働。マンツーマンで張り方を教わる職人技の世界です。
 もっとも印象的だったのは整音の場面です。この工程は習得に10年以上かかる熟練の技。ハンマーに針を刺す前と刺した後の音の比較がありましたが、ずいぶんと違っていましたよね。刺す前は硬くて金属的で、そっけない音がしていました。ところが針を刺した後は、一気に柔らかく、ニュアンスに富んだ音に。これが聴き慣れたピアノの音でしょう。
 おもしろいのは同じ工場でも職人によって微妙な差があるということ。職人の佐原さんが、3台のピアノのなかから自分が整音した1台を音だけを聴いて見事に的中する場面がありました。こういったことの積み重ねから、ピアノ一台一台の個性が生まれるのでしょう。
 藤田真央さんが最後に弾いてくれたのは、シューベルト~リスト編曲の「ウィーンの夜会」より。工場で作られたばかりのピアノに、魂が注入される場面を目の当たりにした思いがします。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

ディズニーのプリンセス~アナと雪の女王の音楽会

投稿日:2019年12月21日 10:30

今週は「ディズニーのプリンセス~アナと雪の女王の音楽会」。スクリーンに映された本編の映像に合わせて、注目の若手女性奏者たちが「アナと雪の女王」の名曲を演奏するという趣向でお届けしました。
 ソリストにはモントリオール国際音楽コンクール第1位のヴァイオリニスト、辻彩奈さんをはじめとする豪華メンバーが集結。オーケストラのメンバーにもNHK交響楽団や東京交響楽団などで活躍する日本のトップレベルの奏者たちがそろいました。
 こうして聴いてみると、「アナと雪の女王」がいかに名曲に恵まれた作品であるかを改めて痛感します。「レット・イット・ゴー~ありのままで~」でエルサが自身の強大な力を開放する場面は、ディズニーが描く新時代のプリンセス像を表しているかのよう。「雪だるまつくろう」で描かれるアナの孤独には胸が締めつけられます。アナの喜びとエルサの不安が交錯する「生まれてはじめて」、期待感に満ちた「とびら開けて」、オラフのユーモラスなキャラクターを体現する「あこがれの夏」、いずれも音楽と物語が緊密に絡み合っていて、しかも思わず口ずさみたくなる曲ばかりです。
 作曲はクリステン・アンダーソン=ロペス、ロバート・ロペスのロペス夫妻。ふたりは「アナと雪の女王2」でも音楽を担当しています。この続編では、完成された脚本を読んでふたりが曲を作るのではなく、まずは監督のジェニファー・リーとクリス・バックと話し合いをしながらストーリーが作られ、ストーリーが変われば曲が変わり、曲が変わればストーリーも変わるような制作方法がとられたといいます。
 こうしてできあがった新曲が、エルサが歌う「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」。ディズニーに抜擢された中元みずきさんが、のびやかで芯のある声で歌い上げてくれました。新たな名曲の誕生です。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

フォトギャラリーを詳しく見る≫