• mixiチェック

フィギュアスケートの音楽会2019

投稿日:2019年12月07日 10:30

今週は毎年恒例の「フィギュアスケートの音楽会」。フィギュアスケートの演技映像に合わせて、独自の編曲が施された生演奏をお届けしました。
 近年、フィギュアスケートで使用される音楽もずいぶん多様化してきたなと感じます。フィギュアスケートで歌詞が入った音楽が解禁されたのは2014/15シーズンから。それ以前は、たとえばトリノ五輪でプッチーニの「だれも寝てはならぬ」を使用した荒川静香さんのように、たとえオペラ・アリアを使う場合でも、ヴァイオリン・ソロ用に編曲された音源を使っていました。その頃に比べると、今は本当に自由になりました。
 今回の楽曲のなかで、もっとも独自性が強いのは紀平梨花選手が使った「インターナショナル・エンジェル・オブ・ピース」でしょう。この曲は世界各地のさまざまな宗教音楽を組み合わせて編曲したというオリジナル曲。宗教の違いも時代も超越した音楽です。冒頭で登場するのは、中世ドイツの女子修道院長であり作曲家のヒルデガルト・フォン・ビンゲンの「おお、智慧の力よ」という曲。ヒルデガルトは作品が現在でも演奏される最古の女性作曲家と言えます。今回はメタル尺八や民族楽器を加えたマルチカルチャーなスタイルのアレンジで演奏されました。それにしてもメタル尺八、見た目に反してちゃんと尺八の音がするのにはびっくり。
 楽器のおもしろさという点では、羽生結弦選手の使用曲「オリジン」のウィンド・マシーンもインパクト抜群。現代であれば、風の音のような効果音はシンセサイザーで作れるわけですが、これを生の音で実現するのがウィンド・マシーン。風や嵐を表現した音楽は多いので、鈴木優人さんがおっしゃっていたように、意外と歴史のある楽器(?)です。ワーグナーの「さまよえるオランダ人」や、リヒャルト・シュトラウスの「ドン・キホーテ」といった名曲にも使われていますので、耳にする機会は少なくありません。見ていると、自分もぐるぐると回したくなりますよね。

  • mixiチェック

管楽器職人に会いに行く休日

投稿日:2019年11月30日 10:30

今週は静岡県磐田市にあるヤマハ豊岡工場を訪問しました。ヤマハの管楽器製造の拠点である豊岡工場では、トロンボーンやサクソフォン、トランペット、フルートなどが作られています。
 音楽ファンのための工場見学といった趣でしたが、これはもう驚きの連続だったのではないでしょうか。まさか、あそこまで職人の手作りで楽器が作られていたとは!
 トロンボーンの製造工程では、まずイチョウ型をした真鍮の平らな板が出てきました。てっきりあれを機械で変形するのかと思いきや、よもやの手作業。職人が手で二つ折りにして、つなぎ目を溶接して、ハンマーで叩きながら丸い形に成形する。なるほど、これは職人技です。そして、楽器ごとにひとつひとつ個性があるということにも納得。手作りである以上、完全に同一の楽器はどこにもありません。
 サクソフォンの表面に彫刻が施される場面もおもしろかったですよね。こちらも機械化されているのかと思ったら、まったくの手作業。自作の工具まで使って、グリグリと表面を彫り進めます。「もしも失敗したらどうなってしまうんだろう……」とドキドキせずにはいられません。楽器工場では異色の工程といいましょうか、まるで工芸品を見ているかのようです。
 最大の驚きは、トロンボーンのスライド管をまっすぐに調整する力技。長さ70cmの管がわずか0.2mm曲がっただけでもNGという繊細さが求められる場面で、太腿を使ってグイッと手で曲げて、わずかなズレをなくしてしまいました。これは熟練の技でしょう。到底まねできるものではありません。
 最後は中川英二郎さんと上野耕平さんと豊岡工場のみなさんが「聖者の行進」を演奏してくれました。楽器を奏でる人と作る人との共演。なんだかいい雰囲気でしたよね。

  • mixiチェック

有名作曲家のひねりすぎた楽曲を楽しむ休日

投稿日:2019年11月23日 10:30

今週は作曲家たちがとびきり独創的な工夫を凝らした楽曲をご紹介いたしました。
 ハイドンの交響曲第45番「告別」は演奏される機会の多い人気曲です。ゲストの作曲家川島素晴さんが解説されたように、これは一種の「ストライキ」。長期出張中の楽員たちが家族のもとに帰りたがっていることを雇い主である侯爵に伝えるために、ハイドンは曲の終楽章にひとりひとり退出する仕掛けを作りました。ちなみに、このメッセージは正しく侯爵に伝わり、すぐに楽員たちには休暇が与えられたそうです。ホワイトな職場でよかったですね。
 アンディ・アキホのピンポン交響曲「リコシェ」は2015年に作曲されたばかりの作品。作曲者は1979年、アメリカ生まれ。以前、スティーヴ・ライヒが来日した際のトーク・セッションで、注目すべき若手作曲家として彼の名前を挙げたことがありました。そのライヒの古典的名曲が「クラッピング・ミュージック」。今回は拍手ロボット「ビッグクラッピー」が演奏してくれました。リズムのおもしろさという点で、ライヒとアキホの両作には一脈通じるところがあります。
 バッハの「逆行カノン」は、「音楽の捧げもの」と題された曲集のなかの一曲。バッハがフリードリヒ大王に面会した際、大王から与えられたテーマに基づいて作られたという曲集です。「逆行カノン」でもその大王のテーマが題材となっています。バッハの作曲技法にもびっくりですが、テーマをさらっとバッハに与える大王も相当な音楽的教養の持ち主なんですよね。
 ジョン・ケージの「Organ²/ASLSP」は怪作です。ASAP(As Soon As Possible)ならぬASLSP(As SLow aS Possible)。理論上は無限に遅く演奏できることになります。それにしても演奏に何百年もかかるとは。いったいだれが聴くんでしょうね……。

  • mixiチェック

低音楽器女子の休日

投稿日:2019年11月16日 10:30

大きなサイズの低音楽器は、男性が演奏するものと思われがちです。ところが最近では低音楽器を演奏する女性奏者が珍しくありません。今回はそんな低音楽器の女性奏者たちに集まってもらい、楽器の魅力や特徴、低音楽器ならではの苦労について語っていただきました。
 通常、ソロでもアンサンブルでも目立つのは高音楽器です。弦楽器ならヴァイオリン、木管楽器ならフルート、金管楽器ならトランペット。オペラでも主役はテノールかソプラノ。それなのに「目立ちたいから」という理由でコントラバスを選んだのがYu-Kaさん。ヴァイオリン奏者は大勢いるから、あえてコントラバスを選ぶという逆転の発想です。コントラバスは地味な楽器という先入観を覆して、華やかな演奏を披露してくれました。ボッテジーニの「夢遊病の女」による幻想曲での鋭く機敏な演奏にはびっくり。コントラバスって、ソロ楽器としても魅力的だったんですね。
 ふだん、ソロ楽器として聴くチャンスがないのはテューバも同じ。テューバの福本恵子さんはユーフォニアムの新井秀昇さんといっしょに「グリーンスリーブス」を演奏してくれました。低音楽器だからゴツい雰囲気になるのかと思いきや、マイルドで暖かみのある音色がノスタルジックな曲想とマッチしていて、新鮮な感動がありました。
 サクソフォンのなかで低音部を担うのはバリトンサックス。高尾あゆさんのお話にあったように、メロディと伴奏のどちらでも活躍できるという強みを持っています。豊かで深い響きが魅力的です。
 ファゴットも低音楽器でありながら、意外とソロの活躍も多い楽器と言えるでしょう。低音を生かしてユーモラスな味わいを出すこともできれば、愁いを帯びたメロディを奏でることもできます。福士マリ子さんが演奏してくれたのは、父親であり高名な作曲家である福士則夫作曲の「竜夢」。ファゴット一本だけでこれだけ多彩な表現が可能なんですね。

  • mixiチェック

題名のない音楽会55周年 令和スペシャルコンサート(3)

投稿日:2019年11月09日 10:30

今週は番組開始55周年を記念した「題名のない音楽会」令和スペシャルコンサートの第3回をお送りいたしました。テーマとなったのはゲームやJポップなど、日本のポップカルチャー。さまざまなポップカルチャー由来の楽曲が、豪華アーティスト陣によって演奏されました。
 一曲目は植松伸夫さん作曲の『ファイナル・ファンタジーVIII』より「Eyes On Me」。ゲームソフトのテーマ曲として作られながらも、曲のCDが50万枚を超える大ヒットを記録したという名曲です。これを森麻季さんのソプラノ、村治佳織さんのギターを中心に、若い世代を代表する日本の名手たちが共演しました。ソプラノとギターによる情感豊かな演奏が、ノスタルジーを喚起します。
 よく、オペラなどでは、劇中のアリアや序曲が本体のストーリーを離れて、単独で演奏されるようになることがあります。たとえばマスネの「タイスの瞑想曲」とか、ヘンデルの「オンブラ・マイ・フ」のように、本編から切り離されて、特定の楽曲が演奏され続けるケースも珍しくはありません。同じようにゲームの音楽が、楽曲としてずっと残ることも十分にありうるのではないでしょうか。
 二曲目は3人の女性ヴァイオリニストたちによるパフュームの「ポリリズム」。川久保賜紀、南紫音、小林美樹という超強力な三重奏に山田和樹指揮55周年祝祭オーケストラが加わって、上質のアンサンブルが実現しました。弦楽器の潤い豊かでしなやかな響きが絶品! こんなに耽美な「ポリリズム」がありうるとは。
 最後は山下達郎作曲の「アトムの子」。手塚治虫へのトリビュートソングとして作られた曲です。こちらは西洋楽器と日本楽器が融合した、スター勢揃いの大合奏で。日本的でありながらも、国籍を超えた音楽になっていました。名手たちが次々とソロを聴かせてくれて、楽しかったですね。

  • mixiチェック

題名のない音楽会55周年 令和スペシャルコンサート

投稿日:2019年11月02日 10:30

今週は番組開始55周年を記念した「題名のない音楽会」スペシャルコンサートの第2回をお届けしました。和洋それぞれの楽曲が日本を代表する名手たちによって演奏されました。
 一曲目はヴィヴァルディの有名な「四季」のメドレー。ヴィヴァルディがヴェネツィアの四季折々の情景を描写した協奏曲集です。本来は「春夏秋冬」の順で演奏されますが、今回は萩森英明さんの巧みな編曲によって、「夏」の嵐から始まり、豊穣の「秋」、寂寥とした「冬」を経て、最後は晴れやかな「春」で終わるという趣向になっていました。
 本来、この曲ではひとりのヴァイオリン奏者がソロを務めますが、なにしろ今回の「55周年祝祭オーケストラ」はメンバーのひとりひとりが主役級のソリストばかり。ヴァイオリンだけでも川久保賜紀さん、小林美樹さん、周防亮介さん、成田達輝さん、南紫音さん、山根一仁さん、米元響子さんといった超強力メンバーがそろっています。とてもだれかひとりをソロに選ぶことなどできません。そこで、次々とソリストが交代しながら演奏するというスタイルになりました。
 それにしてもこの「55周年祝祭オーケストラ」が作り出す響きの美しさと来たら! あれだけの潤いと艶やかさ、精緻さをもったサウンドはめったに耳にできるものではありません。
 二曲目の「伝統から革新への序破急」では、邦楽器の分野で独自の道を切り開くアーティストたちが集まって、これまでにないアンサンブルを実現させました。リハーサルは談論風発といった様子。伝統的書法による「序」、現代的な発想による楽器法や奏法が用いられた「破」、祝祭感あふれる「急」からなる三部構成で、全体を通して聴くとひとつの大きな物語が浮かび上がってくるような作品になっていました。

  • mixiチェック

オーケストラと夢をかなえる音楽会~夢響2019 夢のあとさき編

投稿日:2019年10月26日 10:30

「オーケストラと夢をかなえる音楽会~夢響2019」、今年も個性豊かな参加者たちがオーケストラとの共演という夢を果たしました。全749組の応募から選ばれたのは6組のみ。昨年も感じたのですが、リハーサルがない一発勝負にもかかわらず、みなさん本当に舞台を楽しんでいらっしゃるんですよね。満員の客席を前にステージに立って、生まれて初めてオーケストラと共演する。これは相当な緊張をもたらすシチュエーションだと思うのですが、そんなプレッシャーを軽々とはねのけてしまうのがすごい!
 テューバの渡部和さんが舞台裏でオーケストラのテューバ奏者、田村優弥さんから連絡先を渡されるという一幕がありましたが、この「夢響」をきっかけに、プロからレッスンを受けるチャンスがあるのかも!? 柄澤円香さんの伸びやかなシュターミッツのフルート協奏曲、林成さんの物怖じしないハイドンのチェロ協奏曲、髙橋哲人さんとモシ村マイコさんがほうきギターとはたきドラムで披露した創意と夫婦愛、山﨑世知留さんとZaChooさんのスタイリッシュな「ミッション:インポッシブル」、歌う喜びが全身から伝わってくる後藤素子さんの「水に流して」、いずれも「もっと聴きたい」という気持ちにしてくれる音楽でした。
 今回は6組のなかでも、もっとも見る人の心を震わせた参加者のために「スペシャル・ドリーマー賞」が設けられました。受賞者は髙橋哲人さんとモシ村マイコさん。オーケストラと共演するという夢が叶った、でもその先に続く夢の第二章は?……ということで用意されたのが、日本を代表する名手たちとの共演。世界的指揮者山田和樹指揮のもと、夢響審査員をはじめそうそうたる音楽家たちとのアンサンブルが実現しました。サントリーホールの舞台に鳴り響く、ほうきギターとはたきドラム。この意外性は最高ですね。オリジナリティが爆発していました。

  • mixiチェック

オーケストラと夢をかなえる音楽会~夢響2019 オーディション編 後編

投稿日:2019年10月19日 10:30

今週は前回に引き続いて、「オーケストラと夢をかなえる音楽会 夢響2019」のオーディションの模様をお届けいたしました。これで全749組の参加者のなかから、本番に進出する6組が決定いたしました。前回もそうでしたが、選ばれなかった方のなかにも魅力的な音楽を奏でる参加者がたくさんいらっしゃるんですよね。できることならもっと多くの方々にオーケストラと共演してほしい! そう思わずにはいられません。
 今回、大阪会場から選ばれたのは、マリンバ&ヒューマンビートボックスの異色のコンビ、山﨑世知留さんとZaChooさん。おふたりともお若いのですが、山﨑さんが16歳、ZaChooさんが20歳という高校生と大学生のコンビです。マリンバとヒューマンビートボックスを組み合わせる発想が斬新です。見ようによっては、一種の打楽器のデュオとも言えますね。
 さらに大阪からは小学4年生でチェロを弾く、林成さんも本番へと進みました。オーディションで弾いていたのは、ハイドンのチェロ協奏曲第1番。のびやかで自然体の音楽が印象に残りました。ふだんはお父さんのピアノに伴奏してもらっているそうですが、本物のオーケストラと共演するとどうなるのか、楽しみです。
 福岡会場から選ばれたのは、エディット・ピアフを歌った後藤素子さん。芯のあるパワフルな歌唱は、伴奏なしでも聴く人に訴えかける力を持っていました。ここにオーケストラが加わったら、どんな相乗効果が生まれるのでしょうか。
 以上の3名に、先週オーディションの模様をお伝えしたテューバの渡部和さん、フルートの柄澤円香さん、ほうきギター&はたきドラムの髙橋哲人さん&モシ村マイコさんを加えた計6組が、いよいよ本番のステージに出演します。その模様は10月20日(日)あさ10時からの「題名のない音楽会スペシャル オーケストラと夢をかなえる夢響2019」でお届けいたします。夢の舞台にご期待ください!

  • mixiチェック

オーケストラと夢をかなえる音楽会~夢響2019 オーディション編 前編

投稿日:2019年10月12日 10:30

昨年に引き続き、今年も「夢響」が開催されます。オーケストラと共演するチャンスはプロの音楽家にとっても限られた機会。ピアノやヴァイオリンなどの音楽コンクールでは、よくファイナルに進んだ参加者がオーケストラと共演しますが、そこではじめて実際にオーケストラと共演する人もいるほど。夢の舞台を目指して、今年は全国6会場でオーディションが開かれました。
 この「夢響」では、応募者全員がオーディションに参加することができます。今年は昨年の倍以上となる749組もの応募がありましたので、選考にもいっそう熱が入りました。特に東京会場は参加者が多かったので、オーディションが二日間にわたって開かれるほどの盛況ぶり。
 なにしろ楽器不問、ジャンル不問の「夢響」ですので、どんな楽器が登場するのかも見どころのひとつ。オーソドックスな楽器だけではなく、昨年のように段ボール箱やオカリナなど、予想外の楽器がオーディションを通過することもありえます。審査基準は熱意。この人がオーケストラと共演するところを見たい!と審査員に思わせられるかどうかがカギでしょうか。技術的な水準で合否が決まるわけではありません。みなさん、楽しそうなのがいいですよね。
 最終選考に進出したのはフルートの柄澤円香さん、ほうきギター&はたきドラムの高橋哲人さんとモシ村マイコさん、ギターの染谷生士さん、ヴィオラの渡邉望さん、テューバの渡部和さんの5組。みなさん、それぞれに音楽への愛情が伝わってくるようなパフォーマンスだったと思います。ほうきギターは自作なんだとか。エアギターではなく本当に弾けるほうきギターという発想は秀逸です。ヴィオラやテューバといった、ふだんは主役を務めない楽器が健闘しているのも印象的でした。オーケストラとの共演が実現したら、どんな音楽を奏でてくれるんでしょうね。次週、後編の結果発表が楽しみです。

  • mixiチェック

題名のない音楽会55周年!令和スペシャルコンサート

投稿日:2019年10月05日 10:30

「題名のない音楽会」がスタートしたのは1964年のこと。放送開始から55周年を記念して、世界的に活躍する日本の音楽家たちを招いたスペシャルコンサートが開催されました。
 ピアニストの藤田真央さんは、先頃、20歳でチャイコフスキー国際コンクール第2位を獲得して大きな話題を呼んだ逸材。2017年にクララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールで優勝を獲得するなど、藤田さんの名はかねてより音楽界では知られていましたが、やはり世界最高峰のチャイコフスキー国際コンクールでの第2位ともなると、メディアの扱いの大きさが違ってきます。まもなく世界的巨匠ヴァレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー歌劇場管弦楽団と共演してロンドン・デビューを果たすそうですが、今後ますます国際的な活躍をくり広げてくれることでしょう。
 ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」で藤田さんと共演したのは山田和樹指揮55周年祝祭オーケストラ。このオーケストラのメンバーにも主要コンクールで上位入賞を果たした日本を代表する名手たちがそろっています。今、日本のクラシック音楽界では若く優秀な演奏家が次々と頭角をあらわしてきており、本当に層が厚くなったと感じずにはいられません。藤田さんのみずみずしく伸びやかなソロと、弦楽器の豊麗なサウンドが一体となっていました。ピアノを離れたときの藤田さんの飄々とした語り口も、演奏姿とはギャップがあって、とても印象的でしたよね。
 野田洋次郎作曲のアニメ音楽「天気の子」より「グランドエスケープ」と、坂本龍一作曲の映画「戦場のメリークリスマス」より「Merry Christmas Mr.Lawrence」は、ともに映画から発信された日本の音楽。これらを西洋楽器と和楽器のコラボレーションでお届けしました。異なる文化から生まれた楽器と音色が、無理なくひとつに融合していたのではないでしょうか。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

フォトギャラリーを詳しく見る≫