• mixiチェック

ドアの向こうの音楽会

投稿日:2020年06月27日 10:30

ある曲が特定の場所のイメージと結びつくことは珍しいことではありません。作曲家が曲に土地の印象を刻み込むという場合もあれば、テレビCMや映画などメディアを通して曲と場所が結びつくこともあるでしょう。今回は4人の音楽家たちが、それぞれ曲にふさわしい映像を伴って、音楽の旅に誘ってくれました。
 LEOさんが箏で演奏してくれたのは「マイ・フェイヴァリット・シングス」。この曲、本来はミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の一曲です。オーストリアのザルツブルクを舞台にしたミュージカルですが、JR東海のキャンペーン「そうだ 京都、行こう。」でこの曲が用いられて以来、京都を連想させる曲にもなっています。そんなこともあってか、箏で奏でてもまったく違和感がありません。
 村治佳織さんが演奏してくれたのは、スペインを代表する作曲家アルベニスの「グラナダ」。アルベニスはスペインの様々な土地を題材に曲を書いています。作曲者自身は幼いころから神童ピアニストとして知られ、この曲も本来はピアノのために書かれています。ピアノでギターを模したようなフレーズを奏でているのですが、「だったらギターでも弾けるのでは」ということで、ギター編曲版も盛んに演奏されるようになりました。
 松永貴志さんが選んだのはディズニー映画「リトル・マーメイド」から「アンダー・ザ・シー」。となれば、曲のイメージは海です。海ならぬ水族館で奏でられるピアノによる「アンダー・ザ・シー」。とても幻想的な光景でした。松永さんがすごく楽しそうに弾いていたのが印象的でしたね。
 大の鉄道好きとしても知られるサクソフォン奏者の上野耕平さんは「銀河鉄道999」を演奏してくれました。ゴダイゴが歌って大ヒットした名曲です。まさか蒸気機関車が走り出す効果音まで入れてくれるとは。サクソフォンならではの華やかさと歌心にあふれた演奏でした。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

ポップスをサックスで楽しむ音楽会

投稿日:2020年06月20日 10:30

今週は指揮者の原田慶太楼さんの持ち込み企画で「ポップスをサックスで楽しむ音楽会」。指揮者が演奏する楽器といえば、多くの場合ピアノ、あるいはヴァイオリンですが、原田さんがサックスを吹くとは意外でした。
 ソロ楽器として活躍するイメージの強いサックスですが、今回はソプラノサックス、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックス、バスサックスの5種類の楽器が集まったアンサンブル。こんなふうに同属楽器だけで、厚みのある華やかなサウンドを出せるのがサックスの魅力です。「Sing,Sing,Sing」から「上を向いて歩こう」まで、多彩な名曲が並びました。
 サックスは金属でできていても、発音の仕組み上、木管楽器に分類されます。そして木管楽器のなかでは比較的新しい楽器です。1846年にベルギーの吹奏楽団長アドルフ・サックスが特許を取った楽器がその原点。つまり発明者の名前にちなんで楽器名が付けられたんですね。アドルフ・サックスは木管楽器と金管楽器の長所を兼ね備えた楽器を作ろうと考えて、この楽器を発明したそうです。機能性と表現力の高さは新しい楽器ならでは。原田さんが「サックスは人の声に近い」とおっしゃっていたように、サックスはニュアンスに富んだ歌うような表現ができると同時に、輝かしくパワフルサウンドを出すこともできます。
 サックスが発明された時点で、すでにオーケストラの木管楽器セクションはフルート属、オーボエ属、クラリネット属、ファゴット属が基本メンバーとして固定されていました。そのためサックスはオーケストラに定位置を確保するまでには至りませんでしたが、吹奏楽、ポップス、ジャズなど幅広いジャンルの音楽で活用されることになりました。もちろん、クラシックで使われることもあります。サックスはジャンル問わずの万能選手と言えるでしょう。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

一流の音楽家が夢のマッチング ドリームデュオ 第2弾

投稿日:2020年06月13日 10:30

今週は日本を代表する名手たちが、ここでしけ聴けないデュオを組むドリームデュオ第2弾。意外性のあるデュオからオーソドックスなデュオまで、多彩な顔触れがそろいました。
 最初のデュオはチェンバロの鈴木優人さんとマリンバの塚越慎子さん。この楽器の組合せは普通では考えられません。チェンバロは本来バロック音楽など古い時代の音楽を演奏するための楽器。ピアノの普及とともに18世紀末にいったん姿を消しますが、20世紀になって古楽復興運動により復活を果たしました。一方、マリンバは20世紀の新しい楽器。雅やかなチェンバロとモダンなマリンバというギャップが新鮮です。でも、一緒になると意外にも心地よい響きが聞こえてきます。フランス・バロック期の作曲家クープランの「神秘的なバリケード」が斬新な音楽に生まれ変わりました。プログレッシブ・ロックの「タルカス」に、チェンバロがすっかりなじんでいるのもおもしろかったですよね。
 チェロの岡本侑也さんとピアノの藤田真央さんはいずれも国際音楽コンクールで脚光を浴びる若き実力者。チェロとピアノのデュオは伝統的な組合せですので、名曲がたくさん書かれています。おふたりが選んだのはドビュッシーが最晩年に書いた難曲、チェロ・ソナタ。チェロとピアノのデュオから清澄で流麗な音楽が生み出されました。
 最後に共演したのは尺八の藤原道山さんとタブラのユザーンさん。こんな楽器のデュオはまずないだろうと思いきや、それぞれの師匠筋がかつて共演していたとは。曲はバッハの「バディネリ」。日本とインドの楽器でドイツの音楽を演奏するという、まったくボーダーレスなデュオになりました。「バディネリ」とは、ふざける、冗談といった意。遊び心のある陽気な音楽に添えられた曲名です。即興の要素もふんだん加わって、世界でただひとつの「バディネリ」が誕生しました。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

ひとり(ソロ)を楽しむ音楽会

投稿日:2020年06月06日 10:30

今週はひとりで演奏する「ソロ」の曲にスポットを当てました。
 ヴァイオリンやチェロのような弦楽器はメロディを奏でる楽器なので、ほとんどの場合、ピアノ等の伴奏が付きます。弦楽器ひとりだけでは音楽にならない……と思いきや、その常識を覆したのがバッハ。さまざまな工夫を凝らして、ヴァイオリン1本、あるいはチェロ1本だけでも、十分に奥行きや立体感が伝わってくる音楽を書きあげました。その代表作が、無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ、そして無伴奏チェロ組曲です。
 バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータは、3曲のソナタと3曲のパルティータ(組曲の意)からなります。今回、三浦文彰さんが演奏してくれたのは、パルティータ第3番の「ガヴォットとロンド」。ヴァイオリン1本だけの演奏なのに、ときには和音が響いたり、2本のメロディが同時に鳴っているように聞こえませんでしたか。
 無伴奏チェロ組曲は第1番から第6番までの6曲が書かれています。古川展生さんが第1番よりプレリュードとサラバンドを披露してくれました。特にこのプレリュードはCMなどでもよく使用される人気曲。アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の劇中では、碇シンジがこの曲を弾いていました。
 一方、ピアノはソロで弾く機会の多い楽器です。萩原麻未さんが選んだのはアメリカ民謡「シェナンドー」。これは意外な選曲でしたね。自分自身を見つめなおすような音楽という意味で、「ひとり」にふさわしい楽曲だったと思います。
 TiAさんが歌ってくれたのは「アメイジング・グレイス」。伴奏なしで歌うことをアカペラと言います。アカペラとは本来「ア・カペッラ(礼拝堂風に)」。まさしく祈りの音楽になっていました。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

石丸幹二が選ぶ名演(2)ベストパフォーマンス

投稿日:2020年05月30日 10:30

先週のベストソング集に引き続き、今週は石丸幹二さんがセレクトしたベストパフォーマンス集。国内外で活躍する多彩な顔ぶれのアーティストがそろいました。
 高嶋ちさ子さんは12人のヴァイオリニストとスーパーチェロ8のみなさんと共演。チェロの江口心一さんによる「熊蜂の飛行」ならぬ「ぐるん蜂の飛行」はインパクト抜群でした。ヴァイオリンの速弾き曲として人気の高い「熊蜂の飛行」をチェロで速弾きするだけでもすごいのですが、まさか電動立ち乗り二輪車上で弾いてくれるとは! エルガーの行進曲「威風堂々」第1番では、耳だけでなく目も楽しませてくれる華やかなステージがくりひろげられました。
 ラン・ランはクラシック音楽界のスーパースター。オレンジを使ったショパンの「黒鍵のエチュード」にはびっくりしましたね。この秘技をラン・ランに教えてくれたダニエル・バレンボイムは、ピアノと指揮の大巨匠。近寄りがたい雰囲気のあるバレンボイムにそんな茶目っ気があったとは意外です。発表会で人気の「エリーゼのために」を世界的ピアニストが弾くという場面も貴重でした。
 坂本龍一さんは自身が音楽監督を務める東北ユースオーケストラを率いて、Merry Christmas Mr. Lawrence を演奏。子供たちのピュアな表情が印象的でした。同楽団は東日本大震災の被災県の子供たちを中心に結成されたオーケストラです。ウィルス禍でことごとく演奏会が中止・延期となっている今、改めてオーケストラのすばらしさを痛感せずにはいられません。
 最後に登場した2CELLOSはステファン・ハウザーとルカ・スーリッチのふたりのチェリストによるユニット。チェロふたりでユニットを組むという発想が斬新です。このカッコよさはチェロのイメージを一変させたと言ってもいいのでは。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

石丸幹二が選ぶ名演(1)ベストソング

投稿日:2020年05月23日 10:30

今週は石丸幹二さんがセレクトしたベストソング集。これまでに登場した多彩なボーカリストたちの歌唱をふりかえりました。どれも記憶に残る名演でしたね。
 ディズニー公式アカペラグループのディカペラが歌ったのは「アナと雪の女王」の「レット・イット・ゴー」&「雪だるま作ろう」。ボイスパーカッションが効果的で、アカペラとは思えないほど豊かな表現力があります。声に透明感と清涼感があるところも魅力です。
 「美女と野獣」の「ひそかな夢」を歌ったのは山崎育三郎さん。とてもエモーショナルな歌唱で、野獣の内面の葛藤がひしひしと伝わってきました。
 RPGゲーム「ファイナルファンタジーVIII」の「アイズ・オン・ミー」では、ソプラノの森麻季さんとギターの村治佳織さんが共演。こちらは番組55周年を記念してサントリーホールで収録された演奏です。国際的に活躍する山田和樹さんが55周年祝祭オーケストラを指揮しました。このオーケストラのメンバーがありえないほど豪華! 名だたる国際コンクールで受賞した気鋭のソリストたちがずらりと顔を並べています。ゲームミュージックがトップレベルの音楽家たちによって演奏されること自体がひとつの事件といっても過言ではありません。
 「マイ・ウェイ」を歌ってくれたのは、イタリア人男性オペラ歌手3人によるユニット、イル・ヴォーロ。3人の個性がうまくひとつに融合するユニットですが、ここに石丸さんがまったく違和感なく溶け込んでいることにびっくり。
 最後に登場したイル・ディーヴォは男性ボーカルユニットの先輩格。こちらは4人全員の出身地が違う多国籍ユニットです。「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」で披露してくれた輝かしい声は圧巻。この日の収録では、いつにも増して客席に熱気が渦巻いていたのを思い出しました。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

夢をかなえた音楽家たちの休日

投稿日:2020年05月16日 10:30

どんな音楽家にも初めての演奏体験があったはず。今週は現在大活躍中の5人の音楽家に初めての発表会や、プロへの第一歩について語っていただきました。
 反田恭平さんがギロックの「ガラスのくつ」を弾いたり、村治佳織さんが「ちょうちょう」を弾く場面は新鮮でした。子供が発表会で弾くような曲でも、やっぱりプロが弾くとなにかが違います。吉田誠さんは本職のクラリネットではなく、3歳で始めたというピアノを演奏。びっくりしましたが、管楽器の場合はある程度身体の成長が必要なので、先にピアノを学んでいるケースも少なくないのでしょう。上野耕平さんの初舞台が「水戸黄門」だったというお話がおかしかったですね。
 反田恭平さんのデビューのきっかけについてのお話も印象的でした。桐朋学園の学生たちが出演するカフェで演奏したところ、デビューの声がかかったということでしたが、デビュー前から反田さんに注目していた人はたくさんいたはず。私が反田さんの演奏を聴いたのは、おそらくその学生カフェの場面だったと思うのですが、客席に音楽業界関係者がたくさんいて驚いたことを記憶しています。そこから、瞬く間にコンサートデビューやCDデビューが決まり、反田さんの快進撃が始まりました。
 その反田さん、吉田さん、宮田大さんの3人によるトリオが、ベートーヴェンのピアノ三重奏曲第4番「街の歌」で実現しました。高度な技術を持った3人ならではの親密で精彩に富んだ演奏を堪能できました。一般にピアノ三重奏といえば、ピアノ、ヴァイオリン、チェロの編成ですが、この曲はピアノ、クラリネット、チェロという珍しい編成で書かれています。本日お聴きいただいたのはその第1楽章。この曲の第3楽章では当時の流行歌のメロディが使われています。街で流行の歌を使っているということから、付いた愛称が「街の歌」。機会があったら、ぜひ全曲を聴いてみてください。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

Toshl ディズニーをオーケストラで歌う音楽会

投稿日:2020年05月09日 10:30

今週は先週に引き続き、Toshlさんが原田慶太楼指揮東京フィルと共演。フル・オーケストラをバックにディズニーの名曲を歌ってくれました。Toshlさんのパワフルな歌唱と大編成のオーケストラならではの重厚なサウンドの組合せがゴージャスでした。
 「アラジン」の「ホール・ニュー・ワールド」は、アラジンを石丸さん、ジャスミンをToshlさんが歌うという新鮮な男声デュオ・バージョンで。石丸さんの温かみのある声とToshlさんの輝かしい声の組合せは絶品です。
 「美女と野獣」からは、ロウソクの燭台ルミエールが歌う「ビー・アワ・ゲスト(おもてなし)」と、主題歌「美女と野獣」の2曲をお届けしました。これも名曲ですよね。指揮の原田さんから「昔のディズニー・ソングはシンプルだったけど、今のディズニー・ソングは歌唱力がないと歌えない」というお話がありましたが、ディズニーの名曲はどれも親しみやすいだけではなく、音楽的にも聴きごたえがある曲がそろっています。
 これには「アラジン」「美女と野獣」をはじめ、数々のディズニー映画に曲を書いてきた作曲家アラン・メンケンが大きな役割を果たしたことはまちがいありません。もともとブロードウェイのミュージカルで活動していたアラン・メンケンを起用したことで、ディズニーの音楽は新しい時代を迎えました。
 「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」は、「アナと雪の女王2」で登場した名曲です。Toshlさんの伸びやかな声で聴くと、今まさに未知の旅へと赴こうとする高揚感が伝わってきます。前作の「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」に続いて、この「イントゥ・ジ・アンノウン」もインパクト抜群。いずれも作詞・作曲はクリスティアン・アンダーソン=ロペス&ロバート・ロペスの夫妻です。ロペス夫妻は次代のアラン・メンケンになるかもしれません。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

Toshl オーケストラで歌う音楽会

投稿日:2020年05月02日 10:30

今回はToshlさんがフル・オーケストラと共演するという豪華企画。原田慶太楼さんが指揮する東京フィルとともに、名曲の数々を歌い上げてくれました。指揮の原田さんは数多のオーケストラから引っ張りだこの気鋭です。Toshlさんと原田さんの相性はぴったり。互いにリスペクトしあっている様子が伝わってきました。
 「残酷な天使のテーゼ」はアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のオープニングテーマとして一世を風靡した名曲。「エヴァンゲリオン」自体もさまざまな形で語り継がれる名作ですが、この曲もアニメソングの枠を超えて歌い継がれています。Toshlさんの歌声は気持ちがいいほどパワフル。圧倒的な高揚感がみなぎっていました。
 Toshlさんと石丸さんが共演した「闇が広がる」はミュージカルの名作「エリザベート」からの一曲。オーストリア皇后エリザベートの息子である皇太子ルドルフと、黄泉の皇帝トートが対峙します。トートとはドイツ語で「死」の意。石丸さんのトートがToshlさんのルドルフを誘惑するという男声同士の二重唱は迫力満点。ヴェルディの「オテロ」でのヤーゴとオテロの二重唱に相通じるものがありますね。
 そしてクイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」は、Toshlさんがロックシンガーを目指すきっかけとなった曲。ひとつの曲の中にいろんなスタイルの音楽が混在する難曲で、原田さんいわく、「オペラのようにいろんな物語がある」。Toshlさんは名曲から起伏に富んだドラマを紡ぎだしてくれました。
 収録は3月9日、東京オペラシティのコンサートホールで行われました。本来であれば、曲が終わったところで客席がドッとわき上がるところですが、この日は無観客での収録。できることならこのすばらしい歌唱を客席のみなさんと一緒に聴きたかったと思わずにはいられません。一日も早いウィルス禍の終息を願うばかりです。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

本気でプロを目指す!題名プロ塾~葉加瀬太郎編 後編

投稿日:2020年04月25日 10:30

今週は葉加瀬太郎さんによる「題名プロ塾」の後編をお届けいたしました。前回、一次審査を通過した武田さん、林さん、出垣さんの3名が最終審査で日本のトップレベルのプロ・ミュージシャンたちと共演。アドリブ付きの「情熱大陸」に三者三様の個性が発揮されていました。
 最初の武田さんは、流麗な演奏スタイルによる「情熱大陸」。アドリブ部分にも優美さが感じられました。最初に葉加瀬さんから「リズムがこけている」という指摘がありましたが、もう一度やり直すとぐっと引きしまった演奏になりました。
 2番目の林さんはアドリブでの奇策がぶっ飛んでました。楽器を置いたときにはなにが始まるのかと思いましたが、まさか風船を引っ張り出すとは! 風船から出る空気で音程を作ってくれた場面には思わず爆笑。あっけにとられる葉加瀬さんの表情がよかったですね。ユニークなアイディアでしたが、オーボエの最上さんからは厳しい指摘も。でも、メロディ部分は切れ味鋭く、勢いがありました。
 出垣さんの持ち味は全身の動きを生かした魅せるスタイル。演奏も思い切りがよく、伸びやか。アドリブにも工夫が感じられて、とてもすばらしかったと思います。なにより演奏姿のにこやかさがいいですよね。聴いている人がハッピーになれるヴァイオリンと言えばいいでしょうか。バンドのメンバーを引き込む力もあって、得難い資質を感じさせます。
 そして注目の結果発表で選ばれたのは林さん! アドリブが物議を醸すものだっただけにどうなることかと思いましたが、結果的には演奏力の高さが評価されることになりました。ぜひ本番の舞台でキレッキレのヴァイオリンを披露してほしいものです。出垣さんも高評価でしたが、ご本人がおっしゃていたように「ここからがスタート」。きっと別の形でまたお名前を目にする機会があると期待しています。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

フォトギャラリー

フォトギャラリーを詳しく見る≫