• mixiチェック

2700回放送記念! 3週連続SP・第2週

投稿日:2021年02月27日 10:30

今週は番組2700回放送を記念する3週連続スペシャルの第2弾。「演奏家や楽器を新たな組み合わせで楽しむ」をテーマに、ふだんは聴けない新鮮なデュオをお届けいたしました。
 最初の曲はToshlさんと村治佳織さんによる「ネッラ・ファンタジア」。「クラシックギター一本で歌うのは初めて」とおっしゃるToshlさんでしたが、のびやかでパワフルな歌唱と情感豊かなギターが無理なくひとつに溶け合っていました。エンニオ・モリコーネが作曲した「ネッラ・ファンタジア」の原曲は、映画「ミッション」で使用された「ガブリエルのオーボエ」。もともとは器楽曲なんですね。これに歌詞を付けてサラ・ブライトマンが「ネッラ・ファンタジア」の題で歌ったことから、曲はさらなる人気を獲得し、以来、多数の歌手によってカバーされています。ひとつの楽曲がさまざまに形を変えながら広まってゆくのは名曲の証でしょう。
 2曲目はソプラノの森麻季さんとチェロの宮田大さんによる「ジュピター」。声とチェロの組み合わせは絶品でした。この曲も「ネッラ・ファンタジア」と同様に、同じ曲が形を変えながら親しまれています。原曲はイギリスの作曲家ホルストが書いたオーケストラ曲、組曲「惑星」の第4曲「木星」。ホルストはこのメロディに歌詞を添えて、祖国を讃える賛歌に編曲しました。その後、この曲はイギリスで賛美歌集にも収録され、原曲を離れていろいろな場面で歌われるようになります。日本では平原綾香さんがカバーしたことで、いっそうの人気を獲得しました。
 反田恭平さんは同世代のピアニスト、務川慧悟さんと共演。務川さんは2019年ロン=ティボー=クレスパン国際コンクール第2位をはじめ、数々の国際コンクールで受賞歴を誇る気鋭です。ラフマニノフの組曲第2番は、あの有名なピアノ協奏曲第2番と同時期の作品。ラフマニノフ得意の鐘の音を思わせる荘厳な響きによる輝かしい行進曲でした。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

2700回放送記念! 3週連続SP・第1週

投稿日:2021年02月20日 10:30

番組放送2700回を記念した3週連続スペシャル、その第1週となる今回は「クラシック音楽を新たなアングルから楽しむ」がテーマ。人気シリーズ「もしも大作曲家たちが日本のポップスをアレンジしたら……」のスペシャル・バージョンとして、Toshlさんのヴォーカル、原田慶太楼さんの指揮、反田恭平さんのピアノ、宮田大さんのチェロ、上野耕平さんのソプラノサクソフォンという豪華メンバーの共演が実現しました。
 曲は「もしもリストがMISIAのEverything をアレンジしたら?」。このシリーズでは毎回、萩森英明さんの巧みなアレンジに耳を奪われてしまうのですが、今回もリストとMISIAが自然に融合して、新たな世界を作り出していました。リストの「愛の夢」のメロディで始まって、スムーズにEverythingへ。Toshlさんの輝かしい声に、ピアノ、チェロ、サクソフォンの音色が絶妙のバランスで重なり合います。
 後半はドニゼッティ作曲のオペラ「ランメルモールのルチア」から、第1幕の二重唱の場面をお聴きいただきました。森麻季さんが主人公のルチア、西村悟さんはその恋人役のエドガルドです。ふたりは結婚を誓いますが、これは許されざる恋。領主であるルチアの兄は、家の安泰のためにルチアを政略結婚させようと考えていたのに、ルチアは一家の宿敵エドガルドと愛し合ってしまった……という筋立てのオペラなのです。だから、ふたりの二重唱には甘い思いだけではなく、葛藤や決意など、いろいろな感情が入り混じっていました。
 ちなみにこのオペラ、ふたりの運命はどうなるのかと言いますと、とても辛い結末が待っています。ルチアの兄が「エドガルドが心変わりをした」というニセの手紙を捏造したため、ルチアは政略結婚を受け入れてしまうのです。しかし、結婚式当日の夜、ルチアは悲しみのあまり錯乱し、夫を刺し殺した末に、自らも世を去ります。名作ですので、機会があればぜひご覧ください。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

題名プロ塾 ~プロデビュー編

投稿日:2021年02月13日 10:30

昨年、「題名プロ塾」の葉加瀬太郎さんによるオーディションで見事に合格を果たしたヴァイオリニスト、林周雅さんがついに葉加瀬さんのコンサートツアーでデビューを果たしました。NHKホールで記念すべき第一歩を踏み出した林周雅さん。演奏後に見せてくれた達成感にあふれた表情が実に印象的でした。これからのさらなる活躍に期待が高まります。
 音楽大学を出てもプロの音楽家として食べていけるのは、ほんの一握りだけ。葉加瀬さんがプロを目指すための実践的なアドバイスをいくつも話してくれましたが、至るところに金言が散りばめられていたと思います。葉加瀬さんが重視するのは「クラシックだけではなくポップスも演奏できること」。同じヴァイオリンであっても、クラシックとポップスでは求められるものがずいぶん違うのだなと感じます。リハーサルが1時間しかなかったり、当日の集合先で初めて譜面を渡されたりといったことは、リハーサル段階での完成度を重視するクラシックの世界では、なかなか経験しがたいことだと思います。
 リハーサルの場面で羽毛田丈史さんが要求していた「一定のテンポからあえてはみ出してバンドの音のうねりに乗って演奏する」というお話も興味深いものでした。ポップスの場合、クリックと呼ばれるメトロノーム音をイヤホンで聞きながら演奏しているので、常に全員がこれにぴたりと合わせているのかと思いきや、そうではないんですね。葉加瀬さんは「クリックと遊ぶ」と表現していましたが、こういった即興性から音楽のうねりが生まれてくるのでしょう。演奏を通じてプレーヤー同士が対話するという点では、ポップスもクラシックも同じと言えるかもしれません。
 「題名プロ塾」第2弾も、引き続き葉加瀬さんの講師で開催されます。次はいったいどんな才能とキャラクターを持った若者があらわれるのか、楽しみですね。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

ドアの向こうの音楽会 ~冬~

投稿日:2021年02月06日 10:30

長引くウイルス禍のなか、旅を恋しく感じている方も多いことでしょう。今回は日本を代表する演奏家のみなさんによる、音楽と絶景の旅の第2弾。ドアの向こうに広がる架空の旅に誘ってくれました。
 「紅蓮華」を弾いたのはNHK交響楽団でも活躍するヴァイオリニスト、大宮臨太郎さん。普通であればピアノの伴奏が付くところでしょうが、舞台はだれもいない深い森。無伴奏によるたったひとりの「紅蓮華」はとても技巧的で、超然とした雰囲気がありました。カッコよかったですよね。
 尺八の藤原道山さんとハープの景山梨乃さんは、スウェーデンのアイスホテルを舞台に「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」を共演。「アナと雪の女王」に出てきたエルサの氷の城を思い出さずにはいられません。このアイスホテルはスウェーデン北部のラップランドにある実在するホテルです。凍った川から掘削した氷と雪を用いて建設されています。毎年12月に新しく建てられ、4月には溶けてなくなるのだとか。氷のベッドの上で寝袋に入って寝るそうなのですが、どんな体験になるのか、想像もつきません。
 村治佳織さんが演奏したのは自作の「島の記憶~五島列島にて~」。五島列島を訪れた旅の経験から生まれた作品です。頭ヶ島天主堂を背景に、清澄で心地よい音楽が奏でられました。ほのかなノスタルジーも漂ってきて、旅情をそそります。
 チクワを吹く動画がSNSで爆発的に拡散されたのが、フルートの多久潤一朗さん。今回は本職のフルートでウィンナワルツの名曲「春の声」を演奏してくれました。しかしそこは多久さん、並の演奏ではありません。スラップ・タンギング、重音奏法、フラッター・タンギングといった特殊奏法が満載。ついにはフルートを縦にして吹くという、まさかの荒業が! フルートって、あんなところから吹けるんですね……。ヨハン・シュトラウス2世も草葉の陰で喜んでいることでしょう。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

ひねりすぎたピアノを楽しむ休日

投稿日:2021年01月30日 10:30

好評の「ひねりすぎシリーズ」、今回はさまざまな角度から「ひねりすぎた」ピアノをご紹介いたしました。どれもびっくりするようなピアノばかりでしたが、大きく分けると、既存のピアノを普通ではない方法で用いたものと、楽器そのものを進化させたものがあったと思います。
 普通ではないピアノの使い方で、もっともインパクトがあったのは、「ピアノ・ヴァーティカル」(垂直ピアノ)。スイスのアラン・ロシュさんは、クレーンで高所に吊るされたグランドピアノを演奏して話題を呼ぶ作曲家・ピアニストです。安全対策は施されているのでしょうが、映像で見ているだけでも落ち着かない気分になります。奏者自身が特殊な環境に身を置くことで、聴衆と音楽の関わり方が変化するというのが狙いなのでしょう。なにげないフレーズの反復からもひりひりするような緊迫感が漂ってきます。
 山下洋輔さんは「燃えるピアノ」をこれまでに2度、演奏しています。1度目は1973年。グラフィック・クデザイナーの粟津潔さんの依頼で燃えるピアノを演奏し、その様子は実験映像「ピアノ炎上」として作品化されました。それから35年の時を経て、金沢21世紀美術館の「荒野のグラフィズム:粟津潔展」を機に、粟津潔さんゆかりの地である能登の海岸で、ふたたび燃えるピアノと対峙したのが今回ご紹介した映像です。その記録映像は「ピアノ炎上2008」として、同美術館の収蔵作品となりました。一連の行為そのものがアートとして残されているんですね。
 ローランドの「ファセット・グランド・ピアノ」やスタインウェイ&サンズの「スピリオ」は、ピアノの進化形といってもいいかもしれません。ピアノはもともと技術の発展とともに姿を変えてきた楽器です。ベートーヴェンやショパンの時代には、音域の拡大や音量の増大など、数々の改良が施されてきました。現代のITを駆使することでピアノがさらなる進化を遂げても不思議ではないでしょう。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

和楽器でビートルズに挑戦する音楽会

投稿日:2021年01月23日 10:30

今週はビートルズの名曲を和楽器による独自のアレンジでお楽しみいただきました。ビートルズが解散して昨年で50年。もうそんなになるんですね。半世紀を経ても色褪せない名曲は、もはや20世紀のクラシックと呼んでもいいかもしれません。
 「イエスタデイ」で用いられたのはメタル尺八でした。なぜ普通の尺八ではなくメタル尺八なのか、藤原道山さんの説明を聞いて納得。竹でできた尺八は一本一本が異なるのに対し、メタル尺八であれば5本で正確なハーモニーを生み出すことができます。編曲者のザック・ジンガーはニューヨーク在住の尺八奏者。実はサックスやクラリネット、フルートも演奏するというマルチ楽器奏者です。メタル尺八の音色はフルートやリコーダーを思わせつつも、やはり日本的な情緒があって、清涼感と幽玄さが一体になった独特のテイストを生み出していました。
 「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」は珍しい箏五重奏で。編曲は冷水乃栄流(ひやみず・のえる)さん。昨年の芥川也寸志サントリー作曲賞で最終候補に残るなど、近年注目を集める若手作曲家です。箏からこんなに軽やかで、色彩感豊かな響きが生まれてくるとは。
 「デイ・トリッパー」は笙と十七絃のためのアレンジ。日本人ならだれもが耳にしたことのある笙ですが、じっくりと曲を聴く機会はなかなかありません。十七絃との組合せからは意外にもモダンな音色が聞こえてきます。編曲は三宅一徳さん。カッコよかったですよね。
 「ヘイ・ジュード」は11人の和楽器奏者によるアンサンブル。こちらも編曲は三宅一徳さん。ほとんどオーケストラと言ってもよいくらいの厚みのある編成から、カラフルなサウンドが生み出されていました。いろいろな楽器がソロを務めるところは、バロック音楽の合奏協奏曲を連想させます。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

こんな楽器でも7人制吹奏楽!ブリーズバンドの音楽会

投稿日:2021年01月16日 10:30

今週は7人だけの小編成吹奏楽「ブリーズバンド」の第2弾。吹奏楽の魅力は大編成だけではありません。わずか7人でも多彩な表現が可能、しかも7人全員が主役になれるのがブリーズバンド。前回の放送に寄せられた反響をふまえ、今回のテーマは演奏の難度を下げること、そして普段メロディを奏でる機会の少ない楽器も主役になれること。それぞれ異なる編成の3曲から、ブリーズバンド独自の魅力が伝わってきました。
 一曲目は Make you happy。ピッコロ、アルトサックス、バスクラリネット、ホルン2、ユーフォニアム、パーカッションという7人編成から生まれる音色はとても色彩感豊か。しかも柔らかい雰囲気があったと思います。フルートではなくピッコロというのが、かわいいですよね。パステルカラーの色鉛筆を連想させるような、爽やかなテイストがありました。
 二曲目は「ソーラン節」。フルート、オーボエ、クラリネット2、ファゴット、バリトンサックス、ピアノという、木管楽器中心の編成でした。これはカッコいい! たしかにソーラン節なのですが、ゆったりとたゆたうような前半からしてモダンでスタイリッシュ。後半はピアニストの一声でがらりと雰囲気が変わって、疾走感あふれる「ソーラン節」に。鮮やかでした。
 三曲目は吹奏楽の古典、ホルスト作曲の吹奏楽のための組曲第1番。イギリスの作曲家ホルストといえば、オーケストラのための組曲「惑星」が有名ですが、吹奏楽のためにも作品を残しており、特にこの組曲第1番は広く親しまれています。今回はこれをフルート、アルトサックス、トランペット2、トロンボーン、テューバ、パーカッションの7人で。原曲の持つ格調高さと輝かしさをそのまま保ちながら、少人数ならではの軽快さ、小気味よさが加わっていたと思います。足技が登場するのも楽しいですね。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

石丸幹二が忘れられない名演ベストパフォーマンス

投稿日:2021年01月09日 10:30

今週は石丸幹二さんが選ぶ2020年の「忘れられない」ベストパフォーマンスをお届けしました。村治佳織さん他によるヴィヴァルディと、藤田真央さんの自作自演は今回が初公開。名演がずらりとそろいました。
 高嶋ちさ子さんはデュカスの名曲「魔法使いの弟子」で手品を披露。この曲はディズニー映画「ファンタジア」で使われ、ミッキーマウスが見習い魔法使いを演じたことで、一躍人気を高めました。ミッキーマウスは魔法に失敗してひどい目にあってしまうのですが、高嶋さんのマジックは大成功でしたね。
 村治佳織さんが鈴木優人さん指揮東京フィルとともに演奏したのは、ヴィヴァルディの「四季」より「冬」第1楽章。以前の放送では「秋」をお楽しみいただきましたが、「冬」も負けず劣らず名曲です。曲の冒頭で静かに「ブルッ、ブルッ、ブルッ、ブルッ」とくりかえされる部分が、いかにも寒さにぶるぶると震えているかのよう。ほかにも寒さで歯がカタカタと震えている部分が出てきたりと、冬は意外とリズミカルです。こういった冬の情景を舞曲的な躍動感に結び付けるあたりに、ヴィヴァルディの卓越した創意を感じます。
 藤田真央さんが演奏したのはご自身が作曲した「パガニーニの主題による変奏曲」。ここでいう「パガニーニの主題」とは、パガニーニが「24の奇想曲」の終曲で用いた主題を指しています。パガニーニ以降、この主題で変奏曲を書くことが一種の流行のようになり、ブラームスやリスト、ラフマニノフをはじめ数多くの作曲家たちが「パガニーニの主題による変奏曲」を書いています。藤田真央さんもその伝統にのっとって、ジャズの語法を盛り込んだ現代的な感性にもとづく変奏曲を書きあげました。それにしてもこれが高校時代の作品とは。
 最後を飾ったのは、Toshlさんがフルオーケストラをバックに歌った「ボヘミアン・ラプソディ」。これは文句なしの名演でしょう。圧巻でした!

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

鉄道を音楽で楽しむ休日

投稿日:2020年12月26日 10:30

今週の「鉄道を音楽で楽しむ休日」では、熱心な鉄道ファンとしても知られるサクソフォン奏者、上野耕平さんが大活躍。鉄道視点から見た音楽の楽しみ方に目から鱗が落ちました。
 なにより驚いたのは、上野さんによるドヴォルザーク「新世界より」の新解釈。ドヴォルザークが大変な鉄道好きだったという逸話はよく知られています。駅にでかけては飽きもせず機関車を眺め、車体番号を記録したり、模型を作ったりと、その姿は現代の鉄道ファンと変わりません。そんなドヴォルザークの代表作が交響曲第9番「新世界より」。作曲者本人は明言していませんが、「新世界より」の第4楽章は、蒸気機関車が加速して、やがて爆走する様子を連想させます。
 そこまでは比較的よくある解釈なのですが、上野さんはさらに一歩踏み込んで、この傑作に秘められた鉄道モチーフを明らかにしてくれました。第4楽章でたった一度だけ鳴らされるシンバルの音は、蒸気機関車のブレーキ音。しかも、これに続く管楽器のフレーズを「ブレーキ後の煙」とおっしゃるのには、思わず膝を叩いてしまいました。なるほど! シンバルという楽器は、普通なら強烈な一撃でクライマックスを盛り上げてくれそうなものですが、ドヴォルザークはメゾフォルテ(やや強く)というやや不思議な指示を楽譜に書き込んでいます。映像で実際の蒸気機関車のブレーキ音を確かめてみると、たしかにこれはフォルテでもピアノでもなく、メゾフォルテくらいのニュアンスだとわかります。
 さらに上野さんの指摘で納得したのは、第3楽章の解釈。一般的には、この楽章は農民舞曲風、民謡風の音楽だと受け取られているかと思います。でも上野さんによれば、冒頭部分は汽笛を表現し、トライアングルの連打が発車ベル、弦楽器のリズムは「ガタンゴトン」をあらわすのだとか。しかも弦楽器による「プシュー」という蒸気音まで登場するのですから、これは蒸気機関車そのもの。今後、この曲の聴き方が変わってしまいそうです。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

日本ポップス 冬の協奏曲の音楽会

投稿日:2020年12月19日 10:30

もしもクラシックの大作曲家たちが日本のポップスを協奏曲にアレンジしたら……。今回はそんな発想から生まれた実験的シリーズの第5弾。日本の冬を感じさせるポップスの名曲が、本條秀慈郎さん、實川風さん、村治佳織さんの豪華ソリスト陣の演奏で、協奏曲に生まれ変わりました。
 第1楽章は「もしもヴィヴァルディが石川さゆりの『津軽海峡・冬景色』をアレンジしたら?」。イタリアのヴェネツィアで活躍した作曲家ヴィヴァルディの代表作といえば、協奏曲集「四季」。その中の「冬」第1楽章が「津軽海峡・冬景色」と融合しました。ヴィヴァルディと石川さゆりでは曲調がぜんぜん違いますが、震えるような冬の厳しさなど、表現している情景は意外と近いかもしれません。しかもソロ楽器は三味線。三味線とオーケストラの共演ということで、楽器編成も和洋混合になっていたのが、おもしろかったですね。
 第2楽章は「もしもショパンがglobeのDEPARTURESをアレンジしたら?」。ショパンは自身がすぐれたピアニストでしたので、作品はもっぱらピアノ曲ばかり。ピアノ協奏曲は2曲残していますが、できればもっとたくさん書いてほしかったなと、よく思います。その願いをかなえてくれるような巧みなアレンジで、DEPARTURESがショパン風の流麗でノスタルジックな音楽に仕立てられていました。一般に協奏曲の第2楽章には抒情的なメロディが登場しますが、DEPARTURESはぴったりです。
 第3楽章は「もしもヘンデルが山下達郎の『クリスマス・イブ』をアレンジしたら?」。クリスマス・シーンに欠かせない日本のポップスが山下達郎の「クリスマス・イブ」であるように、クラシック音楽ではヘンデルの「メサイア」がクリスマスの定番曲。「ハレルヤ・コーラス」があまりに有名ですが、ほかにも名曲がぎっしりと詰まっています。時代を超えた両曲が重なり合って、華やかなフィナーレを築きました。

飯尾洋一(音楽ジャーナリスト)

  • mixiチェック

フォトギャラリー

フォトギャラリーを詳しく見る≫