これまでの放送

  • 年別にみる
  • 地域別にみる
2017年10月28日神無月の四

鳥取・河原町
〜 家族が集う古民家カフェ 〜

鳥取県鳥取市河原町が舞台。2人の子供が共に鳥取に移住したことがきっかけで、その後を追うように鳥取に移住し、カフェを始めた今家邦雄さん(61歳)と妻・美恵子さん(63歳)が主人公です。
大阪出身の邦雄さんは、地元の高校を卒業後、旧国鉄に就職。美恵子さんとは23歳の時に結婚し、2人の子供が生まれます。
邦雄さん31歳の時、自ら商売がしたいと焼き鳥店を開業しました。幼い子供と過ごす時間がほとんどないほど、昼夜を問わず働き、人気店に育て上げました。しかし、50歳を過ぎ、ご夫婦の中に「深夜まで働くこの生活が10年20年先も続けられるだろうか」という思いが生まれ、田舎での穏やかな生活を考えるようになります。
そんな時、長女の由貴さんが農業をするため東京から鳥取に移住。さらに、長男の浩太郎さんも鳥取の友人に誘われ移住を決意します。2人の子供が偶然にも同じ場所に移住したことに背中を押され、今年3月、長く続けてきた焼き鳥店を閉め、鳥取県に移住を決意。築40年の民家を借りて、カフェ「えばこGOHAN」をオープンしました。
お店では焼き鳥店の時と役割を逆転させて、美恵子さんがキッチン、邦雄さんがホールの担当となった。地元の野菜をふんだんに使った美恵子さんの料理と、邦雄さんの人情味あふれる接客が評判となり、徐々に人気が広がっています。
ご夫婦が移住したことで、家族が鳥取に揃い、それまでは忙しく十分に持てずにいた子どもたちと過ごす時間が格段に増えました。鳥取で生まれた孫たちも加わり、ご夫婦はにぎやかな家族の時間を日々楽しんでいます。
ようやく手に入れた子供たちとのおだやかな時間。そして初めての田舎暮らしとカフェ営業に奮闘する今家さんご夫婦の第2の人生を紹介します。

この日ご夫婦は、近所で農業をしている長女・由貴さん夫婦の畑に向かいます。カフェで使う野菜はいつも娘夫婦にお世話になっています。先に移住していた由貴さんは、後を追うように同じ場所に来た両親の行動力に驚かされたといいます。

絵が得意な美恵子さんは、お店の週替わりのメニューを毎回手描きしています。イラスト付きのメニューは分かりやすいとお客さんにも好評で、店の人気に一役買っています。

今家さんご夫婦には、移住して以来、楽しみにしていることがあります。近所の保育園に2人のお孫さんを迎えに行くことです。孫たちの成長を近くで見守れることも、移住の決め手になりました。

この日は家族そろって夕食です。邦雄さん自慢の焼き鳥が食卓に並びます。以前は仕事が忙しく、家族みんなで夕食を食べることがほとんどなかったご夫婦。移住して手に入れた家族団らんの生活を実感する瞬間です。

楽園通信

道の駅 清流茶屋 かわはら

鳥取人気のお土産のほか、地元で採れた新鮮野菜や果物も手に入ります。

電話番号:0858-85-5331
営業時間:午前9時〜午後7時

カフェ えばこGOHAN

地元の食材を使った看板ランチ「えばこプレート」が人気。午後は美恵子さん手作りのスイーツと共にコーヒーも楽しめます。

電話番号:0858-71-0073
営業日:水・木・金・土
営業時間:午前10時〜午後4時
※えばこプレートは1日15食限定です

ページトップへ戻る