これまでの放送

  • 年別にみる
  • 地域別にみる
2021年1月9日睦月の壱

千葉・長柄町
~ 自然と遊ぶ 森の木工房 ~

舞台は千葉県長柄町。早期退職後、長野県の専門学校で木工の技を学び、夫婦で移住して木工房を始めた岩佐峰行さん(69歳)と妻の政子さん(70歳)が主人公です。
岐阜県出身の岩佐さんは高校卒業後、化学製品などを開発製造する会社に就職し、千葉県市原市の工場に配属されました。23歳の時に政子さんと職場結婚。仕事に子育てにと忙しい日々を送っていましたが、40代半ばを過ぎた頃、大好きな自然の中で、定年がない生涯現役の生き方をしたいと思うように。妻の政子さんに相談すると「一度きりの人生、やりたいことを見つけてほしい」と賛同してくれました。
政子さんの言葉に背中を押してもらった峰行さんは、47歳で会社を早期退職。雑誌で見つけた長野県にある木工の専門学校に入学しました。一方、政子さんはフランチャイズのケーキ屋さんを開業して、峰行さんや家族の生活を支えました。
そして53歳の時、長柄町で売りに出されていた500坪の土地を見つけ購入。自然に溶け込むような家や工房にしたいと、基礎や柱、屋根などの構造部分以外をすべて峰行さんが作りました。フランチャイズのケーキ屋さんを手伝いながら、コツコツと作り続けること3年、ついに母屋と工房が完成。そして2009年『木工房 六地蔵』をオープンし、お2人の“第二の人生”が始まりました。
『木工房 六地蔵』では、オーダーメイドの木工家具だけではなく、峰行さんの遊び心が詰まった木工雑貨も作っています。また、峰行さんは木工教室も開いていて、木工と向き合う子どもたちの真剣な表情を見ることが何よりも嬉しいといいます。一方、政子さんは町の子どもたちのために読み聞かせなどのボランティア活動に参加していて、こちらも子供たちに大人気なのだそうです。
また、岩佐さんご夫婦は、母屋と工房がある500坪の敷地で、50種類以上の野菜や果物、ハーブも育てています。昨年、手作りのピザ窯も完成。都会の子どもたちを集めて、収穫野菜などを使ったピザパーティーや野鳥観察、薪割り、干し柿作りなどの田舎暮らしを体験してもらいたいと思っています。長柄町に移住して13年、たくさんの仲間が出来た岩佐さんご夫婦。森の田舎暮らしや、子供たちと楽しむ木工教室の様子を紹介します。

峰行さんの作品は、オーダーメイドで作るちゃぶ台や飾り棚などの和家具が中心でしたが、最近では木の雑貨や、遊び心が詰まった木のおもちゃもたくさん作るようになりました。こちらは、自走する仕掛けがある木の車。自由に色を塗ったり、いろんな形に組み立てて遊べる木のおうちもあります。

この日は、峰行さんの木工教室です。5年ほど前からお付き合いしているご家族が、お友達を連れて遊びに来ました。男の子たちは、峰行さんが作ったキットを使って木の車を組み立てます。峰行さんが大切にしているのは、子供たちの自由な発想を伸ばすことだそうです。それぞれ個性的な作品が出来上がりました!続いては干し柿作り。初めて食べた干し柿は「美味しい!」と好評でした。お昼は、峰行さんが作ったピザ窯でピザパーティー。「香ばしさが違う!」とみんなで美味しくいただきました。子供たちに元気をもらって最高な1日になりました。

政子さんは7年ほど前から地域のボランティアに参加しています。この日は、町の子供たちのために続けている童話の読み聞かせの練習です。蛍光ペンで書いた絵をブラックライトで動かしながら、読み聞かせをします。ボランティア活動の後は、岩佐さんご夫婦の畑で採れた野菜でポトフとサラダを作り、みんなで昼食です。

峰行さんは木工教室に参加してくれたご家族の依頼で、隠れ家作りのお手伝いもしています。大人も子供も、みんなで協力しながら作る小さな木のおうち。今年の夏休みまでの完成を目指しています!

楽園通信

木工房 六地蔵

〇ギャラリー見学
新型コロナウイルスが収束するまで新規の受付けは中止しています。
ご案内は9時~12時と14時~17時。

夫婦2人で生活している敷地になりますので、感染症対策の為にも無用の立ち入り・訪問はご遠慮ください。

〇木工教室
新型コロナウイルスが収束するまで新規の受付けは中止しています。
所要時間30分程度から
【料金】
材料費:500円~
教室料:1時間500円~1,000円(グループで割安になります)
キット玩具・スタッキングスツール・ハンガーラック等制作
親子工作のお子様は『田舎体験』も可能です。

〇オーダーメイド家具
新型コロナウイルスが終息するまで新規の予約は受け付けていません。

道の駅ながら

峰行さんの作品を購入したい方は、こちらにお越しください。

電話番号:0475-35-4741
営業時間:午前9時30分~午後5時