日曜プライム
2020年2月16日(日)よる9:00~11:05

ドラマスペシャル「庶務行員・多加賀主水4」

高橋克典主演の痛快銀行ミステリー第4弾!!
《庶務行員・多加賀主水》VS《謎の放火魔!?》
街の嫌われ者たちが次々と被害に遭う、連続放火事件が発生!

 
狐の面をつけた男=主水が容疑者に!?
やがて明らかになる、放火の裏にある巨大陰謀…
銀行の”雑用係”が巨悪に立ち向かう!

 多加賀主水(高橋克典)は、『第七明和銀行 高田通り支店』の庶務行員。悪事を見逃すことができない性格のため、不正を追及しては職を転々としてきたが、ひょんなことから庶務行員として働きはじめ、いまや町の人気者となっていた。

 ある日、主水は窓口にやって来た元教師の女性・大沢勝子(市毛良枝)が“振り込め詐欺”にだまされそうになっていたところを食い止める。安堵したのもつかの間、昔なじみの刑事・梅沢剛(加藤雅也)が現れ、任意同行を求められて驚く。

 梅沢によると、昨夜10時すぎに放火事件が発生。被害に遭った住人の壱岐隆(ダンディ坂野)が、“犯人は狐の面をつけた男だった”と証言したというのだ。現場には「高田稲荷が天誅を下す!」という謎の貼り紙が残されていたほか、第七明和銀行のマスコットキャラクターのタオルも残されていた。壱岐は道行く人に因縁をつけて相手を怒らせては動画を撮影し、ネットで晒すのが趣味のトラブルメーカーで、主水も町内会長に頼まれて注意を試みて嘲笑された経験があった。被害者への恨みもあり、“狐の面”といえば…ということで主水が事情聴取に呼ばれたのだが…!?

 町の人々の不安を解くため、主水や事務課の生野香織(夏菜)たちは消防団の面々と協力し、火の用心の夜回りをはじめるが――その矢先、また放火事件が発生! 町内でも“ゴミ屋敷”として有名な八雲新次郎(槙尾ユウスケ)の家に、同じく狐の面をつけた男が現れて火を放ったのだ。
 火の手が上がる直前、同じ高田通り支店の営業課員・吉瀬紘一(岡田義徳)が、八雲に対し「今に天罰が下るぞ」と言い捨てる姿を見かけていた主水は、彼に疑惑を抱く。吉瀬はパワハラ上司のターゲットにされていた挙句、最重要ランクの取引先である建設会社社長・五大正信(小木茂光)から融資の圧力をかけられ、鬱屈した思いを抱えている様子だった…。
 そんな中、主水は勝子の自宅の前で、寂しげにたたずむ小学生の男の子・新藤光一(盛永晶月)を見かける。勝子は学習支援のボランティアサークルに自宅を開放していたが…。

キャスト

  • 多加賀主水 ・・・・ 高橋克典
  • 生野香織 ・・・・ 夏 菜
  • 難波俊樹 ・・・・ 風見しんご
  • 矢崎修也 ・・・・ 庄野崎謙
  •        ・ 
  • 梅沢 剛 ・・・・ 加藤雅也
  • 石岡珠代 ・・・・ 仁科亜季子
  • 神無月隆三 ・・・・ 神保悟志
  • 山内貴恵 ・・・・ 高島礼子
  • <ゲスト>
  • 吉瀬紘一 ・・・・ 岡田義徳
  • 大沢勝子 ・・・・ 市毛良枝
  • 五大正信 ・・・・ 小木茂光
  • 久住義正 ・・・・ 佐戸井けん太

スタッフ

原作 江上 剛 『庶務行員 多加賀主水 シリーズ』(祥伝社文庫)
脚本 岡崎由紀子
音楽 松田純一
監督 今井和久(MMJ)
チーフプロデューサー 黒田徹也(テレビ朝日)
プロデューサー 藤崎絵三(テレビ朝日)、里内英司(MMJ)、神通 勉(MMJ)
制作 テレビ朝日、MMJ