日曜プライム
2020年1月19日(日)よる9:00~11:05

おかしな刑事 京都スペシャル

伊東四朗主演! 
おなじみ凸凹父娘コンビが活躍する人気ミステリーが、
東京・王子を飛び出して…京都で捜査!?

 
元大女優が殺害される事件が発生!
犯人の目的は、彼女が所有していた世界的画家の幻の作品なのか!?
はたして事件の真相、そして絵画に秘められた衝撃の真実とは…!?

ドケチな大富豪役で、里見浩太朗がゲスト出演!
伊東四朗×里見浩太朗――レジェンド俳優が激突!?

 鴨志田新一(伊東四朗)は、警視庁東王子署の警部補。別れた妻との間にもうけた娘・岡崎真実(羽田美智子)は警察庁刑事局のエリート警視だが、鴨志田と真実が実の親子だということは、2人の職場の人間は誰も知らない…。

 有給休暇を消化しようと久々に京都を訪れた鴨志田は、同じ宿に泊まっていた実業家・河北龍之介(里見浩太朗)から、洗剤を20円で売りつけられて面食らう。宿の女将・夏井寧子(あめくみちこ)によると、河北は“関西経済界のドン”とよばれる大物でありながら金にシビアな性格らしく、京都では寧子の旅館を常宿としているらしい。
 そんな折、鴨志田は縁結びのご利益で有名な神社で真実とバッタリ! 真実は、ある美術展の警護のために2週間前から京都に滞在していたという。その美術展とは、フランス・パリを拠点に活動する京都出身の画家・大沼櫂(大石吾朗)が日本で初めて開催する個展で、真実は今、姉小路行人の伯母・和子(松金よね子)の家に身を寄せていると話す。真実から海外の美術館との契約業務を紹介してもらった弁護士・武井昭一(正名僕蔵)らも一緒で、武井は大沼の個展の構成を担当したキュレーター・水村万里江(須藤温子)に恋心を抱いている様子だった。
 その夜、真実に誘われ、大沼櫂展のオープニングパーティーに出席した鴨志田は、大沼の絵画を食い入るように眺める河北の姿を目撃する。その絵は、大沼が亡き妻・瑤子をモデルに描いたものだった…。

 翌朝、約40年前に引退した元大女優・東蘭子(雪代敬子)が、自宅で遺体となって発見される。高価な時計が盗まれていたため、所轄署の刑事・柏木恒(加藤虎ノ介)らは強盗殺人を疑うが、真実は現場の状況から強盗は偽装だと直感。蘭子の家に飾られていた、若き日の大沼の作品らしき絵画に着目する。事件の1週間前、蘭子の甥・邦彦(村上コウキ)が「もしかして大沼櫂の作品かも」と写真をSNSに投稿していたことから、真実は絵を盗みに入った犯人が蘭子と鉢合わせして殺害に至ったのではないかと考えたのだ。実は、大沼櫂展の警護というのは単なる名目で、真実は盗難美術品の闇ルートを探るために展覧会に潜入していたのだ…!

 やがて、事件関係者が東京・王子で殺害される事件も発生! 東王子署の面々も巻き込んで捜査が進んでいくが、はたして一連の事件の真相とは…!? 鴨志田&真実の凸凹父娘コンビが京都を舞台に、絵画に秘められた悲しい真実に迫っていく…!

キャスト

  • 鴨志田新一 ・・・・ 伊東四朗
  • 岡崎真実 ・・・・ 羽田美智子
  • 武井昭一 ・・・・ 正名僕蔵
  • 坂下純次 ・・・・ 小倉久寛
  • 姉小路和子 ・・・・ 松金よね子
  • 大沼 櫂 ・・・・ 大石吾朗
  • 夏井寧子 ・・・・ あめくみちこ
  • 柏木 恒 ・・・・ 加藤虎ノ介
  •        ・ 
  • 河北龍之介 ・・・・ 里見浩太朗
  • ほか

スタッフ

脚本 岡崎由紀子
監督 田村孝蔵
プロデューサー 大川武宏(テレビ朝日)、金丸哲也(東映)、森田大児(東映)
制作 テレビ朝日、東映