日曜プライム
2019年8月18日(日)よる9:00~11:05

テレビ朝日開局60周年 夏の傑作選 松本清張生誕110周年記念「十万分の一の偶然」

夏の夜を彩る百花繚乱の傑作選――
第3夜は“松本清張×田村正和”の最強タッグで映像化された
傑作ミステリー『十万分の一の偶然』を放送!

 
娘・明子(中谷美紀)を交通事故で亡くした山内(田村正和)が偶然、
目にした一枚の報道写真。
その写真から、娘を巻き込んだ事故の発生そのものに疑念を抱いた山内は、
“父の執念”で真相をあぶり出していく…!

 モンゴルの平原で取材を続けるフリーのルポライター・山内正平(田村正和)のもとへ、一人娘・明子(中谷美紀)の婚約者・塚本暁(小泉孝太郎)から思わぬ悲報が届いた。妻が亡くなって以来、男手ひとつで育ててきた明子が、入院中の叔母・恵子(岸本加世子)を見舞うために横浜から沼津へ向かう途中、東名高速道路で玉突き事故に巻き込まれて死亡したのだ。しかも取材で遠出をしていた正平がその知らせを受けたのは、事故から実に1カ月が過ぎた後のことだった…。
 かくして、正平は急きょ帰国することになった。ところが帰路の機内で、正平は一枚の写真を目にすることとなる。娘が亡くなった事故の瞬間を偶然捉えたというその写真には、無情にも娘の最期の姿が写し出されていた。娘はなぜ死ななければならなかったのか――帰国した正平はもはや、そのこと以外考えることができなかった。

 『激突』というタイトルが付けられたその写真は、山鹿恭一(高嶋政伸)というアマチュア・カメラマンが夜景を撮影しに出掛けた際、偶然にも事故を目撃し、本能的に撮ったものだったという。写真評論家の大家・古家庫之助(伊東四朗)が「十万分の一の偶然」と大絶賛したその写真によって、山鹿が「ニュース写真年間最優秀賞」を受賞したことを知り、授賞式へと向かう正平。そんな彼の耳に、週刊誌の編集者・小泉恵美子(松下由樹)が山鹿に投げかけた質問が飛び込んでくる。
「あの事故でたった一人の生存者が、事故の直前、『赤い火の玉を見た』と言っているのですが…」。

 赤い火の玉…。それは一見、事件とは無縁のような突飛な言葉だった。しかし、正平にはその言葉がどうしても引っかかる。もし、その“赤い火の玉”が事故に影響を及ぼしていたとしたら…? 疑念を拭えない正平は、愛する娘の死の真相を突き止めるべく、自らの足で執念の追跡を開始する――。

キャスト

  • 山内 正平 ・・・・ 田村 正和
  • 山内 明子 ・・・・ 中谷 美紀
  • 山鹿 恭一 ・・・・ 高嶋 政伸
  • 布川麻奈美 ・・・・ 内山 理名
  • 塚本 暁 ・・・・ 小泉孝太郎
  • 山内 恵子 ・・・・ 岸本加世子(友情出演)
  • 越坂 奈月 ・・・・ 若村麻由美
  • 小泉恵美子 ・・・・ 松下 由樹
  • 岩瀬厚一郎 ・・・・ 内藤 剛志
  • 古家庫之助 ・・・・ 伊東 四朗
  • ほか
  •   
  • ナレーション ・・・・ 石坂浩二

スタッフ

原作 松本清張『十万分の一の偶然』(文春文庫刊)
脚本 吉本昌弘
音楽 沢田 完
チーフプロデューサー 五十嵐文郎(テレビ朝日)
プロデューサー 内山聖子(テレビ朝日)、河瀬 光(東映)、江平光男
監督 藤田朋二
制作 テレビ朝日、東映