2020年8月30日(日) よる9時放送


沢口靖子、出馬!!
この夏は…《マリコ》に代わって
《丸子=まるこ》が日本を救う!?
テレビ朝日で11年ぶり新作ドラマ出演!!
初の代議士役で
秘書・八嶋智人と念願タッグ!
沢口靖子が国会デビュー!?  テレビ朝日で11年ぶり新作ドラマ!

 今年3月、『科捜研の女』の通年放送を見事、“完走”した沢口靖子。なんと、この夏、満を持して政界に進出――!? 「誰もが“笑顔の花”を咲かせられるような国づくり」を公約に、永田町に乗り込みます!
 ――といっても、これはもちろんドラマの中の出来事。『科捜研の女』『西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官シリーズ』など、警察ミステリーの代表作を多く持つ沢口が、いまだかつて演じたことのない新たな役柄に挑戦! 初の代議士役に挑みます。
 沢口がテレビ朝日の新作ドラマに出演するのは、『松本清張生誕100年特別企画 疑惑』(2009年1月/テレビ朝日)以来、約11年ぶりのこととなります。

華道家元にして新人議員!? 可憐なのに頑固一徹なヒロインが国会で大暴走!?

 沢口主演のドラマスペシャル『お花のセンセイ』は、華道家元・鳳丸子(おおとり・まるこ)が国会に殴り込む社会派コメディーミステリー。
 可憐で清廉、日本全国に門下生を持つ丸子は、いわゆる“神輿候補”として衆院選に担ぎ出されました。しかし元来、丸子は困った人々を見捨てることのできないやさしさを持ち、かつ生真面目で頑固な性格…。ひとりの少女から陳情を受けたことをきっかけに、党の重鎮たちの意に反して大暴走! 名作映画『ローマの休日』のアン王女のように純真無垢で世間知らずの丸子が、薄汚れた社会の闇に直面しながらも、“世界一の誠実さ”で突破しようと奮闘していきます。

“マリコ”から、“丸子”へ――! 台本3ページ分!! “政見放送”で決意の演説!

 沢口の代表作といえば、なんといっても『科捜研の女』=“マリコ”ですが、今回の役柄は華道家元にして新人議員の鳳丸子。マリコとまるこ――似ている名前の2人について、沢口は「共通点は2人ともあっけらかんと明るいところでしょうか…。でも、マリコは科学オタクで、自由でフランクで、マイペースで周りを巻き込んでしまう人。丸子は穏やかで落ち着いていて、周りの人に安心感を与えてあげる人です」と感じ取っており、「まったく違う、新たな一面を表現できる役をいただけて、とても感謝しています」と、新たなキャラクターとの出会いを喜んでいます。
 本作では、選挙につきものの“政見放送”も体験! 演説のセリフはなんと台本約3ページにも及びましたが、沢口は「毎日唱えるようにして覚えました」とそのすべてを完璧に頭に入れて、たったひとりカメラに向かって思いの丈を語る…という難しいスピーチシーンをやり遂げました。さらに、丸子は華道家元でもあるため、花を生けるシーンにも挑戦しています!

「沢口さんは何ひとつ変わってない!」 秘書・八嶋智人が16年ぶりタッグに感激!

 そんな型破りな新人議員・丸子の秘書を演じるのは、名バイプレイヤー・八嶋智人。沢口と八嶋は2001年の舞台『バッド・ニュース☆グッド・タイミング』、大河ドラマ『新選組!』(2004年/NHK)で共演したことがあり、実に約16年ぶりの顔合わせ!
 八嶋は「沢口さんは昔も今も、とにかくキラキラ。先日、部屋を掃除していたら共演した舞台のパンフレットが出てきたのですが、沢口さん、当時と何ひとつ変わってないんですよ! 沢口さんの変わらなさは、内側の清らかさから来るんだなということが今回よくわかりました」と、沢口の変わらぬたたずまいにひたすら感動。「政治の世界で強く、清らかであり続ける丸子は、まさに沢口さんそのもの。沢口さんはお芝居にも誠実に向き合って、何か違いがあれば質問し相談し修正して、さらに前に進んでいく。政治家さんもそういう感覚を保ち続けるのが大切なんじゃないかな、と強く思いました」と、沢口の仕事への真摯な姿勢が丸子と重なって映ったことも打ち明けました。

個性派からレジェンドまで豪華俳優陣も参戦する、社会派コメディーミステリー!

 さらに本作には、コミカルからシリアスまで自由自在にこなす梶原善が、丸子や幸田と衝突しながらも、いつしかブレない丸子の志に心を動かされ、協力する新聞記者役で出演! 
 また、西岡德馬、麿赤兒が、互いにいがみ合う与党の重鎮役で出演。圧倒的な存在感で、老獪な派閥の領袖を怪演! 新人議員・丸子を翻弄していきます。 
 そして、芸能界のレジェンド・伊東四朗が丸子を見守る叔父役で登場。伊東は、前述の舞台『バッド・ニュース☆グッド・タイミング』をはじめ、沢口とは舞台やドラマで度々共演している間柄。俳優として信頼し合う2人の絆が、ドラマに温かい空気をもたらしています。
 このほか、吉満寛人、伊藤修子ら実力派&個性派キャストが集結し、極上の社会派コメディーミステリーを紡ぎあげていきます。ぜひ放送にご期待ください!

ニュース

《お花のセンセイ》沢口靖子が《笑顔の花》をいける…!?新作ドラマSPで《華道》に挑戦!!
“花”に向き合うことで…ヒロインの“芯”を見出す!

2020年8月27日

虫食いも枯葉も、すべて個性。花への哲学を核に、キャラクターを構築!

 脚本を読んで、「華道家元の丸子が男社会である政治の世界で哲学を貫き、たくましく成長する姿が描かれていて健気な姿に心を打たれた」という沢口靖子。そんな鳳丸子(おおとり・まるこ)を体現するにあたり、「“お花と向き合って生きてきたこと”が丸子というキャラクターの核となっているので、脚本の監修にも携わってくださった先生に習いに行きました」と、本作の“花いけ指導”を担当した華道家・平間磨理夫氏にさまざま教えを受けたと明かしました。
 実はかつて、華道をたしなんだ経験がある、沢口。そのため所作などは身についていますが、今回さらに踏み込んだのが“精神性”です。
 「今回はただ単純に“お花をいける”ということではなくて、先生のお花に対する哲学が丸子の精神と通じるものがあると感じ、参考にさせていただきました。たとえば自然な枝ぶりをそのまま生かし、お花のいちばんいい顔を正面に向けてあげる。虫食いの葉っぱや枯葉も時には残し、それもひとつの作品として捉えてあげる。それぞれの個性を認め、生かしていくこと…。そんなお花に対する考えが、さまざまな人々に慈しみを持って接する丸子の思いに通じるなと思って、そのあたりを丸子の“芯”として役柄を作りました」と華道での学びを、丸子への役作りへと昇華させていきました。

丸子の気持ちが花に表れる…。繊細なシーンも熱演!

 花に触れ、花と向き合うのが日課の丸子。劇中、議員会館や自宅などさまざまな場面で丸子がいけた花々が映像を美しく彩ります。また、叔父・加持勘三役の伊東四朗と対面して花をいける場面では、丸子の感情と花がシンクロしていく様を沢口が繊細に表現しています。
 本作の撮影で沢口が花をいける場面を間近で見てきた秘書・幸田光喜役の八嶋智人も「先生と沢口さんの会話を聞いているとお花をどう見せるか、どういけるかだけじゃない。どう芝居をするか、どう生きるか、どう感じるか。そういうところまで話し合われていたので、度肝を抜かれました。お2人はものすごくハイレベルな会話をされていました」と、花を通じて作品や人生を見つめ、新たな役柄を演じきった沢口に感服していました。
 役柄同様、草花に誠実に向き合い、美しいたたずまいで花をいける沢口の演技は必見! はたして魑魅魍魎が跋扈する永田町で、丸子は公約を守ることができるのでしょうか…!? ぜひ8月30日(日)の放送にご期待ください!

沢口靖子(鳳丸子 役)コメント

 脚本を読んだとき、華道の家元である丸子が男社会である政治の世界で哲学を貫きたくましく成長する姿が描かれていて、その健気な姿に心を打たれました。“お花と向き合って生きてきたこと”が丸子というキャラクターの核となっているので、脚本の監修にも携わってくださった先生に習いに行きました。
 華道は20代の頃にほんの少したしなんだことがあるのですが、今回はただ単純に“お花を生ける”ということではなくて、先生のお花に対する哲学が丸子の人間に対する精神と通じるものがあると感じ、参考にさせていただきました。
 たとえば自然な枝ぶりをそのまま生かし、お花のいちばんいい顔を正面に向けてあげる。虫食いの葉っぱや枯葉も時には残し、それもひとつの作品として捉えてあげる。それぞれの個性を認め、生かしていくこと…。そんなお花に対する考えが、さまざまな人々に慈しみを持って接する丸子の思いに通じるなと思って、そのあたりを丸子の“芯”として役柄を作りました。
 この作品は永田町を舞台に描かれた社会派ドラマであり、ヒューマンドラマであり、私が演じる丸子と八嶋さん演じる秘書・幸田さんの成長物語でもある作品です。ぜひご期待ください!

主な登場人物

鳳丸子(おおとり・まるこ)

沢口靖子

華道・鳳流の家元。亡き父の跡を継ぎ、人々の幸せと平和を願って花を生けてきた。生真面目で、少々融通のきかない頑固な性格。その美貌や知名度、温かい人柄に目を付けた与党・自由新進党幹部が口説いて、衆議院の比例代表に(あくまで神輿候補として)擁立された。
見事当選したものの、“永田町で遊んでいる能天気なお姫様”というイメージから、『ローマの休日』のオードリー・ヘップバーンになぞらえ、ネット上では“オートリー”という愛称でよばれている。

幸田光喜(こうだ・こうき)

八嶋智人

党幹部から丸子のお目付け役を命じられて政策秘書となるが、政治家らしからぬ言動ばかりの丸子に振り回されまくり…。実は、ある思惑を胸に秘めており…!?

福武不二雄(ふくたけ・ふじお)

梶原善

大手新聞社社会部の遊軍記者。幸田とは大学の同期で、持ちつ持たれつの仲。最初は丸子を“お姫様議員”と軽視していたが、彼女のまっすぐさに触れて…!?

磯亀金四郎(いそがめ・きんしろう)

麿赤兒

“自由新進党”の幹部であり、長年、鶴崎と反目しあってきた大物。

戌井一多(いぬい・いちた)

吉満寛人

鶴崎の政策秘書。国政への野心を抱き、長年、秘書として下積みを続けてきた。

江ノ島薫(えのしま・かおる)

伊藤修子

丸子のアシスタント兼お世話係。丸子のことを崇拝している。

鶴崎仙吾(つるさき・せんご)

西岡德馬

与党“自由新進党”の重鎮。鶴崎派の長。丸子に出馬を要請した人物。

加持勘三(かじ・かんぞう)

伊東四朗

丸子の叔父。兄、つまり丸子の父が早逝して以来、姪である丸子を温かく見守ってきた。

あらすじ

 華道“鳳流”の第4代家元・鳳丸子(沢口靖子)は与党“自由新進党”の幹部・鶴崎仙吾(西岡德馬)の要請を受け、衆院選比例代表候補として出馬。「誰もが笑顔の花を咲かせられる国づくり」を公約に掲げて見事当選! 長年、鶴崎のもとにいたベテラン秘書・幸田光喜(八嶋智人)が指南役につくことになった。
 国民ひとりひとりの声に耳を傾けたいと考えた丸子はある朝、“駅頭”に立って有権者に挨拶するが、そこへランドセルを背負ったひとりの女の子が現れ、「お父さんを助けて」と訴えかけてきた。その少女・ダオ(黒津ロア)によると、ベトナム出身の父・トラン(ファイサ・アンワ)が窃盗容疑で逮捕されてしまったという。父の無実を信じるダオの思いに胸を打たれた丸子は「絶対に力になる」と約束するが、それを聞いた幸田は苦言を呈す。「絶対」は永田町では禁句中の禁句。言質を取られる発言は避け、できる限りあいまいに「善処する」と答えるべきだ、と…。
 しかし、困った人を放っておけない丸子は、ダオのことが気になって仕方がない。根負けした幸田は、友人の新聞記者・福武不二雄(梶原善)に連絡し、トランが逮捕された事件を調べてもらう。すると、トランは大手物流企業でIT技術者として働いていたが、同僚の財布を盗み、目撃した日本人社員にケガを負わせた疑いがかけられていることがわかった。勾留中のトランに面会し、彼の勤務先にも足を運んだ丸子。トラン本人をはじめ、同僚たちが何かを隠しているのを感じ取る。
 だが、一連の丸子の行動が“議連会議を欠席した挙句、視察先で大はしゃぎ”という記事に仕立てられてしまい、世間の非難が集中。しかも、トランの勤務先は鶴崎が国際的貨物会社との業務提携をまとめた企業だったため、面子を潰された鶴崎は立腹してしまう。さらに、鶴崎と対立する重鎮・磯亀金四郎(麿赤兒)の策略により、丸子が追い詰められる事態が起きて…!?

コメント

沢口靖子(鳳丸子 役)コメント

――八嶋智人さんとは久々の共演ですが、八嶋さんの印象は?

 八嶋さんとは2001年の舞台『バッド・ニュース☆グッド・タイミング』で共演しましたが、そのときの八嶋さんは動きやセリフ回しが軽快で三谷幸喜さん作のコメディーをさらに面白おかしく演じられて、作品を力強く引っ張ってくださったという印象がありました。今回、久々にご一緒しましたが、お芝居が面白くて心くすぐられて、リハーサルのときに笑ってしまうことが何度もありました。少年のようなチャーミングさをお持ちで、現場も和ませてくださる。その一方で、シリアスな芝居も魅力的な方です。

――初の代議士役ですが、参考にしたことは? 政見放送を撮影した感想も教えてください!

 舞台となる政治の世界をイメージするため、畑違いの人物が政界に入る、というストーリーのドラマ作品を、何作か拝見しました。政見放送のシーンは脚本をいただいてから、毎日唱えるようにして覚えました。撮影ではとても広いスタジオにポツンとテーブルとイスが置かれていて、カメラに向かってご挨拶をしました。いろんな角度から撮ってくださったので、意外と時間がかかっているんですよ(笑)。

――本作で演じられたのは、“マリコ”ではなく“丸子”。役名を聞いていかがでしたか?

 “丸子”さんは自分の身近にはいなかったので、ユニークな名前だなと思いました。マリコと丸子の共通点は…2人とも、あっけらかんと明るいところでしょうか。でも、マリコは科学オタクで、自由でフランクで、マイペースで、周りを巻き込んでしまう人。丸子は穏やかで落ち着いていて、安心感を周りの人に与えてあげる人です。名前のイニシャルは同じですが、全然、違うタイプですね(笑)。

――視聴者のみなさまにメッセージをお願いします!

 このところ、警察関係の役柄が続いていたので、まったく違う、新たな一面を表現できる役をいただけて、とても感謝しています。かねてからご一緒したいと思っていた八嶋さんと共演がかなって、とても嬉しくて、現場でも毎日楽しく過ごしました。社会派ドラマであり、ヒューマンドラマでもあり、そして丸子や八嶋さん演じる幸田さんの成長物語でもあります。どうぞご期待ください!

八嶋智人(幸田光喜 役)コメント

――沢口靖子さんとは久々の共演ですが、沢口さんの印象は?

 沢口さんは昔も今も、とにかくキラキラしています。かわいくてキレイだし、なんといっても清らか。身体の中、内臓だってすべてがキレイなんだと思います。実は先日、部屋を掃除していたら、2001年に共演した舞台のパンフレットが出てきたのですが、沢口さんは当時と何ひとつ変わってないんですよ! 沢口さんの変わらなさは、内側の清らかさから来るんだなということが今回、よくわかりました。
 それと、以前からちょっとおとぼけなところをお持ちで…以前、大河ドラマ『新選組!』で一度だけ奇跡のような共演シーンがあったのですが、今回そのときのことをお話ししたら、長~いこと考えられた挙句、「…そんなシーンありましたっけ?」って。でもそんなこと言われても、なんかうれしいんです(笑)。僕は今回も沢口さんの魅力にまいっています! 

――“秘書”として代議士・沢口靖子さんの活動をご覧になっていかがですか?

 沢口さん演じる丸子さんは、ただただ人を助けたい一心で動くんです。本来、政治家の原点はそうあるべきなのに、最初はみんな志高くても、魑魅魍魎が跋扈する世界に入ったら変わっちゃうんですね。そんな政治の世界でも強く、清らかであり続ける丸子は、まさに沢口さんそのもの。沢口さんはお芝居にも誠実に向き合って、何か違いがあれば質問し相談し修正して、さらに前に進んでいく。政治家さんも、そういう感覚を保ち続けるのが大切なんじゃないかな、と強く思いました。
 僕が演じる秘書の幸田は、実はある思惑を秘めているのですが、丸子さんのまっすぐさに触れて間違いに気づかされていく…。だから、丸子さんへの寄り添い方の変化に気をつけて演じています。

――視聴者のみなさまにメッセージをお願いします!

 混沌とした今、理想ばかり言っても受け入れられない人もいるかもしれないですが、でも“この人なら現状を突破できるんじゃないか”と思わせる強さが、丸子さんにはあるんです。このドラマは、きっとご自分と社会との関係を考える機会になるんじゃないかな。ご覧になった方が「次は選挙に行こうかな」なんて思ってくれたらいいなと思っています。

スタッフ

脚本

関えり香

監督

本橋圭太

ゼネラルプロデューサー

関拓也(テレビ朝日)

プロデューサー

残間理央(テレビ朝日)
岩﨑文(ユニオン映画)

制作

テレビ朝日
ユニオン映画