ストーリー

2017年7月16日(日)午前10時~

森村誠一の終着駅シリーズ31
殺人の花客

森村誠一の終着駅シリーズ31 殺人の花客

 新宿の高層ホテルの一室で男性の死体が発見され、新宿西署の刑事・牛尾正直(片岡鶴太郎)は現場に駆けつけた。被害者は輸入家具専門店の営業マン・木原栄作(笠原紳司)で、ベッドの上で金槌のようなもので後頭部を殴られ、死亡していた。木原は女性と宿泊する予定だったようで、フロントに女性の声でルームナンバーを問い合わせる電話も入っていたが、部屋に連れがいた痕跡は見当たらなかった。
 牛尾は被害者が殺されたベッドの毛布に、黄色い粉がついているのを見つける。植物生理学の大学教授・田口紀子(床嶋佳子)に分析してもらったところ、“カタセタムピレアタム”という、日本では珍しいランの花粉だとわかった。牛尾はそのランの購入者を追跡するが、店頭にも並ばない花らしく、捜査は行き詰ってしまう。
 手がかりを求めて田口の研究室を再訪した牛尾は、花に詳しいという研究者・長崎信祐(林泰文)から話を聞く。ハチの専門家である長崎は、ハチが運んだ花粉が何かに付着し、そこからホテルの部屋に落ちたという可能性も考えられると話す。長崎は実直な研究者のようで、最近、再婚が決まったばかりのようだった。

 数日後、千葉・一宮海岸で、日原栄策(大浦龍宇一)という名の健康器具の通信販売会社社長の死体が発見された。“キハラエイサク”と“ヒハラエイサク”――牛尾は2つの事件の被害者が似た氏名であることが引っかかる。
 そんな中、日原が4年前、長崎の妻子を轢き殺した犯人だったことが判明。被害者にも過失があると認められて日原は実刑を免れたらしいが、捜査を担当する九十九里浜署の刑事たちは、日原に恨みを抱いているであろう長崎に疑いの目を向ける。長崎の再婚相手・椚静香(中原果南)は、必死に彼のアリバイを証明しようとするが…!?

 ところが直後、意外な事実が浮上する――! 被害者2人の氏名の酷似がどうしても気になっていた牛尾が調べると、なんと木原が殺害された夜、日原も同じホテルに宿泊していたことがわかったのだ! もしや犯人は、日原を殺害しようとして木原を殺してしまったのではないか…!? つまり、これは“間違い殺人”ではないか…!? 過去からつながる因縁が生んだ事件の真相を、牛尾が執念の捜査で暴いていく…!

原作
森村誠一
脚本
坂上かつえ
監督
池広一夫
プロデューサー
佐藤凉一(テレビ朝日)、目黒正之(東映)、井元隆佑(東映)
制作
テレビ朝日、東映
出演
  • 牛尾正直
    片岡鶴太郎
  • 牛尾澄枝
    岡江久美子
  • 椚 静香
    中原果南
  • 長崎信祐
    林 泰文
  • 日原英策
    大浦龍宇一
  • 林刑事
    諏訪太朗
  • 鳥居優子
    片山萌美
  • 木原栄作
    笠原紳司
  • 光代
    大寶智子
  • 田口紀子
    床嶋佳子
  • 坂本課長
    秋野太作
  • 大上刑事
    東根作寿英
  • ほか
※ここから先は外部サイトにリンクします。
※ここから先は外部サイトにリンクします。