放送日程

10月27日(土)第1戦 よる6時30分〜 @マツダスタジアム
11月 1日(木)第5戦 よる6時15分〜 @ヤフオクドーム
※雨天等での中止・順延にて放送日程変更の可能性があります

【雨天等での各試合順延ルール】
第1・2戦で中止となった場合はその球場で順延し1日移動日を設け第3戦を行う。
第5戦と第6戦の間の移動日は設けない。
第3戦以降に中止となった場合には、その球場で順延し第5戦と第6戦の間の移動日は設けない。

出演者

◆第1戦
【ゲスト解説】松坂大輔(中日ドラゴンズ)
【解説】古田敦也、前田智徳
【実況】大西洋平(テレビ朝日アナウンサー)
【リポーター】吉弘翔(広島ホームテレビアナウンサー)、近藤鉄太郎(九州朝日放送アナウンサー)

◆第5戦
【解説】古田敦也、前田智徳
【実況】大西洋平(テレビ朝日アナウンサー)
【リポーター】廣瀬隼也(広島ホームテレビアナウンサー)、近藤鉄太郎(九州朝日放送アナウンサー)

みどころ

69回目の日本シリーズで初の対決!(南海・ダイエー時代含めて)

広島は34年ぶりの4度目の、ソフトバンクは2年連続9度目の日本一を狙う!
平成最後の日本一を掴むのは!

【広島東洋カープ】2年ぶり8度目の出場

84年以来、34年ぶり4度目の日本一へ

3連覇を支えたのが、3年連続リーグ最多得点の打線。
盗塁1位、本塁打2位、四球数リーグ歴代2位の599個と効果的な機動力と出塁そして長打力で得点を重ねた自慢の攻撃力の中心は、90以上の打点を重ねた3番丸と4番鈴木誠也。巨人黄金期のON並みの活躍で勝利に導いた。

引退する新井貴浩の花道を日本一で飾るがチームの合言葉!

【福岡ソフトバンクホークス】2年連続18度目の出場

2年連続9度目の日本一へ

昨季の王者は、サファテ、岩崎、今宮らをけがで欠きながらも
選手層の厚さで2位からの下剋上を果たした。

最大のストロングポイントは、12球団最多202本塁打を放った「長打力」
首位打者の柳田が36本、松田32本、デスパイネ29本、上林22本とどの打順からでも本塁打が飛び出す。

投手はリリーフ陣が安定。
完投試合6試合ながら完封勝ちが19試合もあり加治屋、嘉弥真、森らの継投で得点を許さない。