NEWSニュース

2020年2月18日

三田園 薫役・松岡昌宏、村田 光役・伊野尾 慧(Hey! Say! JUMP)、霧島 舞役・飯豊まりえ コメント

三田園 薫役・松岡昌宏 コメント

 『家政夫のミタゾノ』もシリーズ4作目を迎えることになり、素直にとてもうれしい気持ちです。やはり芝居をする者として、シリーズものができるということはそのキャラクターやチーム、作品の作り方などすべてをひっくるめて、視聴者の皆さんに認めていただけたということだと思うんです。もちろん、2作目も3作目もうれしかったのですが、4作目はまた格別。今回は飯豊まりえさんという新しい力もいただき、慣れることなく、この座組でしかできない『家政夫のミタゾノ』をお届けしたいと思っています。
 飯豊さんとは『必殺仕事人』でご一緒して、お芝居のやり方などもわかっているので、『家政夫のミタゾノ』でも自分のペースで自由にやっていただきたいです。このドラマの現場にはルールはないですからね(笑)。伊野尾は前回も自由にやってくれてそれが面白かったので、今回も自由に…。本当は代わりにHiHi Jetsのメンバーがいいんじゃないかってみんなで言っていたんですけどね(笑)。
 相変わらず(ミタゾノの)メイクは体が覚えていました。今回は15分で完成。シリーズ重ねるごとにだんだん無駄なものは省いていっているので、だいぶ早くなりましたよ(笑)。最初はアイシャドーやラメも入れていたんですけど、誰にも気づかれないからやめちゃいました! 今のミタゾノは“ナチュラルメイク”です。
 ミタゾノが始まってからの4年間、常にミタゾノのことは頭にありますね。先日も夢でドラマの撮影をしていました(笑)。
 普段の生活でも、何かが起きたり、ニュースを見たりしていても、「あ、これミタゾノの題材として使えるんじゃないかな」「ミタゾノだったらこうやって解決するんじゃないかな」って考えたり…。芝居に取り入れられるように、携帯にメモしたりしています。ちょっと不満に思うようなニュースを目にしたときに「ここにミタゾノがいればな!」って思えるような、そんなダークな中に面白さがあるのが『家政夫のミタゾノ』なんだと思います。今回も大いに世相を反映した内容になってくると思いますので、スカッとさせますよ! お任せください!

村田 光役・伊野尾 慧(Hey! Say! JUMP) コメント

 もう一度『家政夫のミタゾノ』に呼んでいただけるとは思ってもいなかったので、すごくうれしいです! 正直、ウチの事務所(ジャニーズ事務所)は後輩もたくさんいて、今回は下手したらそちらに代わってしまうのではないかと思っていたので…(笑)。これは松岡くん、いやミタゾノさんにハマっているな!と感じています(笑)。ドラマに出演させていただく機会はありますが、シリーズものに続けて出させていただくのは初めて。前回たくさんの反響がありましたし、すごく良かったとお褒めの言葉もいただいたので、プレッシャーもありますが、期待に応えられるよう、そして作品が盛り上がるよう、また新たな気持ちで頑張ります!(Hey! Say! JUMPの)メンバーたちも喜んでくれると思います。

霧島 舞役・飯豊まりえ コメント

 『家政夫のミタゾノ』はストーリーがとても面白く、私生活で使える豆知識も多いという、これまでにないジャンルのドラマなので、幅広い層の方々に愛されていますよね。そんな作品にまさか私が参加させていただけると思っていなかったのですごくびっくりしています!
 松岡昌宏さんとは昨年『必殺仕事人』でご一緒させていただいたのですが、その時に『家政夫のミタゾノ』の現場がとても楽しいとおっしゃっていたので、撮影現場に行くのが今から楽しみです。
 今日初めて“生ミタゾノさん”にお会いしたのですが、すっごく綺麗ですよね! 迫力もあってびっくりしました(笑)。
 初めての家政婦役ですし、出来上がったチームに入っていくのはいつも緊張しますが、早く溶け込めるよう自分なりに頑張りたいです。『家政夫のミタゾノ』チーム恒例だという“お花見”も楽しみにしています!