INTRODUCTIONイントロダクション

4度目の正直でございます!
あの最恐家政夫が帰ってまいりました。

松岡昌宏主演『家政夫のミタゾノ』
2020年も「痛み入ります。」
伊野尾慧&飯豊まりえとともに
ご家庭の隠れた汚れを
“キレイ”にいたします。
松岡昌宏扮する女装家政夫・ミタゾノ――
それは依頼人の家庭の事情を
覗き見してはぶち壊していく、
家事スキルは完璧だけれど
超絶迷惑な家政夫。
まさかの4度目のカムバック…
“最恐家政夫”が日本の汚れをおとします。

最恐家政夫・ミタゾノ、4度目のカムバック!1年で溜まった汚れ、落とします

 女装した大柄な家政夫・三田園薫(通称:ミタゾノさん)が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマシリーズ『家政夫のミタゾノ』。松岡昌宏主演のドラマとして2016年10月クールにスタート。1年半後の2018年4月クールに第2シリーズ、そして翌2019年4月には第3シリーズを放送するなど、人気ドラマシリーズとして幅広い世代の方々から愛されています。
 放送されるたび大きな反響を呼ぶ同ドラマが2020年、1年ぶりに4度目のカムバック決定! 最恐家政夫・ミタゾノが1年で溜まりに溜まった汚れを根こそぎ落とします!

 家事のスキルは完璧、でも無表情で何を考えているのかわからない上、なぜか女装しているという謎に満ちた“最強の家政夫”が、松岡演じるミタゾノ。依頼人の家庭の内情を覗き見しては、その秘密をネタにその家を崩壊させるのが趣味、というなんともハタ迷惑な家政夫なのですが、その唯一無二とも言えるダークヒーローぶりが視聴者を独特な爽快感へといざない、“家政夫(婦)ドラマ界”に確実に新たなページを刻み込み続けています。
 もはや松岡の代表作になったと言っても過言ではない『家政夫のミタゾノ』。第4シリーズでも痛快に大暴れしてくれること、間違いありません。

 そして第4シリーズも、ミタゾノとともに行動する若き家政夫・村田光役でHey! Say! JUMPの伊野尾慧が引き続き出演! 第3シリーズのラストで「アイドルを目指す」と衝撃宣言をした光は、休日にダンスレッスンにいそしむ傍ら、ちょっぴり腰掛け気味に家政夫業も続けているのです。
 純粋な性格で人を疑うことを知らない光。まずは依頼人を“疑う”ことから始めるミタゾノと、今回もどんな珍妙なやり取りを見せるのか、期待が高まります。

飯豊まりえが新加入!人間観察が趣味の新人家政婦がミタゾノの秘密を暴く!?

 そして今作から、飯豊まりえが新しく『むすび家政婦紹介所』の家政婦として加入!
 飯豊が演じるのは、人間観察が趣味で、覗かずして依頼人の人間性を見抜いてしまう新人家政婦・霧島舞(きりしま・まい)。忖度と嘘が苦手で、笑顔のまま歯に衣着せぬ物言いをし、思いもよらぬトラブルを巻き起こしてしまうことも…。これまでに出会ったことのないタイプのミタゾノに興味を示し、その禁断の秘密に迫ろうと試みます!
 松岡とは2019年に放送された『必殺仕事人』で共演。『テレビ朝日開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル 白い巨塔』や『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』といった作品にも立て続けに出演し、その確かな演技力と見るものを惹き付けるビジュアルで、作品の中でも確実な存在感を放ってきました。
 今回、初参戦となる『家政夫のミタゾノ』で、飯豊演じる舞が、ドラマにどのようなエッセンスを加えるのか――注目が集まります!

今シリーズもミタゾノさん直伝の“お役立ち家事のHOW TO”満載!

 毎回、その内容には世相も大いに反映される『家政夫のミタゾノ』。世間を賑わすあんな話題やこんな話題がどんな風にドラマの題材にされ、ミタゾノの手によってどんな制裁を受けるのか、その行方にもご注目ください。

 そして過去の3シリーズでも我々を驚かせ続けてきたミタゾノさんの超絶家事スキル。性格には“難アリ”だけれども、家事のスキルは文句ナシのプロ級、というミタゾノさんが毎回披露してくれる知識と家事のウラ技は、今回もしっかりと登場します! ミタゾノさん直伝の“お役立ち家事のHOW TO”で、放送翌日から家事スキルが一段階上がること、間違いなしです!