2019年4月19日(金)スタート!
毎週金曜 よる11時15分~
※一部地域を除く

松岡昌宏主演人気ドラマシリーズ
1年ぶりの最恐家政夫・ミタゾノ
2度あることは3度ある
だから3度目は3人で…

伊野尾慧&川栄李奈が加入し
家政婦紹介所もさらにパワーアップ!
またお会いする機会をいただけたこと
心から痛み入ります。

松岡昌宏扮する女装家政夫・三田園薫――
それは依頼人の家庭の事情を覗き見してはぶち壊していく、
家事スキルは完璧だけれど超絶迷惑な家政夫。
パート2のラストで“I’ll be back”の言葉を残して走り去ったミタゾノが、
1年の時を経て宣言通りの“back”!
伊野尾慧&川栄李奈が新たに加わり、
“最恐家政夫”が三度みたび大暴れする!

最恐家政夫・三田園が覗き、壊す! 痛快な覗き見ヒューマンドラマ、ついにパート3!

 女装した大柄な家政夫・三田園薫が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマ『家政夫のミタゾノ』。
 松岡昌宏主演のドラマとして2016年10月クールに金曜ナイトドラマ枠で初放送、さらに1年半後の2018年4月クールにはパート2を放送し、老若男女幅広い世代から愛される人気ドラマとなりました。放送されるたび大きな反響を呼ぶ同ドラマが1年ぶりに復活! めでたくパート3となって、2019年4月クールの金曜ナイトドラマとして帰ってきます!
 テレビ朝日の金曜ナイトドラマ枠でパート3まで制作されたドラマは『特命係長 只野仁』以来。『家政夫のミタゾノ』はすっかり人気ドラマシリーズの仲間入りをしました。

 松岡が演じる三田園は、女性が主に活躍する家政婦業界において、男性ながらに掃除・洗濯・料理・子守などの家事全般を完璧にこなしてしまう“最強の家政夫”。無表情で何を考えているのかわからない、なんとも奇妙かつ不気味な存在なのです…。
 しかも依頼人の家庭の内情を覗き見し、そこで得た秘密をネタにその家を崩壊させてしまうのが趣味、という有能なのに超絶迷惑な家政夫――しかし結果的にその崩壊が、再生へのきっかけとなることもある、まさに“ダークヒーロー”とも言えるのが三田園薫、その人です。

 市原悦子、米倉涼子が主演してきた元祖・のぞき見家政婦ドラマ『家政婦は見た!』に続き、テレビ朝日の家政婦の歴史に確実に新たなページを刻んだ『家政夫のミタゾノ』。パート2のラストで「I’ll be back」の言葉を残し走り去った三田園が、宣言通り1年ぶりにみなさんの前に降臨します。
 平成の最後を飾るにふさわしい、そして新時代も変わらず大暴れし、壊しまくるスーパー家政夫・三田園薫の活躍にどうぞご期待下さい!

最恐家政夫・三田園と組むのは…伊野尾慧&川栄李奈! パート3は3人体制に!?

 今作から新しく加入するのは、伊野尾慧と川栄李奈のふたり!
 アイドルグループ・Hey! Say! JUMPとして活動する傍ら、情報番組のパーソナリティへの抜擢や映画の主演など多方面でその才能を発揮している伊野尾。2016年に放送された『ドクターX ~外科医・大門未知子~ スペシャル』では、手術困難な病に苦悩する国民的フィギュアスケート選手を熱演し、新たな魅力を披露しました。そんな伊野尾が今作で演じるのは、見習い家政夫の村田光。むすび家政婦紹介所の所長・結頼子(余貴美子)の甥で、社会経験を積むために家政夫として働きにやってきます。愛らしい顔立ちと人を信じやすい素直な性格が家政夫業にどんな影響を及ぼしていくのか、初となる男性家政夫・光と三田園とのやり取りにもご注目ください。

 そして2015年にAKB48を卒業後、女優として目覚ましい活躍を見せている川栄がテレビ朝日連続ドラマに初出演! NHK朝の連続テレビ小説や大河ドラマなど話題のドラマに多数出演するほか、映画、舞台などでも八面六臂の活躍をし、女優としての評価もうなぎ上りの川栄が、若き家政婦・恩田萌を演じます。「若いけれども優秀」という頼子のお墨付き通り、三田園も認める家事スキルを持つ萌は、勝ち気で疑り深い性格の持ち主…。萌と三田園、そしてそこに光も加わった3人体制での家政夫(婦)たちが、どんな化学反応を見せるのか、今から期待が高まります!

今シリーズも役立ちまくりの家事スキル満載!いったいどんな依頼人が登場するのか

 パート3の冒頭、なぜか三田園はアラブのとある国に。そこで石油を採掘する一族に仕えていたところ、所長の頼子から電話があり、日本に呼び戻されるところから物語はスタートします。
 「三田園ちゃんにしかできない仕事がある」と言われて帰国してみれば、任されたのは頼子の甥っ子・光(伊野尾慧)を一人前の“オトナの男”にするというミッション。まさかの脱税疑惑をかけられ、営業停止に追い込まれていたむすび家政婦紹介所も無事再開し、光、そして若き家政婦・萌(川栄李奈)と3人体制を組んで依頼人のもとを訪れた三田園を待ち受けていたのは…?

 ご存知の通り、性格には“難アリ”だけれども、家事のスキルは文句ナシのプロ級、という三田園。毎回披露される卓越した知識と家事のウラ技は、今回も視聴者を楽しませてくれるに違いありません!
 三田園が紹介する“お役立ち家事のHOW TO”は、どれもすぐに実践できる技ばかり…! ドラマの展開とともに、今回もその内容には注目です!

ニュース

主題歌が決定しました!

2019年3月23日

愛だけがすべて-What do you want?-
Hey! Say! JUMP

(ジェイ・ストーム)

伊野尾慧も出演する、『家政夫のミタゾノ』主題歌をHey! Say! JUMPが歌います!
ドラマの主人公・三田園薫が選曲に携わった「愛だけがすべて-What do you want?-」は、まさにダークヒーロー“ミタゾノ”の世界を表現したような、言いたいことも言えない世の中で、『愛だけがすべて』という普遍的なメッセージを込めた楽曲。ラテンフレーバーあふれる情熱的でセクシーなダンスナンバーです。また、初回限定盤2(ミタゾノ盤)には三田園薫がジャケット写真やビデオ・クリップに特別出演いたします。

【三田園薫 コメント】

 どこの誰だかは存じ上げませんが、何やら素敵な音楽を披露してくださることは伺っております。
私も時間のある時に、ぜひ拝聴させて頂きたいと思っておりますが、なにせ色々なお宅にお邪魔しないといけない忙しい身ですので申し訳ございません…痛み入ります。


「おかえりなさい、三田園さん」
家政婦紹介所が1年ぶりの再始動で家政婦(夫)たちが大集合!
大ヒット映画『カメラを止めるな!』出演、しゅはまはるみも新加入!

2019年3月22日

 3作目となる今シリーズで、三田園と行動をともにする新人家政夫の村田光(伊野尾慧)と恩田萌(川栄李奈)をはじめ、『むすび家政婦紹介所』の所長・結頼子(余貴美子)や第1シリーズにも出演していた阿部真理亜(平田敦子)の姿も。さらに、今作からは新加入の家政婦として、大ヒット映画『カメラを止めるな!』で主人公の妻を演じた、しゅはまはるみも出演することが決定しました!

■“カメ止め女優”しゅはまはるみが家政婦紹介所に新加入!

 2017年に公開され、空前の大ヒットを記録した映画『カメラを止めるな!』。さまざまな映画賞を総ナメにし、大きな話題を呼んだ同作で、しゅはまは主人公の妻を演じ、独特の存在感を見せました。そんなしゅはまが『家政夫のミタゾノ』で演じるのは、家政婦の式根志摩。噂好きで特に男女関係のスキャンダルは大好物!脱税疑惑をかけられて営業停止に追い込まれていたものの、無事営業を再開することになった『むすび家政婦紹介所』に新加入したベテラン家政婦です。
 新たなメンバーとしてドラマに登場することになったしゅはまは「『家政夫のミタゾノ』に出られると分かったときは、とてもびっくりして、マネージャーさんと大喜びしました。まさか自分が、と思いましたし、昔から尊敬している余貴美子さんとご一緒できるので、こんな光栄なことはありません」と喜びを。三田園役の松岡とも待望の初対面を果たし、「迫力がすごかったです(笑)」と率直な感想を語ってくれました。
 映画『カメラを止めるな!』をきっかけに、一気にブレークへの階段を駆け上がったしゅはま。数々の作品で見せてきた存在感を、『家政夫のミタゾノ』でも発揮してくれること、間違いなしです!

【式根志摩(しきね・しま)役・しゅはまはるみ コメント】

 『家政夫のミタゾノ』に出られると分かったときは、とてもびっくりして、マネージャーさんと大喜びしました。まさか自分が、と思いましたし、昔から尊敬している余貴美子さんとご一緒できるので、こんな光栄なことはありません。
 今日が初めての撮影だったのですが、松岡さん、伊野尾さん、川栄さん、平田さん、余さんと、むすび家政婦紹介所のみなさんからにこやかに迎え入れていただいて、楽しくて素敵な現場なんだな、と実感しています。そこに加わることができるのがとてもうれしいです。初めてお会いした三田園さんは…迫力がすごかったです(笑)。
 まだ撮影が始まったばかりですが、式根志摩という役を明るく元気いっぱいに演じようと思っていますので、こんな人がうちにも来てくれたらいいな、と思ってもらえるような家政婦を目指して頑張ります。


帰ってきた三田園さん
おなじみのお洋服に身を包み、砂漠のド真ん中でポツンとクランクイン!

2019年2月22日

 松岡昌宏扮する、女装した家政夫・三田園薫(みたぞの・かおる)が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマ『家政夫のミタゾノ』。視聴者のみなさんからの熱い要望にお応えして、ついにこの4月、『家政夫のミタゾノ』が“パート3”となって帰ってきます!

■砂漠の三田園さん、おなじみの姿でポツンとクランクイン!

 テレビ朝日金曜ナイトドラマ枠の作品では『特命係長 只野仁』以来となる“パート3”の制作。否が応でも期待が高まる今期の『家政夫のミタゾノ』ですが、このたび“砂漠のド真ん中”で「三田園さん」こと松岡が無事、クランクインしました!

 パート3の冒頭、三田園はとあるアラブの国に。なぜか石油を採掘する一族に仕えているという設定からドラマは一年ぶりに幕を開けます。
 吹き荒ぶ中東の風、舞い上がる砂埃、照りつける灼熱の太陽――そして見渡す限り砂漠の地、というすべてが異国情緒溢れる雰囲気の中、おなじみのスタイルに身を包んだ三田園さんが力強く大地を踏みしめながら登場します。パート3のスタートにふさわしく、華々しい登場となった三田園さん。ただ歩いているだけかと思いきや、この後、三田園さんのまさかの能力が明らかになるのです!

 今期もびっくりの連続となること間違いなしの『家政夫のミタゾノ』。いったいどんな依頼人が現れ、三田園さんがどんな“テクニック”を披露するのか…? ドラマのスタートまでもうしばらくお待ちください!

【三田園 薫 コメント】

 ご無沙汰しております。家政夫の三田園でございます。またまたこうして皆様とお会いする機会をいただけたこと、心から痛み入ります。

主な登場人物

三田園 薫(みたぞの・かおる)

松岡昌宏

むすび家政婦紹介所に所属する家政夫。寡黙で神出鬼没、何を考えているかわからない上に女装をしている。不気味な面もあるが、家事のスキルはプロ級。掃除・洗濯・料理すべてにおいて卓越した能力を見せ、そのスキルの高さゆえ、派遣先の家でも信頼を得るのが早い。
ひとたび、派遣先の家庭が隠している“秘密”に気付いてしまうと、それを暴きたくなってしまう性分で、誰にも気付かれず、自分の手も汚さず罠を張り巡らせて、依頼人の化けの皮をはがしていく。

村田 光(むらた・ひかる)

伊野尾 慧(Hey! Say! JUMP

むすび家政婦紹介所の見習い家政夫。所長の頼子の甥っ子で、社会経験を積むためにやってきた。人を信じやすく、依頼人の闇よりも、良い面しかみないピュアな性格の持ち主。先輩家政婦たちからも可愛がられるが、三田園に「三田園さんは女ですか?男ですか?」という直球すぎる質問を投げかけ、周囲を驚がくさせる新時代の申し子。家政婦としてのスキルは半人前のため、ミタゾノが同行することが多い。

恩田 萌(おんだ・もえ)

川栄李奈

むすび家政婦紹介所に所属する家政婦。若いが、家政婦としての知識もスキルもプライドも高い。人を信用しない疑り深い性格で、依頼人の家庭で発見した些細な事象を見逃さず、その家の秘密を勝手に推理してしまう。名探偵ぶりを発揮するが…激しく推理が外れることもしばしば。

阿部真理亜(あべ・まりあ)

平田敦子

むすび家政婦紹介所に所属する家政婦。長年の家政婦経験により、膨大な情報量と幅広い人脈を持っていて、あらゆるジャンルの最新のトレンド情報にも長けている。おやつを間食することとスキャンダルが大好物である。紹介所唯一の既婚者だったが、この度晴れて戻ってきた。

式根志摩(しきね・しま)

しゅはまはるみ

むすび家政婦紹介所に所属する家政婦。噂好きで特に男女関係のスキャンダルは大好物。褒められてしまうと何でも言うことを聞いてしまう弱点もある。

結 頼子(むすび・よりこ)

余 貴美子

三田園たちが所属する、むすび家政婦紹介所の所長。三田園が毎度依頼人の秘密を暴いてくることにハラハラしながらも、その秘密を聞くのを楽しみにしている部分も…。三田園の事情を知り、家政夫として雇っている。脱税疑惑をかけられ、家政婦紹介所が営業停止に追い込まれていたが、この度無事、営業再開。それに際し、甥の光の指導役として遠方にいた三田園を呼び戻す。

あらすじ

第1話
2019年4月19日(金)よる11:15~放送

 とあるアラブの国で石油を採掘する一族に仕えていた三田園薫(松岡昌宏)は、『むすび家政婦紹介所』の所長・結頼子(余貴美子)からの「すぐ戻ってきて!」という電話で日本に呼び戻される。
 脱税疑惑をかけられ、営業停止に追い込まれていた『むすび家政婦紹介所』だったが、晴れて営業を再開。それを機に、頼子の甥・村田光(伊野尾慧)と、新人家政婦の恩田萌(川栄李奈)という新しいメンバーを迎え、三田園は光の“教育係”として呼ばれたのだった。

 さっそく三田園たちが派遣されたのは、個人資産800億円とも言われる丹波フーズ会長・丹波幸之助(大和田伸也)の家。丼専門チェーン『丼・来放題(ドン・キホーダイ)』の成功で一躍トップに上り詰めた飲食業界のドン・丹波は、家政婦の採用にも「モデルのような高身長で、若くて美しい顔の女性」と厳しい条件を設けており、なかなかそれをクリアできる人材がいなかったところ、「三田園なら」と白羽の矢が立ったのだ。
 しかしやってきた三田園たちを追い返そうとし、あろうことかライフルまで向けて威嚇する丹波。だがそのライフルの中に割り箸が入っていたことを即座に見破った三田園は、その鋭い観察眼を認められ、“家政婦兼ボディーガード”として正式に雇われることになる。
 「何者かに命を狙われている」と打ち明けられたその矢先、西洋甲冑の斧が倒れてきたり、床が滑りやすくなっていたり、と、三田園たちは相次いで丹波が命の危機にさらされる瞬間を目の当たりに。丹波には歳の離れた若き美人妻・ユリア(太田莉菜)がおり、彼女の存在を快く思っていない妹の悦代(大島さと子)をはじめとした人間たちがチラホラ。いつものように“覗き見ゴコロ”をくすぐられた三田園は、光が制止するのも聞かず、丹波の命を狙っている人間の正体を暴こうと行動を開始する。
 すると、思いもよらぬ真実が次々と明らかになっていき…?

コメント

【三田園 薫役・松岡昌宏 コメント】

パート2のときにも言ったんですけど、「テレビで面白いことがしたい」、「僕たちが子どもの頃に見ていたような、“面白いテレビ”“面白いドラマ”がやりたい」という思いが形になったのが『家政夫のミタゾノ』だったので、それがパート3まで出来たというのは、とてもうれしいです。
約1年ぶりの三田園薫との再会ですが(笑)、今日も20分ほどでメイクを済ませることが出来ました。回を重ねるごとにメイクの方法も少しずつ効率よくなっていますよ。ただ『家政夫のミタゾノ』は、セリフやシーンのカットなども現場で決まることが多い。当日行くまでは何が起こるかわからないという刺激的な面もありますので、今回も監督にどんなことを振られるのか、半分楽しみにしながら臨みたいと思っています。

僕がやらせていただいた作品で、パート2まで作ったものはいくつかあるのですが、3までいったものはまだありません。『家政夫のミタゾノ』という作品の基盤となっているのは、先日お亡くなりになった市原悦子さんの『家政婦は見た!』。もちろんその後もいろいろな方が“家政婦”という役を演じてこられましたが、どんな作品も続けていくことが大切なんだと強く思っています。この『家政夫のミタゾノ』も、自分の代表作のひとつとして、少しでも長く続けていきたいと思いますし、そのためにもこのパート3はきっちり成功させなくては…。伊野尾くんと川栄李奈さんという新たなパワーもお借りして、頑張っていきたいと思っています。

【村田 光役・伊野尾 慧(Hey! Say! JUMP) コメント】

今日初めて“三田園さん”にお会いしたんですけど、圧というか迫力がすごい!(笑) 話している声のトーンも、普段の松岡くんとはガラリと変わっているので、本当に“三田園薫”というキャラクターに向き合っているんだな、と感じています。
僕が演じる光は、ピュアで素直なキャラクターです。ごちゃごちゃした人間関係の中でも純粋な気持ちで人を信じる男の子です。初めての“男性家政夫”役なので、いい意味で化学反応を起こせたらなと思います。
このように事務所の先輩とドラマで共演させていただくというのは、なかなかない機会ですので、お話をいただいたときは驚きました。さらにそれが『家政夫のミタゾノ』という人気シリーズということもあり、プレッシャーも感じていますが、“新たなパワー”になれるよう頑張らなくてはいけないと思っていますし、いろんなことを先輩から学んでいきたいです!

【恩田 萌役・川栄李奈 コメント】

『家政夫のミタゾノ』はパート1もパート2も拝見していたのですが、まさか自分がそこに出演することになるとは思ってもいなかったので、すごくうれしかったです。何よりも、私の母がドラマのファンなので、とても喜んでいました(笑)。私も料理や掃除は好きなので、さっそく台本に出てくる三田園さんの家事テクニックを「なるほど」と思いながら読んでいます。
私は、普段の松岡さんには歌番組などでしかお会いしたことがなく、ほとんど初対面のようなものだったので、この三田園さんの姿が松岡さんだという印象になってしまった気がします…(笑)。
私が演じる萌は、わりと真面目な女の子。三田園さんが依頼人の家でいろんなものを覗き見たりするのを「おや?」って思いながらも、淡々と仕事をしている子です。まったく新しいキャラクターなので、楽しみにしていただけたらうれしいです!

スタッフ

脚本

八津弘幸(『半沢直樹』『下町ロケット』『刑事7人』ほか)ほか

演出

片山修 小松隆志ほか

音楽

ワンミュージック

エグゼクティブプロデューサー

内山聖子(テレビ朝日)

プロデューサー

秋山貴人(テレビ朝日)、木曽貴美子(MMJ)、椋尾由希子(MMJ)

制作

テレビ朝日、MMJ