毎週曜日 深夜040分放送 ※一部地域を除く

【番組概要】

苦しむ人々を救うために研鑽を積み各分野で最先端かつ最善の
まさに極みに達した医技を駆使する日本の名医たち

そうした最先端医療の現場に密着

名医の素顔に迫り、病や医療に対する真摯な思いと医師としての原点や情熱に迫り
医療の大切さと素晴らしさを伝える、今までにないショートドキュメンタリー

【放送内容】

2020年6月7日(日)

#34 丸山隆志医師(脳外科医)

『脳腫瘍治療のエキスパート』
手術中、患者さんに起きてもらい、話などをしながら
腫瘍摘出を行う「覚醒下手術」のスペシャリスト、丸山。
この日は、直径4cmほどの腫瘍ができた40歳男性の手術を行った。
腫瘍のすぐ側には人間の記憶に関係する「海馬」や、視覚に関係する「視放線」があり、
傷つけないように手術しなければいけない。
手術中、患者の意識を回復させ、提示した文字などが見えるかやりとりしながらの執刀。
こうすることで、「視放線」などを傷つけないギリギリの部分を探りながら
腫瘍の全摘出を目指すのだ。脳腫瘍の5年生存率は、腫瘍をどこまで取り切れるかで
大きく変わってくる。驚異の医技を魅せる丸山。果たして、手術の結果は?

【ドクタープロフィール】

丸山隆志(54) 
<略歴>
1992年3月  昭和大学医学部卒業
   4月  東京女子医科大学脳神経外科 入局
1993年4月  東京女子医科大学大学院脳神経外科学 入学
1994年7月  ハーバード大学医学部、Brigham&Women’s Hospital,
       Children Hospital, Brain Tumor Research Center留学
1997年3月  東京女子医科大学大学院卒業 医学博士号取得
2000年8月  日本脳神経外科専門医取得
2001年4月  東京女子医科大学 脳神経外科 講師
       東京女子医科大学大学院 先端生命医科学研究所 先端工学外科学分野 講師兼務
       東京女子医科大学大学院看護学研究科 講師兼務
2016年4月  東京女子医科大学がんセンター 研修室室長 兼務

<所属学会など>
日本脳神経外科学会
日本脳神経外科コングレス
日本意識障害学会
日本脳腫瘍病理学会
ニューロオンコロジーの会
日本脳神経外科光線力学学会
日本ニューロリハビリテーション学会

2000-2001  昭和女子大学オープンカレッジ非常勤講師
2002-2004  東京国際音楽療法専門学院 非常勤講師
2006-2019  JCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)プロトコール審査員
2015-2018  日本脳神経外科コングレス運営委員
2018-2019  総務省情報通信審議会 情報通信政策部会 IoT新時代の未来づくり検討委員会 構成員
2018-    藤田医科大学脳外科 非常勤講師

Back Number

名医の真髄~原点と真意が見える対談~

名医の原点や情熱に迫り、医療の大切さを伝えるショートドキュメンタリー「名医の極み」。
凝縮した放送のために盛り込み切れなかった取材内容がまだまだあります。加えて、番組で語られた言葉のさらに奥にある真意について、自らも医師であるSBCメディカルグループ代表の相川佳之氏が医師と直接対談し引き出します。
極みに達した医技を駆使する名医同士のクロストーク“名医の真髄”で、「名医の極み」がもっと深く興味関心が湧いてくるに違いありません。

奈良県立医科大学附属病院めまいセンター 耳鼻咽喉科医
北原糺医師(2019年12月15日、22日放送)

詳しくはこちら

藤田医科大学ばんたね病院 脳神経外科医
加藤庸子医師(2019年12月1日、8日放送)

詳しくはこちら

出沢明PEDセンター 脊椎・脊髄外科医
出沢明氏(2019年11月10日放送)

詳しくはこちら

日本大学医学部 消化器外科教授
高山忠利氏(2019年10月20日放送)

詳しくはこちら

東京女子医科大学 ガンマナイフ室長・准教授
林基弘氏(2019年10月6日放送)

詳しくはこちら