2018年10月11日スタート!
【毎週木曜】よる9:00~放送
初回拡大スペシャル


弁護士資格剥奪に、ドス黒い噂…
スキャンダラスな“元”弁護士が弱者を救う!?
2018年秋、ヤバいヒロイン誕生

米倉涼子、テレ朝木曜9時枠で
“新作”主演連ドラに挑む!!

米倉涼子が大ヒットシリーズ『ドクターX』を生んだ木曜9時枠で、新たなる挑戦!
同枠では6年ぶりとなる新・主演連続ドラマで、スキャンダラスな“元弁護士”に!!

 2012年以降、全5シリーズにわたってテレビ朝日10月期の木曜ドラマを盛り上げてきた大ヒット作『ドクターX~外科医・大門未知子~』。同作で主演を務め、絶大な支持を得た米倉涼子が2018年秋の木曜ドラマで、“新たな挑戦”に向かって羽ばたきます。この新作主演連続ドラマのタイトルは『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』。来年放送の「ドラマスペシャル 松本清張『疑惑』」では現役の敏腕弁護士を演じる米倉ですが、今回は弁護士資格を剥奪された“元”弁護士の役! しかもこの小鳥遊翔子(たかなし・しょうこ)という女、とにかく自由奔放で、資格を剥奪される前は「上司を殴ったらしい」「暴力団とつるんで恐喝していたらしい」などドス黒い噂もまことしやかに囁かれている、何だかヤバい人物のようで…!? この正体不明でスキャンダラスな元弁護士を、米倉が熱演。ゾクゾクするような悪女から、崇高な志を持つ天才外科医まで…日本中をとりこにするヒロインを演じてきた米倉が平成最後の秋、かつてない“グレーなヒロイン像”で新時代を切り開きます!

ワケあり弱小弁護士集団vs.大手法律事務所! “勝利”を賭けた“無謀な戦い”が開幕

 米倉演じるスキャンダラスなヒロイン・小鳥遊翔子を中心に繰り広げる『リーガルV』は、まさに新感覚のリーガルドラマです。なんと弁護士資格を剥奪された翔子が、ペーパー弁護士の大学教授に法律事務所を開かせた上に、もっともらしい嘘八百を並べて“ワケありの弁護士やパラリーガル”をスカウト! 悪魔のような傍若無人ぶりで彼らをこき使い、どんなに不利な訴訟でも“V”ictory=勝利を手にするため突き進んでいきます。そんな翔子の前に立ちはだかる大手法律事務所。民事訴訟を中心に厄介な案件が次々と舞い込む中、超エリート弁護士らを相手に、翔子率いる弱小弁護士集団は勝利できるのか…!? さらに「行列のできる法律事務所を作りたい」、「人を救うのに資格はいらない」――そう豪語する翔子の真意、弁護士資格を剥奪された理由とは一体…!?
 思わずニヤリとする軽快な描写の中に、一筋縄ではいかない人間ドラマをはらみながら、ついに開廷する《正義と涙の法廷劇》。近日発表予定の豪華キャスト陣とともに心機一転、米倉が挑む次世代リーガルドラマにどうぞご期待ください!

ニュース

大先輩・米倉涼子と夢の共演! 人気モデル・宮本茉由が待望のドラマデビュー!!

2018年9月10日

 『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』に、米倉の事務所の後輩である人気モデル・宮本茉由がレギュラー出演することが決定しました。

 2016年9月に開催された『第1回ミス美しい20代コンテスト』で審査員特別賞を受賞した宮本は、キュートさとクールさが同居した美貌&特技のクラシックバレエで磨き上げられたスタイルを武器に、モデルとして活躍中。現在は雑誌『CanCam』の専属モデルも務め、着実に人気とキャリアを積み上げています。そんな彼女が『リーガルV』で待望のドラマデビューを果たすことに! なんと23歳にして、本格的な芝居に初挑戦します。

 宮本が演じる中沢淳美は、翔子と対立する大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」の代表弁護士・天馬壮一郎(小日向文世)の秘書。天馬の愛人と噂される(!)、ミステリアスでセクシーな美女です。しかもこの淳美、劇中で何やらグレーな動向も見せ、その狙いが何なのか目が離せなくなる人物。そんな新人にとっては大役ともいえる役を、宮本が全力投球で演じます!

 大先輩の米倉や、同じシーンが多い小日向をはじめ、芸達者な俳優陣に囲まれながら、ドキドキの人生初ドラマに挑む宮本。彼女の記念すべき芝居&ドラマデビューを、ぜひ温かく見守ってください。

宮本茉由(中沢淳美・役) コメント

 女優デビューが決まったときは、驚きと喜びと緊張が一気に来て、感情が忙しかったです。とても有り難い機会をいただけたことに感謝し、一生懸命役を演じきりたいと思います。今回はミステリアスな秘書役ということで、素敵なドラマにさらにスパイスを加えられるよう、頑張りたいです。また、米倉さんとはまだご挨拶をさせていただいた程度ですが、撮影現場で今後ご一緒させていただき、アドバイスをいただけたら嬉しいです。
 私が目指すのは「本当にこの人にセリフはあるのか?」と、見ている人がフィクションだということを忘れてしまうほど、ナチュラルな演技ができる女優さん。『リーガルV』で大先輩方の素晴らしい演技を見ながら、一生懸命勉強したいです。


米倉涼子と敵対する弁護士役で菜々緒が法廷デビュー!

2018年9月5日

「米倉さんの背中を見ながら成長したい」
30歳の節目を迎える作品に意欲十分!!

米倉涼子と再び対決!? 菜々緒、ライバル弁護士役で出演! 法廷にも初進出!!

 『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』に、菜々緒が出演することが決定! 翔子をライバル視する大手法律事務所の野心家弁護士・白鳥美奈子を演じ、米倉を相手に火花散る芝居合戦を繰り広げます。
 米倉との共演は、菜々緒がゲスト出演した『ドクターX~外科医・大門未知子~』第3シリーズの第9話(2014年)、翌年放送のドラマスペシャル『家政婦は見た!』に続いて3回目。以前も米倉と対立する役を演じましたが、今回はさらにパワーアップ…! 仕事ではもちろん、翔子の元カレとも噂されるエリート弁護士・海崎勇人(向井理)をめぐっても、強烈な敵対心をむき出す役どころで、米倉にとことん立ち向かっていきます。
 なお、菜々緒は2017年に『A LIFE~愛しき人~』(TBS)で顧問弁護士を演じましたが、法廷に立つ弁護士役は今回が初めて! 開口一番「緊張しています」と明かしながらも、「実際に立てるなんてうれしいですね! とにかく未知の世界なので、イメージトレーニングをしたり、法廷でのやりとりが不自然にならないようセリフを自分の中に落とし込むといった準備を重ねて、撮影に臨みたいです」と意気込む菜々緒。彼女の華々しい法廷デビューを、ぜひその目に焼き付けてください!

菜々緒、10月で30歳! 「米倉さんにアドバイスを頂きながら、少しずつ前進したい」

 法廷デビューはもちろん、『リーガルV』にはもうひとつ、菜々緒にとって記念すべき要素があります。実は、本作の撮影期間中である今年10月28日に、菜々緒は30歳の誕生日を迎えることに! そんな菜々緒にとって、心強い存在が米倉だといいます。「米倉さんも強い女性を演じられることがすごく多いので、お芝居を見ているとすごく勉強になります。今回も米倉さんの背中を見ながら、どんどん成長していきたいです。このドラマの撮影中に30代へ突入しますし(笑)、米倉さんにアドバイスを頂きながら、役者としても女性としても少しずつ前進したいなって思います」と菜々緒。本作での活躍にますます期待が募ります!

菜々緒(白鳥美奈子・役) コメント

 顧問弁護士の役はやったことがありますが、法廷に立つ弁護士の役は初めてなので、緊張しています。米倉さんとまた共演させていただけること、豪華な出演者の皆さんに囲まれてお芝居ができることに今、緊張感と楽しみの両方を感じています。
 法廷は“ドラマや映画の中で見る別世界”という感覚だったので、そこに実際に立てるなんて、うれしいですね! とにかく未知の世界なので、イメージトレーニングをしたり、法廷でのやりとりが不自然にならないようセリフを自分の中に落とし込むといった準備を重ねて、撮影に臨みたいです。
 また、私が演じる美奈子は、才色兼備といいますか…内面も外見もビシッとしている、デキる女性というイメージ。まずは見た目から役作りをしつつ、視聴者の皆さんにもこういう女性の役がピッタリだと思っていただけるよう、私自身も努力を惜しまず頑張りたいです。特に米倉さんとのシーンは、マイクが自分の心音を拾っちゃうんじゃないかなってくらい、緊張する場面がたくさんあると思いますが、美奈子自身は緊張しない女性。私も“いかに緊張しないか”を目標に掲げて、撮影に臨みたいです。
 米倉さんはお姉さんという感じが漂う大人の女性。米倉さんも強い女性を演じられることがすごく多いので、お芝居を見ているとすごく勉強になります。今回も米倉さんの背中を見ながら、どんどん成長していきたいです。私もこのドラマの撮影中に30代へ突入しますし(笑)、米倉さんにアドバイスを頂きながら、役者としても女性としても少しずつ前進したいなって思います。


『リーガルV』の座組は異議ナシの勝ち組!?主演・米倉涼子のもとに豪華キャストが集結!

2018年9月3日

「初共演の方が多くて緊張していますが、
いいチームを作りたい」と米倉も意欲満々

 米倉涼子演じるスキャンダラスな元弁護士・小鳥遊翔子が、ワケありの弱小弁護士集団をこき使いながら、どんなに不利な訴訟でも“V”ictory=勝利を手にするため突き進んでいく――。米倉の新作主演ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』で、異議ナシの豪華座組が実現! 名前を聞いただけでワクワクする、個性豊かなキャスト陣が勢揃いしました。この座組に米倉は「初共演の方が多く緊張していますが、台本の読み合わせも本当に面白くて楽しくて…! 皆さんと一緒にこれから約3カ月、いいチームを作りたいと思います」とニッコリ。はたして、そのメンバーとは…!?

6人中4人が米倉と初共演!“弱小弁護士集団”は予測不可能な“最強チーム”!?
林遣都、荒川良々、安達祐実、三浦翔平、勝村政信、高橋英樹ら精鋭が集結

 翔子が率いる「京極法律事務所」は“弱小弁護士集団”ですが、演じるキャスト陣を見渡すと…紛れもない“最強チーム”! 弁護士資格を剥奪された翔子の熱弁にまんまと乗せられ、「京極法律事務所」の代表弁護士になる京極雅彦を演じるのは高橋英樹。貫禄のある佇まいとは裏腹に、実務経験ゼロのペーパー弁護士を、茶目っ気たっぷりに演じます。
 京極弁護士に加えて、弁護士チームを演じるのは林遣都と勝村政信。突出した演技力で次々と高評価を得ている林は、真面目で優秀…でも真面目すぎて不器用な弁護士・青島圭太を熱演。映画『交渉人 THE MOVIE タイムリミット高度10,000mの頭脳戦』(2010年)でも共演した米倉に徹底的に振り回される、頼りないホープを真摯に演じます。一方、勝村が演じるのは“上から目線”のヤメ検弁護士・大鷹高志。『ドクターX~外科医・大門未知子~』シリーズ(2012~2017年)でもおなじみ、米倉との息の合った掛け合いを展開しながら、唯一無二のスパイスを効かせていきます。
 さらに、パラリーガル軍団も濃厚! 荒川良々が元ストーカーのオタク事務員・馬場雄一を、安達祐実が隠れハイスペックの元女性銀行員・伊藤理恵を、三浦翔平が顔も人もいいけど少々おバカなホスト兼パラリーガル・茅野明を、“これ以上はない!”というほど個性たっぷりな芝居で立体化します。
 実はこの「京極法律事務所」チーム、林&勝村以外は全員、米倉と初共演! 彼らが一丸となったときに生まれる予測不可能な化学反応を、心ゆくまでご堪能ください。

勝利の前に立ちはだかる手強すぎる敵…向井理&小日向文世が米倉と激突!

 勝利に向かってまい進する「京極法律事務所」チームの前に立ちはだかるのが、翔子も弁護士時代に所属していた大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」です。そのエース弁護士・海崎勇人を演じるのは向井理。根っからのエリート男をスマートかつ嫌味たっぷりに演じながら、実は翔子の元カレ…との噂もある海崎の“高いプライドの壁に隠れた人間性”を、繊細に表現していきます。
 また、日本弁護士界のドンでもある代表弁護士・天馬壮一郎に扮するのは小日向文世。人権派弁護士として知られる天馬ですが、実はダークで非情な男。元部下の翔子を法曹界から葬り去ろうと暗躍します。そんな男を小日向が底知れぬ不気味さを漂わせながら表現。物語を撹乱していきます。
 さらに、鉄道オタクでもある翔子が足繁く通う鉄道バーの店員・神保有希役で、内藤理沙も出演。緊迫感あふれる法廷とはまた違う、ホッと一息つける空間を提供します。

*  *  *

 米倉を中心に豪華出演陣が一堂に会する次世代リーガルドラマ『リーガルV』。実は、本作にはまだまだ豪華な出演者が控えています! その出演者とは一体…!? 続報を心待ちにしていてください。

主な登場人物

小鳥遊 翔子(たかなし・しょうこ)(41)

米倉 涼子

「京極法律事務所」の管理人。自由奔放な言動で周囲を翻弄する元弁護士。かつて大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」に所属していたが、ある理由で弁護士資格を剥奪された。「暴力団とつるんで恐喝していたらしい」など黒い噂もあるが、真相は謎に包まれている。そんな中、ペーパー弁護士・京極雅彦を説得して「京極法律事務所」を開かせ、自分はちゃっかり管理人に。「法の下ではみんなが自由」を事務所の理念に掲げるが、彼女自身は“みんなの自由を奪う自由人”。もっともらしい理想を言って所属弁護士やパラリーガルをこき使い、自分は弁護士資格がないことを理由に何もしない。その反面、法律を利用してズルをする人間や、法律に甘えようとする人間を許さないという矜持もあり、本当に困っている依頼人を見分ける眼を持つ。刑事ドラマ『現場百回!』と鉄道が大好き。

海崎 勇人(かいざき・はやと)(39)

向井 理

「Felix & Temma法律事務所」のエース弁護士。小鳥遊翔子の元同僚で、恋人か…と噂された男。プライドが高く、上昇志向も強い。実家も金持ちで、小さいころから勉強もスポーツもできた“根っからのエリート”。裁判においては、自分の戦略に絶対の自信を持つ傲慢な性格で、勝つためなら時には違法な手段さえ用いてきた勝利至上主義者。代表弁護士・天馬壮一郎の期待に応え、汚れ仕事も厭わずこなしている。

青島 圭太(あおしま・けいた)(27)

林 遣都

「京極法律事務所」の弁護士。国内最大手の「Felix & Temma法律事務所」に就職しようとしたが、極度のあがり症で、面接に失敗。中規模の弁護士事務所で“いそ弁(=居候弁護士)”として働いていた。ある日、突然現れた小鳥遊翔子にスカウトされ、「京極法律事務所」で働くことに。真面目で優秀…でも真面目すぎて器用に振る舞えず、法廷や交渉での駆け引きに負けてばかりで敗訴が続いている。打たれ弱いところがあり、“弁護士向いてないのかも!?”と自己嫌悪に陥りがち。

白鳥 美奈子(しらとり・みなこ)(29)

菜々緒

「Felix & Temma法律事務所」のアソシエイト弁護士。キャリア2年目で、海崎勇人の下で働いている。物腰は柔らかいが、一皮むけば上昇志向の塊のような野心家。海崎の技を盗んで、パートナー弁護士へ昇格しようと狙っている。どんなことでも利用して、トップを目指そうと目論んでおり、代表弁護士・天馬壮一郎とも取引できる能力がある。小鳥遊翔子に対しては弁護士としても女としても、一方的にライバル心を燃やし、激しく嫌悪する。

馬場 雄一(ばば・ゆういち)(42)

荒川 良々

「京極法律事務所」のパラリーガル。元ストーカーのオタク事務員。警備会社に17年勤めていたが、2年前に一方的に好きになった部下からストーカー被害で訴えられ、服役していた。尾行調査が得意。粘着質で、任された調査は徹底的に行う。しかし調査しているうちに、自分の興味のある一点に縛られすぎて他のものが見えなくなってしまうことがある。

神保 有希(じんぼ・ゆき)(28)

内藤 理沙

小鳥遊翔子が足繁く通う鉄道バーの店員。支払いが滞りがちな翔子をたしなめながらも、何だかんだいって来店を歓迎している。

中沢 淳美(なかざわ・あつみ)(24)

宮本 茉由

「Felix & Temma法律事務所」の代表弁護士・天馬壮一郎の秘書。天馬の愛人と噂されるミステリアスでセクシーな美女。天馬のそばにいつもいるため、その非情な顔もよく知っている。天馬に忠実かと思いきや、何やらグレーな動向もやがて見せ始め…!?

伊藤 理恵(いとう・りえ)(38)

安達 祐実

「京極法律事務所」のパラリーガル。隠れハイスペックの元女性銀行員。大手銀行に13年勤めたが、惚れた男のために1億円を横領。実刑判決を受け、3年服役していた。情にもろいところが玉にキズだが、仕事は丁寧で早い。日商簿記検定3級、証券外務員1種、生命保険一般課程、FP2級など、銀行員に必要な資格は一通り持っている。ケチで金の管理が得意なので、京極事務所の金庫番を任される。

茅野 明(かやの・あきら)(28)

三浦 翔平

「京極法律事務所」のパラリーガルであり、現役のホスト。顔も人もいいけど、ちょっとおバカ。天性の人たらしで、老若男女にもてる。ホストクラブで小鳥遊翔子と出会い、なんとなく意気投合、翔子を「姐さん」と慕っている。人懐っこいので、意外にも聞き込みなどの調査が得意だが、難しい話は耳に入らない。

大鷹 高志(おおたか・たかし)(50)

勝村 政信

“上から目線”のヤメ検弁護士。特捜部にまで配属されたことのある元・エリート検事で、弁護士時代の小鳥遊翔子とは法廷で対決したことがあり、こてんぱんにやられた。ある理由から弁護士に転身したが、プライドの高さから客が付かず、基本的にヒマ。大学時代の恩師・京極雅彦が翔子にだまされているのでは…と思い、翔子を見張るうちに「京極法律事務所」で弁護士をやることになる。

天馬 壮一郎(てんま・そういちろう)(63)

小日向 文世

「Felix & Temma法律事務所」の代表弁護士。弁護士会会長も務める、日本弁護士界のドン。小鳥遊翔子の元上司。人権派の弁護士として知られているが、勝つためには手段を選ばず、一度でも自分の命に背いたものは許さない非情な男。かつては優秀な部下だった翔子を自分の右腕のように思っていたが、現在は翔子を疎んでいる。

京極 雅彦(きょうごく・まさひこ)(65)

高橋 英樹

「京極法律事務所」の代表弁護士。法学部を卒業後、大学に残り、法学者として教授になった。法律学教授経験者に対する認定制度で弁護士資格は持っているが、実務経験はゼロの“ペーパー弁護士”。実はいろいろな資格試験にチャレンジし、多くの資格を持っている。小鳥遊翔子の誘いに乗せられ、事務所開設費用の500万円と実印を翔子に預け、法廷デビューを目指す。

第1話あらすじ

初回拡大スペシャル 2018年10月11日(木)よる9:00~

 敗訴が原因で依頼人の母を自殺へ追い込む結果となり、失意の表情で断崖絶壁にたたずむ若手弁護士・青島圭太(林遣都)の腕を、喪服姿の女が突如つかんだ。「死んじゃダメ。勝つまで戦うの」――。女の名は小鳥遊翔子(米倉涼子)。青島をスカウトしに来たという翔子は「弱者を救うための法律事務所で一緒に戦いましょう」と熱く語りかけ、翌朝訪ねてくるよう言い残して去っていく。
 一方、ペーパー弁護士の大学教授・京極雅彦(高橋英樹)は退官の日を迎えていた。実は京極、翔子から「一緒に正義の法律事務所を始めてみませんか?」と誘われ、新たな人生を踏み出そうとしていたのだ。ところが、肝心の翔子とは連絡がつかない状態…。そればかりか、翔子が弁護士資格を剥奪され、大手弁護士事務所「Felix & Temma法律事務所」をクビになっていた事実も判明する! 恩師である京極から事情を聞いたヤメ検弁護士・大鷹高志(勝村政信)は詐欺だとにらみ、翔子の居場所を徹底調査。しかし、ようやく突き止めた住所を訪ねると、そこには「京極法律事務所」と記された表札と看板が! 大鷹はやけに調子のいい翔子を警戒するが、代表弁護士として迎えられた京極はすっかり舞い上がり…。
 その頃、翔子に指定された住所へ向かっていた青島は、駅のホームで痴漢騒動に出くわす。一流企業「君島化学」の社員・安田勉(児嶋一哉)が、若い女性・三島麻央に「お尻を触られた」と糾弾され、必死で無実を主張していたのだ。見過ごすことができない青島は、安田の弁護を引き受けるのだが…。
 その安田が後日、送検された! しかし、痴漢事件は圧倒的に被害者が有利…。弱者救済を高らかに謳っていたはずの翔子も、青島から話を聞くや「儲けも少ないし、売れない弁護士がやるクズ案件」とバッサリ切り捨てる。ところが、安田がふと発した“ある一言”に、翔子は目の色を変え…!?

コメント

米倉涼子(小鳥遊翔子・役) コメント

 今回は私の方から「ぜひ新しい挑戦をさせてください」とお願いして、スタッフの皆さんと内容を相談しながら実現した新作。プロデューサーさんが提示してくださった3つのタイトルの中から、「最後はVサインで終わりたいね」という願いも込めて選んだのが、この『リーガルV』です。せっかくの機会なので『ドクターX』のイメージを変えたくて、髪も約20cm切り、人生最短にしました。私自身にとっても、作品に関わってくださる皆さんにとっても、すごい挑戦になると思っていますし、今はドキドキしています。顔合わせでも、久々に目が回りそうなくらい緊張しました。でも、自分で言い出したことですし、最後まで頑張ります!
 小鳥遊翔子はすごく自由な女性なので、事前にキャラを固めず、その時々で思ったことをやってみようかな、と思っています。実際に台本の読み合わせでも、違和感なく思ったことを口にできる感覚がありましたし、皆さんとの掛け合いもすごく楽しかったので、いい意味でラクに演じていけそうな気がしました。と同時に、演じる側の自分たちだけが気持ちよくならないよう気を付けたい、とも思っています。
 ちなみに今回、一番ハードルが高いのは“鉄道が大好き”という設定(笑)。私自身は“体を動かすことが好きなインドア派”ということもあって、“各地で鉄道に乗って駅弁を食べること”の本当の楽しさをまだ知らないので、突き詰めていきたいです。これは、自分でも意外な初挑戦ですね(笑)。実は今月頭に、鉄道マニアだという安住紳一郎アナと一緒にロケをしたとき、すごくうれしそうに鉄道について話していたんですよ! あのご様子を今回ぜひ参考にさせていただきたい、と思います(笑)。
 新しい挑戦に向け、私自身はまだまだ緊張感の中に身を置いていますが、視聴者の皆さんには「なんだか自由で楽しいな」と思っていただけるドラマを目指しますので、ぜひ見ていただきたいです。

内山聖子(テレビ朝日エグゼクティブプロデューサー) コメント

“失敗しない女”から“クビになった女”へ(笑)
自由で勝手なのに、必ず人を救う。
そんな新しいヒロインに、毎週逢いたくなります!!

スタッフ

(脚 本)

橋本 裕志

(音 楽)

菅野 祐悟

(企画協力)

古賀 誠一(オスカープロモーション)

(エグゼクティブプロデューサー)

内山 聖子(テレビ朝日)

(プロデューサー)

大江 達樹(テレビ朝日)
峰島 あゆみ(テレビ朝日)
霜田 一寿(ザ・ワークス)
池田 禎子(ザ・ワークス)
大垣 一穂(ザ・ワークス)

(演 出)

田村 直己(テレビ朝日)
松田 秀知

(制作協力)

ザ・ワークス

(制作著作)

テレビ朝日