2019年放送!

黒い女刑事、再び!
貫地谷しほり&岸谷五朗、
実力派コンビが帰ってくる!

警察の暗部を抉り出す
新たな刑事ドラマの幕が開く!

 2017年12月に放送された「黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子」の第2弾。主人公の神木恭子は貫地谷しほり、相棒ともなる先輩刑事・折原圭作に岸谷五朗、と前回の刑事コンビが再び登場!新たな警察組織の闇へと捜査のメスを入れていく、ハードボイルドな魅力も垣間見える作品に仕上がりました。

■これまでの刑事ドラマとは一線を画す独特の世界観を展開

 2017年12月に放送されたドラマスペシャル「黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子」の待望の第2弾。前回の第1弾は、元大阪府警暴力犯担当刑事という経歴を持つ作家・二上剛氏によるリアリティあふれる警察小説「黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子」を初ドラマ化。所轄署刑事課強行犯係に配属された、貫地谷しほり演じる女性刑事・神木恭子は、刑事が天職かと思うような天才的推理を展開するが、その美形に似合わず、時折、違法な捜査に手を染めてでも真相を解明しようとする無鉄砲で黒い部分も併せ持つ…まさに黒薔薇だ。そんな神木が少々粗っぽいがやり手のベテラン刑事、岸谷五朗扮する折原圭作とコンビを組み殺人事件を担当。 複雑な謎を解き明かすうちに、恭子は警察官だった父親の死の真相を知ることになり、やがては警察組織の闇までをも浮かび上がらせていく、というハードで濃密なストーリーを豪華キャストで展開しました。この作品で貫地谷と岸谷は初共演、演技力に定評のある二人が、「相棒」などでおなじみの和泉聖治監督の独特の映像世界の中で躍動。
 深みのある謎解きに濃密な人間ドラマが絡み合い、さらに映像美も相まって、これまでの2時間の刑事ドラマとは一線を画す独特の世界観で視聴者を魅了しました。

■初共演から2作目へ。貫地谷しほりと岸谷五朗が絶妙のコンビネーション披露!

 第2弾も二上剛氏原作の「ダーク・リバー」(講談社文庫)をもとに、「黒薔薇」の神木恭子と折原圭作の活躍を描きます。内勤の警務課・資料係の神木(貫地谷)はひょんなことから老人の変死体が発見された現場へ。キャリアの検視官は病死で処理しようとするが、他殺の疑いを抱く神木には納得できない。一方、神木と同じ所轄署の刑事課強行犯係主任の折原(岸谷)も似たような事件に遭遇。久々に顔を合わせた二人は、それぞれの事件の共通点を洗い出すうちに、警察内部の闇へと足を踏み入れていきます。
 身寄りのない老人の変死体から抱いた神木の違和感が、警察組織を揺るがすような巨大な犯罪へと広がっていく…。元警察官の二上剛氏だからこそ描ける、リアリティ溢れるスリリングな犯罪捜査の世界へ今回も見る者をグイグイと引き込んでいきます。

 主人公の神木を演じる貫地谷は「前回の終わり方(神木が提出した辞表を折原が破り捨てる)で、岸谷さんとまた会える予感がしていたので、今回それが実現してすごくうれしかったです」と笑顔を見せると、折原を演じる岸谷も「しほりちゃん演じる神木という刑事がすごく魅力的な役だと思っているので、そんな神木に再び会えたのでうれしかったですね」と、第2弾への喜びと期待を語ってくれました。
 それぞれの役にすんなりと入れたという二人ですが、チームワークがかなり良くなったようで、その様子はこんな会話からも垣間見ることができました。

貫地谷「今回の折原は私とコンビを組むことをすごく喜んでいるんです。キャラなどは変わっていないんですが、そこがすごく可愛らしく感じました(笑)」

岸谷「愛くるしくなっているんだよね、同じことばかり言っているし」

貫地谷「すごくニコニコしているわぁ、と(笑)。コンビを組むことにワクワクしている様が愛おしいですね。ただ神木としては『ちょっとやめて』という感じなのですが(笑)」

 また、神木が何かと先輩風を吹かせる折原に対して、独り言で「ゴリラ」と毒づくシーンも前回同様健在。「毎回、ごめんなさい、と思いながら言っているんですが」と貫地谷が言えば、岸谷が「嬉しそうに言ってるじゃない」と突っ込んで笑わせてくれました。
 女性刑事として、さらに成長した貫地谷演じる神木恭子、そして今回は教育係ではなくパートナーとしてリードし、サポートする岸谷扮する折原圭作。時に軽妙な面も発揮する、円熟味を増した個性的な刑事コンビにもご注目ください。

■柳葉敏郎が捜査一課長役で登場!和泉監督の映像美もみどころに!

 そのほか、折原らから“叩き上げの星”と尊敬される辻井幸則警視庁捜査一課長役で柳葉敏郎が出演。警察内部の犯罪に迫っていく神木と折原に捜査一課長としてどう絡んでいくのか、柳葉の独特の個性が発揮される演技にも注目です。
 さらに一連の事件のキーマンとして神木らの捜査に協力する警視庁鑑識課・検視官係員の島垣雅也役で、かつて故・蜷川幸雄演出のもと「蒼白の少年少女たちによる ハムレット」でハムレット役を演じた演技派の川口覚が出演。重厚なストーリーを盛り上げます。
 そのほか、前回から鑑識係・木下宏に木下ほうか、BAR「メロス」のママ、神大寺義経役でミッツ・マングローブ、神木の母・綾子役で丘みつ子など個性的な実力派が脇を固めています。
 監督は、前回に引き続き「相棒」シリーズなどでおなじみの和泉聖治。貫地谷、岸谷も絶賛する照明技法などで独特の世界観は健在。重厚感あふれる映像でリアリティのあるストーリーをさらに盛り上げています。そんな和泉監督の演出についても、貫地谷、岸谷がそれぞれの言葉で語ってくれています。

岸谷「やっぱり和泉組という独特の流れと空気感は演じていて、本当に気持ちがいいです」

貫地谷「朝、現場に来てもどのシーンを撮るかわからない時があります。そんなライブな感じが面白いですね」

岸谷「映画的だよね。基本的にワンシーンの撮影で芝居を通してやらせてくれる。そんな映画的な、長回しの撮り方が俳優にとってはすごくいいですね」

貫地谷「この間は急にハイスピードカメラが出ましたから。すごく普通のシーンだったので、『え、ここでハイスピード?』と思いましたが、すごくカッコ良かったです」

 事件捜査ものとしてのスリリングな展開はもちろん、警察組織の闇に迫った社会派ドラマ的な要素が巧みに絡み合った重厚なストーリーを、実力派俳優と和泉監督の凝った演出で描き出す異色作。2時間刑事ドラマの新たな世界観にどうぞご期待下さい。

主な登場人物

神木恭子(かみき・きょうこ)

貫地谷しほり

黒川署警務課・資料係。以前は刑事課強行犯係の刑事だったが、提出した辞表を折原に破り捨てられ黒川署勤務に。刑事としての才能を認める折原は現場に復帰させようとしたが、本人は内勤の今の仕事に満足している。亡き父も元刑事。

折原圭作(おりはら・けいさく)

岸谷五朗

黒川署刑事課・強行犯係主任。少々気性は荒いが、持ち前の観察力の高さで事件解決へと導く頭脳派でもある。以前は新人の神木を煙たがっていたが、その実力を素直に認める懐の深さも持ち合わせる。刑事の仕事を嫌がる神木を半ば無理やり現場に引き戻し、なし崩し的にコンビを組んで事件捜査にあたる。

辻井幸則(つじい・ゆきのり)

柳葉敏郎

警視庁捜査一課長。ノンキャリアながら現在の地位にまで上り詰めた、折原いわく「叩き上げの星」。かつて神木の父にも世話になっており、前回警察内部の闇を暴き、事件を解決に導いた神木を高く評価。警察組織の浄化を目指し、神木に協力を依頼する。

島垣雅也(しまがき・まさや)

川口 覚

警視庁鑑識課・検視官室係員。エリートコースを歩む検視官・安岡の運転手として現場へ同行するなど行動をともにしている。安岡の行動に疑問を抱いた神木、折原の捜査に協力する。

安岡 章(やすおか・あきら)

宮本大誠

警視庁鑑識課・検視官。6年前に突然、異例の速さで警部に昇進し、現在の階級は警視で、次期、捜査一課長候補とまで言われている。現場で検視する際には、他に誰も入れさせない。

木下 宏(きのした・ひろし)

木下ほうか

警視庁鑑識課・鑑識係。上司の目を盗んで折原にこっそり鑑識情報などを届ける協力者。とはいえ、本人はイヤイヤ折原の命令に従っているだけで何か弱みを握られているらしい。

神大寺義経(じんだいじ・よしつね)

ミッツ・マングローブ

折原行きつけのBAR「メロス」のママ。折原を通して知り合った神木とも親しくしている。折原とは悪態を付きつつ、互いに笑い合う仲。折原も彼の目の前で神木と捜査情報の交換をするほど信頼している。

班目 淳(まだらめ・じゅん)

小沢和義

班目クレジットサービス社長。暴力団幹部の二代目らしく、ヤミ金業者との評判も。神木が高校時代に出場した剣道の国体で、成年男子の部で優勝。裏社会に通じており、その筋からの情報を神木らに提供する。

神木綾子(かみき・あやこ)

丘みつ子

神木恭子の実母。元刑事の夫を亡くしながらも元気に暮らしている。明るい性格で、仕事のことで悩む娘の心の中にまで入り込むことなく、一歩離れて励ます。

あらすじ

 黒川署で内勤の警務課で働いている神木(貫地谷しほり)は、ある日の宿直で老婆の変死体が見つかった現場に臨場させられる。すでに腐敗しており、孤独死のように見えたが、神木は他殺の可能性も感じ取る。しかし、鑑識課の島垣(川口覚)を運転手に堂々と現れたエリート検視官・安岡(宮本大誠)は、一人現場の部屋にこもっての検視を終えると急性心疾患で処理。神木が意見をする暇もなく、安岡はさっさと退場、島垣も神木に「すみません」と頭を下げるしかないようだ。

 臨海署から黒川署に異動してきた折原(岸谷五朗)が、孤独死した老婆の部屋から現金を盗んだという疑いをかけられた。あらぬ疑いをかけられ怒りを露わにする元上司と思わぬ形で再会した神木だったが、実は神木が臨場した老婆の変死現場からも現金がなくなっていた。折原の現場で検視を担当したのも、やはり安岡。一人現場にこもり、検視と称して現金を奪っているのか?折原は6年前から急に出世し、エリートコースを歩み始めた安岡の経歴に疑問を抱き、無理やり神木を相棒に捜査を開始する。

 かつての安岡の同僚によると、安岡は捜査中に被害者宅から金を盗んだと浦辺(赤屋板明)というコンビを組む先輩刑事を告発。退職に追い込んだことがあったという。当時、安岡も盗みに加担していたらしいが、上層部は安岡をヒーロー扱いして事件を幕引き。以後、安岡は出世街道を歩み始めたらしい。

 神木と折原が浦辺の行方を追っていると、安岡の他殺体が見つかったという連絡が入る。遺体の顔面は判別がつかない状態だったが、名刺やカードなどから身元が確認されたという。神木は遺体の手首についた不自然な傷を、昔の窃盗罪に対する断手刑の表現ではないかと推理。安岡の窃盗癖を知る人物=浦辺が犯人ではないかと睨む。

 神木と折原は島垣に接触。安岡が死亡する少し前、「URA…」と表示された着信相手の電話を受けてから様子がおかしくなったことを知らされる。電話の相手は浦辺で、安岡は浦辺から強請られていたのではないか。そして、耐えられなくなった安岡が反撃に出たところを逆に殺されてしまった…!? 神木らは島垣にも全てを話し協力を取り付ける。

 そんなある日、黒川署にやってきた辻井捜査一課長(柳葉敏郎)から呼び出された神木は、過去の活躍を称賛される。現場への異動を刑事課長に進言する辻井を見ながら、神木は折原の仕業だと直感する。

 やがて浦辺の財布を持っていた男の遺体が発見された。沼検視官(青山勝)による解剖の結果、死因は急性心筋梗塞と断定されるが、なぜか遺体には腎臓が一つないことがわかる。多額の借金をしていたその男は闇で自分の臓器を売って返済したのではないか?折原はその臓器売買に安岡が関わっていた可能性を示唆する。

 そんな折、辻井に呼び出された神木は警察の“膿”を出したいと協力を依頼される。警察の“膿”とは?今回の一連の事件とも関係があるのか?
 さらに捜査を続ける神木と折原は、警察内部の闇へ深く入り込んでいく…。

コメント

貫地谷しほり コメント

 私は元気で明るい役がとても多かったので、前回、神木を演じた時は迷いもあったのですが、今回は神木のイメージが出来上がっていたので役に入りやすかったですね。
 折原に対して実は仲間意識があったんだというところも垣間見えるのですが、そこで胸が熱くなりました。嫌だ、嫌だと言いながら実はいい関係性を構築していたんだと思いました。
 ドラマなのでストーリーはフィクションですが、原作が元警察官の二上先生なので説得力があります。そんな原作の持つパワー、正義を持って立ち向かう神木恭子というキャラクターは魅力的です。さらに折原との凸凹なコンビ感、そこもみどころですね。

岸谷五朗 コメント

 改めて折原を演じてみて「あー、こいつ元気で仕事していたんだろうな」という特別な感情が湧きました。懐かしさというか、喜びみたいなものを感じましたね。そんな感じですぐに折原に戻れました。
 このドラマで凛とした部分を演じる貫地谷さんが本当にカッコよくて素敵なんです。神木が何かを思いついて行動に出る瞬間などすごくカッコいい。それが見られるのがうれしいですね。
 この作品はなかなかないドラマであることは確かです。普通の刑事ドラマというジャンルにはない入り組んだ設定と、しかも警察組織という自分たちの世界を探っていく。そこを味わって見ていただければ、と思います。

大川武宏プロデューサー コメント

 前作でセンセーショナルな登場をした『組織に一切忖度しない刑事』神木と折原のコンビが帰ってきます! 今回、二人のバディ感が増しているので、キャラクターが際立ち、さらに面白くなっています。名匠・和泉監督によるテレビ朝日の新しいクライムサスペンス誕生に注目お願いします!

スタッフ

原 作

二上 剛
「黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子」「ダーク・リバー 暴力犯係長 葛城みずき」(講談社文庫)

脚 本

春日光蔵

音 楽

𠮷川清之

監 督

和泉聖治

プロデューサー

大川武宏(テレビ朝日)
大江達樹(テレビ朝日)
中村和則(OHC)
岡崎道徳(OHC)

制 作

テレビ朝日
OHC(オフィス・ヘンミ・クリエイティブ)