2020年3月8日(日)スタート!
【毎週日曜】午前9:30~10:00放送

スーパー戦隊シリーズ44作目は

史上最高にゴージャス!

『宝石+乗り物』という斬新なモチーフの

キラキラ輝く戦隊が登場!!

さらにシリーズ史上初!

テレビに先駆けて映画を公開!!


■2020年、キラキラ輝く戦隊が誕生! シリーズ44作目は『魔進戦隊キラメイジャー』

 2020年3月8日(日)にスタートするスーパー戦隊シリーズ第44作は、『魔進戦隊キラメイジャー』。人が輝いて生きることを物語のテーマに、“全力で活躍して輝く”ヒーローたち、そのビジュアル、アクション、ロボ戦など、すべてがキラキラした、これまで見たことのないほどゴージャスなスーパー戦隊が誕生します!
 不思議なパワーを秘めた美しい宝石に戦士として選ばれた5人が、人々から希望や輝きを奪おうとする闇の軍団と戦います。
 そんな本作のヒーローは、攻撃を創造する“創”の戦士・キラメイレッド、多彩な射撃を繰り出す“射”の戦士・キラメイイエロー、高速攻撃が得意な“速”の戦士・キラメイグリーン、剣撃で敵を倒す“斬”の戦士・キラメイブルー、治癒能力と合気道に秀でる“治”の戦士・キラメイピンクの5人。彼らがそれぞれの得意分野を生かして敵と戦い、人々の希望と輝きを守ります。

■モチーフは『宝石+乗り物』! 不思議なパワーを秘めた宝石が巨大な乗り物に!!

 本作のモチーフとなるのは『宝石+乗り物』! 赤、黄、緑、青、桃…不思議なパワーを秘めた“キラメイストーン”という美しい宝石は、意志をもち、タッグを組むにふさわしい戦士を選び出します。さらに、キラメイストーンは戦士の個性と共鳴し、巨大な乗り物・魔進(マシン)に変形!
 『宝石+乗り物』という斬新なモチーフで、華麗に戦うヒーローたちの活躍を描きます。

■意志をもつ魔進(マシン)がヒーローの相棒に!! タッグを組んで闇の軍団とバトル!

 キラメイジャーとタッグを組む魔進は意志をもっています。ヒーローと魔進のちょっぴりコミカルなやり取りや、気持ちを一つにして敵に立ち向かう姿も見どころの一つ!
 キラメイレッドの相棒となる魔進は、巨大な<消防車>! 巨大で戦うパワーも強力、さらにハシゴの救助も可能な万能魔進です。キラメイイエローとタッグを組むのは、ブレーカーで大地や壁を豪快に削る<ショベルカー>。強靭なアームを使って爆弾などを超高速で投げ飛ばします。キラメイグリーンの相棒は、とにかく速い<スーパーカー>! ターボを効かせると驚きのスピードを叩き出します。また、キラメイブルーの相棒は、けた外れの攻撃力を備えた<ジェット機>! 主翼をカッターにして、敵を一網打尽にします。キラメイピンクとタッグを組むのは、自由自在に空を舞う<ヘリコプター>。プロペラであらゆる攻撃を跳ね返します。
 ――このように、個性あふれる魔進とキラメイジャーたちがタッグを組み、人々から希望や輝きを奪う闇の軍団に立ち向かいます!

■シリーズ史上初の試みも実施! テレビに先駆けて2020年2月に映画を公開!!

 さらに今回、シリーズ史上初の試みとして、2020年3月8日(日)のテレビ放送スタートに先駆け、2月8日(土)に劇場用映画『魔進戦隊キラメイジャー エピソードZERO』を公開! 『スーパー戦隊MOVIEパーティー』と題し、『騎士竜戦隊リュウソウジャーVS快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』と同時上映となる二本立てでの公開が決定しました。
 映画では、地球にやってきた宝石の国のお姫様とキラメイストーンが、キラメンタルという、魅力やずば抜けた才能の源となる強い“輝ける精神”をもった人を探し出し、戦士としてスカウトする様子が描かれます。
強いキラメンタルをもつ、輝きながら活躍している人こそ、闇の軍団を倒すにふさわしいヒーロー。
 はたして、どんな人たちがヒーローに抜擢されるのでしょうか――?
 テレビの放送よりも先に、ぜひ劇場で『魔進戦隊キラメイジャー』の世界を感じてみてください!

©2020 テレビ朝日・東映AG・東映

ニュース

『魔進戦隊キラメイジャー』会見レポート

2020年1月16日

キラっと参上! カラッと解決! スーパー戦隊史上最もキラキラ輝くヒーロー『魔進戦隊キラメイジャー』が誕生! 「人が輝いて生きること」を物語のテーマに、不思議なパワーを秘めた美しい宝石“キラメイストーン”に戦士として選ばれた5人が闇の軍団と戦います。
1月16日(木)に行われた制作発表会見には、キャスト陣が集結し意気込みを。また、キラメイジャーが活躍するヒーローショーや、アーティストによるライブで主題歌のお披露目も!

キラメイレッド / 熱田充瑠(あつた・じゅうる)役 小宮璃央

想像したり絵を描くことが好きな高校生、キラメイレッド/熱田充瑠を演じる小宮璃央さんは、メンバー最年少の17歳。「充瑠は、普段は地味な高校生ですが、絵を描きだすと『ひゃっほー!』とはしゃいじゃう。最初は、なかなかハイテンションで『ひゃっほー!』と言えませんでしたが、監督の指導もあって、だんだんみんなの前ではしゃげるようになりました」と、会場でも「ひゃっほー!」を披露してくれました。
そんな小宮さんですが、5人そろっての初変身シーンで困ったことが!? レッドにとっては初変身でしたが、他4人はすでに変身シーンを撮影していたため、「俺だけ変身の仕方を知らなかったんです。みんな教えてくれないから」と裏話を告白し、笑いを誘いました。

会見では、自分がキラメイていると思う瞬間をフリップで発表。ダンス&ボーカルグループとしても活動する小宮さんは、体を動かすことが大好きだそうで「運動をしている時」と回答。また、子供の頃のヒーローを問われると、「母です。母ひとりで育ててくれたんですが、頑張ってくれた姿を見て“僕のヒーロー”だと感じていました」と感謝の言葉を。そして最後は「1年かけて最も愛される作品にしたいです」と力強い意気込みを聞かせてくれました。

キラメイイエロー / 射水為朝(いみず・ためとも)役 木原瑠生

eスポーツ界のNo.1プレイヤーであり、キラメイジャーのリーダー的存在のキラメイイエロー/射水為朝を演じる木原瑠生さん。為朝について「他のメンバーに的確な指示を出したり、率先してリーダーシップをとっていくタイプ。“どっちでもいいじゃん”とか“何でもよくね?”みたいな問題に対しても、意志を貫く信念がある男だと思います」と分析。eスポーツをするシーンに向け必死でゲームをしたそうで、「ゲームをするシーンが多いんですが、ちゃんとやらなくては、と思っていたら練習しすぎてしまって…(笑)。ゲームをダウンロードし過ぎて、本番の直前に映像が見られなくなってしまう」というハプニングもあったそう。

木原さんのキラメイている瞬間は、「好きなことを語っている時」。『仮面ライダークウガ』が大好きとのことで、ステージの上でもクウガ愛をアツく語りキラメキを見せてくれました。そんな木原さんにとってのヒーローはクウガとB'z。歌手としても活動している木原さんは、B'zのように「感動して拍手もできないくらい圧倒したパフォーマンスをしたいという夢がある」そうです。

キラメイグリーン / 速見瀬奈(はやみ・せな)役 新條由芽

100m走の日本記録を持つ女子陸上界のスピードスター、キラメイグリーン/速見瀬奈を演じる新條由芽さんは、「瀬奈の明るさでみなさんに笑顔を届けられるよう頑張ります」とニッコリ。陸上選手役のため、「体を動かすことが苦手なので、早急に走る練習をしなくてはと、トレーナーさんにかっこよく走るランニングフォームを教えてもらいました。陸上シーンは、せいいっぱい出し切ったところなので注目して見て欲しいです」と役への取り組みを語りました。

新條さんのキラメイている瞬間は「撮影の時」。「やっていて楽しいし、やりがいをすごく感じるので」と、キラキラの笑顔に。そんな新條さんにとってのヒーローはプリキュア。「『ふたりはプリキュア』のキュアホワイトのほのかちゃんが好きで、妹と一緒にプリキュアごっこをしてました」と、かわいいエピソードを教えてくれました。

キラメイブルー / 押切時雨(おしきり・しぐる)役 水石亜飛夢

イケメン人気アクション俳優、キラメイブルー/押切時雨を演じる水石亜飛夢さんは、「劇中で(アクション俳優として)様々な役を演じるので、いろんな姿で時雨の魅力をお届けできたら」と意気込みを。また、「剣の達人で、自分に厳しく、お堅くクールにふるまっているのですが、実は…という役。そこをお楽しみに」とのことなので、時雨の知られざる一面にも注目です。

水石さんのキラメイている瞬間は、夢中になれるものがなかった自分を変えてくれた「芝居」。「芝居をしている時と、それを見てくださった方からレスポンスが返ってきた時」と答えました。そんな水石さんにとってのヒーローは、名付け親でもあるという16歳上の兄。「へらへらしているように見せているけど、家族思いで仕事にも熱い。子供の頃から、こういう余裕のある大人になりたいなと思っていました」と。

また、2000人を超える応募者が殺到したオーディションの時の話も告白。変身シーンで偶然この5人が組んだことがあり「5人で変身するって心強いんだ」と感じたそうで、キャストが決まった時「この5人なら戦えると思いました」と感動するエピソードを。ところが、それを覚えていなかった小宮さんは「(オーディションで)5人で組んだことあった?」と天然ぶりを発揮し、会場を笑わせました。

キラメイピンク / 大治小夜(おおはる・さよ)役 工藤美桜

美人すぎるスーパードクター、キラメイピンク/大治小夜を演じる工藤美桜さんは、「みなさんにキラキラを届けられるよう、私自身もキラキラと輝けるよう精一杯頑張ります」と意気込みを。外科医役のため手術シーンにも挑戦し、「手先が不器用なんですが、医療指導の方に丁寧に教えていただいて、たくさん練習したので手術シーンは自信があります」と、笑顔を見せました。また、小夜は合気道の達人でもあるため、アクションシーンでの合気道の動きにも注目。

工藤さんのキラメイている瞬間は「おいしいご飯を食べている時!!」「食べるもの好きだし、ファンの方にも『美桜ちゃんが食べているのを見ていると幸せを感じる』と言っていただけるので」とのこと。ちなみに、好きな食べ物は「背脂がのったラーメン。硬麺、濃いめ」と、意外な一面も!? そんな工藤さんのヒーローは、『百獣戦隊ガオレンジャー』のガオイエロー。部屋にポスターを貼っていたそうで、「子供たちにキラメイジャーのポスターを貼ってもらえるのでは」という声に、「わ~それはうれしい!」と大感激でした。

博多南無鈴(はかたみなみ・むりょう)役 古坂大魔王

キラメイジャーの協力者、博多南無鈴を演じる古坂大魔王さん。まずは「キラメイジャーを金銭的にもサポートしていく役なので、役作りとして(財布に)多めにお金を入れています。ウソですけど」と笑いをとり、「結構、謎が多い。この人は何者なのか全くわかってない。なんでこんなこと知ってるの?みたいなところもあるので、そういう意味では鍵男…キーマンですね」と役について解説。

1歳半の娘の父親でもある古坂さんのキラメイている瞬間は、「娘をお風呂に入れて風呂から上がって、娘ふいて、やっとこ自分ふきはじめて鏡にうつった自分を見た時」。今一番幸せな時だそうで、鏡にうつった自分を「光ってんな」と思ったそう。

そんな古坂さんのヒーローは、『仮面ライダー』のストロンガー、スカイライダー『宇宙刑事ギャバン』、アントニオ猪木さん。小6の頃、プロレスラーになりたかった古坂さんは、猪木さんに弟子入り志願をしたことがあるそう。その際、猪木さんは古坂少年の背中をバーンと叩き、「痛いか」と聞いてきたため「痛いです」と答えたところ、「じゃあやめろ」と言われたというエピソードを披露し、「そこでプロレスの道をあきらめ、お笑いの世界に来ました」と笑わせました。

スーパー戦隊シリーズ第44作目となる『魔進戦隊キラメイジャー』、テレビ放送は3月8日(日)スタート。さらにシリーズ初の試みとして、放送に先駆け、2月8日(土)より劇場用映画『魔進戦隊キラメイジャー エピソードZERO』を公開します。

©2020 テレビ朝日・東映AG・東映

キャスト

キラメイレッド:熱田充瑠(あつた・じゅうる)

小宮璃央

絵を描くことが好きな高校生。
レッドキラメイストーンに認められるが、一見他のキラメイジャーのメンバーの様に輝いていないと及び腰に。
しかし類稀なる想像力を持ち、「ひらめキーング!」と想像力が溢れてゾーンに入った時には誰にも負けないキラメンタルの輝きを放つ。相棒は魔進ファイヤ。

「ひらめきスパークリング!」

小宮 璃央(こみや・りお)
2002年11月19日生まれ(17歳)

キラメイイエロー:射水為朝(いみず・ためとも)

木原瑠生

イエローキラメイストーンに認められた、eスポーツ界のNo.1プレイヤー。シューティングゲーム部門では賞金ランキング1位の座に君臨する。
戦闘でも、トリッキーな銃さばきと百発百中の正確な射撃術を披露する。相棒は魔進ショベロー。

「導きシューティング!」

木原 瑠生(きはら・るい)
1998年9月15日生まれ(21歳)

キラメイグリーン:速見瀬奈(はやみ・せな)

新條由芽

グリーンキラメイストーンに認められた、100m走の日本記録を持つ女子陸上界のスピードスター。
戦闘でも、そのスピードを活かした高速攻撃で敵を翻弄する。好奇心旺盛で、何も考えずに突っ走ってしまうこともある。相棒は魔進マッハ。

「突撃ライトニング!」

新條 由芽(しんじょう・ゆめ)
1998年4月27日生まれ(21歳)

キラメイブルー:押切時雨(おしきり・しぐる)

水石亜飛夢

ブルーキラメイストーンに認められた、イケメン人気アクション俳優。
クールでストイック、さらに頭脳明晰な文武両道のマルチプレイヤー。戦闘では、得意の剣術を活かした強烈な剣戟で敵を斬る。相棒は魔進ジェッタ。

「切っ先アンストッパブル!」

水石 亜飛夢(みずいし・あとむ)
1996年1月1日生まれ(24歳)

キラメイピンク:大治小夜(おおはる・さよ)

工藤美桜

ピンクキラメイストーンに認められた、テレビでも評判の美人すぎるスーパードクター。
物事の判断基準は「エモい」か「エモくない」かで、ちょっとズレているところもある。
戦闘では、得意の合気道を活かした卓越した戦闘スキルを披露する。相棒は魔進ヘリコ。

「手さばきインクレディブル!」

工藤 美桜(くどう・みお)
1999年10月8日生まれ(20歳)

博多南無鈴(はかたみなみ・むりょう)

古坂大魔王

マブシーナの父・オラディン王の友人で、来るべきヨドンヘイムの侵略に備えて、CARATを設立。
キラメイストーンの力を活かすための変身アイテムや武器を開発した。
普段はトボけた感じの性格だが、クリスタリアとの関係などミステリアスな一面もある。

古坂大魔王(こさかだいまおう)
1973年7月17日生まれ(46歳)

声の出演

マブシーナ

水瀬いのり

オラディン

杉田智和

魔進ファイヤ

鈴村健一

魔進ショベロー

岩田光央

魔進マッハ

赤羽根健治

魔進ジェッタ

大河元気

魔進ヘリコ

長久友紀

ガルザ

中村悠一

クランチュラ

高戸靖広

©2020 テレビ朝日・東映AG・東映

スタッフ

プロデューサー

井上千尋(テレビ朝日)
島川博篤(テレビ朝日)
塚田英明(東映)
望月 卓(東映)
矢田晃一(東映エージエンシー)
深田明宏(東映エージェンシー)

原作

八手三郎

脚本

荒川稔久

音楽

松本淳一

監督

山口恭平 ほか

アクション監督

福沢博文

特撮監督

佛田 洋(特撮研究所)

©2020 テレビ朝日・東映AG・東映

コメント

井上千尋プロデューサー(テレビ朝日) コメント

幼い頃の私は初代スーパー戦隊であるゴレンジャーのソフビ人形が宝物でした。遊ぶごとにクッキー缶から取り出してそのたびに大事にしまったものです。大嫌いな病院へのお供がきまってアカレンジャーだった記憶は今でも鮮明に残ります。子供のわたしの目にそれはそれは輝いて見え、不思議と足どりが軽くなりました。ゴレンジャーはまさしくヒーローでした。
44番目となるスーパー戦隊、『魔進戦隊キラメイジャー』もまた、誰かの目に輝いて見えるヒーローになってくれるはずです。でも、一度立ち止まって考えてみたいのですが、ヒーローはなぜヒーローなのでしょうか。それは、まばゆいばかりにキラキラした彼らがわたしたちに勇気や希望を「与えて」くれるからでしょうか。いえ、そうではありません。彼らはわたしたちひとりひとりの中に眠るチカラを「引きだして」くれるだけです。ヒーローは光を照らしてくれますが、それを反射させて輝くのはわたしたち自身なのです。
今作ではこのあたりのテーマを掘り下げていくシリーズになる予感がしています。一年間つづく長い旅路の果てにみえる景色はどうなっているのでしょうか。制作に携わる我々にもまだわかりません。視聴者の皆さんと一緒に旅してその答えを見つけたいとおもいます。

塚田英明プロデューサー(東映) コメント

古今東西、面白い物語には必ず「宝石」が登場します。古代遺跡をめぐる冒険、海賊船の宝箱、宇宙各地に封印されたインフィニティな石……地中深くで熱と圧力を受けて結晶化した「キラキラ輝くもの」は、いつだってわたしたちを魅了してきたのです。
本作は、この宝石が子供たちの大好きな「乗り物」に変形するという、スーパー戦隊44作目にして初めての試みにチャレンジします。宝石×乗り物=魔進(マシン)です。主人公たちはこの魔進たちと絆を結び、アドレナリン全開で冒険に飛び出します。
宝石が輝くのはなぜでしょう? 光が複雑に反射するからです。スーパー戦隊には他の追随を許さないくらい様々な顔があります。人間ドラマ、等身大アクション、マシンとロボの特撮、センスオブワンダー溢れる世界観、フレッシュなキャストたち。これら様々な面から色んな光を取り入れることによって、戦隊は戦隊らしく輝くのです。『魔進戦隊キラメイジャー』は、そんな中でも「今までで一番キラキラした戦隊」を目指します。ご期待ください!

©2020 テレビ朝日・東映AG・東映