ストーリーSTORY

2019年9月15日(日)よる9:00~2019年9月15日(日)よる9:00~

『刑事ゼロ スペシャル』

 時矢暦彦(沢村一樹)、佐相智佳(瀧本美織)ら京都府警捜査一課13係のメンバーは、毎年恒例の慰安旅行に出発。今年はミステリーツアーという趣向で、行き先も知らされず連れていかれたのは、神戸・六甲山の頂上近くにあるホテルだった。

 しかし、大きな宿であるにもかかわらず、宿泊客は13係の面々のほか6人の客一組のみ。しかもこの6人、どこかよそよそしい。訝しく感じた時矢が彼らに事情を聞いたところ、6人はこの日会ったばかりだと明かす。彼らはそれぞれ、7年前この近くで亡くなった女子大生・黒江ミチルの知人で、精神科医の曽根和海(大東駿介)、モデルの明石舞衣(おのののか)、イベント会社専務・安西樹貴(波岡一喜)、フリーライター・宮浦逸夫(長谷川朝晴)、塾講師・笠木塔子(宮地真緒)、フラワーショップ店長・萩村重一(永島敏行)ら素性もバラバラ。彼らは全員、ホテルへの謎の招待状を受け取り、やって来たのだという。

 実は7年前、このホテルに宿泊していたIT企業社長が近くの森で殺害される事件が発生。そして翌日、ホテル裏にある薪小屋から火の手が上がり、焼け跡からミチルの遺体が発見されたのだ。当初、2件とも逃走中の強盗殺人犯の仕業と思われていたが、被害者の社長の妻が真犯人と判明。その妻は財産目当てで夫を殺害しただけでなく、偶然、同じホテルに泊まっていたミチルにウソのアリバイを見抜かれたと思い込み、殺害に至ったらしい…。

 翌朝、13係一行はホテルを出て温泉に向かうが、佐相が発熱。佐相がいないと記憶喪失がバレてしまうと怯えた時矢も、宿に残ることに。ところがその直後、何者かがホテルから街に通じる1本道のトンネルを破壊し通行不可能に! アンテナや電話回線も遮断され、通信手段が使えなくなってしまった。つまり山を下りることも、助けを求めることもできない“陸の孤島”と化した館に、時矢、佐相、6人の客は閉じ込められてしまったのだ…!

 直後、近くにある観光スポット“永遠の愛の鐘”につるされた舞衣の死体が見つかり、一同は驚愕! その後も、閉ざされたホテルの敷地内で殺人事件が起きて…!? やがて時矢自身にも危機が迫り、そのことがきっかけで、失われた20年の記憶が戻ることに…!?

主な登場人物

時矢暦彦(ときや・れきひこ)…… 沢村一樹(さわむら・いっき)
佐相智佳(さそう・ともか)…… 瀧本美織(たきもと・みおり)
福知市郎(ふくち・いちろう)…… 寺島 進(てらじま・すすむ)
内海念也(うつみ・としや)…… 横山だいすけ(よこやま・だいすけ)
背川葉奈(せがわ・はな)…… 猫背 椿(ねこぜ・つばき)
根本留夫(ねもと・とめお)…… 渡辺いっけい(わたなべ・いっけい)
奥畑記子(おくはた・のりこ)…… 財前直見(ざいぜん・なおみ)
生田目守雄(なまため・もりお)…… 武田鉄矢(たけだ・てつや)

スタッフ

脚本
戸田山雅司

ゼネラルプロデューサー
横地郁英(テレビ朝日)

プロデューサー
川島誠史(テレビ朝日)、和佐野健一(東映)、望月 卓(東映)

監督
及川拓郎

制作
テレビ朝日、東映