2021年9月29日(水)よる8時放送

過去シリーズ配信中
PR動画
ニュース
番組概要

感動のスペシャルドラマ
第2弾放送決定!!


「みなさんの心から、やさしさの“芽”が出るようなドラマです」
原作の大ファン・船越英一郎
さらなる喜びと責任を実感!!
メインゲストは初共演の観月ありさ
役のモデルは“氷の女王”!?

不朽の名作を再びドラマ化!船越英一郎が変わり者の家裁判事を熱演する!!

 1987年から1996年まで約9年間にわたって小学館『ビッグコミックオリジナル』で連載され、連載終了から25年を経た今もなお“人間の本質を描く名作”と語り継がれる、『家栽の人』(作・毛利甚八/画・魚戸おさむ)。テレビ朝日では2020年5月、船越英一郎を主演に迎えて、この珠玉のコミックをドラマ化。日本中を感動で包み込みました。
 そして――待望の第2弾が2021年9月に放送されることが決定! 今年もぬくもりあふれるスペシャルドラマをお届けします。

植物を愛し、人間に寄り添う家裁判事・桑田義雄。彼が植えるのは“希望”!

 作品の主人公・桑田義雄は、人間を愛し、植物を慈しむ変わり者の家庭裁判所判事。“家事審判”では関係のこじれてしまった家族や夫婦に“かつての自分たちを思い出すことの大切さ”を語り、“少年審判”ではただ断罪するのではなく、“どうすれば少年が立ち直るのか”を真摯に考え、彼らを見守り、育てようとします。
 植物をこよなく愛する桑田判事は、言葉を発しない草花たちのはかなくもたくましく生きる姿に、家族のあるべき姿を重ね合わせます。そして、《枯れたように見える植物も、根がしっかりとしていれば生き返る》――そんな信念を抱き、傷ついた人々にやさしく手を差し伸べていきます。
 迷いを抱える人々にそっと寄り添う桑田判事の姿は、いまだ収束の兆しが見えないコロナ禍、多くの視聴者の心に希望をもたらすことでしょう…!

船越英一郎、第2弾の実現に感激! 「桑田判事を体現するのが僕の責務」

 原作の大ファンであり、前作で桑田判事を演じるという積年の夢をかなえた船越は、第2弾の実現に「素直にうれしかったですね。今を生きる人たちに何が必要なのか、ともに実感していただけるような作品です。“眺める”ドラマではなく、みなさんが“参加”していただけるようなドラマになればという思いです」と、思い入れもひとしお。
 第1弾では、作品へのリスペクトを胸に真摯に役柄と向き合った船越の演技が深い感動をもたらしましたが、「今、いちばん必要なのは寄り添って、それぞれが育てなければいけないタネをポンッと心に植えてくれる人ではないでしょうか。その理想像である桑田判事をきちんと体現していくのが、僕の責務だと思っています」と、本作でも大きな責任感を胸に挑んでいることを明かしました。
 船越はまた、「一生懸命撮影したので、このドラマが植えた“やさしいタネ”が、みなさんの心から小さな芽を出すことができたらうれしい」と作品に込めたメッセージを語っています。

観月ありさが《和製アナ・ウィンター》に! 船越英一郎とは初共演!

 本作では、離婚調停に臨む妻・宇田川杏奈役で観月ありさが特別出演! 観月は脚本を手がけた両沢和幸氏と『ナースのお仕事』シリーズなどでタッグを組んだ間柄で、氏から杏奈のモデルが“氷の女王”の異名を誇るファッション雑誌編集者、アナ・ウィンターだと教えられたと告白。「アナみたいにシャキシャキした感じの女性像を演じてほしいとおっしゃられ、彼女のドキュメンタリー映像を見せていただきました。強いけど切なさも抱える杏奈をうまく表現できればと思いながら演じました」と役作り秘話を打ち明けました。
 船越とは、意外にも今回が初共演! 「船越さんは役柄どおり“癒し系”で、やさしさがにじみ出ている方。常に現場のムードを明るくしてくださるので、日々、温かさに包まれるような感覚で現場に臨むことができました」と、“座長”として現場を引っ張る船越の心遣いに感謝していました。

 このほか、4月クールの連続ドラマ『ドラゴン桜』(TBS)で好演を見せた早霧せいな、今年1月、『相棒season19』(テレビ朝日)にも出演した新鋭・水沢林太郎、大ベテラン・丘みつ子ら豪華ゲストも参加!
 もちろん、足立梨花、佐藤仁美、堀井新太、山中崇、森下能幸、角野卓造ら前作で家庭裁判所のメンバーを演じた個性派キャストも引き続き登板し、作品を盛り上げます。 
 さまざまな苦しみを抱える現代人に、大切なことを思い出させてくれるヒューマンドラマ『家栽の人』――。ぜひ第2弾の放送にご期待ください!
あらすじ
 東京から新幹線で1時間ほどの地方都市にある、前崎家庭裁判所――。“調査官補”から晴れて調査官となった石川圭吾(堀井新太)は、判事・桑田義雄(船越英一郎)のすすめでひと組の夫婦の離婚調停を担当することになった。
 調停初日、鮮やかないでたちで現れたのは、人気ファッション雑誌のカリスマ編集長・宇田川杏奈(観月ありさ)。杏奈は、前橋で小さな写真館を経営する夫・良介(少路勇介)との離婚を決意、小学生の娘・沙也加(小山紗愛)の親権を要求したところ、不服に思った良介から家裁に調停を申し立てられたのだ。
 実は、杏奈は沙也加が3歳のころから仕事に没頭、都内に仕事部屋を借りていつしか家族と別居状態に。生活費や教育費は負担してきたとはいえ、娘の世話は良介が担ってきた経緯があった。石川は杏奈の行動は育児放棄に近いと判断し、良介の言い分を支持するが、司法修習生の樋口日向子(足立梨花)は「子育ては2人でやるもの。母親が忙しいときに父親が世話をするのは当然」と反論する。
 数日後、杏奈が調停員にクレームをつけたため桑田が同席して調停が行われるが、杏奈と良介は娘をめぐって激しく対立。難航する調停に頭を悩ませる石川に、桑田は「うまく言葉にできない子どもの本心を引き出してあげるのも、家裁調査官の仕事。いちど娘さんとじっくり話してみたら」とアドバイスする。ところがその直後、なんと杏奈が強引に沙也加を連れ去ろうとする事件が起きて――!?
 そんな中、桑田は傷害事件で送致されてきた少年・穂積大介(水沢林太郎)の審判も担当することに。大介は以前も暴行事件を起こしており、その際、調査官の戸張浩介(山中崇)が更生の意志を確認したことから、不処分決定となっていた。戸張は大介の再犯に激しいショックを受けるが…!?
 さらに、桑田はひょんなことからひとり暮らしの高齢女性・吉田八重(丘みつ子)と知り合う。八重は造園業を営んでいた夫に先立たれ、自宅の広い庭を持て余していたが…!?