時効警察とくべつへん

『時効警察はじめました』の
特別ドラマを
「AbemaTV」と「ビデオパス」で配信!
新キャスト吉岡里帆、磯村勇斗の
過去を描く全4話のとくべつへん!

無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV」と
KDDIの動画配信サービス「ビデオパス」で配信スタート!

鑑識課・又来康知

前編 10月18日(金)深夜0:15~

後編 10月25日(金)深夜0:15~

刑事課・彩雲真空

前編 11月22日(金)深夜0:15~

後編 11月29日(金)深夜0:15~

鑑識課・又来康知

隣の弁当は青く見える?
息子の不幸はおふくろの味

鑑識課・又来康知

 鑑識課の康知(磯村勇斗)のもとにいたずらの出前が大量に届いた。犯人は下柳田喜一郎(小手伸也)というお笑い芸人を名乗る男。喜一郎の顔を見た康知は驚いた様子を見せる…。

笑いの道をゆけばどうなるものか、
迷わず行けよ!行けばわかるさ

 学生時代に組んでいたお笑いコンビの相方である喜一郎から、もう一度お笑いをやろうと誘われた康知。
 喜一郎を追って彼の妹まで現れ、総武署の人々を次々に巻き込み始める…。
 康知は、嫌がる素振りをみせるも、ついに喜一郎の父の前でネタを披露することに!

主な登場人物

又来康知(またらい・やすとも)……… 磯村勇斗

又来康知(またらい・やすとも) ……… 磯村勇斗

総武署・鑑識課の若きエースで、諸沢の助手。霧山から頼まれる時効事件絡みの鑑識にも“無料”で協力する(…が、結局は諸沢が目ざとく、あとで霧山から鑑識料を徴収するシステム)。時効管理課に所属する又来の息子だが、あの母親から生まれたとは思えないほど聡明&優秀な理系男子。ついでに、クールでミステリアス。いろいろカッコいい感じで、署の女性陣からも熱い視線を注がれている。実は、元ツッパリ。ほかにも意外な過去やら趣味やら顔やらが、わんさかあったりする。

又来(またらい)………ふせえり

又来(またらい) ………ふせえり

総武署・時効管理課に所属。かつては小学生の息子を持つバツイチだったが、この12年のうちにバツ3へと華麗なる転身を遂げた。担当している資料管理の仕事に関しては完璧だが、それ以外はすこぶるいい加減。勤務中のほとんどは、誰かにツッコんでいるか、童心にあふれすぎたイタズラを仕掛けている。本気で仕事をしているときは、バンダナを巻く。妙なところで強気な性格。

下柳田喜一郎(しもやなぎだ・きいちろう)……… 小手伸也

下柳田喜一郎(しもやなぎだ・きいちろう) ……… 小手伸也

康知が学生時代に組んでいたお笑いコンビ『ポリスアカデミーズ』の相方。かつて康知と交わした「お笑いで天下を獲る!」という約束を果たしに、再び康知を誘いにやってきた。

<特別出演>

霧山修一朗(きりやま・しゅういちろう)……… オダギリジョー

霧山修一朗(きりやま・しゅういちろう) ……… オダギリジョー

12年前、なぜか政府の派遣事業のメンバーに選ばれてアメリカのFBIに出向。そのまま出世街道に乗るかと思いきや、帰国して再び、総武署の“時効管理課”に配属された。時効管理課に集まった資料の中から、目に留まった事件を個人的に調べていくのを趣味にしている。“ポツネン”というあだ名があるくらい地味で、署内にいるときは警察官の制服に黒縁の眼鏡。好きな食べ物は、素うどんや白いご飯。独身でアパート住まい、部屋には驚くほど物がない。時効事件の捜査になると俄然、手腕を発揮する。天才的な観察力を持っているのに、その才能を仕事に生かす気はまったくない。

三日月しずか(みかづき・しずか)……… 麻生久美子

三日月しずか(みかづき・しずか) ……… 麻生久美子

総武署・交通課課長補佐。以前は霧山の恋人の座を狙っていたが、結局、想いを伝えられないまま、霧山は渡米。唯一の幸せな時間だった霧山の時効事件の捜査に付き合わされることもなくなり、寂しい日々を過ごしていた。6年前にややなんとなくで、刑事課の刑事と結婚したものの、性格の不一致でほどなく離婚。子どもはおらず、今はひとり暮らしのちょっと寂しいアラフォー。しかし、霧山から奪った婚姻届は今でも大事に持っており、霧山が帰ってくることで心をザワつかせている。

十文字疾風(じゅうもんじ・はやて)……… 豊原功補

十文字疾風(じゅうもんじ・はやて) ……… 豊原功補

総武署・刑事課のエース。捜査に懸ける情熱、トレンチコートへの執拗なこだわりなど、刑事として完璧かと思いきや、結構何も分かっていなかったりする。

サネイエ ……… 江口のりこ

サネイエ ……… 江口のりこ

総武署・時効管理課に所属。通常は無表情で飄々としているため、ものの考え方も性格もよく分からないが、ごくたま~に熱い一面を告白したりする。

コメント

村上大樹(監督・脚本) コメント

この度、恐れ多くも時効警察の脚本と監督をさせていただくことになりました。私が担当するのは「とくべつへん」。新登場の又来康知と、彼の母・又来を中心に据えた、総武署で巻き起こる母と子のお話です。康知役の磯村勇斗くんとともに、思い切って飛び込んだ憧れの時効警察ワールド。とにかく自由にやらせていただけたことに感謝します。通常回とはまた違う雰囲気をお楽しみいただければと思います。

磯村勇斗(主演) コメント

又来康知編は、康知のお笑いをしていた過去であったり、母親である、ふせえりさん演じる又来との「愛情親子物語」? そして、小手伸也さん演じる下柳田喜一郎との「コンビ黒歴史」? などと、康知とは何者なんだ?と思われると思うのですが、これを観ると本編の「時効警察はじめました」が、より楽しく面白く観れる、とくべつへん。となっています。
今回、漫才を小手さん演じる喜一郎と披露するシーンがあるのですが、絶妙なニュアンスの漫才を目指さなければならなかったので、何回も練習をし、小手さん、村上監督にアドバイスを頂きつつ作りました。
ディスカッションをしながら、そして、笑い合いながら創作した「時効警察 とくべつへん」是非観て頂きたいです。

刑事課・彩雲真空

バリカタマシマシ、ラーメンの好みは
千差万別といえども秘密のレシピは罪の味

刑事課・彩雲真空

 彩雲(吉岡里帆)は、ラーメン巨匠の店主・瀬尾(岡野陽一)の取り調べを行っていたが、逆に瀬尾から質問攻めに合い、反論できなくなってしまう。 彩雲の曇りなき眼差しが導き出した真相とは…!?

彩雲真空この世にただ一人といえども
ひとたびメガネが割れれば刑事を志す

 居眠りをしていた彩雲。そんな彩雲を横目に、熊本は彩雲が警察官の道に進んだ理由を妄想で推理しはじめる。目覚めた彩雲は、学生時代にひったくり犯に出会ったことを思い出し…。

主な登場人物

彩雲真空(あやくも・まそら)……… 吉岡里帆

彩雲真空(あやくも・まそら) ……… 吉岡里帆

総武署・刑事課の新人刑事。「ガンバリマス!」が口癖で、とにかく何でも頑張る熱血女子。十文字に日々課せられる“張り込みの練習”や意味不明な指示も、とりあえず全力でこなしている。十文字には「話がつまらない」と言われるが、意外と守備範囲が広く、小説からプロレスまで…興味の対象も無秩序に膨大。とりわけ、霧山が三日月と共に再開する時効事件の捜査には興味津々で、十文字の目を盗んでは時効管理課に入り浸り、時効捜査に首を突っ込みまくる。

瀬尾太郎(せお・たろう)………岡野陽一

瀬尾太郎(せお・たろう) ………岡野陽一

「ラーメン巨匠」店主。泥棒に入られ、総武警察署に被害届を出したことから彩雲の取り調べを受ける。

<特別出演>

霧山修一朗(きりやま・しゅういちろう)……… オダギリジョー

霧山修一朗(きりやま・しゅういちろう) ……… オダギリジョー

12年前、なぜか政府の派遣事業のメンバーに選ばれてアメリカのFBIに出向。そのまま出世街道に乗るかと思いきや、帰国して再び、総武署の“時効管理課”に配属された。時効管理課に集まった資料の中から、目に留まった事件を個人的に調べていくのを趣味にしている。“ポツネン”というあだ名があるくらい地味で、署内にいるときは警察官の制服に黒縁の眼鏡。好きな食べ物は、素うどんや白いご飯。独身でアパート住まい、部屋には驚くほど物がない。時効事件の捜査になると俄然、手腕を発揮する。天才的な観察力を持っているのに、その才能を仕事に生かす気はまったくない。

三日月しずか(みかづき・しずか)……… 麻生久美子

三日月しずか(みかづき・しずか) ……… 麻生久美子

総武署・交通課課長補佐。以前は霧山の恋人の座を狙っていたが、結局、想いを伝えられないまま、霧山は渡米。唯一の幸せな時間だった霧山の時効事件の捜査に付き合わされることもなくなり、寂しい日々を過ごしていた。6年前にややなんとなくで、刑事課の刑事と結婚したものの、性格の不一致でほどなく離婚。子どもはおらず、今はひとり暮らしのちょっと寂しいアラフォー。しかし、霧山から奪った婚姻届は今でも大事に持っており、霧山が帰ってくることで心をザワつかせている。

十文字疾風(じゅうもんじ・はやて)……… 豊原功補

十文字疾風(じゅうもんじ・はやて) ……… 豊原功補

総武署・刑事課のエース。捜査に懸ける情熱、トレンチコートへの執拗なこだわりなど、刑事として完璧かと思いきや、結構何も分かっていなかったりする。

蜂須賀(はちすか)……… 緋田康人

蜂須賀(はちすか) ……… 緋田康人

総武署・刑事課に所属。常に十文字とペアを組んでいるベテラン刑事。後輩の十文字を純粋に尊敬するなど、めちゃくちゃ人はいいが、死んでも直らなそうな“いい加減さ”と“散漫な注意力”がダメなところ…!?

コメント

大九明子(監督・脚本) コメント

この度、彩雲刑事の身柄をお預かりすることとなりました。
この『時効警察とくべつへん』では、彩雲さんにちょっと恋のようなものを味わっていただいたり、学生時代の彩雲ちゃんってこんな子だったんだろうなと勝手に妄想させていただいたりしました。女友達をいじるようで楽しかったです。ご覧いただく皆様にも楽しんでいただけましたら幸いです。

吉岡里帆(主演) コメント

12年ぶりに帰ってきた時効警察!!
伝説は時を経て多くの人に影響を与えていた…
こやつもその一人!時効捜査に憧れる新人刑事"彩雲真空"。
何故警察官を志したのか、何故ガンバルのか、何故時効管理課へやってきたのか、、、
何故何故何故だらけのキャラクターなので今回彩雲の断片的ストーリーをお送りさせて頂く事となりました。
皆さまよろしくお願い致します!!

番組情報

番組タイトル
時効警察とくべつへん
配信スケジュール
全4話
《鑑識課・又来康知》
【前編】
2019年10月18日(金)
深夜0:15より配信
【後編】
2019年10月25日(金)
深夜0:15より配信
《刑事課・彩雲真空》
【前編】
2019年11月22日(金)
深夜0:15より配信
【後編】
2019年11月29日(金)
深夜0:15より配信

■AbemaTVとは

「AbemaTV」は、"無料で楽しめるインターネットテレビ局"として展開する、新たな動画配信事業。2016年4月に本開局し、オリジナルの生放送コンテンツや、ニュース、音楽、スポーツ、ドラマなど多彩な番組が楽しめる約20チャンネルを全て無料で提供し、利用者を伸ばしています。登録は不要で、スマートフォンやPC、タブレットなど様々な端末でテレビを観るような感覚で利用することができます。いつでもどこでも好きな番組を楽しめるオンデマンドエンタテインメント機能「Abemaビデオ」では、オリジナルエピソード数は国内発の動画サービスで日本No.1(※1)を誇り、総エピソード数は常時20,000本以上を配信しています。さらに、「Amazon Fire TVファミリー」や「AndroidTV」など主要なテレビデバイスにも対応し、通信量を半分に削減可能な「通信量節約モード」や、既に放送が開始された番組を放送中でも最初から視聴することができる「追っかけ再生機能」など、利便性を高めるための取り組みも積極的に行っています。

・AbemaTVオフィシャルHP:https://abema.tv/

■ビデオパスとは

「ビデオパス」はau以外の方もご利用いただける(※)KDDIの映像配信サービスです。国内ドラマの見逃し配信や人気のアニメを始め、話題の邦画、洋画、ドラマ、バラエティ、音楽、エンタメ、お笑いなど多彩なジャンルの動画が見放題でお楽しみいただけます。また、見放題には含まれない最新作などは1作品ごとに課金してレンタルすることもできます。月額562円(税抜)の見放題プランに加入いただくと、初回登録から30日間は無料でお楽しみいただくことができ、最新作が毎月1本無料でレンタルできる540円相当のビデオコインが毎月付与されます!さらに、お得な料金で映画鑑賞を楽しむことができる映画館割引特典「auマンデイ」もご利用いただける大変お得なサービスです。また、8月末からスタートした「Netflixプラン」でビデオパスをお得にご利用いただくことができます。 ※ビデオパスは2018年8月より全キャリア対応し、au以外のお客様にも楽しんでいただけるようになりました。

・ビデオパスオフィシャルHP:https://www.videopass.jp/