バックナンバー

静岡県沼津市戸田 まこと・富永美樹夫妻
最終回の今夜…名物“深海魚”の絶品料理を堪能&“まことプロジェクト”が完結!

最終回の今夜は、静岡県沼津市戸田で移住生活を送り続ける、まこと&富永美樹夫妻に密着する!
例年9月頃に解禁される、トロール漁(底引き網漁)が名物の戸田。港を訪れた富永は、友人と一緒に漁から帰ってきた船をお出迎え。積み込み作業を覗いてみると…深海魚がドッサリ!お手伝いのご褒美にと、カゴいっぱいの深海魚を譲ってもらうことに!そのまま富永が向かったのは、大家さんのご自宅。地元の奥様から、絶品“ご飯のお供”作りを学ぶのだ。程良く叩いた“メギス”に、海老や人参・大葉等を混ぜて揚げるのは…戸田名物の“へだトロはんぺん”!味付けは味噌と砂糖のみでシンプルな一品だ。さらに、海老の甘さが口いっぱいに広がる“海老のなめろう”も完成!他にも、鮮度バツグン“甲イカ”の刺身や、高級魚“クロムツ”の塩焼きが登場。帰宅したまことも合流し、採れたての魚介料理を囲んだ食事会が始まった。ご飯は、富永自前の土鍋で炊き上げた地元産の新米。炊きたてのご飯に、美味しいおかず…皆の箸が止まらない。
日々お疲れ気味のまこと。その理由は“戸田の人々に恩返しをしたい”と、あるモノづくりに熱中しているからだ。作るのは…誰でも気軽に使える、ドーム状の休憩スペース!これまでまことが中心となり、測量や竹の伐採、骨組み作りを行ってきた。そんな“まことプロジェクト”も大詰めを迎える。骨組みの上部にライトを取りつけ、外側を布で覆う作業が始まった。布にはシーツや浴衣、まことオリジナルのパッチワークで仕上げる。そんなこだわりがたくさん見られる一方で、何やら大きな穴が開いた部分があるが…これは一体?そしていよいよ戸田の人々を招待した、お披露目会がやってきた!果たして、まことが施した“こだわり”の意味とは!?地元の人々の反応は!?イチから住 完結!