バックナンバー

千葉県南房総市 俳優・川野太郎 地引網漁に参加。地元ならではの絶品珍味とは?
また移住の生活の証に、オヤジ達で秘密基地づくり!

千葉県南房総市に移住した俳優・川野太郎。友人から、観光の地引網漁の手伝いに誘われた!総勢150人の観光客が力を合わせて網を引くと大漁のサバが!かかったサバは川野さんが天ぷらにして、地引網漁に参加した観光客に振る舞う。その姿はもうすっかり地元の一員。
一仕事終えたあとは、料理人の友人があまった魚で料理を振る舞ってくれた。獲れたてのサバはすり潰して味噌や大葉と合わせ何を作るのかというと…なんとオリジナルの魚肉ソーセージに!簡単にできるが意外な調理に驚き!さらにもう一品。使うのは“サバの白子”。足が速く、市場に流通もほとんどしていないため、地元民だからこそ食べられる幻の珍味。こちらは煮付けにして頂く!初体験の滑らかな食感は絶品!
乗馬の趣味が高じて始めた牧場の仕事。移住当初からオープンに向け手伝ってきたが、この度めでたくオープンの日を迎えた。初めは馬を引くのにも一苦労していたが今ではお客さんを乗せて会話しながら馬を引けるほどに成長。また三か月で仕込んだ可愛い馬の一芸「おいしー!」は必見! 
川野さんの移住生活も残りわずか。移住していた証を何か作りたいと考えていると、友人から「俺たちだけの秘密基地を作らないか?」という提案が!川野も大賛成!場所は海が目の前に広がる最高のロケケーション!オヤジ達が童心に返りイチからコツコツと製作。全員満足のその出来栄えは!?
また三か月の移住生活を通して川野が感じた想いとは?