CAST

  • 大越健介
    大越健介 キャスター・ジャーナリスト
    OKOSHI KENSUKE
    新潟県出身
    日々のニュースに神経を研ぎ澄まし、取材を深め、
    平たい言葉で伝える、「行動するキャスター」が信条。
    NHK時代は、岡山放送局での警察担当などを経て、
    政治記者として橋本政権や小渕政権を取材。
    ワシントン支局長の時には、ブッシュ大統領の単独インタビューや
    “オバマブーム”を生んだ2008年の大統領選取材を指揮した。
    その20年以上の記者経験を生かして「ニュースウオッチ9」や
    「サンデースポーツ2020」のキャスターに就任。
    大学時代は東大野球部で投手として活躍し、
    日米大学野球の日本代表にも選出された。
    月―木担当
  • 小木逸平
    小木逸平
    KOGI IPPEI
    埼玉県出身
    「スーパーモーニング」「ワイド!スクランブル」など数々の情報番組で経験を積む。
    学生落語でチャンピオンになったことも。
    好きな言葉は「一心岩をも通す」趣味は「海釣り・競馬・落語」。
    月―木担当
  • 渡辺瑠海
    渡辺瑠海
    WATANABE RUMI
    新潟県出身
    学生時代にラジオ番組のパーソナリティを務めたことがきっかけで"伝える"ことの奥深さを知り、アナウンサーを志す。
    一つ一つのニュースにしっかり向き合い、飾らないありのままの言葉で伝えたい。
    趣味は音楽を聴くこと。愛犬と遊ぶこと。
    月―木担当
  • 徳永有美
    徳永有美
    TOKUNAGA YUMI
    石川県出身
    テレビ朝日に入社し
    報道・情報系からバラエティまで幅広いジャンルの番組で活躍。
    その後フリーアナウンサーに。
    2018年メインキャスターとして、13年ぶりに報ステに復帰。
    大きな流れの中で取り残された人々と向き合い
    日々のニュースをカラフルに伝える。
    金曜担当
  • 板倉朋希
    板倉朋希
    ITAKURA TOMOKI
    広島県出身
    報道ステーションでは
    フィールドリポーターとして様々な現場を取材。
    今回、金曜キャスターとして復帰。
    謙虚に、真摯に、日々のニュースに向き合いたい。
    趣味はサーフィン、ゴルフ、サウナ。
    海でプカプカ浮きながら波待ちしているときが至福の時間。
    金曜担当
  • 梶原みずほ
    梶原みずほ コメンテーター(金)
    KAJIWARA MIZUHO
    東京都出身。朝日新聞編集委員、慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート所員。
    専門は軍事、外交、海洋安全保障。政治部や国際報道部を経て現職。ロンドン大学キングスカレッジ、ハワイ大学、国防総省アジア太平洋安全保障研究センターで客員研究員を歴任。単著に『アメリカ太平洋軍』(講談社)、共著に『アメリカ太平洋軍の研究』(千倉書房)、『Hindsight, Insight, Foresight: Thinking about Security in the Indo-Pacific』(DKI APCSS)。
  • 眞家泉
    眞家泉 天気担当
    MAIE IZUMI
    東京都出身。気象予報士
    ウェザーニューズ社所属。24時間365日放送の気象情報専門番組「ウェザーニュースLiVE」などに出演し、8年間、気象キャスターを務める。
    青空の広がる日も、荒れた天気の日も、一人ひとりに寄り添った気象情報を届ける。
    趣味はダンス、新体操。学生時代、チアダンスの世界大会で団体2位に輝く。
  • 井澤健太朗
    井澤健太朗 フィールドリポーター
    IZAWA KENTARO
    東京都出身
    国内外問わず飛び回るフィールドリポーター。
    「スーパーJチャンネル」などを担当。
    特技は水上スキーで大学時代にはインカレ優勝。
    小型船舶免許2級も取得。
  • 下村彩里
    下村彩里 フィールドリポーター
    SHIMOMURA SAIRI
    東京都出身
    報ステ気象担当からニュース担当へ。
    特技は20年間続けたクラシックバレエで
    一時プロを目指すため海外に留学をした経験もある。
    趣味は踊ることと1970年代の日本歌謡曲を聴くこと。
  • 安藤萌々
    安藤萌々 スポーツ担当(月―木)
    ANDO MOMO
    東京都出身
    高校時代は水球部のマネージャー。大学ではゴルフ部に入部し、主将に。ベストスコアは78。部活の「チームで一つの目標に向かって頑張るところ」が大好きだった。今度は選手たちの熱い想いを全力で取材し、視聴者の皆様に「あすへの元気」を届ける。フルスイングで、はつらつとしたスポーツコーナーを目指す。
  • 寺川綾
    寺川綾 スポーツ担当(金)           
    TERAKAWA AYA
    競泳元日本代表
    2004年のアテネ・2012年のロンドンと五輪に2度出場。
    ロンドン五輪では100m背泳ぎで銅メダルを獲得するなど、華々しい活躍を見せた。
    現役卒業後は、水泳の普及活動や自社水着の開発に携わるなど、多方面で活躍。
    爽やかな笑顔で熱く、楽しく、そして時には厳しくスポーツを伝える。
  • 松岡修造
    松岡修造 スポーツコメンテーター
    MATSUOKA SHUZO
    プロテニスプレーヤー
    日本男子テニス界の第一人者として1995年ウィンブルドンベスト8など、世界の大舞台で活躍。
    番組ではアスリートから視聴者へ様々なメッセージを伝える橋渡し役となる。
    スポーツ全体の解説者であり、リポーターであり、サポーターでもある。
    報道ステーション“スポーツの顔”。
  • 内田篤人
    内田篤人 スポーツコメンテーター
    UCHIDA ATSUTO
    元サッカー選手
    国内外のクラブで活躍した名実ともに日本を代表する右サイドバック。W杯には2大会連続(10年南ア大会、14年ブラジル大会)で選ばれた。2020年8月に現役引退後は日本サッカー協会が新設した「ロールモデルコーチ」に就任。後進育成に尽力している。
    番組では、現役時代さながらのクレバーな戦術眼と切れ味鋭い“内田節”を駆使して、さまざまなスポーツの魅力を伝えていく。
  • 松坂大輔
    松坂大輔 スポーツコメンテーター
    MATSUZAKA DAISUKE
    元プロ野球選手
    横浜高校時代に甲子園で春夏連覇を達成し、“平成の怪物”と呼ばれる。西武入団後はルーキーイヤーから3年連続で最多勝をマークするなど多くのタイトルを獲得。その後、メジャーリーグに挑戦し、レッドソックス時代にはワールドチャンピオンに輝いた。日本代表としても、五輪に2大会出場、WBCでは2大会連続でMVPを獲得。日米通算170勝、球界のエースとして長く活躍した。
    あらゆるカテゴリーで偉業を達成してきた豊富な経験と実績、そして、多くのファンに愛された人柄で“松坂らしく”野球の魅力を伝えていく。
  • 前田智徳
    前田智徳 スポーツコメンテーター
    MAEDA TOMONORI
    元プロ野球選手
    通算2119安打。広島一筋24年のプロ生活。
    その卓越した打撃から“天才”と言われ、寡黙に野球に取り組む姿は“サムライ”と称された。
    数々のタイトルを獲得する一方で、アキレス腱断裂という選手生命の危機から復活を果たすなど“天国”も“地獄”も経験。
    現役時代同様、実直に野球を伝える。
  • 川上憲伸
    川上憲伸 スポーツコメンテーター
    KAWAKAMI KENSHIN
    元プロ野球選手
    1997年中日ドラゴンズに入団すると、2004年に沢村賞やMVPなど数々のタイトルを獲得。
    “カットボール”を武器に勝ち星を積み重ねた本格派右腕。
    中日ではエースとして開幕投手を7度務めるなど、3度のリーグ制覇に貢献。
    2009年にはメジャーリーグに活躍の場を移した。
    日米通算125勝。
    ピンチになればなるほど、エンジンが掛かり、抑えた時の雄叫びでスタジアムのファンを熱狂させた。
    ピッチング同様テンポの良いトークと、実演を交えた分かりやすい解説で、野球の奥深さを伝える。