これまでに紹介した秘湯

2018年4月29日放送

栃木県の秘湯

塩原元湯温泉「ゑびすや」

2つの湯船には、2つの源泉。
平安時代から続く塩原元湯温泉の混浴風呂。

湯荘 白樺

杉と蝦夷松で作られた内湯には、新湯富士から乳白色の源泉が引かれています。全国でも有数の硫黄成分の濃い温泉。PHは2.9で、同じ硫黄泉の草津などに比べると、酸性度が低い新湯温泉。ちょこんと置かれたバケツの中には、裏庭の源泉タンクの中に温泉成分が沈殿して泥のようになったものが。お湯にゆっくり浸かってよく温まった後、泥を体全体に塗り付けて、3分ほど待ちます。

栃木県の秘湯

塩の湯温泉「明賀屋本館」

雰囲気も風景も、まさに秘湯。
清流が目の前に迫る絶景の露天風呂。

高雄温泉 おおるり山荘

茶臼岳の麓に湧く「高雄温泉」は、江戸時代に発見されたと言われ、山岳信仰の行者が、身を清めるお湯として大切にされてきました。開放感溢れる天空露天風呂。標高およそ1000mからの絶景を、一望することができます。お湯は青みがかった美しい濁り湯で湧き出す源泉は、毎分およそ800リットルという驚きの湯量。湯の花の多さが温泉成分の濃さを物語っています。