テレビ、ラジオ、インターネット
メディアの境界を越えた異色コラボ実現!
稲葉友&阿部純子が六本木を大激走!
松重豊は六本木の真ん中で待ちぼうけ!?
新進気鋭クリエイター松居大悟が贈る
2018年の年の瀬ドラマ、いよいよ放送!!

 平成最後の年の瀬に、新時代を背負っていくにふさわしい若手クリエイターたちとタッグを組んだ2つの超・挑戦的ドラマを2夜連続で放送。
 あの伝説的ドラマ「おっさんずラブ」も生み出した奇跡の年末深夜ドラマ枠で今年その才能を爆発させるのは
 ……33歳の大注目クリエイター・松居大悟!! 彼が脚本&監督を務めるドラマ「平成ばしる」の内容が明らかになりました!

■『メディアの境界をぶち抜いた“多メディア”混乱パニックコメディー』!!
舞台は『テレビ朝日』!『J-WAVE』! 『AbemaTV』 !
六本木ヒルズに集まる実在のメディアが前代未聞の総協力でお届け!
主演は平成生まれの若手注目俳優の稲葉友、ヒロインは阿部純子、
さらに本人役で松重豊が出演!
実在する番組の豪華タレントも本人役で多数出演決定!

 東京のド真ん中に位置し、複数のメディアがオフィスを構えている六本木ヒルズ。ヒルズの中央には『テレビ朝日』本社ビル、ビル内にはFMラジオ放送局の『J-WAVE』、テレビ朝日本社ビルにはインターネットテレビ局『AbemaTV』のスタジオがあります。2018年の大みそか、これら別々の場所にいる別々のメディアの人々が“年越しそば”を発端に大混乱! コッチに来るはずの人が来ない! アッチにいるはずの人がココに!? どうにか何とか、ごまかせ、やり過ごせ…!!

 実在メディアの媒体の壁を取っ払ってお届けする、異色ノンストップ・パニックコメディー。今作の監督・脚本を務めるのは劇団ゴジゲンを主宰し、映画監督、脚本家、俳優としても活躍する33歳の大注目クリエイター・松居大悟。2012年の映画「アフロ田中」で監督デビューを果たし、以後映画「ワンダフルワールドエンド」「私たちのハァハァ」「アズミ・ハルコは行方不明」「アイスと雨音」「君が君で君だ」、など代表作多数。『J-WAVE』では、番組「JUMP OVER」のナビゲーターも務めています。
 そんな、さまざまな境界を越えて活躍中の松居が、まさしく「境界を越える」をコンセプトにしたドラマを制作&出演! 登場人物たちがいろいろな場所で複雑に絡み合っていき、やがてナゼかハッピーエンドに向かっていく奇想天外なパニックコメディーを、その卓越した才能で巧みに操っていきます。

 本作の主演を務めるのは「仮面ライダードライブ」、映画「HiGH&LOW」シリーズなどに出演、12月14日(金)より映画「春待つ僕ら」、来年1月11日(金)より映画『この道』の公開も控えるなど人気俳優として着実に実績を積み重ね、今作が民放ドラマ初主演となる稲葉友と、映画「2つ目の窓」への主演で注目を集め、来年春にも主演映画の公開が控える実力派若手女優・阿部純子。それぞれがテレビ朝日のAP・猫宮唯、ラジオ制作会社のAD・江國彩香に扮し、3種のメディアを巻き込む騒動を繰り広げていきます…!
 そして物語内に登場する番組と出演者は、なんとほぼ全てが本物! テレビ朝日の番組「東京らふストーリー」(毎週金曜、深夜0:50~)のMCとしてアンタッチャブル山崎弘也、フットボールアワー後藤輝基・岩尾望、新井恵理那、J-WAVEの「JUMP OVER」(毎週日曜、よる11:00~)のナビゲーターとして松居大悟、AbemaTV「Abema的ニュースショー 1週間のNEWSをまさかの目線で!」(隔週日曜、午前11:30~)のMCとして千原ジュニアら、そうそうたる顔ぶれが集結!
 さらにこのドラマには多数の友情出演が実現。松居が来年2月に本多劇場で本番を控える舞台「みみばしる」にて主演をつとめる本仮屋ユイカが物語の展開に大きく関わるラジオリスナー役で出演します。また物語の発起点となる俳優に、演技派俳優がシェアハウスで暮らす某局のドラマで松居と縁のあった松重豊が本人役で登場。
 そのほか扱いにくい蕎麦評論家役として近江谷太朗、蕎麦屋の主人に中村まこと、ラジオ局スタッフに森下能幸、玉置玲央など、隅から隅まで個性的な演技派が松居の元に集結しました。

 虚構と現実が入り交じる中で展開されるドタバタ劇…あらゆる境界を越えて活躍する松居は、ここでも一体どんな世界を見せてくれるのでしょうか?

ニュース

メディアの境界を越えた異色コラボドラマ主題歌を注目歌手・石崎ひゅーいが熱唱

2018年12月22日

「年末の夜を彩るのは、ひゅーい」
新進気鋭クリエイター松居大悟も絶賛
石崎の歌でドラマがさらに“走る”!!

 このたび、今作の主題歌を今注目のシンガーソングライター・石崎ひゅーいが担当することが決定! 2012年のミニアルバム「第三惑星交響曲」でメジャー・デビューを果たし、2016年に発表した「花瓶の花」が話題に。2018年には菅田将暉が歌う「さよならエレジー」を楽曲提供も行っている石崎。かねてより松居大悟と親交の深かった彼が、今作で松居と共に本人役で共演。なんとそのまま弾き語りも披露! 今作のテーマ「境界を越える」にふさわしい豪華コラボレーションが実現します!!

■松居大悟「平成最後の年末の夜を彩るのは、ひゅーい。みんなに気付いて欲しい」
石崎ひゅーいを絶賛で、石崎も「心を込めて一生懸命に歌います」

 今作には、テレビ朝日の番組「東京らふストーリー」(毎週金曜、深夜0:50~)のMC・アンタッチャブル山崎弘也やフットボールアワー後藤輝基・岩尾望、新井恵理那、J-WAVEの「JUMP OVER」(毎週日曜、よる11:00~)のナビゲーター松居大悟、AbemaTV「Abema的ニュースショー 1週間のNEWSをまさかの目線で!」(隔週日曜、午前11:30~)のMC千原ジュニアら、そうそうたる顔ぶれが、ほぼ全て実名で登場。さらに松居が2月に本多劇場で本番を控える舞台「みみばしる」にて主演をつとめる本仮屋ユイカがラジオリスナー役で出演し、物語の発起点となる俳優には松重豊が本人役で登場します。

 そんな中で石崎が演じるのは、「Abema的ニュースショー」に出演するために六本木に来たものの、中に入ることができずに途方に暮れている本人役。彼がそのまま路上ライブを行うことで、また物語が大きく動き出していくことになります。

 松居とは共通の知人を通して知り合い、これまで松居監督の映画「アズミ・ハルコは行方不明」に石崎が出演、また石崎の「花瓶の花」のミュージックビデオの監督を松居が担当するなど、仕事とプライベートの両面で交流を深めてきたとか。そうした中でこのドラマ制作の話が持ち上がり、松居が「主題歌はぜひ、ひゅーいで」ということで今回の共演が叶いました。

 「久しぶりのテレビでしたし、今までお世話になった人や自分が素敵だなと思う人と一緒にやりたいなと思って。そしてその作品の最後を、ひゅーいの曲が彩ったらいいな、平成最後の年末の夜を彩るのはひゅーいの曲だ、ということにみんなに気付いて欲しいな、と思ってお願いしました」と松居。その言葉を受けて「僕の人生は松居君が僕のことをどう世の中に出してくれるかにかかっています(笑)」と冗談ぽく語る石崎は「“僕でいいのかな?”とも思ったのですが、松居君が曲をすごく喜んでくれたし、何よりも松居君の現場のチームのみんなを仕事ができるのはめちゃくちゃ楽しいので。セリフもあんまりないことですし(笑)、リラックスして臨もうと思いました」と出演に至る経緯を語ってくれました。

 物語の後半には松居と石崎の共演シーンもあり、「お互いに本人役でお芝居をするのは不思議な感覚」と2人。そのシーンで披露されることになる主題歌について石崎は「すごく喜びに満ち溢れた曲です。パーン! と2018年を終わりにして2019年を迎えられるような、物語にピッタリな曲だなと思っています。作品の雰囲気と合わせられるように、心を込めて一生懸命歌おうと思います」と意気込みを。松居も「単純に楽しみです。その曲と合わせて素敵なドラマにしたいなと思います」と語ってくれました。

主な登場人物

猫宮唯(ねこみやゆい)

稲葉友

テレビ朝日バラエティ制作班のアシスタントプロデューサー。
『東京らふストーリー』を担当する。25才。ようやく念願の初プロデュースの機会を得たばかり。

江國彩香(えぐにあやか)

阿部純子

28才。ラジオ制作会社・アシスタントディレクター。J-WAVEの番組『JUMP OVER』を担当。

村尾(むらお)

村上航

『東京らふストーリー』録音部。

瀬戸奈美(せとなみ)

日高ボブ美

『東京らふストーリー』プロデューサー。

西(にし)

広瀬斗史輝

『東京らふストーリー』AD。

栗栖(くりす)

森下能幸

J-WAVE『JUMP OVER』プロデューサー。

浜口(はまぐち)

玉置玲央

『JUMP OVER』ディレクター。

ミキサー

善雄善雄

『JUMP OVER』ミキサー。

松居大悟(まついだいご)

松居大悟

『JUMP OVER』ナビゲーター。

山崎弘也(やまざきひろなり)

山崎弘也

『東京らふストーリー』MC。

後藤輝基(ごとうてるもと)

後藤輝基

『東京らふストーリー』MC。

岩尾望(いわおのぞむ)

岩尾望

『東京らふストーリー』MC。

新井恵理那(あらいえりな)

新井恵理那

『東京らふストーリー』MC。

千原ジュニア(ちはらじゅにあ)

千原ジュニア

『Abema的ニュースショー』MC。

三谷紬(みたにつむぎ)

三谷紬

『Abema的ニュースショー』サブMC。テレビ朝日アナウンサー。

川久保(かわくぼ)

島丈明

『Abema的ニュースショー』スタッフ。

警備員

東迎昂史郎

テレビ朝日本社ビル警備員。

AbemaTV音声マン

目次立樹

『Abema的ニュースショー』音声。

AbemaTVカメラマン

本折最強さとし

『Abema的ニュースショー』カメラマン。

ゴーちゃん。

ゴーちゃん。

山根デン(やまねでん)

近江谷太朗

蕎麦評論家。蕎麦についてのコメントに定評がある。

毛利稜(もうりりょう)

中村まこと

毛利庵3代目店主・マサオの父。

毛利マサオ(もうりまさお)

細井鼓太

9才。そば屋・毛利庵の息子。いずれ父のあとを継ぐつもり。

石崎ひゅーい(いしざきひゅーい)

石崎ひゅーい

シンガーソングライター。

妙子(たえこ)

本仮屋ユイカ

ラジオが好きなOL。『JUMP OVER』のリスナー。

松重豊(まつしげゆたか)

松重豊

ベテラン俳優。『東京らふストーリー』にゲスト出演することが決まっており、大晦日にテレビ朝日本社ビルにやってきた。

あらすじ

 2018年12月31日。テレビ朝日では「東京らふストーリー」の収録が行われ、APの猫宮唯(稲葉友)は2本目の収録の特別ゲスト・松重豊(松重豊・本人)の出迎えへ。だが途中、スタッフ用に用意した年越しそばが足りないことに気付き、先にスーパーへ向かうことにする。
 同時刻、J-WAVEは生放送中の番組対応でスタッフがバタバタ。そんな中で、番組内で紹介するそばを運んでいた江國彩香(阿部純子)が転倒! そばを全てこぼしてしまい、慌てて代わりのそばを買いに走ることになる。しかしこの年末で、どこもそばだけが売り切れ…。諦めかけたその時、大量のそばをカゴに入れた猫宮が目の前を通り過ぎた。テレビ朝日のスタッフパスを付けていることに希望を見出した彩香は猫宮に「そばを一つ分けてください!」と頼むが、猫宮は冷たい対応。
「同業者なら分かるでしょ!?」「ラジオだったら音でなんとかなるでしょ!?」
 言い争いをしている中、猫宮に着信が。予定時刻よりも早く来たゲストの松重豊がテレビ朝日の入り口に誰もいないため、六本木ヒルズの車寄せに移動してしまったというのだ。その場所が分からない猫宮が焦っていると、彩香が「近道、知ってるなぁ」とポツリ。2人は話し合いの結果、彩香が松重の迎えに、猫宮がJ-WAVEのスタジオにそばを届けに走るが…!?

コメント

稲葉友(猫宮唯・役) コメント

 人と人がかかわることでいろいろな問題が起きてしまうということを本当に丁寧に描いていて、とても松居さんらしい脚本だなと思いました。バラバラに起こっていた事柄が最後にはきちんと収束され、心もキュッと掴まれる。ハートフルで素敵な物語ですし、『テレビ朝日』『J-WAVE』『AbemaTV』というメディアの垣根をここまでグルッと越えるなんて、「一体どんな効果が生まれるんだろう…!」とも感じました。
 松居さんとは一度お仕事させていただいているのですが、印象は『人たらし』です。「松居さんのためなら」って人が周りにどんどん集まってくるタイプというか。だからこそ今回のような発想の物語が生まれるんだろうなと思います。とても魅力的な方ですね。褒めるとすぐに「うるせえ」って言いますけど(笑)。
 ずっともう一度やりたいと思っていた松居組、しかも演劇でお世話になっている方や普段からよく舞台などで見させていただいている方々がたくさんいらっしゃる中で主演をさせていただけるのは、すごくうれしいです。主演という肩書きにとてもプレッシャーを感じやすいタイプではありますが、平成最後のエネルギー全部使い果たすつもりで臨ませていただきます。
 年末にピッタリなドタバタでハートウォーミングな作品になると思うので、皆様ぜひ完成をお楽しみにしていてください。

阿部純子(江國彩香・役)コメント

 テレビ局とラジオ局とインターネット配信局の3大エンタメが一つのドラマの舞台となる、これまでに聞いたことも見たこともないような明るい企画だなと思いました。松居監督とは今回が2度目のお仕事です。毎回「まさか」と思うような面白い発想を持ってきてくださる方で、演じる側としても瞬発力や柔軟性が問われると同時に、とても刺激を受けています。
 私が演じる彩香はラジオ番組のADで、ちょっとだけ天然な女性。でもやりたいことや「これが面白い」という自分の企画をしっかりと持っている子です。私自身ラジオが好きですごく聴いていて、「舞台裏にいらっしゃるスタッフさんは、どんな方々なんだろう?」と思っていた矢先のこの役だったので、うれしかったです。実在する番組と関われるのも、すごく楽しみです。
 このドラマはタイトル通り、『平成』という年号の最後の年末を、勢いよく走り抜けるような作品。見てくださる方が本当に明るい気持ちで新年を迎えられる作品になるのではないかと思います。私も頑張ってたくさん走ります!

松居大悟監督コメント

 テレビ朝日の飯田さんは自分が劇団ゴジゲンを旗揚げた10年前から見てくれていて、何か企画を、とずっと話していました。ようやく実現できることが嬉しいです。
 もはやボーダーレスになっている放送局そのものを表現として描くことはできないか?と、自分のJ-WAVEラジオ番組が始まったことをキッカケに考えてきました。
 六本木には、『テレビ朝日』・『J-WAVE』・『AbemaTV』があります。テレビ局、ラジオ局、ネット局の境界を越えて、平成最後の年を笑顔で越えられるようなコメディを描けたらなと思います。言い尽くされて出涸らしになってしまった"平成最後"という言葉に引導を渡せたらと。出演者も、自分にとって何度もご一緒し損ねた、稲葉友と阿部純子という平成生まれのお二人を中心に、大切な方々に集まっていただきました。そしてなにより、これは各局の尽力と多大なるご理解があって実現したもので、改めて御礼申し上げます。
 ごちゃごちゃ言ってしまいましたが、今まで見たことのない楽しいドラマになると思います。
 六本木放送局たちのご乱心をお楽しみください!

主題歌

主題歌
「アンコール」
石崎ひゅーい(EPICレコードジャパン)

劇中歌唱曲
「シーベルト」
石崎ひゅーい(EPICレコードジャパン)

石崎ひゅーい コメント

 僕の人生は松居君が僕のことをどう世の中に出してくれるかにかかっています(笑)。正直“僕でいいのかな?”とも思ったのですが、松居君が曲をすごく喜んでくれたし、何よりも松居君の現場のチームのみんなを仕事ができるのはめちゃくちゃ楽しいので。セリフもあんまりないことですし(笑)、リラックスして臨もうと思いました。
 ドラマは本当に分かりやすいコメディーというか、これまでの松居君の中でもストレートなコメディーになっている気がします。どういう映像になるのかなとすごく楽しみです。
 主題歌は、すごく喜びに満ち溢れた曲です。パーン! と2018年を終わりにして2019年を迎えられるような、物語にピッタリな曲だなと思っています。作品の雰囲気と合わせられるように、心を込めて一生懸命歌おうと思います。

松居大悟 監督コメント

 久しぶりのテレビでしたし、今までお世話になった人や自分が素敵だなと思う人と一緒にやりたいなと思って。そしてその作品の最後を、ひゅーいの曲が彩ったらいいな、平成最後の年末の夜を彩るのはひゅーいの曲だ、ということにみんなに気付いて欲しいな、と思ってお願いしました。
 このドラマを通して、たくさんの人が素敵な気持ちになるといいなと思っています。せっかくこういう機会もいただきましたし、全力で見た人を幸せにしたいです。そして「今年はいい一年だったな」って単純に思ってもらうのがいいなと。これまで一緒にやってきたいろいろな方々に手伝っていただきながら、幸せな玉を視聴者にたくさん投げたいです。ひゅーいの曲と合わせて素敵なドラマにしたいなと思います。

スタッフ

脚本

きたむらけんじ 松居大悟

監督

松居大悟

プロデューサー

飯田爽(テレビ朝日) 和田大輔(イメージフィールド)

制作協力

イメージフィールド

制作著作

テレビ朝日