2019年4月11日放送

洗足池駅 (東京都)

湧水池の駅前

東急池上線 洗足池駅

東京都大田区、東急池上線の洗足池駅。池上線は、山手線の五反田駅と京浜東北線などの蒲田駅を結び、東京南部の住宅街を走ります。

今週の一句

遅き日のわけても恋のボートかな
まどか

駅を出て徒歩1分の洗足池公園

改札口を出て、駅前の中原街道を越えると、洗足池があります。周囲が1キロ余りと、住宅街には珍しく大きな池で、散歩をする人々やボートを漕いで楽しむ家族連れでにぎわいます。流れ込んでいる川はなく、周辺に残る湧き水が水源です。「せんぞく」という地名は昔、「千の束」と書かれましたが、日蓮上人が足を洗ったという言い伝えから、「洗う足」と書く地名も生まれました。

人が育んできた自然

昭和になって周辺の宅地化が進みましたが、地元の人たちが木を植え、水質の改善に力を入れて、水と緑を守ってきました。桜の名所でもあり、夏を迎える前にはホタルが放流され、自然を楽しむ観察会も開かれています。

勝海舟夫妻の墓所

幕末に活躍した勝海舟は洗足池の風光を気に入り、明治に入って池の畔に別邸を建てました。建物は戦後に焼失しましたが、公園の敷地内に勝海舟夫妻の墓所が残されている。そのすぐ裏の敷地では、勝と大田区の縁を紹介する記念館の準備が2019年夏の公開予定で進められている。