2019年4月25日放送

長津田駅 (神奈川県)

お参りの駅前

2019年4月18日放送

呉駅 (広島県)

造船の歴史薫る駅前

JR呉線 呉駅

広島県呉市、JR呉線の呉駅。瀬戸内海に面する港町の駅で、広島駅からおよそ40分です。駅前に、船のスクリューがありました。古い船のものに手を加えて残し、造船の街・呉を象徴しています。

今週の一句

入り船に出船に春の霞かな
まどか

造船の街・呉

駅前から車で8分の「歴史の見える丘」に立つと、広い造船所と島々を眺めることができます。天然の要塞とも言える呉には、明治時代に海軍の港ができて、本拠地を意味する鎮守府も置かれました。先の大戦のときには、あの「戦艦大和」も建造されています。

戦艦大和のふるさと

駅前からすぐの「大和ミュージアム」に、戦艦大和の模型がありました。史上最大の排水量を誇り、設計から工法まで当時の最高の技術を集めてつくられ、エレベーターや冷暖房も完備していたことがわかります。その技術は戦後、新幹線にも活かされています。

国旗掲揚のラッパ

歴史の見える丘より、さらに進むと「アレイからすこじま」という名の公園があります。その公園から海上自衛隊の潜水艦と護衛艦を見ることができます。日が沈むと「君が代」をラッパで演奏し、艦上にかかげている国旗を降納していました。