2019年6月27日放送

津和野駅 (島根県)

マリア聖堂のある駅前

2019年6月20日放送

笠間駅 (茨城県)

九ちゃんゆかりの駅前

JR水戸線 笠間駅

茨城県笠間市、JR水戸線の笠間駅。県庁がある水戸から普通電車で西へ、25分ほどで着きます。笠間市は、笠間稲荷の門前町として発展し、江戸時代には城下町としても賑わったと言います。

今週の一句

梅雨の星掲げて町の眠りをり
まどか

笠間稲荷と笠間焼

駅前から北へ約2キロ、歩いて20分ほどで笠間稲荷に着きます。初詣や秋の菊人形のときには、大勢の参拝客が訪れます。もう一つ、「笠間焼」の名を持つ陶芸の街としても知られています。

ヒット曲のメロディ

笠間駅では、発車メロディに「幸せなら手をたたこう」と「レットキス」が流れます。どちらも昭和の半ばに人気を集めた歌手、坂本九さんのヒット曲です。戦争中、笠間にあった母の実家へ疎開して以来、その縁を大切にした坂本さんは、結婚式も笠間稲荷で挙げています。そんな経緯で笠間の街では坂本さんのヒット曲が随所に流れます。

笠間に響く時報

午後5時を告げる時報には坂本九さんの「見上げてごらん夜の星を」が流れます。時報にこの曲が採用されたきっかけは、幼い頃から坂本さんの歌に慣れ親しんできた地元の小学生たちの提案からだったそうです。市内の幼稚園では今も遊戯の時間に「幸せなら手をたたこう」が歌われていました。