放送内容

なまえのないねこ

2019年12月7日放送

なまえのないねこ

作 者: 竹下 文子 文 / 町田 尚子 絵
出版社:小峰書店

商店街で暮らす1匹の野良猫・“ぼく”は名前のない猫。小さい時は「子猫」、大きくなってからはただの“猫”。靴屋の猫は“レオ”、本屋は“げんた”、パン屋の猫は“ハイジとクララ”。喫茶店の猫はふたつも名前を持っている。町の猫にはみんな名前がついているのに…。お寺の猫“じゅげむ”に「自分の好きな名前をつければ」と言われ、名前を探し、町を歩きます。“看板”“車”“本日特売”“駐車禁止”…。どれも違う…。好きな名前はなかなか見つかりません。そして、ある雨の日、野良猫が見つけたものとは?登場する猫達が優しい色彩で描かれ、猫好きにはたまらない一冊です。

朗読:美山 加恋

次回予告

オオイシさん

2019年12月14日放送

オオイシさん

作 者: 北村 直子 作
出版社:偕成社

オオイシさんは人気者。「オオイシさん、いるかい?」家にいるだけで、いろんな人から声が掛かります。壊れた工事の車の代わりに道路をならしたり、漬け物石や粉の粗びきをしたり、相撲部屋で稽古の相手までします。
ある日、ちょっと変わった仕事の誘いが!なんと映画の撮影所の人がオオイシさんをスカウトにやってきたのです。時代劇のスターが沢山出る映画と聞いてすぐ引き受けました。オオイシさんは、主人公の大石内蔵助の家にある立派な石の役です。
その仕事をきっかけに、オオイシさんは引っ張りだこ!次々と映画の仕事が入ってきます。ところがある日、海での撮影中にハプニングが!オオイシさんの身に一体何が起こったのでしょうか?最後に思わず笑顔がこぼれるほっこりする絵本です。

朗読:渡辺 徹