放送内容

ワタナベさん

2019年1月19日放送

ワタナベさん

作 者:北村 直子 作
出版社:偕成社

絵本の主人公はお鍋の“ワタナベさん”。寒い日に営業するワタナベさんは、鍋ひとつでどんな料理でも美味しく作る名人です。“グツグツ パッパ グツグツ パッパ”材料を入れると、ワタナベさんは真っ赤になって、すぐにいい匂いがしてきます。ふたが開けば、美味しそうなおでんの出来上がりです!ちゃんこ鍋、ロールキャベツ、カレーに炊き込みご飯…と大忙しのワタナベさん。ところが最後にきた男の子の注文がなんと、フライパンを使うナポリタン!悩んだワタナベさんはどうしたのでしょうか?どこにでもあって、でも少し懐かしさを感じるお鍋のワタナベさん。絵もお話もユーモラスでありながら懐かしく、温かみがあり、何でも美味しく作ってくれる頼もしいワタナベさんは「やってやれないことはない!」と教えてくれているようにも感じます。寒い冬にお鍋を囲みながら家族で読みたいユーモア絵本です。

朗読:渡辺 徹

次回予告

おばけのゆきだるま

2019年1月26日放送

おばけのゆきだるま

作 者:ジャック・デュケノワ 作
    大澤 晶 訳
出版社:ほるぷ出版

フランスの絵本作家ジャック・デュケノワの人気おばけシリーズ。 「わーい、雪だぁ!」いてもたってもいられなくなってスキーを履いて、張り切ってお城から飛び出した仲良しおばけ。雪が降ったら、スキーに雪合戦に、雪だるま!大きな雪だるまを作って目と口をつける…あれ?なにかしゃべりたがっているみたい!?へんてこな雪だるまにスキーを履かせ、リフトに乗って頂上へ!主人公はおばけなのに、全然怖くない、楽しくキュートなおばけの絵本です。

朗読:松田 洋治(アクトレインクラブ)