BITE FISHING WEB MAGAZINE

ウェイクで行く!「SEABASS DOJO」WAKEコラム#2【PR】

ウェイクで行く!「SEABASS DOJO」WAKEコラム#2【PR】

  • twitter
  • facebook
  • googleplus


釣るまでやめん!が信条の小沼正弥さんが、中国地方4県をまたに掛ける長期ロケを敢行した「SEABASS DOJO」。陸っぱりはもちろんウェーディングを含め、どんなロケーションでも釣りをしまくる、そのタフネスなスタイルをサポートしてくれたのがダイハツのウェイク。前回は膨大な量のタックルもスッポリ収める積載性、ウェーダーを着たままでもOKなユーティリティ性、長距離走行性能などをお伝えしたが、まだまだシーバスフィッシングに便利な機能性がたっぷり。その魅力をお届けしよう。

前回でも話に出ていたように、シーバス釣り場近くは細い道が多い。しかしその小柄な車体を活かした機動性がなにより武器となる、そう小沼さんは語る。「この釣り場のように雨が降るとラフになる地面が多い。でも、グリップもしっかりしているし、夜の釣行時は見えないブロックなどがあっても衝突警報機能で知らせてくれる。安全性でいえば、つい長距離運転をしていてフラついても車線逸脱警報機能が音で知らせてくれるから、いざという時の安心感が違う」

1 2 3
前回の記事 「SEABASS DOJO」先見せWAKEコラム#1【PR】 次回の記事 伊藤巧がウェイクでバスフィッシング!WAKEコラム#1【PR】

関連記事一覧

Copyright(C) tv asahi All rights reserved.