BITE FISHING WEB MAGAZINE

「SEABASS DOJO」先見せWAKEコラム#1【PR】

「SEABASS DOJO」先見せWAKEコラム#1【PR】

  • twitter
  • facebook
  • googleplus

シーバスフィッシングをイチから一気に解説していく「SEABASS DOJO」。その長期ロケをフルサポートしてくれたのがウェイク。CMでもお馴染み「ドデカクつかおう。」が耳に残るダイハツの軽自動車。そこでシーバス釣りの観点から、ドデカさ具合はもちろんパワーや走り、その他使用感を徹底リポートしていきたい。

とにかく小沼さんのシーバス用タックルは多い! 足りないものを絶対に出さないため、大量のルアーを積み込むのだ。「これでもルアーは減らしたんですよ。でも正直、取材用正規ルアーボックス全てが入るとは思いませんでした」。使い勝手でいえば、ラゲージスペースのスクエア感が隅々まで使え、無駄なくボックス類を収納。また取材時はスタッフと同乗し、3名で移動することもあった。「釣り人って、後部シートを倒して広く使う事が多いじゃないですか。だから、3名乗り込んで荷物全部積めるの!? って思いますよね。でも、ウェイクが素直にすごいなと感じたのがシートアレンジを自由に組めて3名乗ってもボックス全てが収納。だから窮屈じゃないんですよ」。その車内空間を可能にしたのは、ラゲージにある上下2段調節式デッキボード。デッキボードの脚を立て、バッカンやボックスをスマートに収納でき、車内高を有効活用できるのだ。「あとデッキボードはルアーを置いたりできるから、ルアー選別作業が超楽!」。細部までユーザーユースに優れ、それを実感していた小沼さんだった。

1 2
前回の記事 ウェイクと走る「魚旅」WAKEコラム#2【PR】 次回の記事 ウェイクで行く!「SEABASS DOJO」WAKEコラム#2【PR】

関連記事一覧

Copyright(C) tv asahi All rights reserved.