BITE FISHING WEB MAGAZINE

WAKEでドラマチックハント!バスフィッシングの3スタイル ルアーマガジン編集長マイケル:超コンパクトな岸釣り編【PR】

  • twitter
  • facebook
  • googleplus


助手席の座面を前方に持ち上げると、下から収納スペースが登場。ガッチリしたつくりで深さもあって、かなり便利そうです。

ここには、リールとウエストバッグを入れてみました。レインギアや替えのスニーカーを入れておくのもよさそうですね。収納スペースは樹脂製なので、汚れても楽に掃除できそう。

インパネ下のポケットも有効活用できます。ペットボトルも入りますが、パックロッドも収納可能。助手席に釣り仲間が座っていても邪魔にならないかと。

助手席前方に設けられたトレイにはスマホを。トレイは滑りにくい加工が施されていて、運転時にも気になりませんでした。

もちろんトランクにも荷物は積めます。WAKEがすごいのは、トランクの「下」にさらに90Lの大容量収納スペースがあること。

深くて広いトランク下の収納スペース。リュックとパックロッドを入れても、まだまだ余裕があります。軽自動車とは思えない懐の広さ。

1 2 3
前回の記事 「川村光大郎、ウェイクで走る」WAKEコラム#2【PR】 次回の記事 WAKEでドラマチックハント!バスフィッシングの3スタイル ルアーマガジン編集部カミイ:2人で陸っぱり編【PR】

関連記事一覧

Copyright(C) tv asahi All rights reserved.