必殺仕事人

第80回「踊り技 回り舞台振り落し」

  • 時間:46分
  • 料金:30メダル
  • 視聴期間:7日間

単話情報

関連番組

  • twitter
  • facebook

旅回りの一座「若衆座」が湯島天神の境内で小屋を張った。だが、このあたりを繩張りとする興行師太兵衛(遠藤太津朗)が手下を連れて乗り込んでき、立役の市之助(市川左團次)が袋叩きにあう。座頭の梅蔵(山村弘三)が十両の金を渡したので、どうにか小屋はつぶされずにすんだ。そんな事件の直後、江戸に来て自分の芝居にすっかり自信を失くした市之助を、ふと通りがかった加代(鮎川いずみ)がはげましたことから、二人の仲が急速に進展する。主水(藤田まこと)はそんな加代に危惧を抱くが、加代は熱を上げるばかり。やがて「若衆座」は人気をよび、同じ演し物を張る「両国座」の座頭・時五郎(小田部通麿)をおびやかす。しかし、立女形の国三(坂東慶三)が舞台に穴をあけたあげく、水死体で上がる。

単話

Copyright(C) tv asahi All rights reserved.