必殺仕事人 第6回~第10回パック

  • 料金:120メダル
  • 視聴期間:7日間

購入する

【5話パック】
第6回~第10回がご視聴いただけます。

パック内容

第6回「主水は葵の紋を斬れるか?」

  • 時間:46分
  • 放送日:1979/6/22

将軍の異母弟松平聖二郎(目黒祐樹)の乱行に江戸の庶民は毎日毎日不安の日々を送っていた。美しい女を見れば犯し、金がなくなれば商家から略奪し、人を斬るなどは日常茶飯事。そんな犠…

>>詳しくはコチラ

第7回「主水をあやつるバチの音は誰か?」

  • 時間:46分
  • 放送日:1979/6/29

鹿蔵が江戸を去って以来、主水(藤田まこと)や左門(伊吹吾郎)は、仕事の依頼もなくホッとした中に、どことなくむなしさを感じる日々を送っていた。そんな主水の前に、三味線弾きのお…

>>詳しくはコチラ

第8回「仕事人が可愛いい女を殺せるか?」

  • 時間:46分
  • 放送日:1979/7/6

主水(藤田まこと)の同僚・八丁堀同心・嶋村頼母(亀石征一郎)殺しの依頼がおとわ(山田五十鈴)のところにきた。頼み人は、妾のお種(江崎英子)。妻と別れてくれない頼母にお種が業…

>>詳しくはコチラ

第9回「螢火は地獄への案内か?」

  • 時間:46分
  • 放送日:1979/7/13

養父殺しの罪で島送りとなった喜市郎(小野進也)が島抜けをしたというしらせが奉行所に入った。主水(藤田まこと)は、喜市郎が自分の見回り持ち場に舞い戻ってくると予想し、たまには…

>>詳しくはコチラ

第10回「木曽節に引かれた愛のその果ては?」

  • 時間:46分
  • 放送日:1979/7/20

吉原の女郎おりえ(今出川西紀)が、鎌倉河岸きっての油問屋湊屋に婿入りが決まっている新左(荒谷公之)と駆け落ちした。逃げのびる先はおりえの故郷・木曽福島宿と見当をつけた吉原忘…

>>詳しくはコチラ

(C)ABC・松竹
ページトップへ戻る
Copyright(C) tv asahi All rights reserved.