必殺仕事人 第41回~第60回パック

  • 料金:400メダル
  • 視聴期間:14日間

購入する

【20話パック】
第41回~第60回がご視聴いただけます。

パック内容

第41回「織技 重ね裏返し」

  • 時間:46分
  • 放送日:1980/2/29

百姓茂平(大橋壮多)が秋田から、幼なじみの忠三郎(荒谷公之)を頼って江戸へやってきた。忠三郎は江戸の大呉服店越前屋の番頭になっており、そこには茂平の恋人のお志乃(児島美ゆき…

>>詳しくはコチラ

第42回「隠し技 暗闇とどめ刺し」

  • 時間:46分
  • 放送日:1980/3/7

白昼、若い娘が三人の旗本に斬りつけた。ちょうど通りかかった主水は娘の後を追ったが取り逃し、上司からこっぴどくしかられた。やっとつきとめた女の正体は、放火強盗のためにつぶれた…

>>詳しくはコチラ

第43回「情技 衣替え地獄落し」

  • 時間:46分
  • 放送日:1980/3/21

野菜の行商をしている勘吉(鶴田忍)。おさん(赤座美代子)夫婦が、直参旗本の愛妾美鳥(中條郷子)の駕籠行列の道筋をけがしたと無礼討ちにあった。医者の必死の努力もむなしく、勘吉…

>>詳しくはコチラ

第44回「艶技 鬼面潰し」

  • 時間:46分
  • 放送日:1980/3/28

般若の面をつけた若い女が江戸の町に出没した。町方同心、火盗改め、寺社奉行などの前に現われ、おどかしては代々の將軍家の生母を祭る「みたまや」へ逃げこんでいた。ある夜、火盗改め…

>>詳しくはコチラ

第45回「裏技 欺しの十手業」

  • 時間:46分
  • 放送日:1980/4/4

北町奉行所の目安箱に、こんな投書が届いた。「北町奉行所同心役に、闇の殺し屋あり」というのだ。その真偽を調べる役目を、同心 早川(早崎文司)からおおせつかったのは事もあろうに…

>>詳しくはコチラ

第46回「怨技 非業竹光刺し」

  • 時間:46分
  • 放送日:1980/4/11

捕方に追われた秀(三田村邦彦)は、香月藩の家臣主膳(須賀不二男)の家に逃げこんだ。主膳の息子和馬(本郷直樹)は秀を斬ろうとしたが、主膳の一言で救われた。ところが、その主膳が…

>>詳しくはコチラ

第47回「悔し技 情念恋火攻め」

  • 時間:46分
  • 放送日:1980/4/18

呉服商木曽屋が放火にあった。目撃者の証言によれば、犯人はお高祖頭巾に振り袖姿の若い女。主水(藤田まこと)らは南町奉行所あげての探索にかり出されてクタクタ。そんな時、主水は、…

>>詳しくはコチラ

第48回「表技 魔の鬼面割り」

  • 時間:46分
  • 放送日:1980/4/25

医師日下玄朴(城所英夫)を人殺しと訴える女おゆき(吉本真由美)が奉行所の前で主水(藤田まこと)にしつこくまとわりついた。ところが玄朴は、町で評判の名医。すげなく追い返された…

>>詳しくはコチラ

第49回「偽技 浮かれ囃子攻め」

  • 時間:46分
  • 放送日:1980/5/2

左門(伊吹吾郎)と同じ手ロの殺しが二件続いて起った。元締の六蔵(木村功)は、左門に疑いを持ち、江戸に出て来て調べ始める。その結果、殺し屋は幇問爼鯉之助(北村総一郎)と芸者の…

>>詳しくはコチラ

第50回「嘘技 無用試し斬り」

  • 時間:46分
  • 放送日:1980/5/9

長屋住いの浪人が家族ともども自害するという事件が続いた。裏には仕官をネタに浪人たちから金を巻き上げたり、女の体を要求する悪どい仕業を行っている松前藩の江戸留守居役矢部盛正(…

>>詳しくはコチラ

第51回「覗き技 天地入れ替つぶし」

  • 時間:46分
  • 放送日:1980/5/16

加西藩御用達の菓子舗「梅屋」は、身に覚えのない落度がもとで、藩から出入りを差し止められた。その上、失火で店を失ったが主人の弥右ヱ門(西本裕行)は再建しようとする。疑いをもつ…

>>詳しくはコチラ

第52回「潜り技 隠し黄金止め」

  • 時間:46分
  • 放送日:1980/5/23

主水(藤田まこと)の手入れを受け、踊り小屋の花形踊り子みゆき(瞳順子)と竜次(織田あきら)はドサクサにまぎれて逃げ出すところを、秀(三田村邦彦)に助けられた。秀の腕っぷしを…

>>詳しくはコチラ

第53回「惚れ技 情炎半鐘割り」

  • 時間:46分
  • 放送日:1980/5/30

放火による火事が次々に起こり、江戸の街では木材が高騰した。その中で材木商木曾屋源兵ヱ(高峰圭二)はひたすら売り惜しみ暴利を貪ろうとしていた。源兵ヱは、ようの材木商に売り物が…

>>詳しくはコチラ

第54回「呪い技 怪談怨霊攻め」

  • 時間:46分
  • 放送日:1980/6/6

仕官の口を捜しに江戸へ出たまま行方不明になっている夫を探してくれという親子連れが奉行所にやってきた。主水(藤田まこと)は、多忙を理由に追い返した。途方にくれた二人、菊乃(北…

>>詳しくはコチラ

第55回「離れ技 孤立水火攻め」

  • 時間:46分
  • 放送日:1980/6/13

元近江屋の元手代丈吉(住吉道博)は、店に火をつけたかどで八丈島へ送られたが、島抜けして江戸へ舞い戻って来た。その知らせを中村主水(藤田まこと)からきいた足利屋勘兵衛(北村英…

>>詳しくはコチラ

第56回「外し技 釣鐘からくり割り」

  • 時間:46分
  • 放送日:1980/6/20

巳寺の富くじには汚いからくりがあった。木札の箱の中に人間がひそんで、二回に一回は当り札を誰も買っていない番号札とさしかえるのだ。それで寺は千両丸もうけというわけだった。それ…

>>詳しくはコチラ

第57回「逆さ技 大どんでん崩し」

  • 時間:46分
  • 放送日:1980/6/27

火盗改同心杉山黒之介(亀石征一郎)は非情な捕り物で恐れられていた。ある夜、密告状が届き、主水(藤田まこと)の目前で盗賊一味を皆殺しにする。そして、密告者が誰かもつきとめ、そ…

>>詳しくはコチラ

第58回「暴れ技 田楽垂直刺し」

  • 時間:46分
  • 放送日:1980/7/4

旗本永久保典膳(田中浩)らの悪業は江戸市民の恨みの的になっており、木更津の元締のところにも何人もの訴えが集まっていた。だが、相手が旗本とあって主水(藤田まこと)も二の足をふ…

>>詳しくはコチラ

第59回「彫り技 喜悦観音一刀斬り」

  • 時間:46分
  • 放送日:1980/7/11

風呂帰りに行方不明となった山城屋の娘おしのが背中一面に刺青を彫られ死体となって発見された。背中の彫りものの出来栄えから、彫ったのは雷門の彫辰(浜田晃)とわかったものの、その…

>>詳しくはコチラ

第60回「狙い技 仁義無用斬り」

  • 時間:46分
  • 放送日:1980/7/18

板橋宿で十手を預かる中津屋権造(牧冬吉)は、女郎屋との二足のわらじであこぎなことをしていた。その女郎屋で死んでいった娘たちの親からの訴えをうけた元締は、主水(藤田まこと)と…

>>詳しくはコチラ

(C)ABC・松竹
ページトップへ戻る
Copyright(C) tv asahi All rights reserved.