翔べ!必殺うらごろし 第11回~第20回パック

  • 料金:200メダル
  • 視聴期間:14日間

購入する

【10話パック】
第11回~第20回がご視聴いただけます。

パック内容

第11回「人形が泣いて愛する人を呼んだ」

  • 時間:46分
  • 放送日:1979/2/16

若侍の菅谷(大林直樹)は、二年前、江戸吉原の女郎屋の下働き・白梅(淡成恭子)と恋におち、白梅そっくりの人形を作らせて国もとに帰ってきた。以来、菅谷は身受けの金を月々貯えては…

>>詳しくはコチラ

第12回「木が人を引き寄せて昔を語る」

  • 時間:46分
  • 放送日:1979/2/23

白蛇の滝に行に出かける途中、先生(中村敦夫)が手にした旗竿が超人的な力で何物かに魅きよせられる。旗は樹令数千年という巨木の切り株でピタリと止まった。先生が切株に手をあてると…

>>詳しくはコチラ

第13回「手が動く!画家でないのに絵を描いた」

  • 時間:46分
  • 放送日:1979/3/2

昼あんどんの同心・平山主水(小坂一也)は、絵師の浮世亭(松村彦次郎)を捕えるが、その時から自分の意志に反し、勝手に手が動いて浮世亭の絵とそっくりの悪事を告発する絵を描き出す…

>>詳しくはコチラ

第14回「額の傷が見た!恐怖のあしたを」

  • 時間:46分
  • 放送日:1979/3/9

小料理屋でのけんかをのぞきに行った正十(火野正平)がケガをした。とんできた茶碗が眉間に当たったのだ。居合わせた老人・仁平(岡田英次)に助けられて宿に戻った正十を見て、先生(…

>>詳しくはコチラ

第15回「馬が喋った!あんた信じるか」

  • 時間:46分
  • 放送日:1979/3/16

馬子の孫市(横山あきお)は、関八州見廻り役として安中宿に赴任する途中の山岸友之介が、浪人の黒井軍十郎(清水紘治)に殺されるのを見た。孫市はこの一件を代官所に届けに行くが、そ…

>>詳しくはコチラ

第16回「病床で危篤の男が銭湯にいた!」

  • 時間:46分
  • 放送日:1979/3/23

病床についていた米問屋・越後屋の隠居の藤兵衛(須藤健)が死に、遺言で千両が銭湯で三助をしている朝吉(鶴田忍)に贈られた。藤兵衛には、バクチ狂いの息子の利助(本郷直樹)と、浮…

>>詳しくはコチラ

第17回「美人画から抜け出た女は何処へ?」

  • 時間:46分
  • 放送日:1979/3/30

評判の絵師・英斎が描いた美人画に異変がおこった。絵の中の芸者・〆香の姿がこつ然と消えたのだ。しかも、英斎と〆香は四日前に心中していた。先生(中村敦夫)は〆香の妹で半玉の胡蝶…

>>詳しくはコチラ

第18回「抜けない刀が過去を斬る!」

  • 時間:46分
  • 放送日:1979/4/6

三年前、何者かに殺された安田一輝が率いていた一輝塾の門下生達は、藩政改革のため、家老の井手陣基を討ちとろうと計画を練っていた。そんな城下町にやってきたおばさん(市原悦子)は…

>>詳しくはコチラ

第19回「童が近づくと殺人者が判る」

  • 時間:46分
  • 放送日:1979/4/13

一年半前に殺された山番・権八の幼い息子・芳平(松本正樹)は、父の死以来、殺しの犯人を見ると目をまっ赤にして「人殺し」と絶叫するという超能力を持っていた。権八の兄の十手持ち・…

>>詳しくはコチラ

第20回「水探しの占い棒が死体を見つけた」

  • 時間:46分
  • 放送日:1979/4/20

水飢饉で苦しむ下村は、水門の権利を握る上村との間に争いがたえなかった。そんな矢先、下村の村はずれに住む老婆・常(日高澄子)は、先が二またに分れた占い棒で水脈を探しあて、江戸…

>>詳しくはコチラ

(C)ABC・松竹
ページトップへ戻る
Copyright(C) tv asahi All rights reserved.