必殺商売人 第11回~第20回パック

  • 料金:200メダル
  • 視聴期間:14日間

購入する

【10話パック】
第11回~第20回がご視聴いただけます。

パック内容

第11回「女体が舞台の弁天小僧」

  • 時間:46分
  • 放送日:1978/5/5

おせい(草笛光子)のかつての踊りの弟弟子だった矢之介(ピーター)は今はいっぱしの遊び人気どり。持ち前の美しさから、弁天小僧を真似て女装で呉服商・京屋の店先で盗みを働き、見破…

>>詳しくはコチラ

第12回「裏口を憎む男にない明日」

  • 時間:46分
  • 放送日:1978/5/12

滝川塾の秀才、藤堂兵馬(桜木健一)が、奉行所の採用試験に落ち、出来の悪い久米玄一郎(荒谷公之)らが裏金を使って、見習い同心となった。久米と、塾頭の娘、おしの(吉本真由美)を…

>>詳しくはコチラ

第13回「裏の稼業にまた裏稼業」

  • 時間:46分
  • 放送日:1978/5/19

夜道で女の首を折るという連続殺人がおこり、主水(藤田まこと)ら役人は犯人捜しに大わらわ。そんな矢先、長屋で縫い物をしているおいね(吉沢京子)は、油問屋のひとり娘お栄(大関優…

>>詳しくはコチラ

第14回「忠義を売って得を取れ!」

  • 時間:46分
  • 放送日:1978/5/26

川越瀋の勘定方、森治郎左ヱ門は辻斬りに襲われて殺されたうえ、ご用金三百両を奪われ、家は取り潰しになった。中間の忠助(石山律雄)は、主人を助けられなかったお詫びにと、長屋に移…

>>詳しくはコチラ

第15回「証人に迫る脅しの証言無用」

  • 時間:46分
  • 放送日:1978/6/2

新設される砂糖問屋の利権をめぐって、薬種問屋の和泉屋が殺され、その殺人現場を目撃した薬種問屋の倉田屋治兵衛(梅津栄)は、事件屋の大物・向島のご隠居(永井智雄)の息子の東吉(…

>>詳しくはコチラ

第16回「殺して怯えた三人の女」

  • 時間:46分
  • 放送日:1978/6/9

江戸一番の呉服問屋・越後屋の後家のおつな(茅島成美)は、番頭の喜三郎(倉石功)と深い仲だったが、ふとしたことから、なさぬ仲のひとり娘・おけい(鳥居恵子)も、女中のおきよ(片…

>>詳しくはコチラ

第17回「仕掛けの罠に仕掛けする」

  • 時間:46分
  • 放送日:1978/6/16

新次(梅宮辰夫)は、男たちにからまれている旅の女、さち(藤田美保子)を助けたが、さちは常に饅頭笠の男に追われ怯えていた。さちの話によると、男は風切りの矢造(多々良純)という…

>>詳しくはコチラ

第18回「殺られた主水は夢ん中」

  • 時間:46分
  • 放送日:1978/6/23

主水(藤田まこと)は、五人の悪党に襲われて死ぬ夢をみた。そんな矢先、根津の料亭「梅川」の主人が急死、後家となったおよう(弓恵子)に人々の目が集まる。おようはもと深川の羽織芸…

>>詳しくはコチラ

第19回「親にないしょの片道切符」

  • 時間:46分
  • 放送日:1978/6/30

絹問屋・加賀屋のひとり息子、庄太郎(頭師佳孝)はまだ見ぬ異国への夢を抱き、水夫の弥造(吉田良全)に、オロシアヘ渡る手助けをしてくれるという北見屋(須賀不二男)に引き合わされ…

>>詳しくはコチラ

第20回「花嫁に迫る舅の横恋慕」

  • 時間:46分
  • 放送日:1978/7/7

江戸で指折りの呉服屋、越後屋の若妻・お美代(結城しのぶ)は夫の多一郎(佐野守)が仕事で上方へ出かけている間、義父の幸兵衛(山本清)にいい寄られて困っていた。一方、江戸に帰っ…

>>詳しくはコチラ

(C)ABC・松竹
ページトップへ戻る
Copyright(C) tv asahi All rights reserved.