新 必殺からくり人 第1回~第10回パック

  • 料金:200メダル
  • 視聴期間:14日間

購入する

【10話パック】
第1回~第10回がご視聴いただけます。

パック内容

第1回 東海道五十三次殺し旅 日本橋

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/11/18

天保太夫一座をひきいる泣き節お艶(山田五十鈴)のもとに、人気絵師の安藤広重(緒形拳)がやってきた。広重はお艶はじめ、火吹きのブラ平(芦屋雁之助)、噺し家塩八(古今亭志ん朝)…

>>詳しくはコチラ

第2回 東海道五十三次殺し旅 戸塚

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/11/25

広重(緒形拳)の戸塚宿の絵を火にあぶると「かまくら道」の道しるべが赤く染まった。この道は鎌倉の駆け込み寺への近道だが、美人の人妻が通りかかると、きまってひとりのヤクザがあら…

>>詳しくはコチラ

第3回 東海道五十三次殺し旅 三島

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/12/2

おのぶ(加賀まりこ)は、旅の絵師・清吉と相愛の仲だったが、清吉に急死され、やけになって女郎に身を落としていた。蘭兵衛(近藤正臣)が調べると、清吉は代官所の手付役・小幡(和田…

>>詳しくはコチラ

第4回 東海道五十三次殺し旅 原宿

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/12/9

お艶(山田五十鈴)らがやってきた浅茅ヶ原は、将軍家に献上する鶴の御料地だが、ここ数年来鶴は渡ってこず、御膳奉行の前沢(草薙幸二郎)らはこれを隠して、別の肉を鶴として献上して…

>>詳しくはコチラ

第5回 東海道五十三次殺し旅 府中

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/12/16

水もしたたるような美男を首領とする盗賊が庄屋屋敷を襲い、六歳の娘、お咲をのぞいた一家を惨殺した。お咲は首領の顔をみている。この首領の正体は、茶問屋・壺屋の主人、春之助(ピー…

>>詳しくはコチラ

第6回 東海道五十三次殺し旅 日坂

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/12/23

掛川宿の庄野の手代、清太郎(綿引洪)は、自分の子どもを身ごもるおわかを山賊を装った仲間に殺させて、近く庄野の婿養子に入ることになっていた。おわかの残した子どもは妹のおふじ(…

>>詳しくはコチラ

第7回 東海道五十三次殺し旅 荒井

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/12/30

手代の文次郎(石田信之)と駆け落ちした炭問屋の娘、志ま(鮎川いづみ)は荒井の関所を前に立往生する。そのふたりに船頭の仙次(唐沢民賢)が、舟で関所抜けさせてやるともちかける。…

>>詳しくはコチラ

第8回 東海道五十三次殺し旅 藤川

  • 時間:46分
  • 放送日:1978/1/6

岡崎城で行われる馬市に、毎年、百姓らからだまし取った馬を出してはうまい汁を吸っていた宿場役人の村瀬(和崎俊哉)と庄屋の上田徳兵衛(松山照夫)は、盲目の馬子、おせん(西崎みど…

>>詳しくはコチラ

第9回 東海道五十三次殺し旅 鳴海

  • 時間:46分
  • 放送日:1978/1/13

江戸の染物屋・あざみ屋の女あるじ、お葉(横山リエ)は、染物職人の多七(佐野守)と一緒になりたいばかりに、夫を殺した。多七はお葉の情の深さに怖れをなして江戸を出、お葉は多七の…

>>詳しくはコチラ

第10回 東海道五十三次殺し旅 桑名

  • 時間:46分
  • 放送日:1978/1/20

木綿問屋の角善(桑山正一)は地方から働きにきた娘を女郎にしたてて稼がせ、娘らが使いものにならなくなると機を織らせていた。角善の舟大工・小吉(桜木健一)は女郎のおしの(井原千…

>>詳しくはコチラ

(C)ABC・松竹
ページトップへ戻る
Copyright(C) tv asahi All rights reserved.