新・必殺仕置人 第21回~第30回パック

  • 料金:200メダル
  • 視聴期間:14日間

購入する

【10話パック】
第21回~第30回がご視聴いただけます。

パック内容

第21回「質草無用」

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/6/17

巳代松(中村嘉葎雄)のところに、目の鋭い九歳ぐらいの美少女(野々山香代子)が居ついた。弟を抱えて土間で眠り、昼間は近所の店で食べ物をかすめ盗る。まるで猫のようだと、巳代松は…

>>詳しくはコチラ

第22回「奸計無用」

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/6/24

巳代松(中村嘉葎雄)は、墓地で生き埋めになっていたおきみ(赤木美絵)を助けた。おきみは伊豆金山の職人頭、為吉(柳川清)の娘だが油問屋・松崎屋の主人、徳兵衛(天津敏)が、金山…

>>詳しくはコチラ

第23回「訴訟無用」

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/7/1

ろうそく問屋・有明屋のお内儀おみよ(北川めぐみ)は月のものがあると盗みをするというやっかいなクセがあった。婿の仙蔵(入川保則)は、父親の善兵衛が自分にやっかいなおみよを押し…

>>詳しくはコチラ

第24回「誘拐無用」

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/7/8

妾を囲っていることをネタにチンピラの喜三次(小宮守)らにゆすられた畳表問屋の備後屋(小坂一也)は、喜三次らを利用して、女房のお蝶(赤座美代子)とその連れ子の正平(多田和生)…

>>詳しくはコチラ

第25回「濡衣無用」

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/7/15

巳代松(中村嘉葎雄)の家に、記憶喪失の若い娘(石川えり子)が現われた庚申(こうしん=かのえさる)の月の夜、札差し一家二十人殺しのおたずね者・庚申の月三(近藤宏)も江戸に帰っ…

>>詳しくはコチラ

第26回「抜穴無用」

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/7/22

将軍家お抱えの狂歌師・月峰(灰地順)は“月見屋敷”と呼ばれる自分の屋敷に抜け穴を作り、役人らに追われて逃げこんできたスリカッパライ、博徒らをその穴から逃がしてやっては金を巻…

>>詳しくはコチラ

第27回「約束無用」

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/7/29

巳代松(中村嘉葎雄)が佐渡に島流しになっていた時、小屋頭だった仙三(綿引洪)が江戸に帰ってきた。ところがその仙三が寅の会の殺しのセリ市にかけられ、巳代松は何とか仙三を助けよ…

>>詳しくはコチラ

第28回「妖刀無用」

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/8/5

首切り人の左母次郎(大木実)は、刀剣狂の旗本、三田村妥女に頼まれ、試し切りを引き受けた。相手は妥女の家来の村瀬(柳原久仁夫)という武士。妥女は日ごろ意見の合わない村瀬に絵皿…

>>詳しくはコチラ

第29回「良縁無用」

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/8/12

江戸一番の呉服問屋・唐津屋のひとり娘お京(大関優子)は器量よしで気立てのよいので評判の娘。まだ幼い五才の弟、弥市(瀬賀敏之)と、父親の面倒をみ、なぜか縁談にも耳を傾けない。…

>>詳しくはコチラ

第30回「夢想無用」

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/8/19

舟宿で高利貸の宗兵衛ら十人が料理に毒を盛って殺され、殺しの張本人の板前の仁吉(倉石功)が寅の会の殺しのセリ市にかけられた。一方、事件のあった舟宿の下働きのお民(津田京子)と…

>>詳しくはコチラ

(C)ABC・松竹
ページトップへ戻る
Copyright(C) tv asahi All rights reserved.